創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

Who's Who

Phillip Johnsonの世紀末中国人伝説


旧世紀末、1999年8月16日、Wall Street Journalのコラムにインテリジェントデザインの主唱者Phillip E. Johnsonは「The Church of Darwin」という記事を載せた。その記事のコピーがインテリジェントデザインの議論サイトArn.Orgにそのコピーがある。その出だしはこうだった:
A Chinese paleontologist lectures around the world saying that recent fossil finds in his country are inconsistent with the Darwinian theory of evolution. His reason: The major animal groups appear abruptly in the rocks over a relatively short time, rather than evolving gradually from a common ancestor as Darwin's theory predicts. When this conclusion upsets American scientists, he wryly comments: "In China we can criticize Darwin but not the government. In America you can criticize the government but not Darwin."

彼の国で発見された化石がダーウィンの進化論と矛盾するといって、中国人古生物学者が世界中を講演して回っている。彼の論理は、ダーウィン理論が予測する共通祖先からの漸進的な進化ではなく、主要な動物群が岩の中に比較的短期間に突如出現したというものだ。この結論がアメリカの科学者を動揺させたとき、彼は皮肉っぽくコメントした「中国では政府ではダーウィンを批判できる。アメリカではダーウィンではなく政府を批判できる」と。

それは誰だ? by David E. Thomas

この謎の中国人について、CSICOPの機関紙Skeptical Inquirer, Nov/Dec, 1999が次のように報じた:
'Intelligent Design's' Chinese 'Deep Throat'? - Brief Article

Physicist David E. Thomas, president of New Mexicans for Science and Reason and a SKEPTICAL INQUIRER contributing editor, wrote what he describes as a cordial note to Johnson asking him who the Chinese paleontologist is and if he has published any articles Thomas could look at, for example in Science, or any other accessible journals or books.

New Mexicans for Science and Reasonの代表で、Skeptical Inquirerの寄稿者である物理学者David E. Thomasは、その中国人古生物学者が誰で、たとえばScience誌とか他の読める雑誌や本などThomasが読める公表論文がないかをJohnsonに質問した誠意あるノートを書いた。

On August 30 Johnson replied. He told Thomas he's not releasing the scientists name in case someone wants to make trouble. Also, he said, the scientist hasn't published anything in English yet.

8月30日にJohnsonは回答してきた。JohnsonはThomasに、トラブルをさけるために科学者の名は明かせないと答えた。さらに、科学者は英語で発表したことはないと答えた。

"My jaw dropped," says Thomas. "I'd expect a 'Deep Throat' in politics - but in science?"

Thomasは言った「口あんぐりだ。政治の世界に内部告発者がいるにせよ、科学界にまで」と。

[ https://skepticalinquirer.org/wp-content/uploads/s...? ]
David E. Thomasによる記述および、これを受けてDavid E. Thomasが1999年9月4日付けでWall Street Journalに送った手紙はここに残っている。

統一協会信者Jonathan Wellsの中国人伝説

Matzke: Icon of Obfuscation (2004)によれば、この謎の中国人の話は、統一協会信者であるDr. Jonathan Wellが2000年10月に出版した反進化本「Icons of Evolution」にも載せられていた:
In 1999, a Chinese paleontologist who is an acknowledged expert on Cambrian fossils visited the United States to lecture on several university campuses. I attended one lecture in which he pointed out that the ‘top-down’ pattern of the Cambrian explosion contradicts Darwin’s theory of evolution. Afterwards, scientists in the audience asked him many questions about specific fossils, but they completely avoided the topic of Darwinian evolution. When our Chinese visitor later asked me why, I told him that perhaps they were just being polite to their visitor, because criticizing Darwinism is unpopular with American scientists. At that he laughed, and said: ‘In China we can criticize Darwin, but not the government; in America, you can criticize the government, but not Darwin.

1999年に、カンブリア紀の化石の専門家である中国の古生物学者が、いくつかの大学キャンパスで講義をするために、アメリカ合衆国を訪問した。私は、彼がカンブリア爆発の"トップダウン"のパターンがダーウィン進化論を否定すると指摘した1つの講義に出席した。その後、聴衆の科学者は彼に特定の化石についての多くの質問をしたが、彼らは完全にダーウィンの進化の話題を避けた。中国からの訪問客が後でその理由を私に聞いたので、ダーウィニズムを批判することがアメリカの科学者に嫌われるが、彼らは訪問客に対して礼儀正しく話題を避けたのだと言った。彼は笑って「中国では政府ではダーウィンを批判できる。アメリカではダーウィンではなく政府を批判できる」と言った。

— Jonathan Wells, Icons of Evolution, p. 58


Jonathan Wellsも同じネタを使っており、同じく匿名の中国人である。

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの仕掛け

ことの起こりは、Matzke: Icon of Obfuscation (2004)によれば、1999年6月に中国で開かれた、参加者50人ほどの小さなシンポジウム"International Symposium on the Origin of Animal Body Plans and Their Fossil Records"だという。このシンポジウムはJun-Yuan Chen教授によるものだが、実際にはDiscovery Instituteが関与したものだったという。

このシンポジウムに参加したカリフォルニア大学地球科学のNigel HughesがEvolution and Development (Vol. 2, Issue 2, pp. 63-66)でこのシンポジウムの報告をしており、その最後で:
The most curious aspect of the meeting, and the most embarrassing for Western scientists (particularly those from the United States), was the presence of individuals supported by the Discovery Institute -- a Seattle-based foundation that proclaims intelligent design as a scientific explanation for biological diversity. The involvement of the Institute came as a surprise to the more conventional attendees, especially when it became obvious that the Institute had played a key role in the organization of the conference, unbeknownst to the scientific community.

シンポジウムの最も奇妙な面であり、西側の科学者、特にアメリカ合衆国から科学者にとって最もきまりが悪いものは、インテリジェントデザインを生物多様性の科学的な説明であると宣言するシアトルに拠点を置く財団Discovery Instituteにサポートされる個人の存在である。特に、科学界に気づかれずに、Discovery Instituteがシンポジウムの開催に重要な役割を演じたことが明らかになったのは、一般の参加者には驚きだった。

Several talks were presented along this theme, the main thesis of which seemed to be the old Pallian arguments wrapped in a variety of molecular guises. Michael Denton spoke on what he saw as a failure of genetics to unveil a universal explanation for biological form, Paul Nelson on maternal effect genes, and Jonathan Wells on homeotic genes. It takes guts to expose yourself in this manner to a generally incredulous audience, but it also places special demands if science is your objective. I was depressed to find that my rudimentary understanding of molecular biology was sufficient to spot egregious errors, candidly dispatched by Eric Davidson. Wells's claim that aspects of Hox gene control, instead of providing yet more evidence for homology and common ancestry, actually suggest that all metazoan phyla arose independently gives the flavor of what was offered. In doing so he effectively denied any defensible meaning in the words such as deuterosome or ecdysozoan, well established higher taxa which have been erected on characters other than those genes that influence segment identity. A bold claim, but one he could not reasonably defend as questioning revealed. Denton was dismayed that biotic systems are more complicated than some geneticists had expected in the 1960s, but the logical connection between this and his belief in immutable natural designs was left unexplained. And so it went on. The only thing new here was the presence of these arguments at a meeting that was ostensibly billed as being scientific.

いくつかの発表はこのテーマに沿って提示されたが、主たる命題は古いペイリーのデザイン論を分子で偽装したもののようだった。Michael Denton[訳注: 著名な反進化論屋]は、生物の形態についての一般的説明を明らかにすることに失敗した遺伝学と彼には見えたものについて話した。Paul Nelson[訳注: Discovery Instituteのフェロー]が母性効果遺伝子について、Jonathan Wellsはホメオ遺伝子について講演した。一般的に簡単に信じない聴衆を相手に、このようなことを話すのはかなりの度胸が必要だ。しかし、もし目的が科学なら、さらに度胸が必要だ。私の初歩的な分子生物学への理解でも、十分に実にひどい誤りを見つけられたことにがっくり来た。Eric Davidsonがさくっとやれるような。HOX遺伝子が、相同性と共通祖先のさらなる証拠となるのではなく、現に全ての 後生動物門が独立に出現したことを示唆するというWellsの主張は、提示されたものの香りがする。そのために、セグメントのアイデンティティに影響するそれらの遺伝子ではなく、特徴の上に確立された上位の分類群である新口動物群や脱皮動物群のような用語の擁護できるいかなる意味も否定した。問われても合理的に防御できない大胆な主張が明らかにされた。1960年代にある遺伝学者たちが期待していたよりも生物システムが複雑だったことにDentonは狼狽した。しかし、これと彼の変化しない自然界のデザインという信念との論理的関係は説明されないままだ。そしてさらに続く。そうする際に、彼は語(例えば部分アイデンティティに影響するそれらの遺伝子以外の性格の上で立てられたdeuterosomeまたはecdysozoanの、確立したより高い分類群)で、効果的にどんな擁護できる意味でも否定しました。大胆な主張、しかし、彼が明らかにされる質問として合理的に守ることができなかったもの。一部の遺伝学者が1960年代に予想したより、生命のシステムが難しくなるデントンはあわてました、しかし、これの論理的関係と不変の自然なデザインに対する彼の信頼は不可解なままにされました。そして、それは続きました。ここで新しい唯一のものは、科学的であることと表面上宣伝されていた会議のこれらの議論の存在でした。

How does one deal with such situations? Those speaking were accompanied by a coterie of supporters, including a "cosmic reporter" and one-by-one scientists attending courteously answered their questions. Many of us, myself included, reluctantly agree to be interviewed on tape. As guests in China a major public blow-up was to be avoided, but looking back I wish I had been more aggressive. We are all used to arguing science, but we are not used to telling people that we suspect their motives. Perhaps we have to become so, because the extent, if any, to which Chinese colleagues had been made aware of the controversial nature of the Discovery Institute, and its political agenda within the United States, remained unclear. What was clear is that the Discovery Institute is actively encouraging Chinese scientists, by means of funding, to promote a view of the Chengjiang fauna to which they are sympathetic.

このようなときどう対処すればよいのだろうか? そのような講演者は"cosmic reporter"を含む一群のサポーターたちに伴なわれていて、科学者たちは順に彼らの質問に礼儀正しく答えた。私を含む、我々の多くは、しぶしぶインタビューが録音されることに同意した。中国の客として、公的な場での激昂はさけることになっていたが、振り返ってみればもっと攻撃的であればよかったと思う。我々はみな科学を論ずることには慣れているが、我々が動機を疑っていると話すことには慣れていない。中国人科学者たちがいる範囲だけでも、Discovery Insituteが論争的性格と米国内での政治的課題について知らしめておくべきだったからだが、それがあいまいなままになってしまった。明らかなことは、Discovery Insituteが中国人科学者たちに資金提供をもちかけて、澄江動物相についての自らと同様の見方を広めることを奨励していたことだ。

Several Chinese scientists gave presentations that emphasized the sudden appearance of phyla, hinting at the need for a new "top-down" mechanism of evolution -- music, of course, to creationist ears. Although the Chengjiang fauna does forcefully remind us that many body plans were firmly established by early in the Cambrian, it does little more than focus attention on the interesting things that happened around the Precambrian/Cambrian boundary. The "phylogenetic lawn" idea is hardly new (recall, for example, Gould's Wonderful Life), and is clearly an inaccurate view. Given the generous way in which scientists at the meeting explained this and other matters to those allied with the Discovery Institute it is disappointing to find commentaries in the Wall Street Journal. (August 16, 1999) proclaiming that Chinese scientists have new evidence that questions the very basis of evolution. Predictably enough, the Discovery Institute turns out to be uninterested in scientific rigor, and they will do whatever it takes to promote their agenda, including taking advantage of Chinese scholars. Creationism is not only a specter that haunts rationality in the United States, but it is also willing to employ a little cultural imperialism if it furthers the cause.

数人の中国科学者は生物門の突然の出現を強調した発表をした。そして、新しいトップダウンの進化のメカニズムの必要性を示唆した。それは創造論者の耳には心地よい調べだっただろう。澄江動物相は、多くのボディプランがカンブリア紀初期には確立されていたことを我々に我々に力強く思いおこさせるが、それは先カンブリア紀とカンブリア紀の境界で起きた面白いことなかではそれほど注意を引くものではない。グールドのワンダフルライフを思い起こせば、系統発生の芝生という考えはちっとも新しくなく、明確に間違った見解である。シンポジウムに参加した科学者はこれやDiscovery Instituteに関するその他について気前よく説明したのに、中国人科学者が進化論のまさしく基礎を疑わせる新しい証拠があると宣言したというWall Street Journalの1999年8月16日の記事にはがっかりだった。十分に予測された通り、Discovery Instituteは科学的な厳格さに無関心であることが明らかになり、彼らは自らの課題を奨めるためには中国人科学者を利用することを含みなんでもする。創造論は、アメリカ合衆国で合理性に取りつく亡霊であるばかりか、だけではなくて、さらに原因を進めれば、ちょっとした文化的帝国主義を使うことにすらなる。

(Hughes, 2000, "The rocky road to Mendel's play," Evolution and Development, 2(2), 63-66)

Discovery Instituteは自分で、中国で"科学的会議"を開催し、そこで研究資金を提供する代わりに、自分たちの見解に沿った講演を米国でしてくれる中国人科学者を調達していたわけだ。そして、その講演をネタに、Phillip JohnsonはWall Street Journalの記事を書き、Jonathan Wellsは本に書いた。さも、偶然のようにして。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます