ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。

このシナリオは調子に乗った探索者を殺すためのシナリオです。
キャンペーンの5話あたりに入れることを推奨します。

初めに

このシナリオは現代日本を舞台としています。
探索者は全員江戸院の友人でいて彼の頼みを断ることができない関係でいてください。
推奨技能は<運転>、<回避>、<機械修理>となります。

キーパーズガイド

作者である築港がその導入部分で書いている通り、
このシナリオではあからさまに探索者を1人か2人を殺すように設計されている。
このシナリオはキーパーの力を見せつけるにはうってつけだ。
キッチンでは探索者の交代を行うのにそれほど困難なことは無い。
一方で探索者を虐殺したくないという場合があるかもしれない。
その場合は、正気度を全損させて臨死に追いやるか、手足を破損させることで代用できる。
探索者の死は常に緊張感あるものでなくてはならないが、
より小さなグループに脱出させることも可能だ。
またグループを大きくする場合、新たな探索者を加入させても成長を行うことが可能だ。
それにはキーパーがプレイヤーに好感を持っていることと、
プレイヤーがこのシナリオに参加したいと思っている必要がある。
キーパーは何よりも楽しんでプレイすることを忘れないように!
キーパーは探索者の処遇を決めておくこと。
事実として「走る蛆」は構造上、重要な情報は何もない。

導入

探索者の友人である江戸院 栗栖から死人峠でドライブしないかと誘われます。
何しろ最近買った新車のスポーツカーを見せびらかしたいそうです。
探索者は様々なことを思いながらついていきます。
江戸院 栗栖 えどいん くりす
探索者の友人です、彼の設定は人間の範囲でPLが勝手に決めてください。

死人峠について調べる

インターネットで調べるとこの峠が過去にダム開発の重機の移動のために呪われた山に作られた峠だとわかります。
<オカルト>または<図書館>に成功することで、
戦中にはこの峠に旧日本軍が生物実験のための病院を築き、
その建物を利用して30年前までその場所に旧木院という病院がたっていたということがわかります。
現在その建物はダム底に沈んでいます。

死人峠

江戸院が意気揚々と峠をドライブしていると背後から煽ってくる自動車があります。
その自動車は廃車にしか見えないさび付いたカローラで硝子が粉々に割れています、
江戸院は無視しようとしますがひたすら煽ってきます。
江戸院はしびれを切らせ、錆びたカローラとカーチェイスをすることになります。
最初はスポーツカーが優勢でしたが、だんだんとカローラが加速していき、
2つの車は並ぶことになります、江戸院は窓を開き、相手の車の運転手を確認しようとします。
相手の運転手の見た目は蛆の集合体のようなものであり、人間にはとても見えないものでした。
これを江戸院と確認した探索者は正気度を0/1d10喪失します。
その後江戸院は発狂しカーブを曲がり切れずに探索者を連れて峠から落ちダム底へと沈んでいき意識を失います。

病院編

病院 2F

病室

探索者が目を覚ますと見知らぬ病室にいます。
そこには江戸院と他の探索者の姿もあります。
探索者の衣服と衣服のポケットに入れていたであろうスマートフォンや財布を除きすべてのものが失われています。
探索者は傷だらけになっており耐久が半分になっています。
スマートフォンで現在地を確認すると地図上はダムの底にいます。
時間を確認すると2日程度たっています。

徘徊する怪物

探索者たちが病室から出ると真っ先に蛆がたかった死体に目が行くでしょう
蛆は探索者たちが部屋から出るのを確認すると、突如として人間の形をとります。
正気度喪失1d3/2d6
江戸院は蛆を見ると発狂し、
「よくも俺の新車を!」と言って点滴スタンドで蛆に殴り掛かります。
わずかな蛆がつぶれ液体がはじけ飛びますが、蛆が点滴スタンドにまとわりつき
江戸院を腕からとりこみます、そして江戸院は
「助けてくれ!他のやつは食ってもいいから!」と言って蛆に取り込まれてしまいます。
この光景を見た探索者たちはまだ江戸院を友人だと思うなら正気度喪失1/1d6
這うものは江戸院を捕食することに夢中なので探索者たちは逃げ回ることができます。

這うもの 1

STR 10 CON 22 SIZ 18 INT 16 POW 26 DEX 3 移動8 耐久20 DB+1d4
武器 取り込む80% 対象を1d3+1ターン後に自分へと取り込みCONとPOWをすべて自分のものとします
攻撃を受けた対象は蛆に取り込まれて死にます。
この攻撃が当たった場合DEX*2の判定に成功して蛆をすべて払い落とすか、自分に火をつけて蛆を燃やすなどすれば
この攻撃から逃れることができます、自分に火を放った場合1d6+2ダメージを受け、APPを1d3永続して失います。
装甲 通常の攻撃は最低値
ただしオーブンの中に入れば自分の肉体ごと蛆を焼き殺すことができる

この這うものは探索者が病院内のどこに行っても20%の確立で背後から忍び寄ってきます。

病院の地図

探索者が病院の地図を探そうと思えば簡単に見つけることができます。
屋上に貯水タンク
2階には病室と院長室と厨房
1階に霊安室と診断室と手術室とナースステーションと受付
地下には駐車場があります

窓、扉

窓の外は真っ暗な夜の森が映し出されています。
それらは普通に開くことはありません、装甲は19あり、一度に20ダメージ以上与えれば壊すことができます。
探索者が地図を見ており、アイデアに成功すれば、地下駐車場には窓や扉はなく、
自動車を使えば出ることができると思いつきます。キーパーはこの処理を忘れずに行ってください。

院長室

院長室の扉を開けると、
天井に張り付いていた蛆の集合体が奇襲を仕掛けてきます。
探索者が注意を天井に向けていなかった場合、不意打ちで攻撃してきます。

院長室にはテーブルとイス、資料の詰まった棚があります。

這うもの2

STR 10 CON 22 SIZ 18 INT 16 POW 26 DEX 3 移動8 耐久20 DB+1d4
武器 取り込む80% 対象を1d3+1ターン後に自分へと取り込みCONとPOWをすべて自分のものとします
攻撃を受けた対象は蛆に取り込まれて死にます。
この攻撃が当たった場合DEX*2の判定に成功して蛆をすべて払い落とすか、自分に火をつけて蛆を燃やすなどすれば
この攻撃から逃れることができます、自分に火を放った場合1d6+2ダメージを受け、APPを1d3永続して失います。
装甲 通常の攻撃は最低値

テーブルといす

椅子にはもたれかかった腐食した死体があります。
死体を調べてみてみるとこめかみが銃弾によって穴が開いています。
また右手には45口径リボルバー(データはルールブック参照)を握りしめています。
テーブルの上には1枚のメモがあり、引き出しには鍵がかかっています。
引き出し
<機械修理><鍵開け>もしくはSTR10との対抗で開くことができます。
中にはトヨタ・クラウンの鍵と、ソードオフの12ゲージ2連式ショットガンと12ゲージ弾が6発入っています。
メモ
蛆は二種類いる、どちらにも銃は効かない、
奴は俺の部屋の前にいる、もうおしまいだ!
俺は人間のまま死んでやる!

棚には以下の資料を見つけることができます

この病院について
この病院では人体実験が行われていました
それは蛆を使って傷を治すというものです
蛆は人間の傷口を食べると不思議なことに食べられたものが再生するというものでした
しかし、最後のページには蛆は人間の味を占めてしまった、この病院は捨てるしかない、
奴らには銃が利かないのだから。
という言葉で〆られています。

厨房

厨房には頭と腕のない人肉が天井からつるされており、
部屋が部屋が染まっています。
まな板の上にある肉切り包丁のほかには、
オーブンと冷蔵庫と蓋のついたゴミ箱があります。
冷蔵庫
冷凍庫を開けた場合、胴体に16ゲージショットガンの2連射が撃ち込まれて4D6+4ダメージを受けます!
<目星>に成功すると冷蔵庫にワイヤーの罠が仕掛けられていることに気が付きます。
<機械修理>に成功すればこの罠を解除できますが、失敗した場合、罠が作動し2d6+2ダメージを受けます。
成功した場合罠を解除できます。
オーブン
オーブンを開けた場合、胴体に16ゲージショットガンの2連射が撃ち込まれて4D6+4ダメージを受けます!
<目星>に成功するとオーブンにワイヤーの罠が仕掛けられていることに気が付きます。
<機械修理>に成功すればこの罠を解除できますが、失敗した場合、罠が作動し2d6+2ダメージを受けます。
成功した場合罠を解除できます。

このオーブンに蛆を入れることができれば判定なしで殺せます。
蓋のついたゴミ箱
ゴミ箱を開けた場合、胴体に16ゲージショットガンの2連射が撃ち込まれて4D6+4ダメージを受けます!
<目星>に成功するとゴミ箱にワイヤーの罠が仕掛けられていることに気が付きます。
<機械修理>に成功すればこの罠を解除できますが、失敗した場合、罠が作動し2d6+2ダメージを受けます。
成功した場合罠を解除できます。

病院1F

霊安室

1−3までの扉があります
1.なにもない
2.ゾンビが出てくる
3.ゾンビが2体出てくる

診断室

物色された後のある診断室です。
金庫以外にめぼしいものはありません
金庫
金庫を開けた場合、胴体に12ゲージショットガンの2連射が撃ち込まれて8D6ダメージを受けます!
<目星>に成功すると金庫にはワイヤーの罠が仕掛けられていることに気が付きます。
<機械修理>に成功すればこの罠を解除できますが、失敗した場合、罠が作動し3D6ダメージを受けます。
成功した場合罠を解除できます。

手術室

死体の山が積んである
部屋に入ると死体の下に隠れていた這うものが拳銃で奇襲していきます
這うもの3
STR 10 CON 22 SIZ 18 INT 16 POW 26 DEX 3 移動8 耐久20 DB+1d4
武器 80% 45口径リボルバー 1d10+2
装甲 通常の攻撃は最低値

ナースステーション、受付

受付には何もありません、ただ奥にあるナースステーションは書類が飛び散り、夜逃げの後のように見えます。
<目星>に成功すると脱ぎ捨てられたナース服の中からマツダ・ファミリアの鍵を見つけます

屋上

貯水タンクと錆びた柵のある屋上です。
貯水タンクには大量の蛆が詰まっており開けた場合這うものがもう一匹解放されます。

地下駐車場

地下にはトヨタ・クラウン、錆びたカローラ、マツダ・ファミリア、九五式小型乗用車
廃車となった30を優に超える自動車のスクラップがあります。
スクラップを探せば江戸院のスポーツカーも見つかりますが完全に壊れていて治すことはできないでしょう。

自動車は95式小型乗用車以外は鍵がかかっています。
鍵のかかった自動車を動かすためにはその車に合った鍵があればどれも動きますが、
(KP情報、これは走る蛆がメンテナンスを行っているためです)
鍵がない場合でも<鍵開け>に成功すれば無理やり自動車を動かすことができます。
探索者が他の自動車を破壊して逃げようとした場合
即座に蛆が錆びたカローラに飛び乗り探索者を追い回そうとする描写を入れてください。
自動車のデータ
トヨタ・クラウン HP25 速度15 ハンドリング+0 乗員8+荷台 加速減速*7
高級車であるトヨタ・クラウンは黒く磨かれており、今でも価値があることが容易にわかります。

マツダ・ファミリア HP20 速度13 ハンドリング+20 乗員数5+荷台 加速減速*7
大衆車であったマツダ・ファミリアは多くの人に親しまれた名車です。操縦のしやすさならトップでしょう。

錆びたカローラ HP12 速度10  ハンドリング-5 乗員数5+荷台 加速減速*7
この自動車は改造されニトロエンジンが積んであり、運転を-5%さらにすることで速度を20まで出すことができます。
このことは探索者は<機械修理>か<運転:自動車>に成功するとわかります。
この自動車の運転にファンブルをした場合爆散します。
走る妖蛆は基本的にこの自動車に乗ります。

九五式小型乗用車 HP10 速度2 ハンドリング-20 乗員3+荷台 加速減速*5
旧日本軍の使用した小型自動車です、なぜ今でも動くのか不思議なくらいがたが来ています。

脱出

探索者が自動車に乗って地下駐車場から脱出すると、
外は夜の森の舗装されていない道路になっています。
そして、1台の自動車が追いかけてきます
そこには峠で見かけた走る妖蛆の姿が見えます、
蛆は錆びたカローラ(探索者がカローラを選んだ場合、トヨタ・クラウンそれもなければ残った車、
すべての車がない場合カーチェイスなしに逃げ切れます)に乗って探索者を追いかけてきます。
ここからカーチェイスのルールを用いて戦闘を行ってください。
探索者と蛆との距離は3からスタートします。
意欲的なキーパーはこの面倒なカーチェイスのルールをガスライトの馬車チェイスなどのように別ルールで行っても構いません。

カーチェイスで逃げ切る

いきのびますエンディングを描写してください。

カーチェイスで横に並んでしまう

すると蛆が運転席から<跳躍>し、探索者の乗る車へと飛び乗ってきます。
<運転>に成功すると交わすことができ自分の運転していた車にはねられて蛆は死にます。
失敗した場合、自動車内で肉弾戦をキーパーは行ってください。
跳躍に失敗した場合は蛆から逃げ切ることができます。
走る妖蛆 腐敗した怪物
STR 38 CON 15 SIZ 11 INT12 POW 11
DEX 15 移動 歩行時 8/運転時 80 耐久力 13 +2D6
武器 鉤爪 50% 1d6+2d6 1ラウンドに2回攻撃する

彼はもともとは歩く妖蛆でしたが毎日スクワットを10回腕立て伏せを30回した結果
歩く妖蛆とは思えない強力な筋力を手に入れました。
彼は運転に執着しており、自動車を運転しているときには彼自身にいかなる損害を与えることができません。
しかし、自動車を運転していないときはダメージを与えることができますし、自動車を壊せば自動車ごと爆散します。

技能:運転(自動車):95% 跳躍:95% 走る:85%

正気度喪失:蛆の集合体が自動車を運転しているのを目撃する:0/1d10

エンディング

探索者が無事に走る蛆から逃げ延びるとそこはダムの上でした、
来た道を振り返ると、そこにはダム湖が広がっています。
もし探索者が警察と連絡をしていた場合は警察に保護されます。

正気度報酬

生き延びる+1d6 走る妖蛆を殺す+1D6 這うものを殺す 殺した数ごとに+1

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます