創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

創造論ネタ>The Genesis Flood

The Genesis Flood


1800年代前半には、地質学の発展により地球6000歳という主張は死滅していた。そして、科学にあわせて聖書を解釈しなおすコンコーディズムという動きが起きていた。19世紀末から20世紀初頭にかけてSeventh-Day Adventistや始祖Ellen Whiteや、信者でアマチュアの地質学者だったGeorge McCready Priceが、"若い地球の創造論"につながる本を出版していたが、その動きは限定的だった。"若い地球の創造論"が米国の福音主義キリスト教徒たちに広まるのは、1961年の"The Genesis Flood"の出版からである。



そのインパクトは大きく、米国のプロテスタントの考えるものであった。
In this regard, Morris and Whitcomb's book was arguably one of the most important American Protestant books of the twentieth century. Not only did it transform the way that evangelicals thought about the Creation, it also transformed their understanding of what it means to hold to the inerrant Word of God. Most of those who held to gap theory or the day-age theory understood themselves to hold to an inerrant Bible. But The Genesis Flood persuaded a great many evangelicals that to read the Bible plainly, commonsensically, literally was to believe in a young Earth and universe and a six twenty-four-hour-day creation. Put differently, after The Genesis Flood many evangelicals could conclude that those who held to mainstream geology and astronomy—not to mention mainstream biology—did not hold to the inerrant Word of God, and perhaps were not really Christians.

Given the widespread enthusiasm for The Genesis Flood and its apparent success in grounding a certain literal reading of Genesis within the discourse of science, it is not surprising that a number of organizations soon appeared after its publication to advance the science of flood geology. Two of the most important were the Creation Research Society (CRS), which was established in 1963, and the Institute for Creation Research (ICR), which emerged in 1972. Notably, both had direct ties to Morris. Although the founders of CRS expressed significant differences about flood geology and its ability to account for the signs of an old Earth, they nevertheless dedicated the CRS to the twin projects of producing real scientific research and science textbooks CRS a literal reading of the Creation story." Likewise, the founders of ICR dedicated itself to scientific research and education on behalf of the biblical creation story. Despite their earnest intentions for real scientific research that would prove a literal reading of the creation story found in the Bible, neither organization managed to produce it. On the whole, mainstream science journals found the research that these organizations produced substantively lacking. Thus, the work of the CRS and ICR, limited as it was, largely went unrecognized and unnoticed.

これについて、MorrisとWhitcombの本は、間違いなく、20世紀の最も重要なアメリカのプロテスタントの本の1つであった。その本は、福音主義キリスト教徒の創造についての考え方を転換したばかりか、神の無謬の言葉が何を意味するかの理解も変えた。Gap Creationism(創世記1章1節と2節の間に隙間)やDay-Age Creationism(創世記の1日は長大な時間に相当)を信じた人々の多くは、無謬の聖書という考えを守っていると考えていた。しかし、"The Genesis Flood"は、多くの4福音主義キリスト教徒を、聖書をそのまま常識的に文字通り読み、若い地球と宇宙と24時間を1日とする6日間での創造を信じるよう、説得した。直截なことばでいうなら、"The Flood Geology"以後は、「主流の生物学はもとより、主流の地質学と天文学を受け入れている人々は、神の言葉を守らず、おそらくは本当のキリスト教徒ではない」と、多くの福音主義キリスト教徒たちが結論することになった。

"The Genesis Flood"への広範な熱意と、その科学の言説の枠内での、ある種の字義通りの聖書の読解における成功を考えれば、出版後に洪水地質学の科学を進展させるための団体がいくつか登場したことは驚くことではない。最も重要な2つの団体が、1963年に設立されたCreation Research Society (CRS)と、1972年に出現したInstitute for Creation Research (ICR)である。いずれも、Morrisと直接関係があった。CRSの設立者は「洪水地質学」と「古い地球を示す兆候」についてその説明力に大きな乖離があることを明言しつつも、CRSは「聖書の創造の物語を字義通り読む」ことを推進するような、実際の科学研究の推進と理科教科書を作ろうとする双子プロジェクトを推進した。同様にICRの設立者は、聖書の創造物語を利する科学研究と理科教育を推進した。いずれも、「聖書の創造物語を字義どおり読むことが正しい」ことの証明をめざす、実際の科学研究を推進するという誠実な動機を持っていたが、それを実現しようとはしなかった。主流科学誌が、この2つの団体が実行する研究が貧弱なものであると判断し、CRSとICRの研究が限定的なものであったため、その存在を認識されることはほとんどなかった。

[ Susan L. Trollinger and William Vance Trollinger Jr.:"The Bible and Creationism" in (ed) Paul Gutjahr: "The Oxford Handbook of the Bible in America" (2017), p.223 ]

本の内容は、創造論者の主張にも取り上げられている。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます