創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>否定論・陰謀論を信じる理由

Richard Hofstadterの米国政治のパラノイドスタイル (つづき)


Richard Hofstadterはさらに、パラノイドスタイルの特徴として、特に教養人がパラノイドスタイルをとった場合の、衒学性あるいは証拠の積み上げを指摘する。
A final characteristic of the paranoid style is related to the quality of its pedantry. One of the impressive things about paranoid literature is the contrast between its fantasied conclusions and the almost touching concern with factuality it invariably shows. It produces heroic strivings for evidence to prove that the unbelievable is the only thing that can be believed. Of course, there are highbrow, lowbrow, and middlebrow paranoids, as there are likely to be in any political tendency. But respectable paranoid literature not only starts from certain moral commitments that can indeed be justified but also carefully and all but obsessively accumulates “evidence.” The difference between this “evidence” and that commonly employed by others is that it seems less a means of entering into normal political controversy than a means of warding off the profane intrusion of the secular political world. The paranoid seems to have little expectation of actually convincing a hostile world, but he can accumulate evidence in order to protect his cherished convictions from it.
...
The higher paranoid scholarship is nothing if not coherent—in fact the paranoid mind is far more coherent than the real world. It is nothing if not scholarly in technique. McCarthy’s 96-page pamphlet, McCarthyism, contains no less than 313 footnote references, and Mr. Welch’s incredible assault on Eisenhower, The Politician, has one hundred pages of bibliography and notes. The entire right-wing movement of our time is a parade of experts, study groups, monographs, footnotes, and bibliographies. Sometimes the right-wing striving for scholarly depth and an inclusive world view has startling consequences: Mr. Welch, for example, has charged that the popularity of Arnold Toynbee’s historical work is the consequence of a plot on the part of Fabians, “Labour party bosses in England,” and various members of the Anglo-American “liberal establishment” to overshadow the much more truthful and illuminating work of Oswald Spengler.

パラノイドスタイルの最後の特徴は、その衒学の質に関連したものだ。パラノイドの文献に印象的な特徴のひとつは、空想的な結論とそれが常に示す事実性に対するほとんど感動的な懸念との対比である。信じられないことが信じられる唯一のことだ示す証拠を求める英雄的な努力を生み出す。政治的傾向がなんであれ、高い教養ある・中程度の教養のある・無教養なパラノイドがいる。そして、尊敬すべきパラノイド文献は、正当化できる、ある種の道徳的コミットメントから始まり、慎重かつ強迫的に「証拠」を蓄積する。この「証拠」と、他の人々が採用する証拠の違いは、世俗的な政治世界への冒涜的な侵入を阻止する手段に劣る、通常の政治論争に入る手段だということだ。パラノイドたちが敵対的な世界を実際に納得させることはおそらくないが、それでも、自分たちの信念を守るために証拠を蓄積できる。
...
より高いパラノイドの学識は、とりわけ首尾一貫していることが取り柄である。実際、パラノイドの精神は現実世界よりも、はるかに首尾一貫している。技術的にはまさに学術的なことが取り柄である。マッカーシーの96ページのパンフレット"MaCarthyism"には313以上の脚注参照がある。また、ウェルチのアイゼンハウアーに対する驚異的な攻撃文書"The Politician"には、100ページ以上の参考文献と注記がある。我々の時代の右翼全体の動きは、専門家・研究グループ・モノグラフ・脚注・参考文献に満ち溢れている。ときには、右翼が学術的な深さと包括的な世界観を求めていくと、驚くべき結論に至ることがある。たとえば、ウェルチは、アーノルド・トインビーの歴史に関する著作の人気の高さは、フェビアン主義者・英国労働党の幹部。英米のリベラルエスタブリッシュメントなどの様々なメンバーによる陰謀の結果だと、激しく非難した。

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics" (1964/11) on Harper's Magazine ]
首尾一貫性は陰謀論の共通的な特性であり、人を魅了する特性でもる。

そして歴史について、その首尾一貫性の故にパラノイドスタイルは「歴史のあちこちに陰謀や陰謀を見ている」のではなく、「広大な、あるいは、巨大な陰謀が歴史の根本的な出来事の原動力」と見なすようになる。
Let us now abstract the basic elements in the paranoid style. The central image is that of a vast and sinister conspiracy, a gigantic and yet subtle machinery of influence set in motion to undermine and destroy a way of life. One may object that there are conspiratorial acts in history. and there is nothing paranoid about taking note of them. This is true. All political behavior requires strategy, many strategic acts depend for their effect upon a period of secrecy, and anything that is secret may be described, often with but little exaggeration, as conspiratorial. The distinguishing thing about the paranoid style is not that its ex-ponents see conspiracies or plots here and there in history, but that they regard a 'vast' or 'gigantic' conspiracy as the motive force in historical events. History is a conspiracy, set in motion by demonic forces of almost transcendent power, and what is felt to be needed to defeat it is not the usual methods of political give-and-take, but an all-out crusade.

それでは、パラノイドスタイルの基本的な要素を抽象化しよう。中心的なイメージは「広大で不吉な陰謀、巨大でありながら微妙な影響力のメカニズムが、生活様式を弱体化させ破壊する動きを起こしている」というものだ。歴史の中に陰謀行為があることに異議を唱える者もいるかもしれないが、それらに注意を払うことについてパラノイドでも何でもない。それは真実だ。すべての政治的行動は戦略を必要とし、多くの戦略的行為の影響力は、それが秘密になっている期間に依存しており、秘密になっていることはすべて、陰謀として記述されたとしても誇張ではない。パラノイドスタイルの際立った点は、その主張者が「歴史のあちこちに陰謀や陰謀を見ている」のではなく、「広大な、あるいは、巨大な陰謀が歴史の根本的な出来事の原動力」と見なしているところにある。歴史はひとつの陰謀であり、ほぼ超越的な力を持つ悪魔の力によって動かされている。そして、それを打ち倒すには、通常の政治的な方法ではなく、全面的な十字軍が必要だ。

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics: An Essay: from The Paranoid Style in American Politics" (1965), pp.29-30]
しかし、首尾一貫性という点では奇妙なことに、パラノイドスタイルな人々にとって、永遠に「終末までの残された時間はあまりない。」常に歴史のターニングポイントであり、常に終末寸前で事は終わる。
The paranoid spokesman sees the fate of this conspiracy in apocalyptic terms—he traffics in the birth and death of whole worlds, whole political orders, whole systems of human values. He is always manning the barricades of civilization. He constantly lives at a turning point: it is now or never in organizing resis-tance to conspiracy. Time is forever just running out. Like religious millenarians, he expresses the anxiety of those who are living through the last days and he is sometimes disposed to set a date for the apocalypse. "Time is running out," said Welch in 1951. "Evidence is piling up on many sides and from many sources that October 1952 is the fatal month when Stalin will attack." [4] The apocalypticism of the paranoid style runs dangecously near to hopeless pessimism, but usually stops short of it. Apocalyptic warnings arouse passion and militancy, and strike at susceptibility to similar themes in Christianity. Properly expressed, such warnings serve somewhat the same function as a description of the horrible consequences of sin in a revivalist sermon: they portray that which impends but which may still be avoided. They are a secular and demonic version of adventism.

パラノイドなスポークスマンは、この陰謀の運命を終末論的な言葉で見ている。彼は全世界の誕生と死、全政治秩序、全人間的価値観の体系の中で商売をしている。彼は常に文明のバリケードを担当している。彼は常に、歴史のターニングポイントにいる。しかし、彼は今も決して、陰謀に対するレジスタンスを組織しようとはしない。永遠に、残された時間はわずかである。彼は宗教的千年紀のように、最後の日々を生きている人々の不安を表現し、ときどき黙示録の日付を設定しようとする。ウェルチは言った。「残り時間は少ししかない。1952年10月が、スターリンによる攻撃開始という死の月であるという証拠は、多くの側面と多くの情報源から積みあがっている。パラノイドスタイルの終末信仰は絶望的悲観論に危険なまでに迫るが、多くの場合、その寸前で止まる。終末論的な警告は、情熱と過激さを呼び起こし、キリスト教における同様のテーマに対する感情を刺激する。正しく表現されれば、そのような警告は信仰復興論者義の説教における罪の恐ろしい結果の説明と幾分同じ機能を果たす。彼らはそれを、差し迫っているが、まだ避けられる可能性があると描写する。彼らは再臨派信者の世俗バージョンあるいは悪魔バージョンである。

[4] May God Forgive Us (Chicago, 1951), p73.

[ Richard Hofstadter: "The Paranoid Style in American Politics: An Essay: from The Paranoid Style in American Politics" (1965), pp.29-30]
そして、パラノイドスタイルな人々は、語っても行動しない。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます