ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。

葉塚湖には、霧が出る夜に女性の歌声が聞こえるという。
それを確かめに行った者は・・・・・・

汝は智者か、それとも・・・・・・

1.はじめに

このシナリオを閲覧していただき、まことにありがとうございます。
本シナリオはリアルの時間制限があり、KPの処理が大変かもしれません。
又、色々拙い点があると思いますが、何かの拍子にプレイしていただけると幸いです。

概要

難易度:★★★(3)
プレイ時間:茶番込みで4〜5時間
シナリオ傾向:Close+リアル時間制限+デストラ有り+スッキリしない結末+クリア方法によっては何かしらの
       後遺症が残る可能性があります。
推奨人数:3〜4人
推奨技能:目星、図書館、説得系技能、水泳or操縦(ボート)
推奨探索者:年齢を合わせるということで10代から20代で固定した方がいいかもしれません。

2.あらすじ

探索者達はネット内のオカルトサークルのメンバーです。
今回、探索者達の住んでいる場所より近い場所にある"葉塚湖"を探索する事になりました。

3.背景

葉塚湖にて、1ヶ月ほど前に一人の女性歌手が霧の出る夜に歌の練習をしていた所、
シノーソグリスに殺害されました。

ここは、シノーソグリスの力の一端が働いており、霧の出る夜には
シノーソグリスが招来するという偶然が発生しています。
その発端は不明ですが、シノーソグリスはある遊びを思いつきます。

それは霧の出る日に人を呼びよせ、湖に閉じ込めてもがく姿を
楽しみ、そして霧が晴れた時には自分の正体を露にし、
見た人々を破滅させるという極めて性質の悪い遊びです。

2週間前に3人の人間を、"萩"と名乗らせた自身の従者によってこの場所に導かせ
破滅させています。

そして、今回。今度は"mituki"と名乗らせた従者によって探索者は霧の出る夜に
この湖へ導かせました。
そこに迷い込んだ探索者は、果たして無事に帰ることができるのであろうか・・・

三行で分かるあらすじ

4.NPC

mituki

オカルトサークルのメンバー。どこかの学校に所属し、学校新聞のネタ探しの為に
オカルトサークルに入会したと公言する人物。何かしら一つ目立つ特徴をつけてください。
今まで本名を名乗らず、シナリオ中でも本名を名乗る事はありません。

mitukiの正体

mitukiのデータ

辻早子(つじ はやこ)

1ヶ月前より行方不明になっている隣町の歌手です。
葉塚湖の崖にて発声練習中、偶然現れてしまったシノーソグリスにより
殺害されてしまった哀れな犠牲者です。
その後はシノーソグリスによって、"霧の出る夜の葉塚湖に響く歌"を歌い続ける亡霊と変貌させられ、
葉塚湖の崖に繋がれています。
生前は酷い不眠症に悩まされ、日本では不認可の強力な睡眠薬を服用していました。

辻早子のデータ

犬丸(いぬまる)

2週間前に葉塚湖を訪れた探索者達とは別のオカルトサークルに所属する青年です。
彼は探索中にシノーソグリスを霧の向こう側から
目撃してしてしまい、気を失ったが故に無事生還したという幸運な人物です。
物語の途中で、彼の存在を知りコンタクトを取ることは可能ですが、
彼からあまり多くの情報を聞き出すと、シノーソグリスとの約束を破った事になり
殺害される事になります。

5.導入

探索者達は葉塚湖の近くにあるコンビニの前に集合します。
ここで追加の道具を買い足したり打ち解ける為のRPをはさんでもいいかもしれません。
探索者が集合して少し遅れてから今回の主催者であるmitukiが登場します。
全員が揃ったところで、探索者は整備された雑木林を通って、葉塚湖へと向かいます。
葉塚湖では普通どおりに携帯の電波は届いており、何かあっても警察に連絡できます。
雑木林を抜けた辺りに公衆電話もあり、万一の時でも電話は可能でしょう。
湖に到着し、少しだけRPを挟んだ所で霧が発生します。
mituki曰く、この霧は天気予報では3時間ほど発生するとの事。
霧が発生し、周囲の視界が悪くなった頃、崖より女性のソプラノのコーラスが聞こえてきます。
コーラスは美しい歌声ですが、聞いているだけで悲しくなるような旋律の歌です。
ここで、探索者達が崖へ行こうとしたり、周囲を調べようとしたところで描写を一つ加えてから
時間制限を始めてください。

描写1


この歌を聞いた時点より、探索者はシノーソグリスの催眠術にかかります。
この催眠術は探索者の目的地へ向かう感覚を狂わせ、湖から逃げられなくする他、
意識をシノーソグリスの方向へ向ける為のものです。

6.探索者が知れる情報

もし事前に調べる事があれば以下の事が分かります。
オカルトサークルについて

mitukiについて

葉塚湖について

7.探索

探索できる場所は幾つかあります。それぞれを紹介していきます。
探索可能な場所は入り口、崖、ボート小屋、雑木林、湖となります。
他にも通信機器は普通に稼動しますので、調べたい事があればネットで検索したり、
犬丸とコンタクトを取ったりする事もできます。
しかし、助けを呼ぼうと電話したりメールを送ろうとすると、体が勝手に電話を切ったり
文章を消去したりしてしまいます。

目星等の判定は失敗すると詰む可能性がありますので、リアル時間である程度
時間を置く等、再挑戦できる仕様にするといいかもしれません。

入り口

葉塚湖にある正門とも言えるべき場所です。
看板や案内図、公衆電話があります。
看板や案内図に対して目星を使用することが可能で、成功すること、あるいは裏を調べる事で
看板の後ろにメモが挟まっているのを発見する事ができます。

看板裏のメモ

ここからや、雑木林の適当な位置から脱出しようとしても、気づいたら
湖の方に戻ってきてしまっています。
誰かが入り口などで待機していますと、ある程度外に出た時点で探索者が引き返して
戻ってきてしまう光景を目撃してしまいます。(0/1d3のSANチェック)

崖も公園の一部として整備されているのか、スロープや階段が取り付けられているので
容易に上ったりできます。崖上にはベンチが置いてあります。
崖際では女性が湖の方を向いて座って、コーラスを歌っています。
崖はビル3階分くらいの高さがあり、落ちればただでは済まないでしょう。
崖際に座る女性
女性は探索者に背を向けて歌っていますが、探索者達が話しかけますと歌を止めて
探索者達に振り向きますが、言葉を返すことはありません。
ただ無言で探索者達をじっと見つめています。

彼女はコーラスを歌う事以外に言葉を発する事ができませんが、
頷くか首を振るかは行う事ができますので、それで意思疎通は可能です。
返答にYesかNoかで返せない場合、あるいは分からない場合は彼女は首をかしげたり
困惑した表情を返してきます。
別の方法があればそれに準じて返事を返せますが、筆談で行おうとしても
彼女は筆を握る事ができません。
彼女の体に触れると人間とは思えない冷たさを感じます。
そして、彼女に組み付いたり、激しく掴んだ場合はぞっとするような寒気と共に
彼女の体がすり抜けます。(0/1d2、触ったものは1/1d2+1のSAN減少)

また、女性の足首には鍵つきの足枷がはめられており、彼女はこの崖から移動することができません。
足枷に繋がっている鎖は湖の方に伸びていますが、湖のどこに繋がっているかまでは
霧が濃すぎて分かる事ができません。
女性には知識ロールの-30%あるいはネットで画像検索などで知る場合は図書館か幸運で
彼女が現在行方不明中の歌手、辻早子であることが分かります。

もし女性に、忘れ物の中にある財布を見せれば自分の物であると答えます。
また、忘れ物のピルケースだけを見せると彼女の物だと言ってきます。
(彼女が本当に持っているピルケースと同じものである為誤解しています。)
しかし、実際に薬剤を取り出して質問をした場合は薬剤の匂い等を嗅いで、
違和感を覚えるような回答を返してきます。(同じ原料でも匂いが多少異なる為)
ベンチ
崖の上に置かれているベンチの上にはメモと重しの石が置かれています。

崖の上のメモ

ボート小屋

ボート小屋は近年建て替えられた建物のようで、綺麗な造りの小屋です。
売店も兼ねており、昼間には飲み物等も売られています。
ボート小屋のすぐ傍の桟橋には手漕ぎボートが南京錠で繋がれています。
ボート小屋には鍵はかかっておらず、容易に侵入する事ができます。
小屋に入ってすぐ隣に電灯のスイッチと壁にかけられた鍵束を発見する事ができます。
この鍵で桟橋の手漕ぎボートの南京錠を解くことができますが、ここにある鍵は崖の上の女性の足枷の鍵とは一致しません。

小屋の中にあるのは緊急用の備品や水やジュースを売るための冷蔵ボックス、又葉塚湖での忘れ物も
ここで管理している為、備品と忘れ物保管場所に対して目星を振る事ができます。
冷蔵ボックスからは水等が手に入ります。(錠剤を飲むようの水)
また、小屋の中には湖の水深について書かれた資料があり、それによると基本的には
葉塚湖は水深が浅く、溺れる心配はそこまでありませんが、ある一部分のみ
水深が深く、溺れる危険性がある為に注意するようにという事が書かれています。
備品置き場で見つかるもの

忘れ物置き場にて見つかるもの

スマートフォンに関する情報
スマホはロックがかかってなく、簡単に開く事ができます。
スマホの中で確認できる部分はボイスメモアプリと、ソーシャルネットアプリ
そして犬丸の情報が欲しい場合はアイデアを振るか電話帳を調べる事で
連絡先の中に犬丸の名前があり、ここから連絡が可能です。

ボイスメモアプリ

ソーシャルネットアプリは、探索者と同じアプリですが、別のオカルトサークルに所属しています。
ソーシャルアプリ内のHNは月夜姫で、彼女は2週間前よりログインしていない事が分かります。
話し合いのログを見る限りでは、2週間前に葉塚湖で肝試しをしており
その時に一緒に来ていたのは、犬丸、A-YA、萩の3人であると分かります。
ピルケース(忘れ物にある方の)
ピルケース内には5、6錠の錠剤が入っています。
この錠剤は薬学を振る事で効果は分かりませんが、かなり強い薬であると分かります。
聞き耳等では、この錠剤からは蓮のような香りが漂っているのが分かります。
目星を行う事で、この錠剤にはなにもないという事が分かります。(薬剤等に記されている識別コードもない)
もし、これを飲む場合は探索者はエンディング3に移行します
財布の中身
財布には免許証が入っており、辻早子という女性の物です。免許証の写真には崖の上で繋がれている
女性の写真が写っています。
他に入っているものは、診断書と薬物の処方箋が入っており、医師の診断では
体質と生活環境から来る不眠症との事です。
水に漬かったせいか、担当医はかすれて読めませんが、処方箋には処方された薬物と
錠剤の識別コードが記されています。
処方薬物:レドルシオン...30mg 寝る前に一錠。
薬学で調べる事でタイの製薬会社が出している睡眠薬だと分かります。
効き目は素晴らしく、朝までぐっすり眠れると医療従事者から
絶賛されている薬剤ですが、副作用が確認されており、日本ではまだ
認可が下りていない薬であると分かります。

KP情報(どこかのシナリオ等でご自由にお使いください)

湖の捜索

湖を捜索する場合は、船を使うか水泳を使用しないといけません。
ただし、明確な目的(女性の足枷に繋がっている鎖の元を調べる等)がない場合、
大した情報は得られません。
船を使う場合、簡単な手漕ぎボートですので
技能持ちがいない場合、操縦の初期値を20にする等の補正をつけてもいいかもしれません。
技能成功にて、目的の場所に到着できます。
鎖の元を辿る、あるいは湖の中で一番深い場所を目指した場合
湖の深い場所に到着すると、そこには霧の向こう側から伸びている鎖の到着地点でもあります。
鎖は、水の水面に触れる手前辺りより半透明となり、消滅しています。
湖の底を調べる場合は、肉眼では目星-20の判定となります。
スマホ等以外の強い明かりがある場合はそのままでの判定となります。
成功にて、湖底の岩に辻早子の死体が引っかかっているのを発見します。
死体は既に白骨化しており、引き上げる事も可能です。(1/1d3+1のSANチェック)
死体からは、錠剤の入ったピルケースが手に入ります。
それは偶然にもボート小屋の忘れ物にあったピルケースと同じ形のピルケースです。
こちらにも5、6錠の錠剤が入っています。
匂いを嗅ぐと、こちらからも蓮の香りがしますが、アイデアにて
ボート小屋の錠剤よりも少し香りが優しい感じがします。
此方の錠剤にはナンバーが書かれており、薬学がない場合は目星にてそれを発見できます。 
 

雑木林の捜索

雑木林の来た道を戻っていると、いつの間にか湖側に戻ってきてしまっています。
ナビゲートにて、自分達はいつの間にか反対向きに向かって歩いている事に気づいてしまいます。
それに気づいてどんなに前に進もうと努力してもある一点から足や意識が勝手に反対側に進んでいる事に気づきます。
(反対側の入り口かあるいはここでこの事に気づいた場合は0/1のSANチェック。ここが初めての場合は0/1のSANチェック)
ただし、こちら側の方より脱出を試みた場合、目星判定を行う事ができます。
成功で、雑木林の奥の少しだけ開けた場所に、ネズミやヘビ等の生き物の死骸が綺麗に
並べられているのを発見できます。(0/1のSANチェック)
目星を行う事で、ある死骸には爪の痕が、ある死骸には噛み痕が存在しており、
それぞれ別々の生き物に殺された物だと分かります。

犬丸との接触

もし犬丸に接触するのであるならば問題なく電話なりチャットなり通じます。
しかし、ここで月夜姫のスマホから連絡すれば、月夜姫でない探索者達を
疑ってきますし、公衆電話や自分達の電話から連絡しても、疑いの目を向けてくるのは
明白です。そこをどのようにして情報を聞き出すかが肝心になってきます。
自分達の事を余り話さない場合は2週間前に肝試しに訪れた事は話はしますが、それ以上のことは言ってくれません。
警察にも根掘り葉掘り聞かれたが、何も知らないと言ってきます。
心理学で彼はかなり動揺しているのが分かります。(SCで、彼は隠し事をしているのが分かります)
説得するRPをはさんでの説得系技能技能で続きを話してくれます。
  • 自分達は確かに2週間前に葉塚湖を訪れ、そこで霧に遭遇して、出られなくなったから原因を探索した。
  • 自分の他にはA-YA、萩、月夜姫というHNの3人の女性がいた。
  • A-YAは今まで他にもいくつかの不思議な体験をしてきたと豪語していた
  • 気絶した事を指摘すると、霧を見ていると頭がぐるぐるとしていつの間にか失神してしまっていたと告白します。
ここまで話すとこれ以上は聞かないでくれと断ってきます。

それでも食い下がる事が可能です。犬丸は基本的にお人よしなので自分達が危機的状況にある事を
訴えるともう一度説得技能が振れます。成功で以下のことが分かります。
(特に萩という人物の事を引き合いに出すと、補正を与えてもいいかもしれません)
  • A-YAが鍵を探すと言い出して湖を探索したが結果的に出てこなかった。
  • 自分は霧を見ていると頭がぐるぐるとしていつの間にか失神してしまっていて、目を覚ました時には3人しかいなかった。
  • 萩という高校生くらいの女性がいなくなっていたし、その後から連絡が取れなくなった。調べても何処の人かわからなかった。
(mitukiの特徴を言って)と分かりやすい特徴なのにと最後に言います。

ここまで話したところで、犬丸のチャットが途絶え、あるいは通話ですと何かが倒れる音がして、通話が切れてしまいます。
(この時点で犬丸はシノーソグリスとの約束を破った事によって殺されてしまいます)

ネットでの調査

ネットで調査する場合、上手く情報が拾えるかどうか図書館の判定を行う必要があります。
この場合、ある程度ヒットする情報でなかったり、漠然としすぎていると図書館にマイマス補正を
つけてもいいかもしれません。

・辻早子について

・葉塚湖に関する噂

・葉塚湖に関する情報(宣言次第では噂とセットで出してもいいかもしれません)

・A-YA、月夜姫に関する事

・萩に関する事

・霧に動物の死体の整列

8.時間経過によるSANc

ここでは時間が経過する事で霧が晴れ、少しずつシノーソグリスの姿が顕になっていきます。
最初、1時間、1時間45分、2時間30分の4つのタイミングでSANチェックが発生します。
最初 0/1 1時間 1/1d3+1 1時間45分 1d3/1d6 2時間30分 1d6/1d10
また、1時間30分の時点でアイデアあるいは心理学を振る事で、成功で自身は
霧の彼方にいる何かに対して視線を向けざるを得ないような強迫観念を抱いている事に
気づいてしまいます。SCにて、これを防ぐにはPOW30との対抗ロールが必要であり、
ほぼ確実に見てしまうという事がわかります。

1時間経過の時点の描写

1時間45分経過の時点の描写

2時間30分経過の時点の描写

9.エンディング

エンディングは想定上3種類あります。

1.時間切れの際にシノーソグリスを見ないで済む方法を取る。

この方法は探索者が無意識下に催眠術で時間切れの際にそっちを向くように仕向けられていますので
単に目を封じるなどでは不可能です。
模範解答は"白骨死体の持っている薬を飲む"という事です。
それを飲んで眠る事で、シノーソグリスの催眠術からも逃れ、そして見ることなく時間を過ごすことができます。
しかし、それらの方法、あるいはシナリオの他の想定内の方法を取った場合どうなるのかを表示しておきます。

白骨死体の持っていたピルケースの錠剤(レドルシオン)を飲む

スタンガンに機械修理か電気修理を持ち入り、気絶する場合

崖から湖に飛び降りる


そして、目が覚めた探索者のポケットにはメモが1枚入ってます。

ポケットのメモ(ベンチのメモと同じ、几帳面な字で書かれています)


また、探索者はどんな方法を使っても辻早子を救うことはできません。
もしも辻早子の遺体を発見したのであれば、それは目を覚ました後も残っていますので
警察に通報する等をする事で、彼女の死は世間に知れ渡ります。
探索者達は彼女の遺体を発見したと言う事で感謝されるでしょう。
しかし、彼女の魂は葉塚湖に留まったままです・・・・
彼女はシノーソグリスが飽きるまで、永遠と弄ばれる運命にあります。
そしてmitukiもまた、目が覚めた探索者の前から姿を消します。彼女の足取りはどんな手段を使おうが
追う事ができません。
そして、エピローグの中で、次の犠牲者を葉塚湖に案内する描写を付け加えてもいいかもしれません。
The End

2.時間切れ

時間切れの場合、探索者達はシノーソグリスの姿を見てしまい、そのまま気絶してしまいます。(1d10/1d100のSANチェック)

描写の一例


次に目を覚ました時、探索者達が正気であるかは不明ですが、探索者達は翌朝散歩に来た人に
顔を蒼くして倒れているのを発見されました。その際にmitukiは発見されなかったとの事ですが
最早、貴方達にとってはどうでもいい事でしょう。
貴方達は生き残った。精神がまだ無事かどうかはともかくとして・・・
Bad End

3.忘れ物のピルケース(黒い蓮の毒)を飲む

探索者達は薬を飲むと少しした後、甘い蓮の花の匂いを感じます。
匂いと共に、ゆっくりと意識が薄れていきます。
甘い匂いを感じながら、全員緩やかに眠りにつきます。
・・・・・・・・・・

「ニュース速報です」
「今朝7時ごろ、××県××市葉塚湖にて、男女x人(探索者達と同じ人数)の集団自殺事件が発生しました。」
「散歩の為、現場を訪れた女子大生が、倒れているX人を発見した事で事態が発覚。」
「X人は直ちに病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。」
「X人の内1人が錠剤の入ったと思わしきピルケースを所有していたのが確認されており、警察は集団自殺を図ったとして、
 身元の確認を急いでいます。」
薬を飲んでしまった探索者はロストします。
Dead End

10.報酬

The End:1d8
Bad End:1d4
辻早子の遺体を警察に通報する:1d4
シノーソグリスと遭遇してしまった:減少したSANの4/1回復

11.ここから広がる展開(?)

このシナリオには謎が残っています。
何故シノーソグリスはこの地に招来されたのか?mitukiとは何者なのか?
これらはこのシナリオでは語られない事です。
これをキャンペーン等のシナリオフックに使用していただければ幸いです。

12.最後に

ここまでご覧いただき、本当にありがとうございました!
情報量が多く、さらに制限時間もありますので、KP難易度は高いかもしれません。
ですが、何かの折に回していただけると本当に有り難い限りです。
使用、動画化、改変等はご自由にどうぞ。
私の拙いシナリオで皆様が楽しめますよう、心からお祈り申し上げます・・・

Special Thanks
テストプレイに参加してくださった皆様 、黒山猫様

更新履歴
・16/8/14
 一部の誤情報を修正

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

Wiki参加者情報

どなたでも編集できます