創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

STSとしてのインテリジェントデザイン

Steve Fullerのインテリジェントデザイン支援活動への反応

Steve FullerはStrong Programにしたがったが、程度を見誤ったとする評価


STSにおいて"Strong Programme"は無視できない要素である。というのは、それが、自然科学から見たSTSがアンチサイエンスに見える理由であり、ときには実際にアンチサイエンスである原因であるからだ。
Strong Programme

From Stswiki

The strong programme is a variety of the sociology of scientific knowledge (SSK) particularly associated with David Bloor, Barry Barnes, Harry Collins, Donald MacKenzie, and John Henry (historian). According to Bruno Latour, the strong programme's influence on STS is without parallel (Latour 1999).

The strong programme is a reaction against previous sociologies of science, which restricted the application of sociology to "failed" or "false" theories, such as phrenology. Failed theories would be explained by citing the researchers' biases, such as covert political or economic interests. Sociology would be only marginally relevant to successful theories, which succeeded because they had revealed a true fact of nature. The strong programme proposed that both 'true' and 'false' scientific theories should be treated the same way -- that is, symmetrically. Both are caused by social factors or conditions, such as cultural context and self interest. All human knowledge, as something that exists in the human cognition, must contain some social components in its formation process. The presence of social factors alone is not enough to falsify a scientific theory.

"Strong Programme"は、科学知識についての社会学(SSK)の一種で、特にDavid BloorやBarry BarnesやHarry CollinsやDonald MacKenzieやJohn Henry(歴史学者)と関係している。Bruno Latour[1999]によれば、"Strong Programme"のSTSに対する影響は 匹敵するものがないほど強い。

"Strong Programme"は、骨相学など"失敗した"あるいは"間違った"理論に社会学の適用を限定していた従来の科学社会学に対するリアクションである。失敗した理論は、秘密の政治的あるいは経済的利益といった研究者のバイアスによって説明されるだろう。そして、正しい事実や性質を明らかにしたから成功したという、成功した理論については、社会学はささやかに関わるだけだった。"Strong Programme"は正しい科学理論も間違った科学理論も同じ方法で扱われるべき、すなわち対称に扱われるべきだと提唱する。両者はいずれも、文化的コンテキストや自己への関心などの、社会的要因あるいは社会的条件によって生じたものである。人間の認識上に存在する何かとしての、人間の知識すべては、それが形成された過程にあった社会的要素を含んでいるはずである。社会的要因の存在だけでは、科学理論の反証には十分ではない。
...

Criticisms of the strong programme (Strong Programmeへの批判)

In order to study scientific knowledge from a sociological point of view, the strong programme has adhered to a form of radical relativism. In other words, it argues that - in the social study of institutionalised beliefs about ‘truth’ - it would be unwise to use 'truth' as an explanatory resource. That would be to include the answer as part of the question (Barnes 1992), not to mention a thoroughly whiggish approach towards the study of history. Radical relativism has been criticised, by Alan Sokal as part of the Science wars, on the basis that such an understanding will lead inevitably towards solipsism and postmodernism. Strong programme scholars insist that their approach has been misunderstood by such a criticism and that its adherence to radical relativism is strictly methodological.

社会学的観点から科学的知識を研究するためには、"Strong Programme"はラディカルな相対主義の形態をとる。言い換えるなら、「正しさ」についての制度的信念の社会学研究において、説明のリソースとして「正しさ」を使うのは賢明ではない。それでは、歴史の研究に向かって、徹底的な勝者による正統史観アプローチについて触れることなく、問いに答えを含めることになる[Barnes 1992]。

ラディカルな相対主義はサイエンスウォーズの一環として、「そのような理解は必然的に、独我論とポストモダニズムにつながる」とアラン・ソーカルによって批判された。"Strong Programme"学者は、自分たちのアプローチは批判者によって誤解されており、自分たちのラジカルな相対主義は厳格に方法論的なものであると主張している。

Barnes, B. (1992) ‘Realism, relativism and finitism’ in Raven, D., van Vucht Tijssen, L., de Wolf, J., [eds.] ‘Cognitive Relativism and Social Science’ Transaction, pp. 131-47
Latour, B. (1999) ‘For Bloor and Beyond - a reply to David Bloor's ‘Anti-Latour’. Studies in History & Philosophy of Science, 30, n. 1, 113-129

[ Stswiki: Strong Programme ]
これに関連して、University of VirginiaのSTSのBryan PfaffenbergerはWikipedia Talk: Sciece Warsにおいて、次にように書いている。
So you are probably wondering, what does a Strong Program advocate such as myself think about the global warming controversy? The principles of symmetry and impartiality tell us to look for social causation in both camps. No problem with the global warming skeptics. As for the international community of scholars who have united to declare a consensus on the anthropogenic causes of climatic change, clearly there are social factors at work. They have, for one thing, collaborated earnestly to get this message across, no doubt dragging along some of their colleagues who were less than 100% sold on the idea.

だから、おそらく私のような"Strong Programme"主張者が、地球温暖化論争についてどう思うか気になっているだろう。対称性と公平性の原則にしたがい、両陣営の社会的因果関係を見る必要がある。温暖化懐疑論者に問題はない。人類に起因する気候変動についてのコンセンサスの宣言するために団結した学者たちの国際コミュニティについて言えば、明かに機能している社会的要因がある。彼らは、一つには、このメッセージが、その考えを100%は受け入れていない同僚たちに間違いなく届くように真摯に協力した。

To be honest, I don't think that the Strong Program should address this controversy. At least, not right now.

正直なところ、私は"Strong Programme"がこの論争を対象にすべきとは考えていない。少なくとも、今すぐには。

Doing so, inevitably, would only provide global warming skeptics with additional ammunition, and lead to further public confusion. Perhaps, even, it would be fundamentally unethical, even monstrous. And you know why? I strongly believe -- having spent several long weeks examining the scientific literature (hundreds of sources) to make sure -- that there is no question about it: they are correct. My colleague Steve Fuller fell into this trap head-first, I believe, when he was asked to testify about how an STS scholar would view intelligent design. The Strong Program tells him, quite rightly, that both the Darwinian and Intelligent Design camps are socially constructed, to a degree. What Steve failed to acknowledge, I think, is to WHAT degree.

そうすることで、必然的に、温暖化懐疑論者たちに弾薬を供給し、公共の混乱をさらに大きくすることになるだろう。おそらく、それは根本的に非倫理的であり、さらには恐ろしいことである。何故かわかるだろうか? 私は数週間かけて、科学文献(数百のソース)を調べ、地球温暖化について疑問の余地がないことを強く確信しているからだ。私の同業者Steve Fullerは、インテリジェントデザインをSTS学者がどう見るか裁判で証言するように依頼されたとき、このトラップに頭から嵌ったのだと、私は考えている。"Strong Programme"は彼に、まさしく正しく「ダーウィニズムとインテリジェントデザインの両陣営は、ある程度は、社会的に構築された」と告げている。思うに、Steve Fullerが見落としたのは、どの程度かということだろう。

[ Science Wars (copy on STS wiki)(2006) ]
その後、Prof. Steve Fullerは、マルクス主義・フロイト主義・ダーウィニズムを同類とみなすインテリジェントデザイン運動の立場をそのまま自らの立場として表明するようになる。"Strong Programme"は、時には、インテリジェントデザイン支持のようなアンチサイエンスにもつながっていくようだ。

Steven Pooleによる書評

Steve Fullerが出版したインテリジェントデザインを支持する本について、Steven PooleによるThe Guardianの書評がある。これは上記のSTS学者による反応と異なり、強い批判となっている。
Dissent Over Descent: Intelligent Design's Challenge to Darwinism by Steve Fuller (Icon, £12.99)

Christian creationists in the US have cooked up the name "Intelligent Design" for their theology in order to try to smuggle it into school biology lessons, because they fear that evolutionary theory harms the moral fabric of society. They were humiliated in a 2005 trial, in which parents successfully prevented the Dover school board from mandating the use of their creationist textbook. UK-based sociologist Steve Fuller appeared as a witness for the creationists at that trial, embarrassing many of his colleagues in the field of "science and technology studies". His amazingly bad new book is not likely to reassure them.

米国のキリスト教創造論者たちは、学校の生物学の授業に自分たちの神学を持ち込むためにインテリジェントデザインという名に仕立て上げた。というのは、彼らは進化論が社会の道徳構造を害すると恐れているからだ。両親たちがDover学区教育委員会による創造論者の教科書の義務付けを阻止することに成功した2005年の裁判で、キリスト教創造論者たちは屈辱的敗北をした。英国を本拠地とする社会学者Steve Fullerは、この裁判で創造論者サイドの証人として登場し、科学技術研究分野の多くの同僚たちを困惑させた。

Once upon a time, Fuller points out, most science was inspired by the possibility of understanding God's creation. That is true, but it does not mean, as Fuller pretends, that contemporary "ID" is an alternative method of doing science: its remit is strictly anti-science, cynically positing a "God of the gaps" for political reasons. For his part, Fuller happily adopts ID's rhetorical tactics: speaking of biologists' "faith"; forgetting to mention (or merely being ignorant of) the wealth of evidence for evolution in modern biology that wasn't available to Darwin himself; and even muttering about the "vicissitudes" of fossil-dating, thus generously holding the door open for young-Earth creationists, too. The book is an epoch-hopping parade of straw men, incompetent reasoning and outright gibberish, as when evolution is argued to share with astrology a commitment to "action at a distance", except that the distance is in time rather than space. It's intellectual quackery like this that gives philosophy of science a bad name.

かつて、Steve Fullerは、大半の科学者が神による創造を理解する可能性によって影響を受けていると指摘していた。それは正しいが、それによって、Steve Fullerが要求するような現代のインテリジェントデザインが科学の代替的方法になることを意味しない。インテリジェントデザインは、まったく反科学的であり、政治的理由によって冷笑的に"God of the gaps"を認定する。これについて、Steve Fullerは次のようなインテリジェントデザインの修辞戦術を喜んで採用する。生物学者の信仰についてて語ること。Darwin自身が手にできなかった現代生物学における進化の豊富な証拠に言及し忘れるか、知らないこと。そして、"若い地球の創造論"者に扉を開いておくため、化石の年代推定の変動に不満を述べること。この本は藁人形論法と役に立たない推論とわけのわからない話のオンパレードである。時間と空間という違いを除けば、遠く離れた事象に関するものへの関与として、進化論を占星術と共通すると論じている。これは科学の原則に悪名を与えるような知的ニセ治療法である。

[ Steven Poole's non-fiction choice -- 2008/07/12 ]
Michael Lynch

Indiana Universityの進化論の教授であるMichael Lynchによれば、STS学者の一部はSteve Fullerのインテリジェントデザイン応援活動を批判したものの、大半は確立された科学を批判することに専念していた。
Though it would give STS far too much credit to say that studies of scientific controversies furnished political operatives with polemical tools with which to produce what Latour (2004, p. 227) called “artificially maintained controversies”, some veterans of the earlier science wars of the 1990s blamed STS researchers for aiding and abetting the climate skeptics, anti-Darwinian creationists, and other professional skeptics who effectively crafted ways to foster public uncertainty about settled scientific matters. And, as if on cue, Steve Fuller, a social epistemologist with a normative agenda for democratizing science, stepped into the breach and lent his voice to the tribunal about intelligent design in a federal trial in Dover, Pennsylvania. Although a few STS scholars have objected to what historian Kevin Lambert (2006) dubbed “Fuller's folly”, and Fuller has accused me of trying to stir up a campaign of denunciation against his effort to bear witness against establishment science in that trial (Fuller, 2009, p.220), for the most part STS research has continued to pursue critiques of established science and its consensual certainties as though such critiques always place us on the side of the angels.

科学論争研究は「Latour(2004)が言うところの『人為的に維持された論争』を製造する、論争の道具を持った政治工作員を提供する」と言う脳は、STSに対して過大な評価かもしれないが、1990年代の初期のサイエンスウォーズ(科学者vsSTS)の参戦者たちは、STS学者を「公衆の不確実性を維持しする、気候変動懐疑論者や反ダーウィニズム創造論者や他の既に解決済みの科学的課題についての懐疑論者」を支援・教唆すると批判した。そして、科学を民主化するための規範的課題を持つ、社会的認識論者であるSteve Fullerは、規範を乗り越えて、ペンシルベニア州Doverでの連邦裁判で、インテリジェントデザインに証言者として手を貸した。一部のSTS学者は、Kevin Lambertの言うところの「Fullerの愚行」に異論を唱え、Fullerは我々を「裁判で確立された科学に反する証言を行う努力に対すして、批判キャンペーンを煽っている」と非難したが、多くのSTS学者たちは「確立された科学とその確実性の合意に対する批判」に邁進し、その批判において、我々を天使の側に置いた。

[ Michael Lynch: "Science and Techonology Studies and the Practice Turn", in Léna Soler, Sjoerd Zwart, Michael Lynch, Vincent Israel-Jost: "Science After the Practice Turn in the Philosophy, History, and Social Studies of Science", 2014, p.99 ]





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます