クトゥルフ神話TRPGやろうずWiki - 人間の証明

はじめに

このシナリオは『クトゥルフの呼び声』に対応したものです。
シナリオの舞台は現代日本で、季節、地域に関しては自由に決めて構いません。
プレイヤーキャラクターは1〜3人を推奨します。
※探索者が最初に持っている凶器は、PCの数に合わせて調節して下さい。
推奨技能は目星、医学とかでしょうか。
どの様なキーパリングを行うかで、推奨技能も変わると思います。

あらすじ

探索者の目の前には、男性の死体がありました。
各自の探索者には、それぞれ凶器が握られています。
ただ、探索者の脳はミ=ゴによって、能缶にされている為、自分の事もこの死体の事もわかりません。
今体を動かしているのは、ミ=ゴが作った疑似脳であり、探索者の今の人格を形成しているものです。
探索者は、現状が分からずも、自分達が何者なのか、探していきます。
真実を知った時、探索者はどう行動するのだろうか?

死体の正体


ミ=ゴの家は何の為にあるのか?


疑似脳が普段行ってた行動


物語開始時の探索者の記憶

最初の部屋

最初に探索者が思ったことは、足元が濡れているという感覚でしょう。
足元を目で辿ると、目の前には、血まみれで倒れている男性の死体が目に映ります。
部屋はカーテンが閉じられている為、薄暗く感じるでしょう。
血まみれの探索者の手にはそれぞれ、ナイフ、バール、金槌が握られていて、他に持ち物は持っていない事がわかります。
辺りを見渡して見えるものは、電話、テレビ、ソファー、テーブル、時計等でしょう。
其の事から、現状いる場所がリビングと推定できます。
リビングは、キッチンと繋がっており、電話の置いてある場所には、扉が見えるでしょう。
扉は薄いガラスが所々にはめられている為、扉の奥の様子がわかります。
扉の奥には、廊下が見え、すぐ近くには玄関も見えるでしょう。
廊下のさらに奥には、二階に登るための階段と、トイレだと思われる扉も見えます。

探索者の衣服について


家具の情報について


男の死体


時計

二階の部屋

二階は一部屋しかない事がわかります。
部屋の中には、冷房がきいている為、涼しくなっているでしょう。
こちらもカーテンで閉ざされている為、薄暗いが、入口近くにスイッチがあるので明かりをつけることが出来るだろう。
部屋の中は、幾つもの棚が並んでおり、棚にはバスケットボール上の銀色の筒が置かれている。
銀色の筒が置いてある場所には、一つ一つ人物名が記載されているのが解る。
※この中に探索者の脳は無い
部屋の片隅には、ダンボールが置かれており、中には銀色の筒が入っているのが解るだろう。
ダンボールには、宅急便の送り状が着払いで貼られていて、宛先がミスミ荘の住所が書かれている。
宛名は【水澄 巳子】となっているのが解るだろう。
調べられるものは、以上であり、技能を必要として情報を出した場合、積む可能性がある。
その為、どうやって情報を出すかは、KP次第である。
最低でも、ミスミ荘の情報は、出すべきである。

ある程度調べ終わった後のイベントについて。


逃亡について。

探索者は逃亡犯であり、警察に捕まるとゲームオーバーになる。
ただ捕まるにしても、条件がある。
探索者の行動により、追跡ゲージが上がり、それが10になった時、警察に見つかる。
ゲージの上がる条件に関しては以下の通りである。上がり幅も横に記載する。
また、逃亡開始時は0とする。

1.暴力、暴行、器物の破壊で追跡ゲージ+5
2.盗難、またはそれに準ずる行為が見つかる+3
3.宅急便の人に顔が見られてる状態で、警察署に立ち寄る+10
4.KPが目立つと思った行為+1

この点数に関しては、伝える必要性はない。
ただ、ゲージの上がりによって、エンディングが変わる。

街の施設

街の施設に関しては、KPが自由に決めて構いません。
偶然、知り合いに合うなどでも良いでしょう。
※但し、探索者は記憶を無くしているという事が、前提です。

図書館

【水澄 巳子】又は、ミスミ荘を調べる等。


他に得れる情報。



ミスミ荘

外観は古く、見た感じで2階建てだという事が解るだろう。
入り口は正面にある一箇所で、周りの草木の手入れがされていない為、人が住んでるとは思えないが
よく見ると、入り口の草に踏み跡が見えることから、住人が居ると確信して構わない。

ミスミ荘に行く時間帯によって、NPCで有る【水澄 巳子】の対応が変わるだろう。
最速でミスミ荘に行った場合は、部屋に戻るように言われる。
17時〜20時の間に、ミスミ荘に行った場合は、報告書を部屋で書くように言われる。
21時過ぎに、ミスミ荘に行った場合、何をしていたのか聞かれ、仲間との信号のやりとりが出来ないと言われる。
また、SOS信号を送ってる場合は、何時に帰っても、なぜ応答しなかったか問い詰められる。

応答に関して、ミ=ゴ達の電波であるが、擬似脳の壊れた探索者には感知出来ない。

【水澄 巳子】はミ=ゴで有る為、探索者を仲間だと思っている。
また、彼女に問いただすような質問をした場合、不審に思われるだろう。
次第に、壊れたのかと思われて、地下に付いてくるように促される。
※ここで付いて行く場合は、地下イベントに進む。付いて行かないなら、部屋で待機するように言われる。
また、部屋で待機するように言われても、壊れていると確信される為、夜には付いて行くはめになる。

自分達の部屋について


管理人室

地下

薄暗い階段を降りると、広い空間に出るだろう。
沢山の棚と、ガラス張りの部屋が見える、ガラス張りの部屋の隣にはもう一つ部屋があるのも分かっていい。
棚には、民家で見たのと同じバスケットボール上の銀色の筒が置いてある。
もし記憶を思い出しているなら、自分達の名前が書かれた棚を見つけることが出来るだろう。
記憶を思い出していなくても、<<目星>>で見つけることはできるが、自分達の脳だとは理解できない。
記憶を思い出していたとしても、オリジナルの脳が入っているとは思わない。

ガラス張りの部屋

奥の部屋

END分岐

NormalEND1


NormalEND2


GoodEND


BadEND

最後に

シナリオ制作した、ヘヤサムです。
何時も自分だけが解るような、書き方で進めているので、大変わかりづらい内容になってるかもしれません。
しかも、誤字、脱字も多いのです!
このシナリオを作った切っ掛けは、もし自分の脳味噌が、別なのに入れ替わられていたらどう思うかって思ったからです。
私なら、オリジナルとかどうでも良いので、自分の事だけ考えますけどね。
オリジナルの脳味噌と言っても、擬似脳からしたらタダの他人です。
ですが、体に蓄積された記憶というものがあるなら、擬似脳は混乱するかもしれませんね。
よく心臓移植されて、その心臓の持ち主の記憶が見えるとか、そんな話を聞いたことがあるので。
それと同じ現象だと思って下さい。
他のKPの方が、いや!こう思うと言うのであれば、ENDを増やして頂いても構いません
又は、別な流にしても良いでしょう。
はたまた、新しい設定を付け加えても良いと思います。
NPCの性格とかも書いていないのは、KP様によって自由なRPが出来ると思います。
紳士的なミ=ゴ、だったり、悪魔的なミ=ゴだったり、RPは自由です。
ただ、与える情報などは、きちんと与えて下さい。
GoodENDを目指せる様には、して上げて欲しいですが、擬似脳なんてどうでも良いと思っている方は
NormalENDで良いと思います。(擬似脳NormalENDは人間らしくて好きではあります)
長々と、文章を書いて申し訳ありません。機会があれば、他のシナリオも載せていきたいと思います。