デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

開発系統:ビルドMSのMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。

ガンダム(B)

ビルドMSMSカードなしタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2300スピード 1600
ダゲキ防御 1800ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技Gダイヴ・スラッシュ3200コスト4MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット-
ビルドアクションラウンド2のみアタック+500BAコスト1BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンタンクチューンアップ1回以上
ガンキャノンチューンアップ1回以上
AGE−1(B)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/反撃
30回チューン(2回目)ガンナー/連撃
備考ゲーム開始時、最初に選択を要求される機体のひとつ。
連邦系始点となる初期機体の1体でここからガンキャノンガンタンクを開発してAGE−1(B)に移行することが第一目的となる。両機とも本機(とキャノンかタンクのいずれか)からしか開発できず、AGE−1(B)にすぐ移行できるので多くのビルドMSが登場した今では初期機体として選ぶには最も適した機体である。最近では高い性能の機体は開発するのに高いグレードを要求される事が多いため、取りこぼしを防ぐためにもややクレジットが嵩むがAGE−1(B)→ザク記機複臓砲魍発しておくと、機体数稼ぎにも他系統移行にも便利。鉄血弾に入り、グレード廃止、チューン回数の共通化により、この機体を含めた初期の3機をチューンアップしておけば、即座に相互開発可能となった。
ビルドMSには今までになかった防御力の開示が存在。チューンする事で機体Lvとは別に基礎防御力が上昇するので、低い機体Lvでも高い防御力を発揮できる。また、ビルドMSそれぞれがビルドアクションを持つ。自機のアクション自体はラウンド2でアタックを引き上げるため、初期性能と共にボス戦には若干不向き。スピードバーストを乗せるか素直に援護に回したい。とはいえこの機体自体がつなぎでしかないはずなので、目的を果たしたらすぐに乗り換えていった方が無難といえば無難。基礎最大アクションコストが最大の6(OA3弾以降は9)なので、補助役としてはそれなりに役に立つが…機体性能がかなり低いので無理はしないように。
ビギナーGコマンダーの場合、序盤は高スピードの敵機に対して先制を狙うよりもアタッカータイプの僚機のコンビネーションアシスト役に回るほうが無難。
因みに運用上の余談だが、特別任務でガンダムを出撃させろ!の対象に当機体も該当する。始めたての人は是非考慮しよう。

ザクII(B)

ビルドMSMSカードなしタイプディフェンダー
ステータスHP 1800アタック 1800スピード 2300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1800ジツダン防御 2000
必殺技ジオニック・タクティクス3000コスト4MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
ビルドアクションラウンド1のみスピード+500BAコスト1BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ザクII(量産型)チューンアップ1回以上
アッガイチューンアップ1回以上
ガンダム(B)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/逆襲
30回チューン(2回目)ガンナー/狙撃
備考ゲーム開始時、最初に選択を要求される機体のひとつ。
ジオン系始点となる初期機体の1体でここからザクIIアッガイを開発することが第一目的となる…のであるが、両機とも他の機体を手に入れたついでに開発可能な派生先が増えているのでここから始めずに、ガンダム(B)→AGE−1(B)の順に本機を開発する方が手間がかからない。それでも選んでしまっては仕方が無いので先の2機を開発しつつ5回チューンでガンダム(B)へ移行してしまおう。
ビルドアクションはラウンド1でのスピード向上であり、後で上位版も登場する。もちろんまだまだ弱いため、素直に次の機体を開発しつつビルドアクションを生かした方がいいか。
ゲーム開始時、最初に選択を要求される機体ではあるがパイロット次第で十分活躍はできる。序盤は難易度の低いミッションから出撃して鉄壁を活かしたサポートに回るほうが良い。ビルドアクション設定上限コストが6であるため開発を進めつつ強化すれば難易度の高いミッションでも対応可能となる。

ガンダムAGE−1 ノーマル(B)

ビルドMSMSカードなしタイプガンナー
ステータスHP 2100アタック 1800スピード 1900
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 1800
必殺技ドリルAGE・シューティング3400コスト5MSアビリティ回避
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロット-
ビルドアクション最終ラウンドのみ必殺技+500BAコスト1BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ジェノアスチューンアップ1回以上
ガフランチューンアップ1回以上
ザクII(B)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/電刃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/突撃
備考ゲーム開始時、最初に選択を要求される機体のひとつ。
AGE系始点となる初期機体の1体でここからジェノアスガフランを開発してザクII(B)まで開発することが第一目的となるが、先述の通りザクII(B)から派生する機体は他からも開発可能なのでガンダム(B)から始めて本機へ移行する方が無駄が無い
ビルドアクションは最終ラウンドでの必殺技向上であり、後で上位版も登場する。もちろんまだまだ弱いため、素直に次の機体を開発しつつビルドアクションを生かした方がいいか。
ガンナータイプだがHPは高めのため、回避が不発してもガード操作を上手くやれば生還率は高い。ビルドアクション設定上限コストが6であるため設定の自由度は高いがアビリティが心許無いので他の機体に乗り換えたほうが無難かもしれない。

ビグ・ザム(アクシズ仕様)

ビルドMSMSカードあり(プロモ)タイプアタッカー
ステータスHP 2800アタック 2500スピード 1000
ダゲキ防御 1200ビーム防御 3000ジツダン防御 2000
必殺技ビッグ・ザビバスター4600コスト7MSアビリティ不沈
適性宇宙◎地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットハマーン・カーン
ビルドアクションラウンド2のみ敵全員のスピード-1000BAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムチューンアップ1回以上
ゲルググ(量産型)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/装甲
30回チューン(2回目)ディフェンダー/逆襲
備考B1弾のビルドMSオリジナルの機体。以後、毎弾必ずビルドオリジナルMSが登場する事に。
B1弾のジオン系開発チャートの終着地点で、ビグ・ザムまたはアプサラス兇魄貭蠖凜船紂璽鵐▲奪廚掘▲魯沺璽鵝Εーンを5回使用(該当ビルドMSをチューン中に)することで開発が可能となる。開発完了後このMSを使用すればガンダムを開発することが可能となりジオン系開発チャートを抜け出すことができる。以後、オリジナルビルドMSはチューンすると原型機か、他系統の強力な機体・スタート地点の機体がショートカット作成できるようになった。開発は、鉄血弾に入りハマーンのカードが不要となった。
性能としては、if設定に基づき地上適正が◎という普通のビグザムにはない利点を持っている。(ただし他の適正は×のまま)その他、基礎の防御耐性は普通のビグザムと変わらないので高いビーム耐性は健在だが低い打撃耐性はそのまま…と、防御面では通常ビグザムと変わりない為、実は利点は地上適正程度のものである。(基礎性能は当然こちらの方が上)
しかしその適正も最低タイのスピードとチューン傾向から活用はしにくい…と、性能面では普通のビグザムとどっこいどっこいの辛い機体となった。ただし専用機に無印弾から今に至るまで幅広くカードが排出されているハマーンが設定されている上に、防御力重視のHPチューンスタートなので、防御力は通常ビグザムを凌ぐ。(あちらはアタックスタートなのでやや防御力の上がり方がイマイチ)更には基礎火力が高い為、火力もビグザムとそこまで違わないという強力な機体である。(チューンありきではあるが)その他、今でこそありふれているが基礎最大コスト6(OA3弾以降は9)という点で様々なビルドアクションの組み合わせによる支援が魅力である。
またB5弾での追加アビリティでは通常版が持つ装甲、ドズルやハマーンの意志の強さをあらわした逆襲など、機体性能とマッチしたアビリティが追加され、最初期のビルドMSながら侮れない存在に。ビグザムとしてはほとんど最強と言っていい為、活躍させたい方はぜひ作成していただきたいところ。
余談だが、ハマーンの専用機として扱われているが、当初はキュベレイに乗っていないにもかかわらずミッションの勝利セリフでキュベレイの名を言っていた。のちに別のセリフに変更されている。(B4〜5弾ごろ?)

ガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)

ビルドMSMSカードあり(プロモ)タイプディフェンダー
ステータスHP 1400アタック 2200スピード 2800
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2200ジツダン防御 2200
必殺技FBメテオリック・ラプター4400コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上▲水中▲森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットコウ・ウラキ
ビルドアクションラウンド1のみ敵全員のアタックを30%減少させるBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ジェノアスII(ディーヴァカラー)チューンアップ1回以上
ガンダムMk−II(ティターンズ仕様)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/捨身
30回チューン(2回目)ガンナー/突撃
備考B2弾のビルドオリジナル機体の1機。下記の試作2号機(T)と違って素直にノーマルな試作1号機から作成できる。
機体性能はオリジナルのZ4弾R版に酷似している為、運用法もそれと同じで問題ないだろう。低いHPはチューンを進めていく事で多少は改善されるので使い込む気なら早々に育てきった方がよいか。総合火力は必殺スタートなのでそこそこの数値まで上昇する上に最大コスト6なので強化アクションを自由自在に付けれる為、現時点で最強のフルバーニアンといっても過言ではない。スイッチも突撃・捨身と超攻撃的となっている。
とはいえ本機の最大の魅力はビルドアクションに集中するだろうか。ラウンド1のみとはいえ敵全体のアタックを30%もダウンさせるという驚異的なものであり、同弾で排出のMサーシェスとあわせれば合計で−51%ダウンさせ、ファンネルや変形・トランザムをアタックバーストやスピードバーストのパイロットでも受けきれる程の威力までダウンさせてくれる。ただしラウンド1のみという事だけはしっかり覚えておきたい。ボスアビリティ・追加攻撃アビリティが飛んでくるのはアクションの効果が切れたラウンド2からなので、勘違いして電刃あたりで撃破されたとあっては元も子もない。敵側(CPU)のアビリティ発動率はこちらとは違い高めなので尚更である…と使用上注意したい所はいくつかあるが、初心者コマンダーはまずこの機体を作成してビルドアクションだけでも使いまわせるようになると、ミッションの難易度が大幅に下がるのでかなりお勧め出来る。

ガンダム試作2号機(デラーズ・フリート仕様)

ビルドMSMSカードあり(プロモ)タイプガンナー
ステータスHP 2200アタック 2600スピード 1600
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ブレイジング・デラーズ5000コスト8MSアビリティ不沈
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器不明パイロットアナベル・ガトー
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員のスピード+1000BAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダム試作1号機フルバーニアンチューンアップ1回以上
ガンダムMk−II(ティターンズ仕様)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/反撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/捨身
備考ビルドオリジナルMS。開発はノーマルな試作2号機からではなくノイエ・ジールやジオングなどからだったりするので今開発する人は注意したい。(後述)
機体性能はZ2弾Cに酷似。ただしアビリティが不沈の為、保険が利いた構成になっている。総合火力はチューンを進めればZ2弾C・同弾Rと同等になる上に、オリジナルMSの特権、最大コスト6(OA3弾以降は9)のおかげで補強も自由自在なので、作成の苦労の甲斐はあると言える。チューンしてもやや必殺燃費は悪い方で止まるが、これまでの試作2号機の排出カードが散々なものが多い為、まだマシな部類である。スピードチューンで底上げされたスピードにより取り回しがよくなる為、試作2号機を活躍させたい人には大きな味方となってくれるはず。
アクションはラウンド1だけの味方全体のスピードアップ。スピードバーストを使うまでもないスピード差なら使ってもよいかもしれないが、それ以外だとやや魅力に欠けるか。突撃との相性は良さ気である。一応同弾Pガトーも使えばずっとスピード差を埋める事が出来るが…相手に先制持ちが混じって入るときは使わない方が無難だろう。
パイロットは…専用パイロットのガトーはP版が存在し、スピードに関しては全く問題ないが、火力がやや不安なのでその点が気になるならガンナー御用達のB2弾Pロックオンや、不沈と合わせて耐久面をフォローしつつアタックバーストで火力も保持するB4弾Mリョウあたりが適任だろうか。
通常作成しようとするとかなりの手間がかかるが、B2弾Pノイエ・ジールの設計図からショートカット作成ができるのを忘れずに。グレード4を開放しておく手間があるのだが試作2号機からこの機体はルートが直通ではない為、持っていればかなり楽になる。

アプサラスII(B)

ビルドMSMSカードなしタイプアタッカー
ステータスHP 2200アタック 2800スピード 1500
ダゲキ防御 1800ビーム防御 2200ジツダン防御 2200
必殺技アプサラス・ヘブンズゲート4700コスト7MSアビリティ装甲
適性宇宙×地上◎水中◎森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットアイナ・サハリン
ビルドアクションラウンド1のみ防御力がアップする(+400)BAコスト2BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ドムチューンアップ5回以上
ビグ・ザムチューンアップ10回以上
ビグ・ザム(アクシズ仕様)チューンアップ10回以上
ハマーン・カーン使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考ビルドモビルスーツカラーリングコンテストの最優秀賞の機体。B3弾で配信された開発ミッション「選ばれた戦士」をクリアすることで開発出来た(現在は開発不可能)。
作者の創作イメージが、「甲殻類をベースにした」と書かれているからであろうか、初の水中適性が◎持ちである。チューンと適正補強で通常のアプサラスIIらしからぬスピードを手に入れられるが、アビリティがやや犠牲になるので注意。更に元機と同じく地上適正が◎なので、ズゴックよりも総合的に見て水陸に強いという謎の事態となっているほか、森林も○に矯正されている。
代わりに…なのかはわからないが通常のアプサラスIIと違い、適性で宇宙が×、砂漠が▲と1段階ずつ低下しているので注意。特に砂漠はアクシデントがアビリティ的にきついので使用を控える選択も考えるべきだろう。
色もモチーフが幸いしてしっかり赤い機体に属しているのでスピード面ではZ1弾Pシャアも使える為、一風変わったアプサラスを見る事も出来る。

