創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

Who's Who

George Gilderの主張


Discovery Instituteの共同創立者であり、シニアフェローであるGeorge Gilderは、2006年に進化論に対する立場を書いている。

進化論はトートロジー

パラグラフひとつで、一気に「進化論はトートロジー」など創造論者の主張を並べるGeorge Gilderの主張:
These evolutionary sex wars were mostly unresolvable because, at its root, Darwinian theory is tautological. What survives is fit; what is fit survives. While such tautologies ensure the consistency of any arguments based on them, they could contribute little to an analysis of what patterns of behavior and what ideals and aspirations were conducive to a good and productive society. Almost by definition, Darwinism is a materialist theory that banishes aspirations and ideals from the picture. As an all-purpose tool of reductionism that said that whatever survives is, in some way, normative, Darwinism could inspire almost any modern movement, from the eugenic furies of Nazism to the feminist crusades of Margaret Sanger and Planned Parenthood.

これら進化論的性戦争がほとんど解決不能なのは何故かと言えば、その根っこで、ダーウィン理論がトートロジー的だからである。生存したものが適者である。適応したものが生存する。このようなトートロジーは、それに基づくいかなる論にも一貫性を保証するので、どのような行動パターン及びどんな理想と抱負が良き社会や生産的な社会に貢献するのかについて、何の成果もあがられなかった。ほとんど定義の上で、ダーウィニズムは構図から抱負と理想を払いのける唯物論的理論である。生き残ったものが何らかの意味で規範的であるという還元主義の万能ツールとして、ナチズムの優生学的激情からMargaret SangerとPlanned Parenthoodのフェミニスト改革運動まで、ダーウィン説はほとんどどんな現代の運動でも示唆できた。

[ George Gilder: "Evolution and me"(2006/07/17)


  • 進化論はトートロジー(これは創造論者が使ってはいけない論でもある)
  • 進化論は社会のあり方について貢献しない
  • 進化論は唯物論
  • 進化論はナチズム
  • 進化論はフェミニズム

Darwinismは役に立たない社会学

そして、次はある意味正しい主張:
In my view, the zero-sum caricature applied much more accurately to socialism, which stifles the creation of new wealth and thus fosters a dog-eat-dog struggle over existing material resources. (For examples, look anywhere in the socialist Third World.) I preferred Michael Novak’s vision of capitalism as the “mind-centered system,” with the word itself derived from the Latin caput, meaning head. Expressing the infinite realm of ideas and information, it is a domain of abundance rather than of scarcity. Flouting zero-sum ideas, supply-side economics sprang from this insight. By tapping the abundance of human creativity, lower tax rates can yield more revenues than higher rates do and low-tax countries can raise their government spending faster than the high-tax countries do. Thus free nations can afford to win wars without first seizing resources from others. Ultimately capitalism can transcend war by creating rather than capturing wealth -- a concept entirely alien to the Darwinian model.

私に見方では、ゼロサム・カリカチャは社会主義にこそ適用できるものだ。社会主義では新しい富の創造を抑制し、既存の物的資源の対する貪欲な闘争を促進する。(たとえば、第3世界の社会主義国) 私は Michael Novakの"マインド中心システム"としての、言葉自体はラテン語で頭を意味するcaputに由来する資本主義という見方を好んでいる。アイデアと情報の無限の領域を現していて、それは不足ではなく多量にあるドメインである。この見方により、ゼロサムの考えを批判して、サプライサイドの経済学が立ち上がった。豊富な人間の創造力により、低い税率は高い税率よりも多くの税収が得られ、低税率国家は高税率国家よりもすみやかかに財政支出を上げることができる。従って、自由主義国は、他国から最初に収奪した資源なしに、戦争に勝てる。究極的に、資本主義は富の略奪ではなく創造によって戦争を超越できる。これはダーウィンモデルにとっては全くの異質の概念だ。

[ George Gilder: "Evolution and me"(2006/07/17)


最後の一文「Ultimately capitalism can transcend war by creating rather than capturing wealth -- a concept entirely alien to the Darwinian model.」以外は普通の保守的言論である。これは、間違いとは言えない。何故なら、DarwinのOrigin of Specieseは社会発展の話とは無関係であり、したがって当然、異質な概念。

ラマルキストと共産主義

George Gilderはラマルク的な獲得形質の遺伝と、Darwinを区別しない。
Throughout the 20th century and on into the 21st, many scientists and politicians have followed Darwin in missing the significance of the “Central Dogma.” They have assumed that life is dominated by local chemistry rather than by abstract informative codes. Upholding the inheritability of acquired characteristics, Jean-Baptiste Lamarck, Trofim Lysenko, Aleksandr Oparin, Friedrich Engels, and Josef Stalin all espoused the primacy of proteins and thus of the environment over the genetic endowment. By controlling the existing material of human beings through their environment, the Lamarckians believed that Communism could blend and breed a new Soviet man through chemistry. Dissenters were murdered or exiled. (The grim story is vividly told in Hubert Yockey’s definitive 2005 book, Information Theory, Evolution, and the Origin of Life.)

20世紀を通して、そして21世紀に入っても、多くの科学者と政治家はセントラルドグマの重要を見逃して、ダーウィンに従っている。彼らは抽象的な情報コードよりも、局所的な科学によって生命が支配されていると仮定してきた。獲得形質の遺伝を支持した、ジャン・バプテスト・ラマルク、トロフィム・ルイセンコ、アレクサンドル・オパーリン、フリードリッヒ・エンゲルス、ヨシフ・スターリンは皆、タンパク質の優位性を信奉し、したがって、遺伝的な生得的なものより環境が卓越を信奉した。彼らの環境を通して人間の既存の材料をコントロールすることによって、ラマルキストたちは共産主義をブレンドできて、化学を通して新しいソビエト人を育てることができると思ってた。反対派は殺されたか、追放された。(残酷な物語はHubert Yockeyの信頼のおける2005年の本、"Information Theory, Evolution and Origin"で鮮やかに語らている)

[ George Gilder: "Evolution and me"(2006/07/17)


かなり広く進化論を捉えているようである。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます