創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

宗教とインテリジェントデザイン>カトリック

Guy Consolmagno「創造論は迷信的な異教のひとつの形」


バチカン観測所のGuy Consolmagnoが2006年5月4日に、「迷信的な異教のひとつの形」という、かなり強い表現で、創造論を批判した。

BELIEVING that God created the universe in six days is a form of superstitious paganism, the Vatican astronomer Guy Consolmagno claimed yesterday.

神が宇宙を6日間で創造したと信じるのは迷信的な異教のひとつの形だと、バチカンの天文学者Guy Consolmagnoは昨日、主張した。

Brother Consolmagno, who works in a Vatican observatory in Arizona and as curator of the Vatican meteorite collection in Italy, said a "destructive myth" had developed in modern society that religion and science were competing ideologies.

Arizonaなバチカン観測所に勤務し、イタリアでバチカンの隕石収集の管理者をつとめる、ブラザーConsolmagnoは、宗教と科学が競合するイデオロギーだという"破壊的神話"が現代社会で大きくなってきたと言った。

He described creationism, whose supporters want it taught in schools alongside evolution, as a "kind of paganism" because it harked back to the days of "nature gods" who were responsible for natural events.

学校で進化論とともに教えてほしいという支持者がいる創造論を、彼は自然現象の原因たる"自然神"の時代に立ち戻るものであって、一種の異教だと表現した。

Brother Consolmagno argued that the Christian God was a supernatural one, a belief that had led the clergy in the past to become involved in science to seek natural reasons for phenomena such as thunder and lightning, which had been previously attributed to vengeful gods. "Knowledge is dangerous, but so is ignorance. That's why science and religion need to talk to each other," he said.

ブラザーConsolmagnoはキリスト教の神が超自然的なものであり、その信念が昔の聖職者たちを、かつては神の怒りよるもとされた、雷や稲妻のような現象の自然界の原因を探す科学に邁進させた。「知識は危険であるが、無知また危険である。従って、科学と宗教は対話する必要がある」と語った。

"Religion needs science to keep it away from superstition and keep it close to reality, to protect it from creationism, which at the end of the day is a kind of paganism - it's turning God into a nature god. And science needs religion in order to have a conscience, to know that, just because something is possible, it may not be a good thing to do."

「宗教は迷信を遠ざけて、現実に接し続け、神を自然神に換えてしまうような、結局のところは異教の一種である創造論から守るために科学を必要とする。科学は良心を持つために宗教を必要とする。すなわち、何かが可能であるからといって、それがやってよいことではないかもしれないと知るために。」

Brother Consolmagno, who was due to give a speech at the Glasgow Science Centre last night, entitled "Why the Pope has an Astronomer", said the idea of papal infallibility had been a "PR disaster". What it actually meant was that, on matters of faith, followers should accept "somebody has got to be the boss, the final authority".

昨夜Glasgow Science Centreで「教皇が天文学者を持つ理由」と題した講演を行ったブラザーConsolmagnoは、「教皇の無謬性という考えは"PR災害"であった」と言った。その意味するものは、信仰の問題において、最終決定者として誰かがボスにならなければならないと信者が認めなければならないということであった。

"It's not like he has a magic power, that God whispers the truth in his ear," he said.

「彼には神が耳もとで真実をささやくような魔力があるわけではない。」と、彼が言った。

[ Creationism dismissed as 'a kind of paganism' by Vatican's astronomer







コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます