創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>否定論・陰謀論を信じる理由

QAnonの予言が外れたとき(2021)


QAnonはカルトとして理解するのが適切ではないかという。そのようなカルトから信者の離脱の要因となるのが、信念への信頼の喪失やリーダーの矛盾などである。
It’s debatable whether QAnon is best understood as a cult or a religion, as some have claimed, but research on cults does tell us something about why true believers leave such movements. A 2017 study found that abandoning cult membership is predicted by loss of faith in the core beliefs of the group, social interventions, and contradictions by its leader.

一部の人が主張しているように、QAnonがカルトとして最もよく理解できるのか、宗教として最もよく理解できるのかは議論の余地があるが、カルトに関する研究は、真の信者がそのような運動を離れる理由について語っていることがある。 2017年の調査によると、カルトからの離脱は集団の中心的な信念への信頼の喪失、社会的介入、およびリーダーによる矛盾から予測される。

[ Joe Pierre M.D.: "For QAnon Believers Facing Reality, What Happens Now?" (2021/01/21) on PsychologyToday ]

QAnonのリーダーではなく、その中心的なアイコンであるTrumpの「矛盾」はあるかというと、そもそも、2018年半ば時点で、Donald Trump自身はどれくらいQAnonについて、ほとんど関知していないかった。自分が偉いと言っているという以上には。
It’s worth noting that there is no indication that Trump, the epicenter of this entire conspiracy theory, has any idea what QAnon actually asserts — that Tom Hanks, Oprah Winfrey, and George W. Bush are part of an elite pedophile ring, hell-bent on consuming the blood of children.

When questioned during a press conference on Wednesday, Trump appeared to believe the conspiracy theory was focused on supporting his efforts to tamp down urban unrest, saying QAnon adherents are “people who don’t like seeing what is going on in places like Portland, and in places like Chicago and New York and other cities — and states. And I’ve heard these are people who love our country, and they just don’t like seeing it.”

When he was then asked, “What about the theory, this belief that you are secretly saving the world from this titanic cult of pedophiles and cannibals? Does that sound like something you are behind?” Trump responds:

I have not heard that. Is that supposed to be a bad thing or a good thing? I mean, you know. If I can help save the world from problems, I am willing to do it. I’m willing to put myself out there. and we are actually! We are saving the world from a radical left philosophy that will destroy this country, and when this country is gone, the rest of the world would follow.

None of this indicates that he has any indication that he understands the basis of the conspiracy theory. Rather, it indicates that all he knows of the conspiracy theory is that it’s about how important and special he is.

この陰謀論全体の震源地であるTrumpが、QAnonが実際に主張していること、すなわちTom HanksとOprah WinfreyとGeorge W. Bushがエリートペドフェリアリングに加わっていて、子供の血を消費しているという考えを持っているという兆候がないことは注目に値する。

2018/8/1の記者会見で質問されたとき、Trumpは「QAnon支持者は、ポートランドやシカゴやニューヨークやその他の都市のようば場所で、米国で、何が起きているのか見たくない人々である。これらの人々は国を愛しており、ただ見たくないだけなのだ」と述べた。

「大統領が、ペドフェリアとカニバルの巨大なカルトから世界をひそかに救っているという陰謀論はどうか?大統領が背後にいる何らかのものか?」と問われて、Trumpは次のように答えた。

「聞いたことがない。 それは悪いことなのか良いことなのか? 知ってのとおり、問題から世界を救えるなら、私はそうしたい。私は進んでそれを行う。我々は実際そうだ。我々は、この国を破壊しようとするラジカル左翼思想から世界を救っている。この国が失われれば、世界も失われるだろう。」

これのどれにもTrumpが陰謀論の基礎を理解しているという兆候が見られない。むしろ、陰謀論についてTrumpが知っているのは、Trumpがどれほど重要で特別であるかということだけだということを示している。

[ Jane Coaston: "QAnon, the scarily popular pro-Trump conspiracy theory, explained" (2018/8/01, updated 2020/08/21) on VoX ]
にもかかわらず、QAnonの信者が剥がれることはなかったようである。

また、wikipedia:QAnon (2021/01/24 05:29)には、QAnonのはずれた予言が挙げられている。
2017/11/03「Storm(嵐)」が起きる。その日、米国の政治に注目すべき出来事はなかった。
2020/01/20Biden大統領就任式に「Storm(嵐)」が起きる。クーデターは起きず、Bidenは平和裏に大統領に就任した。
2016/02/01国防総省を巻き込んだ大事件が起きる。
2018/02/10大統領の標的となった人々が集団自殺する。その日、著名人たちは自殺しなかった。
2018/02/16頃ロンドンで自動車爆弾が爆発する。爆発はなかった。
2018/11/10トランプの退役軍人の日の軍事パレードが実施される。中止された。
Five Eyesはそう長くは続かない。現在も継続中。
2018/04/10重庆市で何らかの大事件が起きる。その日、重庆市では注目すべき出来事はなかった。
2018/05北朝鮮で「bombshell(衝撃的な)」新事実が明かされる。注目すべき展開はなかった。
2018/03Hillary Clintonの決定的な証拠映像が公開される。映像は出現しなかった。
John McCainが連邦上院議員を辞任する。(複数回)McCainは2018/8に死亡するまで連邦上院議員を続けた。
Mark ZuckerbergがFacebookを離れ、米国から逃亡する。(複数回)Zuckerbergは2021/1時点でFacebookのCEOを続けている。
Jack DorseyがTwitterのCEOを辞職させられる。(複数回)Dorseyは2021/1時点でTwitter CEOを続けている。
Francis教皇が重罪で逮捕される。(複数回)Francisは逮捕されなかった。
「next week(来週)」「something big(何か大きなこと)」が起きるか、真実が明らかになる。(複数回)
2021/01/20Donald Trumpが選挙で敗北したにもかかわらず、大統領に就任する。Bidenが2021/1に大統領に就任した。

しかし、多くの陰謀論と同様に、QAnon信者たちは、どれだけQAnonの預言/予言/予測がはずれても、QAnonへの信仰を失わないだろうというのが、2018年半ばの見方だった。
Conspiracy theories like QAnon are “self-sealing” — meaning that evidence against them can become evidence of their validity in the minds of believers, according to Stephan Lewandowsky, a professor at the University of Bristol who studies conspiracy theories and conspiracists. Trying to disprove a conspiracy theory thus usually only serves to reinforce it.

“For example, if scientists are accused of creating a ‘hoax,’ such as climate change, but they are then exonerated by multiple enquiries, then a conspiracy theorist will not accept that as evidence of their innocence, but as evidence of a broad conspiracy (to create a world government or whatever) that involves the government, judiciary, Soros, and anyone else who once shared a supermarket checkout line with Al Gore in the 1970s,” Lewandowsky said.

And here’s the really important point: Conspiracy theories aren’t created by evidence, but by belief, or by the desire to believe, that there must be something more to the events that shape our lives, culture, and politics than accident or happenstance.
...
As Lewandowsky told me: Conspiracy theories often serve an ironic function of providing a sense of order in chaos. People would rather believe that there are evil masterminds out there that pull strings on cataclysmic events than accept the occurrence of random events.

QAnonのような陰謀論は「自己封印」である。陰謀論と陰謀論者を研究しているUniversity of BristolのSte​​phan Lewandowsky教授によれば、自分たちの主張に反する証拠は、信者たちの心の中では正当化の証拠となりうる。したがって、陰謀論を反証しようとしても、逆に補強となることが多い。

Lewandowsky教授によれば「たとえば、科学者が気候変動などのデマを作ったと非難されたが、その後、複数の調査によって免罪された場合、陰謀論者はそれを無実の証拠としてではなく、政府と司法とSorosと1970年代にAl Goreとスーパーマーケットのレジに並んだ人々を巻き込んだ(世界政府などを説利するための)陰謀の証拠として受け取る。」

そしてここに本当に重要な点がある:陰謀論は証拠によって作られるのではなく、「我々の生活や文化や政治を形作る出来事は、偶然ではなく、それ以上の何かがある」という信念あるいは、信じたいという願望によって作られる。
...
Lewandowsky教授によれば「陰謀論は混沌とした状況に秩序を与えるというアイロニックなキノを果たす。人々はランダムな出来事が起きたと受け取るより、大変動事件の糸を引く邪悪な首謀者がそこにいると信じたいのである。」

[ Jane Coaston: "QAnon, the scarily popular pro-Trump conspiracy theory, explained" (2018/8/01, updated 2020/08/21) on VoX ]

そして、カルトで言えば、大失望の日というべきBidenの大統領就任。
Now that President Biden has been inaugurated, Q hasn’t posted online since early December, and Ron Watkins (a QAnon supporter and former administrator of 8kun, the online platform where Q posts) has urged QAnons to “go back to our lives,” there’s evidence that a large number of followers are questioning their beliefs and may finally decide to abandon the cause. A spate of articles published this week have quoted online chatter by QAnon adherents as follows:

今やBidenが大統領に就任し、Qは2020年12月初旬からオンラインにポストしておらず、(QAnonの支持者で、Qのポストを掲載するサイト8kunの元管理者である)Ron Watkinsは、QAnon信者たちに「日々の生活に帰る」よう求めた。信者の多くが自分たちの信念を疑問視し、大義を放棄する決断をしそうであるという証拠がある。今週公開された一連の記事は、QAnon支持者によるオンラインのチャットを次のように引用しる。

“I’m losing my everloving mind right now. Is this really happening? Was this part of the plan?”
“If nothing happens I will no longer believe in anything.”
“Anyone else feeling beyond let down?”
“It’s over and nothing makes sense… absolutely nothing.”
“Was Q just one big lie and psyop that I foolishly followed and believed for over 3 years?”
“Been played like fools.”
“He sold us out.”
“What a fraud.”


「私は今、永遠の精神を失っています。これは本当に起こっているのですか?これは計画の一部でしたか?」

「何も起きなかったら、もう何も信じない。」
「他に失望を超えて、何か感じている人はいるか?」
「全部終わった。全部、理不尽だ。何もかも。」
「Qは大嘘で、心理作戦で、俺はそんなものを3年も信じてたってのか?」
「バカみたいだ。」
「ヤツは俺たちを売りやがった」
「ひでい詐欺だ」

[ Joe Pierre M.D.: "For QAnon Believers Facing Reality, What Happens Now?" (2021/01/21) on PsychologyToday ]
しかし、これで終わりではないと、専門家たちは言う。医学部精神医学および生物行動科学部門の臨床教授であるJoe Pierreは、そのような予測は適切ではないだろうと言う。
Is this the beginning of the end for QAnon, then? Have QAnon followers finally woken up to the fact that they've fallen victim to a hoax? It hardly seems appropriate for a blog post about false prophesies to make a firm prediction, but the safe bet is that some QAnon believers will fold, some will stand, and some will double down. The theory of cognitive dissonance predicts that those with the most money in the pot—the true believers who have invested the most time and energy into QAnon at the expense of jobs and relationships—will be most likely to pivot in a way that preserves or fuels their faith. And make no mistake, those who have been profiting from QAnon—based on online hits, celebrity, or hocking QAnon-related paraphernalia—will certainly work hard to keep their cash cow alive.

では、これはQAnonの終わりの始まりだろうか?QAnonのフォロワーは、デマに騙されていた事実にようやく目覚めましたのだろうか?誤った預言についてのブログ記事で確固たる予測をするのは適切ではない。QAnonビリーバーは、ゲームを降りるか、ゲームを続けるか、リスクを取って賭けに出るか、どれもありうる。認知不協和の理論によれば、仕事と人間関係を犠牲にして、多くの時間とエネルギーをQAnonに注ぎ込んだ真のビリーバーたちは、QAnonへの信仰を維持するか、強めるだろう。そして間違いなく、QAnonネタでオンラインヒット件数を得たり、有名になったり、QAnon関連品で稼いだりして、QAnonから利益を得ている人々は、金の卵を産む鶏を生かし続けるために全力を挙げるだろう。

[ Joe Pierre M.D.: "For QAnon Believers Facing Reality, What Happens Now?" (2021/01/21) on PsychologyToday ]
カルトは「預言が破綻するとき、信者は信念を高める」ことがある。QAnonがそれにあたるのか、大失望とともにフェードアウトするのか。事態の推移を見ていくしかない。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます