ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。

募集要項

シナリオ名:デルタグリーン基本サプリより「人形劇と影絵芝居」
キーパー:大西洋
募集人数:2~3名+ゲスト1名 超過で抽選/締め切りは6名まで
使用ツール:メイン・ユドナリウム、サブでディスコードのテキセ
※KPもユドナリウム初心者なためPLさんも初めてでも大丈夫です。ただし下記の折り畳みは必読です
開催日時:12月の毎週土曜
12/7:10〜18時
12/14:10〜18時
12/21:10〜18時
募集締め切り:前日0時
卓難易度:デルタグリーン入門シナリオのため生還はしやすい死ぬときは死にます
ただ非常に探索でとれるアプローチが多いため、積極的に動ける必要がある
シナリオ傾向:シティ

ユドナリウムとディスコードについて ※必読

デルタグリーンって?

アメリカ政府から許可が下りていない非公式な秘密結社です
デルタグリーンの使命は主に次の3つです。現状3つです

△ 超常現象に起因する脅威から米国市民を保護すること
△ 超常的な脅威から米国の安全を維持すること
△ 超常現象に関する情報を収集すること

ここで注意すべきなのは神話的存在からではなく”超常現象”でくくられる点です。
この超常現象は主に「UFO、ポルターガイスト、カルト、超能力」といった神話生物以外の存在を指します
探索者は主に上記超常現象を調査するために現地に赴き、クトゥルフ神話に関わるものに巻き込まれる…ということになります
イメージはX-ファイルです。というよりまんまX-ファイルかも知れません

その他探索者作成時に参考になるもの

スケジュール

ユドナリウムに慣れる30分〜1時間
同時並行でCS作成2時間
セッション時間12時間〜15時間

舞台設定

2000年アメリカ・アリゾナ州
先月、アリゾナ州フェニックスの西にあるサンカルロスインディアン居留地の南端付近で人々が失踪し始めた。

あらすじ

FBI(連邦捜査局)の特別捜査官である探索者達は、
死体が存在しないために、殺人ではなく誘拐であるという管轄裁判所の口実を使って事件に介入することになる
密かに、FBIはこの地域の部族関係と急進派のネイティブアメリカンの活動の可能性を懸念している。
探索者達の上司は、1970年代に起きたレナード・ペルティエ事件のような事態になることは避けたいと考えている。
FBIは地方警察から出来る限りの助力を得ることになっているが、事件を引き継ぐことにはなっていない。
FBIの探索者達の上司は、フェニックス担当の支局長であるパトリック・ホブソンである。
アリゾナ州警察との連絡係はフランク・ギャレット少佐である。
アパッチ族の部族警察の連絡係はマンガス・コロラドス保安官である。

その他NPCやら単語の説明

探索者作成について

使用可能なサプリメントなど

ルルブ、2010、デルタグリーン基本サプリ

新規PC/継続PCの条件

・新規オンリー、部屋にて作成します。また申し訳ございませんが他KP卓への継続は禁止といたします
※これは探索者がデルタグリーンという特殊な組織に加入するため、他卓への継続でトラブルがおきないようにするためです
・技能上限はなく99%まで振れます
・職業ベースはルルブ、2010の他、部屋にてFBI捜査官の職業ベースを貼り付けますのでそのいずれかでお願いします
・その他KP判断で合わないと感じた人(初対面タメ口、募集要項を読んでいないなど…あれ?と思った人
※といっても、そう言った方は今まで数人程度しかいないので基本大丈夫かと思います
デルタグリーンに入る条件
設定に反映するかはお任せしますが、デルタグリーンに勧誘されやすい経歴は次のものがあります
・超常現象を信じている(過去そのような事件に巻き込まれた)
・連邦政府機関に勤めている(FBIなど)
・数年間上記機関に勤めている
探索者の職業
このシナリオは探索者がデルタグリーンに入るきっかけとなるため、探索者はまだクトゥルフ神話における”一般人(神話的存在を知らない)"です
最終的にデルタグリーンへと入るため、探索者は何かしらデルタグリーンに入りたいと考える人間(上記条件、またデルタグリーンの信念に共感できる)が望ましいです
職業について探索者は全員FBI捜査官となります。
また希望があれば、探索者のうち1~2人はすでにデルタグリーンに入って構いません
その場合、その探索者は他のデルタグリーンに入ってない探索者たちが加入すべき人物か見ている…という形になります
※ただし発生している事件は真面目に解決しないといけません
※2.またこの探索者もクトゥルフ神話についてはまだ知りません(幽霊を見た、UFOを見たとかはあるかもしれませんが

作成ルール

デルタグリーンのメンバーというよりFBIは大体高スペックです。
作成する際にステータスの決定は全て2d6+6で行ってください。
ステータスの合計値が105未満であれば、再度全て振り直しが可能です。
あとは45ページに書かれているルールは全て適用することが可能です。
・個別振り直しは不可

技能

必須と呼べる技能はないです
しかし、身を守る技能(武器または回避)は持つべきです。
それを持たない探索者は遠回しに自殺するのと同じです。
デルタグリーンの探索は現代科学でアプローチをとることが出来ます。
普段陽の目のない技能を取得することも面白い作戦を考える糸口になるかもしれない

ハウスルール

探索
戦闘
特筆すべきルールとしては、攻撃と回避の関係はルルブ通り処理すること
戦闘は事前に行動を宣言し、その後DEX順で処理することです

KPより

こんにちは、大西洋です
今回は米国から出版されたサプリ・デルタグリーンからデルタグリーン入門シナリオをやっていきます
共同翻訳している私家翻訳のサプリであり、読み込みが浅い部分もあります。その辺は温かい目で見てください
シナリオの傾向としてはかなりいろいろなことが出来るシティシナリオです
イメージは海外のサスペンスドラマや映画を想像してください。
政府機関勤めのため行動が許される範囲は決められていますが、逆に普段の探索者ではできないような科学捜査などが出来ます
そして何よりも関わる理由が仕事だから!で済まされます。
このシナリオはかなり探索重視のシナリオなので、歯ごたえのあるシナリオをやりたい人はぜひ

連絡先

参加希望者

CSの提出はありません

名前

名前

名前

名前

名前

名前

ゲスト枠

赤マントさん

今回はお声がけありがとうございます!
初めてだらけで緊張しておりますが、皆様と楽しい時間を過ごせるよう頑張りますね。
楽しみにしております。

回線テストもぺたり

第1陣

[END]

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

Wiki参加者情報

どなたでも編集できます