創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

Who's Who>William Dembski

Dembskiと有神論的進化論


有神論的進化論は、神の存在を明確に認めているが、インテリジェントデザインとは相容れない。これは、有神論的進化論が、神による創造を経験的に検知できるという考えを否定していることによる。Dr. William Dembskiは言う。

That said, intelligent design is incompatible with what typically is meant by theistic evolution. Theistic evolution takes the Darwinian picture of the biological world and baptizes it, identifying this picture with the way God created life. When boiled down to its scientific content, however, theistic evolution is no different from atheistic evolution, treating only undirected natural processes in the origin and development of life. Theistic evolution places theism and evolution in an odd tension. If God purposely created life through Darwinian means, then God’s purpose was ostensibly to conceal his purpose in creation. Within theistic evolution, God is a master of stealth who constantly eluded our best efforts to detect him empirically. Yes, the theistic evolutionist believes that the universe is designed. Yet insofar as there is design in the universe, it is design we recognize strictly through the eyes of faith. Accordingly, the natural world in itself provides no evidence that life is designed. For all we can tell through our natural intellect, our appearance on planet Earth is an accident.
== したがって、インテリジェントデザインは典型的な有神論的進化論が意味するものとは違う。有神論進化論は、生物学的世界をダーウィン的観点で写真にとって、その写真が神が生命を創造した方法だと同定して、洗礼する。科学的な内容を煮詰めれば、有神論的進化論は、無神論的進化論と何ら変わりなく、生命の起源と発展を、導かれない自然の過程として扱う。有神論的進化論は有神論と進化論を妙な関係に置く。神がダーウィン的な手段で生命をわざわざ創造したなら、創造時点での神の目的は、創造における神の目的を隠すことだったはずだ。有神論的進化論では、神は経験的に神を検知しようとする我々の最善の努力を避けるステルスの王者である。確かに有神論進化論者は宇宙がデザインされたと信じている。ただ、宇宙にあるデザインは、厳密には信仰の目によってしか認識できないものである。従って、有神論的進化論においては、自然界には生命がデザインされたという証拠はありえない。自然界の知識を通して、我々が言えることは、地球への我々の登場は事故だということである。

[ William Dembski:"Mere Creation", 1998, p.20 ]






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます