創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>否定論・陰謀論を信じる理由

Richard Hofstadterの米国政治のパラノイドスタイル (1964)


米国Columbia Universityの米国史教授Richard Hofstadterは、1963年に「米国政治のパラノイドスタイル」についての講義を行った。その内容が、1964年11月にHarper's Magazineに掲載された。そこに示された1960年代の米国の右翼の姿は、時代に紐づく固有名詞は違えど、現在と何ら違わない姿だった。
American politics has often been an arena for angry minds. In recent years we have seen angry minds at work mainly among extreme right-wingers, who have now demonstrated in the Goldwater movement how much political leverage can be got out of the animosities and passions of a small minority. But behind this I believe there is a style of mind that is far from new and that is not necessarily right-wing.

米国の政治は、怒れる心の闘技場となってきた。最近だと、我々は極右たちの怒れる心の働きを目の当たりにしている。彼らは、Goldwater運動で、どれだけの政治的影響力が、少数の者の憎悪と情熱から出てきたかを提示している。しかし、その背後には、決して目新しくない、そして右翼に限らない、心の働きがあると、私は考えている。


1960年代の米国右翼の思考の特徴をHofstadterは次のようにまとめている。
The basic elements of contemporary right-wing thought can be reduced to three: First, there has been the now-familiar sustained conspiracy, running over more than a generation, and reaching its climax in Roosevelt’s New Deal, to undermine free capitalism, to bring the economy under the direction of the federal government, and to pave the way for socialism or communism. A great many right-wingers would agree with Frank Chodorov, the author of The Income Tax: The Root of All Evil, that this campaign began with the passage of the income-tax amendment to the Constitution in 1913.

The second contention is that top government officialdom has been so infiltrated by Communists that American policy, at least since the days leading up to Pearl Harbor, has been dominated by men who were shrewdly and consistently selling out American national interests.

Finally, the country is infused with a network of Communist agents, just as in the old days it was infiltrated by Jesuit agents, so that the whole apparatus of education, religion, the press, and the mass media is engaged in a common effort to paralyze the resistance of loyal Americans.

現代(1960年代)の右翼思考の基本要素は、以下の3つに集約できる。第1は、ニューディール政策でクライマックスに到達し、自由事本主義を蝕み、経済を連邦政府の指令下に置き、社会主義あるいは共産主義への道を固めるという、一世代以上続き、今は身近な陰謀が存在する。非常に多くの右翼が、"Income Tax: The Root of All Evil"(所得税、諸悪の根源)の著者であるFrank Chodorovを支持しており、このキャンペーンは、1913年の所得税についての憲法修正に始まる。

第2は、政府官僚最上層が共産主義者の浸透を受けて、少なくとも真珠湾以来、米国の政策は米国の国益を売り渡す者たちによって支配されてきた。

最後は、米国は、かつてイエズス会のエージェントたちに浸透されたように、共産主義者のエージェントたちのネットワークに浸透され、教育・宗教・報道・マスメディアの全体が、忠実な米国人の抵抗力を麻痺させている。

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics" (1964/11) on Harper's Magazine ]
登場する勢力とネタは時代のものだが、基本的な思考が半世紀後の現在と違っていない。

このようなスタイルは、はるかなる過去から、左右にかかわらず存在している。
Here is Senator McCarthy, speaking in June 1951 about the parlous situation of the United States:

これは1951年6月にMcCarthy連邦上院議員が、米国の狡猾な状況について述べたものだ。

How can we account for our present situation unless we believe that men high in this government are concerting to deliver us to disaster? This must be the product of a great conspiracy on a scale so immense as to dwarf any previous such venture in the history of man. A conspiracy of infamy so black that, which it is finally exposed, its principals shall be forever deserving of the maledictions of all honest men. . . . What can be made of this unbroken series of decisions and acts contributing to the strategy of defeat? They cannot be attributed to incompetence. . . . The laws of probability would dictate that part of . . . [the] decisions would serve the country’s interest.

この政府上層部が協調して、我々を災厄へと運ぼうとしていると考える以外に、我々の現在の状況を説明する方法があるだろうか?これは、人間の歴史のいかなる危険も矮小化されるほど巨大なスケールの大陰謀の帰結なのだ。この恥ずべき陰謀はあまりにも黒く、最終的には暴露され、首謀者たちは、すべての正直者たちの呪詛に永劫さらされることになる。何が、敗北戦略に寄与する一連の切れ目ない決定と行動を作り上げているのか? それは無能に起因するものではありえない。国益を左右する決定の一部を確率法則が支配している。


Now turn back fifty years to a manifesto signed in 1895 by a number of leaders of the Populist party:

50年前、米国人民党の多くの指導者たちが1895年に署名した公約:

As early as 1865–66 a conspiracy was entered into between the gold gamblers of Europe and America. . . . For nearly thirty years these conspirators have kept the people quarreling over less important matters while they have pursued with unrelenting zeal their one central purpose. . . . Every device of treachery, every resource of statecraft, and every artifice known to the secret cabals of the international gold ring are being used to deal a blow to the prosperity of the people and the financial and commercial independence of the country.

早ければ1865-55年には、欧米の博徒たちの間で、ひとつの陰謀が始まった。30年近く、これらの陰謀実行者たちは、国民を些末的問題にかかずらわせておき、自分たちは、あくことなき熱意で一つの中心的目的を追求してきた。国際的金環の秘密組織に知られた、あらゆる裏切りの装置と、あらゆる国政のリソースと、あらゆる策略が、国民の反映と米国の金融的及び商業的独立に打撃を与えるのに使われてきた。


Next, a Texas newspaper article of 1855:

次はテキサス州の1855年の新聞記事だ。

. . . It is a notorious fact that the Monarchs of Europe and the Pope of Rome are at this very moment plotting our destruction and threatening the extinction of our political, civil, and religious institutions. We have the best reasons for believing that corruption has found its way into our Executive Chamber, and that our Executive head is tainted with the infectious venom of Catholicism. . . . The Pope has recently sent his ambassador of state to this country on a secret commission, the effect of which is an extraordinary boldness of the Catholic church throughout the United States. . . . These minions of the Pope are boldly insulting our Senators; reprimanding our Statesmen; propagating the adulterous union of Church and State; abusing with foul calumny all governments but Catholic, and spewing out the bitterest execrations on all Protestantism. The Catholics in the United States receive from abroad more than $200,000 annually for the propagation of their creed. Add to this the vast revenues collected here. . . .

欧州の絶対君主たちとローマ教皇が今や、我々の破壊と我々の政治・民間・宗教組織の絶滅の計画を立てていることは、悪名高い事実である。我々の執行部室へ腐敗が入り込み、指導部がカトリックの感染毒に汚染されたと信じるに足る理由がある。教皇は先ごろ、米国に秘密の目的で大使を派遣した。その結果が、全米でのカトリック教会の常軌を逸した大胆さである。これら教皇の手下たちの大胆さは、我らが連邦上院議員たちを侮辱し、政府を説教し、教会と政府の不浄の同盟を広げて、カトリックが不浄の策略で政府を濫用し、全プロテスタントを最悪の呪詛を投げつけている。米国にその信条を布教するために、カトリック教徒たちは毎年、海外から20万ドル以上を受け取っている。これに加えて、彼らはこの地で膨大な収益をあげている。


These quotations give the keynote of the style. In the history of the United States one find it, for example, in the anti-Masonic movement, the nativist and anti-Catholic movement, in certain spokesmen of abolitionism who regarded the United States as being in the grip of a slaveholders’ conspiracy, in many alarmists about the Mormons, in some Greenback and Populist writers who constructed a great conspiracy of international bankers, in the exposure of a munitions makers’ conspiracy of World War I, in the popular left-wing press, in the contemporary American right wing, and on both sides of the race controversy today, among White Citizens’ Councils and Black Muslims. I do not propose to try to trace the variations of the paranoid style that can be found in all these movements, but will confine myself to a few leading episodes in our past history in which the style emerged in full and archetypal splendor.

これらの引用はスタイルの根本原理を提示している。米国史において、これは、たとえば、反フリーメイソン運動や移民排斥主義運動や反カトリック運動に見られるものある。そして、米国政府が奴隷所有者の陰謀の手に握られているとみなす奴隷制度廃止論の一部の代弁者たちに、モルモン教に対する多くの警告論者たちに、国際金融業者たちの巨大な陰謀を論じる一部の米国グリーンバック党や米国人民党の著述家たちに、軍需産業による第一次世界大戦の陰謀の暴露者たちに、大衆左翼紙に、現代の米国右翼に、今日の人種対立の両側である白人市民会議とブラックムスリムにも見られるものである。

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics" (1964/11) on Harper's Magazine ]
登場人物は異なるが、同じスタイルが繰り返されている。

敵をまねる
The paranoid spokesman sees the fate of conspiracy in apocalyptic terms—he traffics in the birth and death of whole worlds, whole political orders, whole systems of human values. He is always manning the barricades of civilization. He constantly lives at a turning point. Like religious millennialists he expresses the anxiety of those who are living through the last days and he is sometimes disposed to set a date fort the apocalypse. (“Time is running out,” said Welch in 1951. “Evidence is piling up on many sides and from many sources that October 1952 is the fatal month when Stalin will attack.”)

パラノイドのスポークスマンは、陰謀の運命を黙示録的言葉で見ている。彼は、全世界の誕生と死、全政治秩序、人間の価値体系全体にいる。彼は常に、文明のバリケードに立っている。彼は常に、歴史の転換点に生きている。宗教の千年紀論者のように、彼は最後の日々を生きる人々の不安を表明する。彼はときどき、黙示録的日付を定める。(「時間は尽きかけている。1952年10月がスターリンの攻撃開始の日だという証拠は多くの側、多くの情報源から溢れ出ている」と1951年にWelchは言った。

As a member of the avant-garde who is capable of perceiving the conspiracy before it is fully obvious to an as yet unaroused public, the paranoid is a militant leader. He does not see social conflict as something to be mediated and compromised, in the manner of the working politician. Since what is at stake is always a conflict between absolute good and absolute evil, what is necessary is not compromise but the will to fight things out to a finish. Since the enemy is thought of as being totally evil and totally unappeasable, he must be totally eliminated—if not from the world, at least from the theatre of operations to which the paranoid directs his attention. This demand for total triumph leads to the formulation of hopelessly unrealistic goals, and since these goals are not even remotely attainable, failure constantly heightens the paranoid’s sense of frustration. Even partial success leaves him with the same feeling of powerlessness with which he began, and this in turn only strengthens his awareness of the vast and terrifying quality of the enemy he opposes.

眠れる大衆たちに未だ明らかになっていない陰謀を認識する能力を持つ前衛の一員として、パラノイドは好戦的指導者である。政治家たちと違って、彼は社会対立を調停あるいは妥協すべきものとは考えない。利害対立は、常に絶対善と絶対悪の対立であり、絶対に妥協氏はならない問題であり、終わらせるために戦いつくさなければならないものである。敵は完全な悪であり、宥和不可能な存在であると考えられるので、世界からとは言わぬまでも、パラノイドが活動する戦場からは、完全に掃討されなめればならない。完全勝利への渇望は、絶望的に非現実的な到達点を定めるので、これらの到達点は遠い将来にさせ実現不可能であり、失敗は常にパラノイドの欲求不満を高める。部分的勝利さえも、当初よりの無力さを彼に感じさせる。そして、敵対している敵が巨大で恐るべきものだという認識を強化する。

The enemy is clearly delineated: he is a perfect model of malice, a kind of amoral superman—sinister, ubiquitous, powerful, cruel, sensual, luxury-loving. Unlike the rest of us, the enemy is not caught in the toils of the vast mechanism of history, himself a victim of his past, his desires, his limitations. He wills, indeed he manufactures, the mechanism of history, or tries to deflect the normal course of history in an evil way. He makes crises, starts runs on banks, causes depressions, manufactures disasters, and then enjoys and profits from the misery he has produced. The paranoid’s interpretation of history is distinctly personal: decisive events are not taken as part of the stream of history, but as the consequences of someone’s will. Very often the enemy is held to possess some especially effective source of power: he controls the press; he has unlimited funds; he has a new secret for influencing the mind (brainwashing); he has a special technique for seduction (the Catholic confessional).

敵は隔絶している。敵は完全な邪悪モデルであり、ある種の非倫理的な不吉な超人であり、遍く存在し、強大で、残酷で、可能的で、贅沢を好む。我々と違って、敵は歴史の巨大なメカニズムの網で捕えられることはなく、敵は敵自身の過去と欲望と限界の犠牲者である。敵は、歴史のメカニズムの製造者あるいは正しき歴史の道を改変する意志を持ち、実際にそうしている。そして、敵は自分が作り出した悲惨さを楽しみ、そこから利益を得る。パラノイドの歴史解釈はきわめて人格的である。歴史の決定的出来事は歴史の流れの一部ではなく、誰かの意志の帰結である。敵は多くの場合、権力に効果的に影響を及ぼす源泉を持っている。敵は報道を支配している。敵は無限の資金を持っている。敵は精神を支配(洗脳)する秘密の技術を持っている。敵は誘惑の特別な技術(カトリック告白)を持っている。

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics" (1964/11) on Harper's Magazine ]
いかなる意味でも打倒する以外に道がない、邪悪なる敵を見出しているパラノイドだが、戦いの過程で敵をまねていく。
It is hard to resist the conclusion that this enemy is on many counts the projection of the self; both the ideal and the unacceptable aspects of the self are attributed to him. The enemy may be the cosmopolitan intellectual, but the paranoid will outdo him in the apparatus of scholarship, even of pedantry. Secret organizations set up to combat secret organizations give the same flattery. The Ku Klux Klan imitated Catholicism to the point of donning priestly vestments, developing an elaborate ritual and an equally elaborate hierarchy. The John Birch Society emulates Communist cells and quasi-secret operation through “front” groups, and preaches a ruthless prosecution of the ideological war along lines very similar to those it finds in the Communist enemy. Spokesmen of the various fundamentalist anti-Communist “crusades” openly express their admiration for the dedication and discipline the Communist cause calls forth.

多くの点で、この敵が自分自身の投影であるという結論には抗いがたい。自分の理想と容認し難い面の両方が敵に投影されている。敵は国際的知識人かもしれないが、パラノイドは衒学であっても学術組織の中では勝っている。秘密組織と戦うために作り上げた秘密組織は、パラノイドに賛辞を与える。クークラックスクランはカトリック教会を真似て、聖職者の服をと精巧な儀式と精巧な階層を作り上げた。ジョンバーチ協会は共産党細胞と前衛による準秘密作戦を真似る。敵たる共産主義者に見られるのと似た、イデオロギー戦争における無慈悲な告発を説く。多様な原理主義的反共十字軍のスポークスマンたちは、共産主義の大義が求める規律と検針を、公然と賞賛する。

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics" (1964/11) on Harper's Magazine ]
このようなパラノイドスタイルは、米国に限らない。11世紀から16世紀の欧州の千年紀論者たちにも見られるという。

つまり、日々、パライノドスタイルを目にしても、それは社会状況が悪化したわけでも、人間精神が劣化したわけでもない。以前から、そんなもの。




奪われた

1960年代の米国の右翼は、19世紀の右翼とは異なり、「既に奪われた」と感じていると、Hofstadterは指摘する。

If, after our historically discontinuous examples of the paranoid style, we now take the long jump to the contemporary right wing, we find some rather important differences from the nineteenth-century movements. The spokesmen of those earlier movements felt that they stood for causes and personal types that were still in possession of their country—that they were fending off threats to a still established way of life. But the modern right wing, as Daniel Bell has put it, feels dispossessed: America has been largely taken away from them and their kind, though they are determined to try to repossess it and to prevent the final destructive act of subversion. The old American virtues have already been eaten away by cosmopolitans and intellectuals; the old competitive capitalism has been gradually undermined by socialistic and communistic schemers; the old national security and independence have been destroyed by treasonous plots, having as their most powerful agents not merely outsiders and foreigners as of old but major statesmen who are at the very centers of American power. Their predecessors had discovered conspiracies; the modern radical right finds conspiracy to be betrayal from on high.

もし、パラノイドスタイルの歴史的不連続の後に、我々が今や、現代の右翼へと、大きく飛躍しているとするなら、我々は19世紀の運動との間に、重要な差異を見出せる。それら初期の運動の代弁者たちは、米国を所有する大義と個人のために、代弁しているのだと感じていた。すなわち、人生の確立された道筋に対する脅威から、身をかわしている個人のために。しかし、現代の右翼は、歴史学者Daniel Bellが指摘するように「奪われた」と感じている。「彼らや、その同類から、米国の多くが奪われており、取り戻そうとしていて、最終的破壊を阻止しようとしている。古き米国の美徳は、コスモポリタンと知識人たちに食い荒らされた。古き競争的資本主義は、社会主義及び共産主義的なスキームによって次第に蝕まれた。古き国家安全保障と独立は、アウトサイダーや外国人のみならず、米国の力の中心にいる、老いているが主要な指導者たちを強力なエージェントとする、反逆者の陰謀で破棄された。彼らの前任者たちは陰謀を発見した。現代のラディカル右翼は、陰謀が権力の頂点の裏切りであることを発見した。」

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics" (1964/11) on Harper's Magazine ]
米国右翼は「奪われた米国を、自分たちの手に取り戻すのだ」という思いに突き動かされてるのだと。


つづく




コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます