忘却からの帰還〜Intelligent Design - 行間を読むJay Richards
Who's Who

行間を読むJay Richards


2007年12月8日に当時の教皇ベネディクト16世は2008年1月1日の新年メッセージを出した。このメッセージで教皇ベネディクト16世は、国際的な環境保護政策において貧困国への配慮を求めた。

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの所長であるBruce ChapmanやフェローのJay Wesley Richardsは、行間を読む能力を持っていて、このように教皇の声明を読んだ:
In reading all the buzz about the pope’s recent statements on the nature of science and religion (see "Pope says science too narrow to explain creation," Reuters, April 11 2007), I suspect there's a translation problem here. Reading between the lines, it looked like Benedict said some pretty strong things. Of course he's challenging scientism and calling for a broader concept of reason than is contained in experimental science. That's easy for classically informed philosophers to understand. But you can be sure that exactly 0% of reporters and 1% of readers will understand that.

科学と宗教の性質についての教皇の最近の声明についてのすべての噂を読んでみて、翻訳の問題があるように思えてきた。行間を読むと、ベネディクトはもっと強いことを言っているようだ。もちろん、教皇は科学主義に疑問を呈していて、実験科学に含まれるものよりも広い論理概念を求めている。これは古典的な情報に通じた哲学者にとって理解することは容易だろう。しかし、記者の0%と読者の1%しか、これを理解できなかったことは確かだ。

[by Jay Wesley Richards quoted by Bruce Chapman: "Pap about the Pope" (2007/04/12) ]
記者の0%と読者の1%しか読み取れない行間を読めるとは...

おそるべしインテリジェントデザイン支持者たち...