創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

創造論ネタ>種類(kind)

wikipedia:Baraminology



Baraminology

Baraminologyとは創造論者の系統分類で、聖書の創世記及びその他の聖書記述にある創造の説明にしたがって、動物を"created kind(創造された種類)"あるいは"baramins"(アクセントは第2音節)に分類する。その支持者たちは、種類にまたがっては繁殖できず、進化関係もないと主張する[1]。

この分類の支持者たちは、共通祖先の概念及び、認められている生物分類を拒否する。明確な界・門・綱・目・科・属・種の生物がユニークDNA識別子をシェアしていて、これらのマーカーを共有できる唯一の方法として、祖先を共有する単一集団の形で過去の遺伝的関係があったことを示唆しているにもかかわらずである。これらの識別子には、ヒトとチンパンジーの間でのレトルウィルDNAの挿入も含まれる。これは、祖先のある特定点で、ヒトとチンパンジーが種形成するイベントの前に、内在性レトロウィルスのDNAが同化によって挿入されたことを示している。

Baraminologyは1990年代に創造科学の一分野として、Walter ReMineやKurt Wiseなどの創造論者たちによって発展した。創造科学は、地球上の全生命の共通祖先を支持する証拠を認める科学界からは疑似科学と見なされている[2][3][4][5]。
聖書敵種類の解釈

幾つかの節で聖書は種類(kind)に言及している。創世記第1章24-25節には生物の創造の説明が書かれている。

24: 神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」そのようになった。 25: 神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。

創世記7章13-16節は牛を種類だと述べている。申命記14章11-18節では、フクロウとカラスと鷹を明確な種類として提示している。これらの節が意味するものを除けば、聖書は特に種類が何か指定していない。

現代バージョンの旧約聖書はヘブル語聖書の翻訳である。ヘブル語の単語 מִין min はלְ l+מִין min+ 所有格代名詞サフィックスの形でしか使われない。これは、彼らの/彼の/彼女の種類の後として訳される。幾つかの他の単語は英語にkind(種類)として訳される。たとえば、レビ記19章19節 ְאַיֶם kila'im での使用。minという単語は人間に関しては使われない。ギリシャ語の単語γένος genosは、マカバイ記二7章28節「そして人間も例外ではないということを知っておくれ。 」で使われている。他の理由の中で、kind(種類)がこのフレーズで使われている事実は、これがヘブル語聖書の参照名詞ではなく、ְמִינֶה l'mineh = 彼自身の/彼女自身の/彼ら自身のから来ているという仮説に導かれる[6][7][8]。
歴史

ひとつの字義通りの聖書の創造論者解釈は、kind(種類)は直接に神に創造されたものであり、したがってオリジナルの動物は共通であれ、何であれ祖先をもたない。どうやって遺伝的多様性が生じたかについて限られた理解あるいは間違った理解をしている人々に、この解釈が科学的にアピールするようにしようとした、若い地球の創造論者たちの活動によって、Baraminologyは作られた。Baraminという考えは1941年にFrank Marshによって提唱されたが、定式化された定義がないために批判された[9]。1990年に、Kurt WiseとWalter ReMineがbaraminへの所属基準として受入うるものとして、baraminologyを提唱した[9]。

ReMineの成果では、holobaramins, monobaramins, apobaramins, polybaraminsの4つのグルーピングを決めている。これらはそれぞれ、すべてが一つの種類、幾つかが一つの種類、種類のグループ、及び、これらの混合である[10]。これらのグループは、分岐学の完系統(holophyly)、単系統(monophyly)、側系統(paraphyly)、多系統(polyphyly)に相当する[11]。
分類方法

(holo)baraminに所属する条件と分類の方法は時代とともに変わってきた。これらには成育可能な子孫を作る能力や携帯的類似性がある[12][13]。

創造論者たちのなかんは種類は種だと言う者もいれば、何らかの方法で別の動物と区別できることを意味すると考える者もいる[14][15]、

複数の生物特性の類似に基づいた、表形分類学から借用した方法である、baramin距離という別の基準もある[16]。

Baranominologyの支持者のなかには、2つの絵師物の見かけや行動の大きな違いは、共通祖先が存在しないことを示していると考える者もいる。あるいは交雑能力が識別方法だと指摘する者もいる[17]。すべての方法について、その方法が人間と他の霊長類を同じbaraminに置くことがわかれば、破棄される[18][19][20]。

Baraminoly研究家Roger W. Sandersは計測ベースの分類をこえて、主観的アプローチを主張している[21]:

The cognita are not based on explicit or implicit comparisons of characters or biometric distance measures but on the gestalt of the plants and the classification response it elicits in humans.

被認識(cognita)は特徴やバイオメトリック距離尺度の明示的または暗黙的な比較ではなく、植物のゲシュタルトとヒトの誘発分類応答に基づいている。
批判


厳格な検証がないことや、望まれる発見を支持しないデータの事後棄却などにより、Baraminologyは徹底して批判されてきた[20][22]。全生物は共通祖先を共有するという、ユニバーサル共通祖先理論は十分に確立され、検証されており、この科学理路論は生物学者たちによって進化の事実として記述されている[23]。しかし、祖先関係にしたがって生物を分類する分野である分岐学も、中間化石についての科学的コンセンサスも、Baraminology研究家たちは受入れていない[24]。

種レベル以上及び以下(ひとつの種の中の集団の変異や、世代間の変異)の進化の膨大な証拠にも関わらず、Baraminology研究家たちは、ユニバーサル共通祖先や、新たな科や、それ以上の分類群の出現を否定する。
References

  1. Wood, Wise, Sanders, and Doran, A Refined Baramin Concept
  2. The National Academies (1999). "Science and Creationism: A View from the National Academy of Sciences, Second Edition". National Academy Press. Archived from the original on 7 December 2008. Retrieved December 7, 2008. "creation science is in fact not science and should not be presented as such in science classes."
  3. "Evolution". "the NAS states unequivocally that creationism has no place in any science curriculum at any level."
  4. "Statements from Scientific and Scholarly Organizations.". National Center for Science Education. Retrieved April 1, 2008.
  5. Williams, J. D. (2007). "Creationist Teaching in School Science: A UK Perspective". Evolution: Education and Outreach 1 (1): 87–88. doi:10.1007/s12052-007-0006-7. edit
  6. Clines, David J. A. (2001). "מִין min". The Dictionary of Classical Hebrew 5. Sheffield Academic Press. p. 262. ISBN 1-84127-217-5.
  7. page 262 in "Studies in the Bible" by Chaim Rabin = Rabin, Chaim (1961). "Etymological Miscellanea". Scripta Hierosolymitana: Publications of the Hebrew University, Jerusalem (Jerusalem: Magnes Press) 8: 384–400.
  8. Mark D. Futato (1997). "#מִין min". In Willem A. VanGemeren, ed. New International Dictionary of Old Testament Theology & Exegesis 2. Grand Rapids, Michigan: Zondervan Publishing House. pp. 934–935. ISBN 0-310-20217-5.
  9. Wood TC et al. (2003). "A Refined Baramin Concept". Occasional Papers of the Baraminology Study Group 3: 1–14.
  10. Frair, Wayne (2000). "Baraminology―Classification of Created Organisms". Creation Research Society Quarterly Journal 37 (2): 82–91. Archived from the original on 2003-06-18.
  11. Gishlick, Alan (2006). "Baraminology". Reports of the National Center for Science Education 26 (4): 17–21.
  12. Marsh, Frank Lewis (1941). Fundamental Biology.
  13. Marsh, Frank Lewis (1944). Evolution, Creation, and Science.
  14. Payne, J. Barton (1958). "The Concept of "Kinds" In Scripture". Journal of the American Science Affiliation 10 (2 (December 1958)): 17–20. Retrieved 2007-11-26. [Note this version appears to have been OCR-scanned without proofreading]
  15. Cracraft, Joel (1984). "Systematics, Comparative Biology, and the Case Against Creationism". In Godfrey, Laurie R. Scientists Confront Creationism. New York: W.W. Norton & Company. ISBN 9780393301540.
  16. Wood, Todd Charles (2006). "The Current Status of Baraminology". Creation Research Science Quarterly 43 (3): 149–158.
  17. Don Batten, Ph.D, ed. (2004). "Chapter 7". The Revised and Expanded Answers Book. ISBN 0-89051-161-6.
  18. "About Us: Taxonomic Concepts and Methods". Baraminology Study Group. Retrieved December 7, 2008.
  19. Robinson; Cavanaugh. A Quantitative Approach to Baraminology With Examples from the Catarrhine Primates. "...We have found that baraminic distances based on hemoglobin amino acid sequences, 12S-rRNA sequences, and chromosomal data were largely ineffective for identifying the Human holobaramin. Baraminic distances based on ecological and morphological characters, however, were quite reliable for distinguishing humans from nonhuman primates"
  20. "A Review of Friar, W. (2000): Baraminology – Classification of Created Organisms".
  21. Sanders, Roger W. "A Quick Method for Developing a Cognitum System Exemplified Using Flowering Plants" (12.2MB PDF). Occas. Papers of the BSG (16): 1–63.
  22. See also the last two sentences of the abstract of Robinson and Cavanaugh,"A Quantitative Approach to Baraminology With Examples from the Catarrhine Primates".
  23. Theobald, Douglas (2007). "29+ Evidences for Macroevolution". TalkOrigins.
  24. "About the BSG: Taxonomic Concepts and Methods". Baraminology Study Group. Retrieved December 7, 2008. "The mere assumption that the transformation had to occur because cladistic analysis places it at a hypothetical ancestral node does not constitute empirical evidence, and A good example is Archaeopteryx, which likely represents its own unique baramin, distinct from both dinosaurs and modern birds"












コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます