創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>創造論者の主張

Claim CH420
The Flood's waters came from a layer of water about ten miles underground, which was released by a catastrophic rupture of the earth's crust, shot above the atmosphere, and fell as rain.

ノアの洪水の水は10マイル地下の水の層から来た。これは地殻のカタストロフィックな裂け目から放出され、大気圏外へと噴き上がって、雨となって落ちてきた。
Response:
  1. 少なくとも地殻を構成する岩石は水には浮かない。水はノアの時代よりも前に地表へと押し出される。あるいはアダムの時代に。
  2. 1マイルの深さであっても、地球は非常に高温である[ある試錐孔では、地下5656マイルで260〜270℃, Bram et al. 1995]。地下に貯えられた水は加熱される。さらにVapor Canopy Modelと同様に大気上層から落下する水のエネルギーが加わる。ノアはゆであがってしまう。
  3. 放出された水は亀裂の両側を浸食し、あまり成層されない玄武岩の浸蝕された堆積物が生産される。これらの多くは亀裂近くに集中するが、一部は水とともに数千マイル彼方へ飛ばされる。(ノアは雨と共に落下する岩にも困ったことだろう)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます