デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


VS IGNITION 04(VS4弾)

VS4-054M
ステータスHP+1400アタック+2900スピード+600
バーストディフェンスもともとそちらの兵器でしたね・・・バーストLv3
スキル友のためにアシストをした時、ずっと相手の防御力を0にし、バーストを封じる。【毎回】
背景VS4弾Pブリッツ
備考悲運の赤服パイロットはMで登場。ステータス合計値は4900。
アタックの高いディフェンスバーストで、スキルはアシスト時スキル。バースト封じの効果があるが繚乱1弾Mニールと違い、「ずっと」の文言がついているほか、防御0の効果もつく為スキルだけなら完全上位互換となる。上記ロックオンと違い、相手が生き残れば次のラウンドからスピードバーストも封じられた状態となる。VS4弾Mタカキにアシストすると、バーストを封じられた上、防御0、スピード半減と恐ろしいことに。この組み合わせは、公式HPの開発チームおすすめデッキその2でも紹介されている。
機体は、専用機のブリッツはHPとスピードが中途半端になり、攻めようにも守ろうにも使いにくいので、アシストカット対策で反撃や不沈、逆襲か烈破でアシストに回すのがベスト。幸い、逆襲はアスランのVS4弾Rイージス、烈破はクルーゼ隊長と同じクローン人間のレイVS4弾Cレジェンドがあるので、それらと組ませよう。無論、ビルドMSでも可能で、ブリッツと同じ黒い機体(但し、検証不可能)で烈破持ちのストライクノワールの(G)版がバトルパートナー、「ムルタ・アズラエル」のプレゼントで開発できるので、手に入れたら組ませてみるもの良いだろう。
アタックの高さを生すために強襲で活用したい場合は、入手難度が高くなるが愛機の右腕を付けた機体のなれの果てである鉄2弾P天ミナ繚乱5弾Pアリオスがお薦め。高いHPを持っているのでそれなりに耐えられる。また、鉄華繚乱1弾ANNIV.ダブルオーライザーでトランザムで回避、強襲でアシストといった方法もある。ビルドMSの強襲持ちだとダブルオーライザーがいいか。
ただ、天ミナだとディフェンダータイプになるので防御0スキルの元祖であるBG6弾CPティエリアと競合することになる。
アシストカットや能動的に前に出て受けて返す戦法などでメイン戦闘時にもスキルが出るティエリアに対してニコルはアシスト特化(強襲含む)と使い分けができるようになっているほか、防御0がその場限りのティエリアに対してニコルは永続し、さらにバーストを封じれるようになっている。反面、永続を逆利用されて打破の発動トリガーにされてしまう可能性も孕んでいるので使い分けが肝要だろう。

OPERATION ACE 03(OA3弾)

OA3-057R
ステータスHP+2000アタック+1300スピード+900
バーストディフェンスやめてください! こんなところで!バーストLv3
スキル迅速な作戦遂行ラウンド1にGパワー+2、ずっと必殺技+800。
ACE効果-
備考SEED&00シリーズミニ特集弾のような様相の中で、8ヶ月ぶりに登場。
今回は前回と違いHPが高いディフェンスバーストと使いやすく、例外バースト持ちとなっているので、コストバトルでは出番があるだろう。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムSEED
摩味(本編)
朴ロ美(スペシャルエディションシリーズや一部ゲーム)
年齢15歳
階級赤服
専用機ブリッツガンダム
特記事項

クルーゼ隊の一員で、赤服のエリートパイロット。
父親はプラント最高評議会議員であり、フリーダムジャスティスに搭載された
ニュートロンジャマーキャンセラーの開発者でもあるユーリ・アマルフィ
同隊のアスランとは特に親しい友人同士。
ピアノが得意であり、戦前は定期的にコンサートを開いていた様子。劇中では休暇の際にアスランを招待して披露するシーンもみられた。

穏やかな性格の平和主義者であり、争いは好まないが、血のバレンタイン事件を受けて祖国を守るためにザフトに入隊した。
性格こそ大人しいものの、士官学校をアスラン、イザークに次いで3位の成績で卒業し、奪取したブリッツの特性を素早く理解して乗りこなすなど、兵士としては赤服を着るにふさわしい高い能力を持つ。
ナチュラルに対しては、イザーク、ディアッカと違い尊大な考えは持っていない。
また、上記の事からイザーク、ディアッカからは「臆病者」と呼ばれることもあった。
※ただし、両者とも本心ではなく、ニコルの死の直後、イザークは責任をめぐってアスランと対立してディアッカが仲裁に入るほどで、仲間としてはその実力を認めていた

地球へ降下した後はアスランとともに、先に地球へ降りていたイザーク達と合流し、ストライクとアークエンジェルを追撃するも、
ストライクに追い詰められたアスランを逃がそうとして、コックピットに対艦刀の斬撃を受け、戦死。
彼の死をきっかけにアスランは完全にキラを討つべき仇敵とみなし、二人の関係に暗い影を落とすこととなるが、同時にザラ隊の結束を高めることにもなった。

ちなみに前述の戦死シーンがキャラクターの回想でその後何度も使いまわされているのが有名。
実にSEEDで14回、DESTINYで18回、合計32回(両方のTV版(HDリマスターでない方))
と酷い扱いを受けている。

余談だが、原作では死亡してしまうが、スーパーロボット大戦Wでは条件付で生きて味方に加えることができる。

Menu

メニュー(11/25更新・DW04)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW04カードリスト
DW04IGN
DW04CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です