デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


0弾

00-045バーストカットインイラストR
ステータスHP+700アタック+800スピード+1100
バーストアタックこれでッ!ダウンだッ!!バーストLv2
スキル捨て身の特攻敵隊長機を攻撃すると、必殺技+200【毎回】
備考B2弾まで高レアに恵まれなかったコウではあるが、実はステータス合計値は2600であり、無印6弾頃まではややステ合計が劣るものの、Mレア相当としてみる事もできた。
上昇能力は同弾Cの完全上位互換で、スピードに長ける。スピード4ケタ補正でありながらRなりの優れたバランスを持ち、完全上位互換の0弾Pアムロを持っていない時の代替としても最適。現環境なら入手のしやすさで末永く付き合えるカード。
隊長機に対して発動するスキルとアタックバーストの併用で、敵隊長機キラーとして活躍できる。
逆に、敵隊長機がいない場合や必殺技に頼らない場合はスキルを全く発揮できなくなってしまうので、他のパイロットに変えた方が無難。なお、合体換装で効力を発揮するかは現時点で不明。
同弾Rフルバーニアンと組み合わせると必殺技ボーナスとスキルで隊長機に限りコスト4で最大3800の必殺を叩き出せるなど、低コスト必殺との相性は抜群。勿論0弾・1弾の各種Mのフルバーニアンとも相性はよい。1弾Mならスキル併用で4700の必殺になる。なお、1弾からは敵隊長機を攻撃すると、そのラウンドのみ必殺技+200に変更された。能力・使い方は変わりなし。
カードの背後に写っているのはどうやら0弾Mのガンダム試作1号機フルバーニアンの模様。
00-046C
ステータスHP+700アタック+600スピード+900
バーストディフェンスそれでも僕は・・・連邦の士官だッ!バーストLv1
スキル決死の一撃HPが半分以下になると、必殺技+300【1回限り】
備考CアムロからHP以外負けている上、中途半端なHPの高さとディフェンスバーストのせいで効果がギリギリ発動しないこともあるので注意。このあたりは4弾の覚醒ディフェンスバーストと同じような使い方だろう。
バーストセリフの「それでも僕は...連邦の士官だッ!」が、稀に「それでも僕は...連邦の仕官だッ!」の誤字カードがある(スタートダッシュガイドでも、字こそ見えないものの誤字カードのようだ)。
もちろん誤字カードは0弾でも使用できる。
カードの背後に写っているのはどうやら0弾Rのガンダム試作1号機フルバーニアンの模様。

1弾

01-060C
ステータスHP+600アタック+800スピード+700
バーストスピード間に合え、間に合え、間に合えぇぇッ!バーストLv1
スキル必死の追撃ラウンド2のみアタック、スピード+500【1回限り】
備考ラウンド2に能力を引き上げる変わったスキル持ち。スピードバーストなので、愛機である同弾Mフルバーニアンに乗せて一気に攻め込むのがいいか。
カードの背後に写っているのはどうやら1弾Cのガンダム試作1号機フルバーニアンの模様。

2弾

02-061C
ステータスHP+600アタック+700スピード+900
バーストアタックでやぁぁぁ!沈めぇぇッ!バーストLv1
スキル初撃で決める!ラウンド1のみアタック+600、スピード-300
備考先祖がえりしたかのようなアタックバースト持ち。
スキルは最初のラウンドのみなので、コンビネーションの起点にして攻めたい。VS4弾にてマイナス効果を受けて発動するアビリティ・打破が登場。専用機には存在しないが、該当アビリティ持ちの機体と組ませることで、マイナスの効果を帳消しにして、アタックをさらに強化することが可能となった。
カードの背後に写っているのはどうやら2弾Rのガンダム試作1号機フルバーニアンの模様。

ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-049R
ステータスHP+500アタック+300スピード+2000
バーストディフェンス俺は・・・こいつをモノにするんだ!バーストLv3
スキル突貫します!先攻を取ると、敵のディフェンスバーストを封じる【毎回】
備考機体は出続けていたのだがパイロットとしては旧2弾以来の排出。「ジオンの興亡」仕様のRで、ステータス合計値は2800、バーストLvは3と、無印弾の自分のカードたちを上回る。
しかし本カードを真に特徴づけるのは初のディフェンスバーストLv3持ちの同バースト封じスキル持ちである点か。更にスピード補正は2000と、バースト封じの後の受けという一連の流れに特化した性能を持つ隠れた良カード。
しかしその低いHP補正はファンネル(または捨身・変形等)などのいいカモになるうえに、最低クラスのアタック補正のおかげで、搭乗する機体を選ばないと名無しの雑魚機体すら満足に倒せない事もありうる…と通常運用面では使い勝手の悪さが目立つのがネック。B5弾より登場した単機撃破指令のステージ、さらに鉄華繚乱弾より登場した「特定の敵機を倒さずにクリアしろ!」の特別任務では、そのアタックの低さから雑魚機体や指定された敵機を倒せないという点で、おおいに役に立っているはずである。
B2弾にて最後の搭乗機・試作3号機が参戦したが、唯一の高レア・P版は、HP・アタックに比重を置いた性能で、このカードとの相性はそこそこよく、スキルを活用しないなら無難な活躍が見込めるが…スキルを利用しようとするとスピード補正が低い上に適正が足を引っ張るので宇宙以外での運用は苦しかったが、B6弾でスピードに比重をおいたM版の試作3号機が登場、そちらを活用すればそれなりの活躍が見込める。ただしHP補正合計が圧倒的に低い弱点を持つのが難点。
高いスピード補正を活かし、火力の低さをフォローするためにも為にも突撃持ちの機体に乗せるのも一つの手か。BG5弾にてスピード差に関係なく先攻を取れる(相手よりスピードが高くても低くても発動)フルドライブが、さらにOA3弾にてこちらもスピード差に関係なく先攻を取れる(相手よりスピードが高くても低くても発動)縛撃が登場したので、そちらに乗せるのがいいかも。フルドライブは2回目以降の発動率が極めて低い為ほとんど役に立たなくなる可能性があるが、縛撃は2回目以降の発動率は変わらないのでこちらが良い。

BUILD MS2弾(B2弾)

B2-046M
ステータスHP+1000アタック+2000スピード+500
バーストディフェンス待っていたのか、俺のために・・・!バーストLv3
スキル幻の撃墜王敵を撃破するたびに、ずっとアタック、スピード+1000【毎回】
備考最後の搭乗機・試作3号機の参戦記念で念願の高レア昇格。ただしライバルはPレアなのに対してこちらはMレア。
ステータス合計値は3500(B1弾Mジュドーと同じM史上最大の数値)。Z弾前半のPと同値であるため、「遅れてきたP」的にとらえればよいか。
このカード単体で見れば全射・ファンネル向けの攻撃的なステータスを持ち、不足気味のスピードも敵の撃墜依存スキルで大きく引き上げることが可能。注意としては無印2弾スペオペのサイコガンダムのスキルと同じで、敵を1ラウンド中に何機倒しても上昇する数値は一律で+1000なのに注意。この事から全射よりかは、ファンネル・狙撃・超狙撃・電刃・超電刃あたりを持つ機体に搭乗させた方が無駄がないだろう。この事から発動し続けた場合の最終値は基礎値と合わせて合計アタック+4000・スピード+2500の補正になる。
専用機のP版試作3号機とは長所がマッチし、IC無しでも1ラウンド目にアタック6200という圧巻の攻撃力になる。
反面スピード補正は壊滅的なのでバースト封じ、敵機の速烈、突撃アビリティには注意。試作3号機はクリ効果重視型なので防御力があまり上がらず、バースト封じからあっという間に撃破される事もありうる。
元から足が速いがHPに難のある同弾のフルバーニアンだと総合的に安定するものの敢えて前弾PフルアーマーZZ同弾CPスサノオの様なスピードを棄て(先制アビリティ頼りでフォロー可能)、高いHPとアタック指向というブッ飛び仕様に仕立てるのもGコマンダー次第。
ちなみにパイロットスキル「幻の撃墜王」の由来はデラーズ紛争がコロニー輸送中の事故と処理された為、この戦いでの戦歴、スコアが抹消されてしまい、この戦いを知る一部のティターンズ兵から揶揄されて彼に着けられた渾名が由来である。

BUILD MS3弾(B3弾)

B3-044C
ステータスHP+1200アタック+700スピード+700
バーストスピードお前が忘れても、オレは忘れはしない!バーストLv1
スキル速攻の一撃先攻を取ると、クリティカル発生【毎回】
備考Z3弾から毎回排出されている先攻クリティカル+スピードバーストの鉄板構成持ちで登場。
ただしスピード補正値は低めで例外バースト…というわけでもない為、搭乗機体候補は考えたい。
一応Z4弾R、B6弾の速烈持ちフルバーニアンやB6弾Mデンドロとはステ補正面でマッチしている。それらの機体と一緒に専用機補正もあわせて火力補助に乗せるという手もあるが、宇宙以外の適正が微妙なのでゲージストップの速度などには気をつけたい。
BUILD G2弾のRが上位互換に当たるが、BG3弾以降の「Cカードのみでクリアしろ!」の特別任務の際は、Cカードであることが強みとなり、こちらの出番となる。

BUILD MS8弾(B8弾)

B8-046C
ステータスHP+800アタック+800スピード+1000
バーストディフェンスお前が忘れても、オレは忘れはしない!バーストLv1
スキル九死に一生を得る攻撃を受けた時、ダメージを50%に軽減する【1回限り】
備考定番のディフェバ+壁スキルなのだが低レアのため出番は少ないか。
一応、試作3号機で全射発動との相性は良さ気だが・・・そこまでして使うほどでも無いかも。

BUILD G2弾(BG2弾)

BG2-043R
ステータスHP+900アタック+1000スピード+1100
バーストスピードウラキ少尉、突貫します!バーストLv2
スキル神速の一閃先攻を取ると、クリティカル発生【毎回】
備考本弾の低レアクリ確枠だが、作品の中では待ちに待った高火力保持枠である。
B3弾Cの上位互換だがHPはあちらが上。また、Rカードであることが災いしていると言う点も存在する。専用機体は火力の高いカードが揃っているが宇宙専用機体ばかりなのが難点。フラット補正で得意な地形以外は最高速が低めに収まったりして苦しんだりするが、そこはビルドアクションや僚機でフォローしたい。
同弾ではCで不沈持ち試作3号機が排出されているが、当然スキルの都合上、保険に使うようにしか出来ないし、スピードは不沈での受け戦法を推奨しているのか最低クラスなので乗せたい場合は過去弾から持ってくるのをお勧めする。
搭乗機体はフルバーニアンならZ4弾R・B6弾R・B8弾CP、試作3号機ならアビとの相性はイマイチだが高スピードのB6弾Mだろうか。もちろんビルドMSのブラックフルバーニアンも忘れずに。寧ろブラバニの設定可能なアビリティは速烈・(捨身)・突撃と先攻クリ確との相性のいい物となっている(捨身を打つのなら一工夫必要)。
何気にスキル名は前回がさまざまなキャラが所持している汎用の「速攻の一撃」からB1弾Rバナージ(とCPU専用だがユウマ)が所持している「神速の一閃」になっている。

鉄血の4弾(鉄血4弾)

TK4-045M
ステータスHP+1100アタック+1800スピード+1200
バーストスピード間に合え、間に合え、間に合えぇぇぇッ!バーストLv3
スキル脅威の予測精度先攻を取ると、ずっとアタック、スピード+1000。【毎回】
備考Mレアに再昇格して久々の排出。鉄血弾に入ってから搭乗機は毎弾排出されており、本弾でライバルも三度目の排出となるが肝心の彼は本弾まで一切排出が無かった。
ステータス合計値は4100。スキルはBG4弾Mスウェンの上位互換で自身のB2弾Mの発動条件を変えた物だが、向こうと違ってバーストも噛み合っているので発動しやすくなっている。発動回数(各ラウンドで発動可能)・タイミング(ラウンド1から使用可能)を考えるとB8弾Pウッソ以上に強力なステータスアップに出来るが、スピード補正はずば抜けている訳ではないのでラウンド1はフルバーストサイコFAユニコーンプランBドライオン記記のBAなどでサポートしておきたい。
専用機に乗せるならば、B8弾CP・鉄1弾Rフルバーニアン、鉄3弾Cデンドロビウムがおすすめ。ミッション向けになるかもしれないが、同弾M・B2弾Pなどの全射持ちデンドロビウムに乗せて、先攻を取ってアタックを強化しつつ相手を撃墜し、ラウンド2以降に強化された全射を叩き込む戦法もありだが、スピードバーストなので相手を撃墜し損ねてHPを半分以下にされないように注意しよう。全射の発動補助のためにHP回復手段を用意しておくとなお良い。
VS4弾でバーストこそ違うが上位互換スキルを持つVS4弾SEC付帯Mマーレ、さらにVS5弾で同じバーストでこちらの実質上位互換となる性能(こちらより上昇値が1000高く、なおかつ覚醒持ち)のVS5弾Mサイ・サイシーの登場により一気に陳腐化してしまい、スキル目当てでこのカードを使う意味は薄れてしまった。
証言はデラーズ紛争後の彼のその後に関する話。軍に残ったらしいがグリプス戦役などではどうなったかは不明。

鉄血の6弾(鉄血6弾)

TK6-048R
ステータスHP+1200アタック+1500スピード+700
バーストディフェンス俺は・・・こいつをモノにするんだ!バーストLv2
スキルとっさの防御行動攻撃を受けた時、クリティカルを無効にする。【毎回】
備考ディフェバクリ確封じが低レア落ち。変わらずのHP・アタック重視のディフェバ。そのため、バースト封じには気を付けよう。
覚醒持ち・高Lvバーストである鉄2弾Mクワトロの下位互換の感もあるが、HP補正はほぼ同等である上に向こうよりもアタック補正が高く、スピード補正が低いので先制系・烈破や全射持ちの機体に乗せる分にはこちらも十分検討できる。専用機に全射や捨身持ちといったスキル効果を活かしやすいカードが多いのも利点である。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-043M
ステータスHP+1200アタック+2300スピード+800
バーストアタック貴様らがあっ!バーストLv3
スキル命がけの抵抗攻撃を受けた時、ダメージを50%軽減する。【1回限り】
背景繚乱2弾CPデンドロ
備考繚乱弾はCPに合わせていきなりのM登場。ステータス合計値は4300。
これでコウのバーストレベル3の高レアが揃った(同時にシンも達成)。スキルは鉄血3弾Mジュドーの下位互換だがB4弾MリョウB8弾Mクロスボーンザビーネに続く重量型配分の壁持ちアタバ(先の2枚と異なりアタックを重視してあるのが違い)で先述のジュドーとは真逆。
スキル名は民間人新兵(ミッション時)の持っている「命がけの抵抗」のため試作1号機に乗り込んだばかりの物と思えるが、背景がデンドロでイラストのコウが少尉の階級章が入った軍服を着用している原作ではありえない組み合わせは既にB2弾Mで通った道なので気にしてはいけない
とても高いアタックと併せて背景のデンドロの全射の威力を加速度的に引き上げてくれる。全射に限らずファンネル(バーストが死ぬので素のアタック補正でどうにかしよう)やフォトンライズといった火力系Hアビリティもアタック補正の高さと噛み合うのでお勧め。他には迅雷がお勧めだろうか。自身のHP補正の低さも多くの迅雷機体はHPが高いので簡単に補うことが出来るし、クリ確アタバによって火力が爆発的にアップする。例としては本弾Mヴァサーゴなどがいる。意外な使い方としては本弾ANHi−ν。コウのスキルのおかげで共鳴アタックと装甲の組み合わせを最大限に発揮できる。同じANでも相性がいいのは鉄6弾ANストフリ(ファンネル&不沈)や前弾ANライザー(トランザム&強襲)あたりか。
VS1弾で烈破持ちの専用機であるMフルバーニアンが登場し、非常に相性が良くなっているので使ってみるのもいいかも。

VS IGNITION 01(VS1弾)

VS1-054P
ステータスHP+2900アタック+2000スピード+400
バーストディフェンスいつまで減らず口をぉぉぉ!!バーストLv3
スキル屈辱を晴らすために後攻の時、追加ダメージ+2000。【毎回】
背景VS1弾Mフルバーニアン
備考B2弾でガトーがPに昇格してから遅れること約4年にして稼働から苦節6年、ついに「0083」の主人公であるコウもPレア昇格を果たした。ステータス合計値は5300。
ステータスはHP、アタックの順に高いいわゆる重量型で、HPはTKR3弾Pジュドーより100多く、パイロットカードのHP補正の最大値を更新した(当時。現在でもHP補正は高い方の部類に入る)。ディフェンスバーストとしては同弾Pアムロ(CCA)よりも使い易いものとなっている。
パイロットスキルは後攻時追加ダメージ。同時排出のM試作1号機フルバーニアンとの組み合わせを意識したものとなっている(ただし、場所によってはスーパークイックのアタックゲージを相手にしなければならないのでその点は留意しよう)。
無論、他の逆襲&烈破持ちと組ませるのも良いだろう。烈破が発動するだけでスキルとあわせて追加ダメージが3000近く+されたうえにクリ確になるので、決まれば対人・ミッション共に大いに役立ってくれるはず。
一方で閃烈と先攻時にスキルを封じる鉄6弾Mロラン繚乱2弾Mアスランには弱い点には注意。ロランとアスランは兎も角、閃烈に出会ってしまったら発動しない事を祈るしかないか。ミッションではビルドフルアーマーガンダムのBAで対策出来るが、基本的には近づけないようにするのが一番。
試作2号機ノイエ・ジールがガトーより扱いやすいのは、何とも言えない所がある。
後にVS5弾においてこのカードの上位互換となるスキルを持つ(こちらより追加ダメージ量が400高く、しかも覚醒持ち)VS5弾Pセカイが登場したことにより、スキル目当てという意味でこのカードを使う意味は薄くなってしまった(上記の鉄4弾Mと同じ理屈)が、セカイと比べてスピードが100低く、HPは倍近くこちらが高いので、逆襲や烈破を活かせるという点ではこちらに分があると思われる。

OPERATION ACE 06(OA6弾)

OA6-054R
ステータスHP+1400アタック+1800スピード+1000
バーストディフェンス俺は・・・こいつをモノにするんだ!バーストLv2
スキル並ならぬ反射速度攻撃を受けた時、ダメージを50%軽減する。【1回限り】
ACE効果ラウンド1のみ相手全員の突覇アビリティを封じる。
備考1年8ヶ月ぶりに登場。
アタックの高いディフェンスバーストで、スキルはダメージ半減スキルといわゆる壁構成で、上記B8弾の上位互換。しかし、Rなのが災いしB8弾Cと比べると出番は少し少ない(特別任務はCかRのみ、コストバトルでは主力になりえるが、場合によってはCのほうに出番があるため)。
ACE効果は前弾Cユージンと同じもの。ステータスとスキルから使い方が異なるので使い分けを。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
堀川亮(現:堀川りょう)
年齢19歳
階級少尉→中尉(野戦任官)
専用機ガンダム試作1号機フルバーニアン
ガンダム試作3号機
ガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)
そのほかザクIIF2型(B2弾Cノイエ・ジールの周りに飛んでいるザク)の連邦カラーに搭乗
証言
特記事項本ゲームでプレイアブル(カード化)した物は時系列から
サウス・バニング大尉が戦死後の物となっている(汎用勝利セリフが該当)。

地球連邦軍の新米士官。
OVA・劇場作品「機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー」の主人公。
オランダにあるナイメーヘン士官学校卒業のエリート士官(の卵)。
同校は優秀なエリートこそ多いが、実戦経験がない為、
同校の卒業生は一年戦争を生き残った叩き上げのベテラン兵たちからはヒヨッコなお坊ちゃん
快く思われていないため、からかわれることが多々あった。
卒業後はテストパイロットしてオーストラリアのトリントン基地に赴任した。

アナベル・ガトーガンダム試作2号機強奪の際、ガンダム試作1号機に乗って戦いを挑むことになるが、その時点ではガトーに軽くあしらわれ、逃亡を許してしまう。
その後、アルビオンの正規クルーになり、上官や先輩、世話になった人の死を経験しながらも多くの戦いの中でエースとして、兵士として、そして男として成長していく
化け物染みたガンダム試作3号機も着実に乗りこなしていき、最終的には「幻の撃墜王」(B2弾Mのスキル名の由来)の異名を得る。
※幻と言われるのはGPシリーズの公式登録抹消によりコウの撃墜スコアも下記の罪状と共に消滅してしまったため
後、ガンダムアニメ作品では初の最初から軍人の主人公(TV作品だとが該当する)でもある。

本人のな点とテストパイロットの要素が合致しており、洞察力に長けているためガンダム試作1・2・3号機(3号機はステイメン部分のみ)の大まかな機械的特徴は全て外観から初見で見抜く。
そういった点はアナハイム・エレクトロニクス社社員であり3号機のシステムエンジニアでもあるルセット・オデビーからも評価されていた。
機械弄りも得意であり、宇宙に上がった際には試作1号機の宇宙用戦闘プログラムを独自に作成しようとしたり(ただし失敗作)、
ケリィ・レズナーが秘匿し半ば修理を諦めていたMA、ヴァル・ヴァロの修理に必要なパーツをリストアップして僅か二日で完全に修復させた(その際に機体の特性等を把握しており、その後の戦いに役立てている)。

それとMSオタクな一面も持っており、「VS.シリーズ(ガンダムVS.ガンダム、同NEXT)」では試作1号機で勝利すると相手の機体の性能や特徴などにコメントし、「ギレンの野望シリーズ」ではザクIと交戦させたり、搭乗させたりすると感激する。

戦果は振るわなかったとはいえ初出撃の時点で試作1号機の自慢である高い運動性から来るマニューバの機体制御もこなし、
1号機の基本性能も期待値以上のデータを引き出しており、システムエンジニアのニナ・パープルトンも驚嘆していた。
ヴァル・ヴァロとの戦闘や試作2号機との決戦で窮地に陥った際には
独自のギミックである分離機構や胸部のバーニアを利用して咄嗟に反撃、相手を撃墜する糸口を生み出した。
また、ピンチの時は重要度の低い部位にわざと喰らって致命傷を避けるという思い切りのいい大胆な操縦テクニックを持つようになった。
3号機での初陣に至っては機体の操縦性が非常に特殊であるにも関わらず、ガトーと真正面から渡り合うまでに成長している。

だが新任士官故に当初は未熟な部分も多く、初陣となるガトーとの初戦では怖気づいて一方的に攻撃されてしまい(この時に彼からも未熟と言われる←後にネットワークマッチングモードでワコー氏に負けると同じ事をプレイヤーに向かって発言する)、
二度目の戦闘でも彼の発言に良くも悪くも素直に答えたため彼を呆れさせてしまう(「君も将校なら物事を大局的に見給え!」→「はっ・・・はい。」→「なっ(首を横に振って)・・・私は敵だぞ!」)。
やがてこういった欠点も戦い続けることによって克服していった。

意地っ張りなところもあり、ベルナンド・モンシア中尉から自分がガトーと渡り合ったという事を馬鹿にされ(殆ど一方的な挑発)、
直後にガンダムのパイロットの座を賭けた模擬戦を申し込まれた際にはあっさりと受諾。
ガトーとの再戦の機会とガンダムのパイロットの座を得るために機体を無断出撃させる。
自分がガンダムのパイロットであるというアイデンティティが失われかけた際には、
自作の宇宙用プログラムを使って試作1号機を出撃させ、それが原因で機体を大破させてしまう。
こういった点は、自分のミスでガンダムを壊したという失意の中フォン・ブラウンを彷徨っていた際に出会った元ジオンのパイロット、ケリィ・レズナー大尉との交流を経て克服。
心のしこりにケジメをつけるべくヴァル・ヴァロの整備に手を貸した。
彼の言葉により一人称も僕から俺に変わる

コンペイトウ(旧ソロモン)宙域に於いては試作1号機、2号機の相打ちで決着を付けることはなかった。
その後、バニング大尉が戦死したため、一時的に中尉の権限が与えられた。

その後の地球軌道上での宿敵であるガトーとの決着は(最終的には)つけられず水入り、恋人関係にまで発展した女性・ニナ・パープルトンはガトーの元恋人ということが発覚(1話の台詞から察するに監督交代の影響ともいわれるが、実際は気配で誰かが乗った事に気付いたニナの居た場所からは試作2号機のハッチは見えていなかった)、最終的にはGPシリーズに関する罪状で一年の懲役刑を言い渡される・・・と主人公にしては後半の扱いは散々だった。
その後、ガンダム開発計画自体が隠蔽されたため罪状は消滅、釈放される。
先行公開的な作品でもある劇場版ではここで話が終了するが、OVA版では釈放後、北米オークリー基地にほぼ左遷同然で転属され、そこでニナやキースと再会する。

更にその後の展開には諸説あり、多くのアルビオンのクルー同様にティターンズへ配属されたという説もあるが真偽は不明。

なお、ニンジンが大の苦手
劇中ではニナに触発されて克服しようとしたシーン(その時のセリフが専用必殺のものである)もあるが結局治らずじまいである。

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です