デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

本ページは新機動戦記ガンダムW Endless Waltzに登場する
アルトロンガンダム、
ガンダムナタク、アルトロンガンダムカスタムとも呼ばれている機体について記載しています。
本機より前に参戦したTV版は当該ページ参照


OPERATION ACE 02(OA2弾)

OA2-026Pタイプアタッカー
ステータスHP 1200アタック 4500スピード 4500
必殺技双龍断罪[EW]6800コスト7MSアビリティ闘気
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット張五飛(EWバージョン)
張五飛
ACE効果ラウンド1からずっと仲間全員のスピードを20%増加させる。
備考EWにおける五飛の愛機がPで参戦。ステータス合計値は10200。
TV版とは違い、高アタック・高スピードの赤闘気ということで、防御性能はほぼ皆無。
同時収録のEW五飛とは高スピード同士の組み合わせで破格のスピードを得られるが、被弾に脆い典型的な速攻型配分となる。先制・迅雷、ファンネル、フルドライブ、必殺強襲に要注意。
練成(機体レベル上げ)目的で新黒獅子道場に持ち込む場合★クリこそ取れないが繚乱5弾Pソル&セレーネを乗せてACEに指定してやれば、まず抜かれる心配はないだろう(もちろん、ある程度の階級とバトルパートナーレベルが求められるのだが)。
ACE効果はラウンド1からの仲間全体の永続スピード20%強化。先制や迅雷など重量型とは相性が悪いので注意。

OPERATION ACE 04(OA4弾)

OA4-023Cタイプアタッカー
ステータスHP 2100アタック 2500スピード 2500
必殺技双龍断罪[EW]4300コスト4MSアビリティ闘気
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット張五飛(EWバージョン)
張五飛
ACE効果ラウンド1のみスピード+1000。
備考1弾空けてC落ちも、引き続きアタッカー・闘気持ちとなっている。
ステータスはPに比べてややバランス型になったが、使い方はPとそれほど変わらないだろう。

機体解説


登場作品新機動戦記ガンダムW Endless Waltz(OVA・映画)
新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST(漫画)
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者達の栄光(漫画)
開発系統コロニー(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ツインビームトライデント
斬りかかるところはゼロカスタムへの本武器を使った初撃の再現
打撃
射撃武器頭部バルカン砲実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSOA2弾
特記事項

OVAおよび映画「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」において
カトキハジメ氏がリファインしたアルトロンガンダム。
基本的な機体周りの設定はTV版参照。

※ガンプラの名称がガンダムナタク(略称ナタク。初出〜MG発売前まで)及びアルトロンガンダムカスタムであるため、
 登場当初はそちらの名称が使われていたが、機体能力や設定はTV版と同じ故、正確にはカスタムという呼称は相応しくないが
 当時の雑誌などではマリーメイア軍と戦うためにカスタムされたという触れ込みで紹介されていた。
 
 設定等と共にメジャーになるにつれてEW版の呼び名が変更(ガンプラもMGからはEW版名義)されているが、
 20〜30代の直下世代やコアなファンの人は当時の名で呼び続けており、いわば一種の愛称の様なものにまで昇華されている。
※当作品が出演する各種ゲーム・同機体をモチーフに使用したSDガンダムに出演し始めた当時は機体名称が「ナタク」名義だった。
 過去にあった旧ザクとザクIもこのような関係であろう。
 ちなみに「SDガンダム Gジェネレーションシリーズ」においても「Gジェネレーションウォーズ」からカスタムから(EW版)名義と
 変更してるが当機のみはガンダムナタク名義のままとなっている
 また当時の一部資料ではTV版アルトロンとは同じ名前・同能力の別機体でもあった。

機体本体はそこまで大きくデザインが変わっていないが、バックパックと武装面が大きく変わっている。
武装はTV版のままのツインビームトライデントとバルカン砲と変わらないが
ドラゴンハングの形状が大きく変化しており今までの様な腕が伸びるのではなく、外付けの大型装備となっており使用時には手に嵌め込んでから射出するように変更されている。
また、腕自体が伸びるわけではないのですごく伸縮できるようになっている他、火炎放射機がオミットされている。
それ以外にはシールドとバックパックパーツがもろもろ変更されたため、ビームキャノンが無くなったので
射撃戦は不得手となった。
バックパック内部には地上での飛行用にパラシュートが搭載されており、
劇中では単機で大気圏突入時を行った後の減速用に使われている。

劇中(EW開始時)ではイブ・ウォー(世界国家VSホワイトファングの最終戦争)と
P3の武装蜂起(BATTLEFIELD OF PACIFISTの出来事)が終結した事により
今後の世界にMSは不要だと考える他のガンダムパイロット達と違い、
兵士たちや戦う人間にとっては生きる目的を急に失うことについて悩んでいた。
平和になじめないともいえる)

それ故にマリーメイア軍の武装蜂起に加担し、X−18999コロニーに潜入してきたヒイロリーオーと対決。
主張をぶつあけい、リーオーを撃破するものの、ヒイロに逃げられてしまう。
その後本隊が地球降下する中、
何れ来るであろう他のガンダムの足止めを買ったのか、衛星軌道上で殿となって待機していた。

そして現れたゼロカスタムとの一騎打ちで大気圏を降下しながら互いの心情を吐露するも
ヒイロの説得で戦意を失い、一路ブリュッセルへ。

ブリュッセルについた時には市民たちが武器を持たずに蜂起。
彼らの言葉で五飛自身の戦いを終わらせることが出来たことにより、マリーメイア軍に無言の圧力をかけていた。

紛争終了後は中国奥地にある竜一族の故郷に於いて五飛自身が自爆させ、愛する人の魂が宿った機体と別れを告げることとなった。
そしてガンダムを含むすべてのモビルスーツの存在がACの歴史から姿を消した。


上位演出技:双龍断罪[EW]
「・・・・・・現れたか」
開始直後は腕を組んでその場に佇み、(原作再現)
頭部アップ→カメラアイ発光と同時に飛び立ってドラゴンハングを射出。
敵機の上半身と下半身を時間差で挟み込み、同時に噛み砕いて攻撃する。
「貴様を地球に行かせるわけにはいかん!」
攻撃終了時にドラゴンハングの拘束を解き、アームを縮めて引き戻す。
トドメ演出ではハングの先端が手元に戻るまで縮めて収納状態にする光景が映された後、
前方を睨み付けるアルトロンのバストアップに移行して終了する。

ドラゴンハングの設定の変更ならびにビームキャノンのオミット等TV版から差異があるため、
モーションは原作再現とドラゴンハングのギミックを前面に押し出した新規の物へと作り直されている。

Menu

メニュー(7/22更新・DW02)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW02カードリスト
DW02IGN
DW02CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です