ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。

はじめに


このシナリオは女性探索者専用のシナリオとなっております。
推奨技能を設定していません。
いろんな技能を探索者たちの思うがままに振っていただく形になります。
また、シナリオに入り込むために、それぞれの探索者の恋人を設定しています。

その他シナリオについてわからないことがあれば、製作者のNo.15.5までご連絡ください。

シナリオ概要


人数:3〜5人
難易度:☆☆
時間:2〜3時間程度
推奨技能:なし
舞台:現代日本、クローズドシナリオ
備考:女性探索者専用シナリオ
HO:お好きな恋人を選んでいただきます。
※恋人の重複は不可

HO1:大学生


HO2:塾講師


HO3:エリート上司


HO4:年下のオタク


HO5:芸術家の許婚

NPC

恋人
探索者+女性を股にかけている最低男性。
それぞれの探索者にわからないように変装と筆跡変えまでしている徹底ぶり
恋人たちを利用して、神話生物召喚の生贄にしようとしていたが、
女性に感付かれて現在幽閉されている。

女性
●●ビル社長の一人娘であり、現代表取締役である。
探索者たちのほかに男性と付き合っていたとされる女性。
彼女は恋人の浮気に気付いており、なおかつそれを容認していたが、
恋人が何の悪気もなくほかの女性たちに嘘をつき続けていく姿に傷心し、
探索者たちを助けるために男性の嘘を暴き現実を突きつけようとする。
実は神話生物「ニョグタの落とし子」

導入

探索者たちはそれぞれの恋人が誘拐され幽閉されているとされる●●ビルの前にいる。
周りにはほかにも探索者の数だけ女性が様子をうかがっていることが分かる。
ビルには屈強そうなガードマンが見張りに立っているが、
少し経つと無線連絡を受けた様子でビルの中へと消えていく。

探索

ビルは見た限り3階建ての小さなビル
  • 1F

↓MAP

受付ロビー

客室


  • 2F
探索者の数だけの事務所と書かれた部屋
女性の神話的能力のおかげで、それぞれの事務所は探索者の恋人の部屋にすり替わっている。

↓探索者3人のMAP

↓探索者4人のMAP

↓探索者5人のMAP


それぞれの部屋
中に入ると、探索者の恋人の部屋になっているそれぞれSANC0/1
技能:
<目星>他の探索者が他の女性のツーショット写真
・一緒に写っている他の女性の恋人の男性にどこか見覚えがある

HO1:大学生の部屋

HO2:塾の教師の部屋

HO3:エリートの部屋

HO4:オタクの部屋

HO5:許婚の部屋

  • 3F

↓MAP

社長室
鍵がかかっている。
技能:
<鍵開け>
社長室の鍵を開けることができる。

代表取締役室
ここの扉は不思議な力が働いてどんな技能を使っても開かない。
2Fを探索した後に開く。
中には女性が一人佇んでいて、
つけていた包帯から、血の代わりに黒い液体がしたたり落ちている。
怪物について尋ねると、
「その件とあなたたちの探している恋人に関しては関係ないでしょう?」
と首をかしげる。
恋人か2Fの部屋について問い詰めると、
「あなたたちは2Fで彼の本性を見た後も、
 まだ彼のことを想って愛しているの?」
と探索者一人一人に質問する。

全員「愛していない」と答える
→ハッピーエンド
1人でも「愛している」と答える
1人でも「とりあえず会わせろ」と答える
→ノーマルエンド
無視してニョグダ退散の呪文を唱える。
上記の返答をした後、女性を道中で殺害する。
→バッドエンド

エンディング

↓地下室MAP
ハッピーエンド
女性は探索者たちに自分に続くように促す。
彼女に促されるまま資材保管庫となっている地下室へと向かうと、
そこには拘束された男性が一人、意識がある状態で倒れていた。
彼女はあなた方に敬意を示し、本来の姿で腹を割って話すと言うと、
ニョグタの落とし子へと変貌するSANC1/1D10
女性は話す。
「彼の卑劣さに皆さんが気付いてくれてよかったです。
 ここにいる彼は、他でもないあなた方が探していた恋人その人です。
 わかります?私調べたんですけど
 この人探索者人数+1股かけてたんですよ。
 しかも、周りにばれないように、それぞれで部屋を借りて、変装して、
 筆跡まで使い分けていたんです。
 彼を問い詰めたんですけど、本命の人なんて一人もいなくて、
 全員遊びだったそうです。」
そういって彼女は男性の口を塞いでいたガムテープを外す。
その男の口からは、自身を保身のための言葉しか並べない。
縛られている彼をどうにかしたければ、女性に話してもいい。
もう忘れたいというならば、
女性は彼は二度と皆さんの目の前に現れないように尽力すると答える。
ノーマルエンド
彼女は悲しそうな顔を浮かべたが、探索者たちについてくるよう促す。
彼女に促されるまま資材保管庫となっている地下室へと向かうと、
1D探索者数によって一人だけ探索者の恋人が拘束されていた。
恋人は相手の探索者に向かって話す。
「その女から離れろ!
 そいつは人間じゃない!!化け物だ!!
 ここにはほかにも男がいたんだが、
 全部そいつに丸呑みにされてしまった!
 次は僕を丸呑みにするつもりだ!助けてくれ!」
恋人の言葉を肯定するかのように、
女性はニョグタの落とし子へと変貌するSANC1/1D10
変異した怪物は、そのまま踵を返して扉の方へと向かいいなくなってしまうだろう。
残りの探索者たちは、恋人がその怪物に飲み込まれた事実を信じざるを得なくなり愕然とするだろうSANC1D5/1D10
バッドエンド
退散の呪文、または彼女を攻撃した瞬間、
彼女は人の姿を保てなくなり、
本来のニョグタの落とし子へと変貌するSANC1/1D10
彼女は地下の資材保管庫の鍵を落とすと、
そのまままるで空間に吸い込まれるかのようにどこかへと消えてしまう。
探索者たちが鍵を広い、地下保管庫に向かうと、
そこは一面が血まみれとなり、たくさんの肉片が飛び散っている。
詳しく調べてみると、その肉片は来ていた服装から、
探索者たちの恋人であったことが分かるだろう。SANC1D6/1D10
恋人を救うことができず、ただひたすら絶望に打ちひしがれる探索者たちが
今後どうしていくかは、また別のお話である。

報酬

シナリオクリア1D5、恋人が生きている1D3、恋人の真実にたどり着く1D5
クトゥルフ神話(ニョグタの落とし子4)

あとがき

読んでいただき、または回してくださってありがとうございます。
今回のシナリオは、短い時間で回せるものをコンセプトに作りました。
茶番を挟んでも、最長で3時間ほどで終わるシナリオとなっています。
ハッピーエンドが所謂修羅場エンドとなっているので、
ドロドロとした昼ドラが好きな人にはお勧めなんじゃないでしょうか。

このシナリオは改変、動画化を許可しております。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

Wiki参加者情報

どなたでも編集できます