ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。

はじめに

このシナリオは4〜5時間程度で出来る探索系シナリオです。
KPは進行方向の管理さえ間違えなければキーパリングも簡単です。
戦闘処理がないのでさくっとできます。

キーパリング難易度:☆〜☆☆
PL難易度:★〜★★
推奨人数 3人〜4人

推奨技能

☆☆☆あると探索で有利探索御三家、心理学
☆☆持っていれば安心オカルト、精神分析
使うことがあるかもしれないナビゲート、生物学or博物学

あらすじ

二つの山に囲まれているこの地は、田舎と都会が混ざり合う折衷的な雰囲気を特徴としており、それゆえに町の雰囲気にとらわれないさまざまな都市伝説がささやかれています。
探索者たちはオカルトというキーワードを通じて知り合った山見出身の少女、鬼灯怜音(ほおずきれいね)の誘いを受け、山見の地へと赴いたのでした。

探索者の関係&事前調査

探索者同志は知り合いであっても良いし、集合の際に
初めて知り合うでも問題ありませんが、導入では
集合前にちょっとした情報収集を行い、各家で情報を探す必要があります。

時間短縮のために、最低限以下の事を調べてもらい、
各ロールをしてもらうように促しましょう。

事前調査

誰もが知っていてもいい情報

『山見の交差点』→今回の調査対象です

必要技能はオカルトと図書館です。オカルト・オカルト/2 図書館 図書館/2のどれかを振ってもらい、情報提供をします。

『オカルト』結果

『オカルト技能1/2』結果

『図書館』結果

『図書館技能1/2』結果

導入 

あなたはオカルトに関するウェブサイトを通じて鬼灯怜音という高校生と知り合い、数日前に彼女から『山見の交差点』という都市伝説について、一緒に調査をしてくれないかという依頼を受ける。
後日、この依頼を承諾したあなたのもとに、怜音から不思議な刻印が刺繍されたブレスレットが届く。同封されてきた手紙には、集合の際はこれで確認とあります。
……約束の日の放課後、集合場所として言い渡された山見高校校門前で無事に鬼灯怜音と落ち合い軽く自己紹介を交えた挨拶を交わしたのち、彼女が所属するオカルト部の部室へ移動するのであった。

お手製ブレスレット

部室

部室にしてはやや広い印象をうけました。数々の資料が収められた書架の間を複数のノートパソコンから伸びたLANケーブルが這っています。
……高校の部活で使用する部室としてはかなり広い部屋です。中には部長の志筑那子がいます。
彼女から都市伝説の原因究明を依頼されます。

都市伝説の調査依頼

質疑・応答

事前調査で感じた疑問や調査の取りこぼし等、部室にいる彼女たちから話を聞くことができる。調査は逢魔が時から(だいたい18時くらい)から調査を開始する予定なので、一人、1、2回といった質問回数に制限をつけても良いだろう。

部室の中あるもの

いくつもの書籍やノートパソコンが積み上げられたデスクが並び、さながら雑誌の編集部といった様子。
壁に沿って並べられた書架にはオカルト関係の書籍以外にもいろいろあるようだ。
ここでは、事前調査で取りこぼした情報の収集や、都市伝説についての質問を行うことができます。
机にAFがあります『目星』をここで振ります。

『目星』結果

『目星』が終わり、ペンダントについて探索者が聞いてきた場合、以下の情報を出しましょう。
ペンダントについて『博物学・オカルト』『神話技能』を振ることができます。

『博物学・オカルト』結果

『神話技能』結果

質疑応答・事前調査が済んだ場合、いよいよ調査となります。同伴にNPCの怜音が同伴します。拒否することも可能ですが、その場合調査場所までの道のりを『ナビゲート』に成功して進む必要があります。怜音がいる場合ロール要求はしない。
ナビゲートに失敗すると道に迷い、探索中に遭遇するアイホートとの距離が狭まくなるなどの処理をするなどするといいだろう。

交差点

探索者たちは(怜音の案内の元)、都市伝説『山見の交差点』の舞台である、山見市街地へと向かいました。
迷いやすい市街地を右に左に動き回り、もはや探索者たちには今来た行程を把握することはできません。
ナビゲート/2に成功すると帰るための道を知ることができます。
ここで任意の目星を振ることができます。

簡易地図

『目星』結果

ここで探索者達にABCのどこかに進ませるように促しましょう。前進した場合、図のあなた達の場所に戻ってきてしまいます。
ここで、アイデアを振らせましょう。

アイデア

交差点の左右に移動した場合、いずれにしても同じ場所に進む。これを連続2回、合計3回繰り返すと同じ場所を
何度も通っていることに気づきSANC以下に続きます。

何度も繰り返す交差点

移動を繰り返しても同じ場所に行き着く……。これだけでも十分異常事態ですが、そのうえ住民の声がまったく聞こえてこないことに気がつきました。
住宅街の喧噪の名残は微塵も感じられません。SANC0/1d2
PLがばらばらに行動しても次の交差点で全員が今いる場所に行き着きSANC。1/1d3
ここでは、どこに進んでも状況が進むことはありません。後退した場合も元の場所に戻ってしまいます。
合計で3回以上各方面に前進した場合、Bの赤丸のところに少女があらわれ、探索者をBへといざなうように手招きをしてようにして消えます。
ですが探索者が1回ロールする時間くらいはあります。

少女への心理学

『聞き耳』成功


3回以上前進(右左を含む)を選択した後にBを前進すると状況が進みます。

A(左)庭木がある家方面

Aの方面には立派な庭木がある家があります。
ここに対して目星、博物学か生物学を振ることができる。

『目星』『博物学』成功

B(直進)薄暗い路地

薄暗い路地が奥まで続いているように見えます。

『目星』成功

C(右)新築の家がある方面

近くのにいかにも新築といった様子の真新しい家があることが分かります。
ここに対して目星、博物学か生物学を振ることができる。

『目星』『博物学or生物学』成功

D(あなた達)

あなたたちが今いるところです。後ろには住宅街があり薄暗い道となっています。

※後退しようとすると強制の目星か聞き耳が入る
アイホートの雛-異界に進入後、後退しようとするとそれらしきものが見える。
(一回目)

『目星/2』成功 

『聞き耳/2』成功 

(二回目)

『目星』成功

『聞き耳』成功

アイホートの出現

……一行は探索を断念。同じ交差点に出ることなど考える余裕もなく、来た道を引き返そうとした。
合計で3回後退するか、歪んだ交差点に進んだ場合、二つ以上交差点を進んだのちに後戻りしようとするとアイホートが出現します。
皮を剥がれた蜘蛛のような、青白く染められた肉塊のような、そんな何かはあなたたちの方角へ向きを合わせるとゆっくりと、
家をなぎ倒しながらこちらへ近づいてきました。青白い楕円形の「それ」は、肉のついていない無数の足を蠢かせてゼリー状の目が、まばたきもせずあなたを見つめる。
グレート・オールドワンの一柱、アイホートの出現です。SANC1d6/1d20
アイホートはあなた達の後ろに出現し距離は1d3+1×10メートルとする。ゆっくりと探索者達を追いかけてくるためNPCと共に前進か左右への移動を強いられる。
これ以降は後退しようとすれば即刻アイホートに踏み潰される。
出現が唐突過ぎッッ!という場合は誰かがFした時に大きな揺れを感じて転ぶ。
雛を見かける機会を増やすと唐突に出現はしなくなると思います。

いびつな交差点

3回以上前進(右左を含む)を選択した後にBを探索者達が前進すると、視界が少しぼやけるような感覚に落ちいります。目をこすって再び顔を上げると、そこにあったのは今までの世界が屈折したように少し歪んでいる交差点でした。SANC0/1d3
ここで強制の聞き耳が入り女の子のすすり泣きが聞こえるSANC1/1d2
ここでBの赤丸の所に少女が出現する。さらに、探索者は反射的に声のする方を向いてしまったとして目星ロール。
これに成功した場合、女性の血に濡れた顔を見つめてしまいSANC1d2/1d6
さらにここで、アイホートと遭遇していない場合ここでアイホートと遭遇します。

ここで、少女がまた消えてしまいますが、ここでもKPの裁量でロールをさせてもいいだろう。

A(左)庭木がある家方面

Aの方面には立派な庭木がある家があります。
ここに対して目星、博物学か生物学を振ることができる。

『目星』『博物学』成功

B(直進)薄暗い路地

薄暗い路地が奥まで続いているように見えます。情報は何度も繰り返す交差点と同じである。

C(右)新築の家がある方面

近くのにいかにも新築といった様子の真新しい家があることが分かかる。情報は何度も繰り返す交差点と同じである。

D(あなた達)

あなたたちが今いるところです。後ろには住宅街があり薄暗い道となっています。後ろからはアイホートが
住宅街をなぎ倒しながらやってきているでしょう。ナビゲートを使えば、アイホートの正確な位置が分かるだろう。

ここからはBを直進した場合、状況が進む。B以外を進んだ場合は(あなた達)に戻る。

極限なまでにいびつな世界

Bを選択して前進した場合あなたたちの目の前の視界が一層狂気めいて歪んでいきます。
空にはこちらを見つめる無数の目が浮かび、横の塀からは骨張った腕が剣山のように延びています。
辺りの草木は無惨にも枯れ果て、何かの死骸が晒されているような、吐き気を催す腐臭が一面に漂っています。SANC1/1d4

ここで、極限までに狂気めいて歪みきった風景の中から山見高校の制服を着た少女がこちらをいざなうように現れる。
少女の体は肩から腰まで袈裟切りにされたように無残に引き裂かれており、傷口や口、眼窩からどす黒い血液を溢れさせている。
この少女の姿を見た探索者はSANC1/1d6+1(少女の顔を見ている場合1/1D4)。
ここで、アイホートがぎりぎりまで接近しているが、探索者達に少女に1回はロールする時間を与えよう。

『少女に目星』成功

『少女に聞き耳』成功

同時にアイホートに追い付かれ、不吉な空間に向かって前進するか、その場で戦うか、後退するかを選択することになる。勇気を振り絞って前進した場合、ここに至るまでにかかった時間によって結末が変化する。

エピローグ

以下の条件により エンディングが変わります

仝綢爐擦困縫▲ぅ曄璽箸叛鐺することを選ぶ

bad end…?

∈険Δ鯀択する

bad end

A或覆垢

nomal end

い△訃魴鏖爾覗或覆垢A

nomal end??

イ△訃魴錣里發帆或覆垢B

good end

資料

ことのあらまし

2年前に何者かがアイホートを門の彼方から山見に呼ぶことに成功。山見の住宅街の地形が迷宮のような形をしていることが災いし、アイホートの救う迷宮と化してします。ちょうど、オカルトブームということもあり何人もの人間がこの怪異に触れ雛の餌食となってしまった。
叶もその一人で亡霊と化した現在でも迷宮に人が迷いこまない様に尽くしていた。それがまたオカルト好きの人間を呼びある意味悪循環に陥っていた。

NPC

NPCは2015で作成しておりますが、基本ルルブ等で変えてもらってもかまいません。
鬼灯怜音(ほおずきれいね)
カルト部に所属する高等部の生徒。敬語の使い方を知らない。言動、行動共に非常に軽いギャル気質の少女。
気配りのできるノリの良いイマドキ娘といえるだろう。

ステータス

志筑那子(しづきなこ)
オカルト部部長の高等部の生徒。冷静沈着で他人を寄せ付けない雰囲気を纏う。
眉目秀麗で成績優秀な模範生だが、オカルトに関する執着心の強さは尋常ならざるものがある。

ステータス

杠叶(ゆずりは・かなえ)
かつてオカルト部に所属していた中等部二年の生徒。口数は少ないが、芯の強さと仲間への思いやりを併せ持った人物だった。
怪異『山見の交差点』を調査していた際に仲間とはぐれ、以降行方不明となる。警察による懸命の捜索活動もむなしくついに発見されることはなかった。
アイホートの追跡を受けている際、不吉に歪んだ風景の中にこちらをいざなうように出現するが、肩から腰に掛けて袈裟切りにされたような凄惨な姿をしており、アイホートの脅威から探索者を救おうとする彼女の意思とは裏腹に、探索者に対して深い恐怖を刻み付けてしまう。一応血液型はAである。

AF

迷いの森の導き手
アマゾナイト石に旧き印を刻み加工したネックレス。身に着けていると道に迷わなくなる。ナビゲート+20%

……杠叶の形見

最後に

最期までご覧になっていただき、誠にありがとうございます。
SANcの数値については難易度調整でいくらでも変わるので好き好きで調整して構いません。
シナリオの改変、動画のアップロード等ご自由にどうぞ。乃木作成という一文を入れていただければ問題ありません。
質問や、ここもう少し変えたら?等承っております。
連絡先(ツイッター) @isuke_N ご不明なことがございましたらこちらまで。

2016年11月26日 追記


使用歴等、残していただけると作成したものが大変喜びます。使用の際、声をかけていただければ見に行くことがあるかもしれません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

Wiki参加者情報

どなたでも編集できます