機体解説

登場作品「ガンダムトライエイジ」オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ジオン系・赤い機体
格闘武器アプサラス・チャージ(体当たり)打撃
射撃武器大型メガ粒子砲ビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
特記事項原型機とは大きく地形適応が異なるので注意。

ガンダムインフォにおけるカラーリングコンテストで最優秀賞を受賞したアプサラスIIをベースとした機体。
赤を中心に白も含めたカラーリングがなされ、その色遣いは甲殻類をほうふつとさせる。
のちに参戦することとなるあの機体にも似ており、公式側からは
「このカラーリングや創作イメージを拝見すると、水中でも戦えそうに見えてきますね」とのコメントをもらい、その結果水中適性も向上させることとなった。

フルバースト・サイコ・ガンダム

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2800スピード 1800
ダゲキ防御 1200ビーム防御 3000ジツダン防御 2000
必殺技バースト・シューティング5200コスト8
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム?
適性宇宙◎地上○水中▲森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットアムロ・レイ
アムロ・レイ(CCAバージョン)
(共にB5弾〜)
ビルドアクションラウンド1のみ敵全員のスピードを30%減少させるBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムAGE−3 ノーマルチューンアップ5回以上
ZZガンダムチューンアップ10回以上
ジュドー・アーシタ使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/装甲
30回チューン(2回目)ガンナー/突撃
備考サイコガンダムのオリジナル機体が登場。鉄血の1弾以降はサイコガンダムより通常開発することになる。実装当時はトーナメント優勝後、開発ルートが開放→サイコガンダムを1回チューンで完成、それ以降はビルドMSの系統Lv&チューンで開発できた。その他、開発ミッションやSPライバルアムロ・レイ(1st)(BG1弾〜)でも開発可能だった。鉄血弾より、開発先のZZにもジュドーのカードは不要となっている。鉄血の5弾の激闘モード、オリジナルビルドMS編IIにて「驚威のフルバースト!」が再配信。当該機を撃破し設計図をドロップすることでも、開発可能と告知された。
アビリティはまさかのファンネルだが、設定の時期的にはキュベレイすら登場していないはずでおかしい事になっているが…機体が大型なのを利用してエルメスのビットの技術でも応用したのだろうか。
機体ステはサイコガンダムの例に漏れず高火力を誇るが、成長タイプが「フルバースト」の名にちなんでいるのかクリティカル効果重視型なので通常のサイコガンダムと違い非常に打たれ弱いのが難点。チューンタイプもスピードスタートでHPはほとんど上昇しないのも非常に苦しい。ファンネルの存在もあり、ある程度はその防御力の低さを補えるのだが、打撃を使う機体には近づけないなど、ある程度戦術面でのサポートは必須だろうか。
チューンを進めることでスピードがどんどん上昇していくので、それを利用して確定クリスキルスピバのパイロットを使って加速させたり、スピード補正が高いアタックバーストのパイロットを乗せるなど、先手必勝を心がけていきたい。2回目の追加アビリティが突撃と相性のいいアビリティが追加されるが、先制など突発的な事故には目を瞑るしかないか。
ビルドアクションはラウンド1のみ相手のスピードを30%ダウンさせるもので、当時はあまり利用価値がなかったが、突撃闘気といった強力な先手発動アビリティ+ゴッドマスターのBAによる開幕必殺の戦術が増えた事とBG弾での追加要素・GオーダーLシステムの発動によりパイロットスキル(鬼気迫るトリオ)や他のBA(Hi−ν)に頼らずに継続してスピードをダウンさせる事が出来るようになったため、価値が見直されており、同ラウンド3割加速のプランBよりもコスト面で優れているため使いやすいはず。チャレンジミッションでは内容にもよるが、クィン・マンサ・セプテットのBAかコマンドガンダム(通常開発版)のBAとセットで使用すると便利であるが、最大コストが7必要なので、ビルドMSで採用率の高いフリーダム(通常開発版)、AGE−2DB、AGE−1N(G)は60回チューンは必須。ガンダム(最終決戦仕様)、トライゼータは40回で済むが。
とはいえ対人ルール戦では強力である先制狩りの手助けをする形になる為、継続して入れていると対策されてしまう為、使用の際は注意したい(アクセントで入れるなど)。

ガンダムトライゼータ

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 3000スピード 1200
ダゲキ防御 3000ビーム防御 1600ジツダン防御 2000
必殺技超剣ミノフスキー・トライバースト5200コスト8Hアビリティビルドウェポン
ビルドウェポン【BW-06 ブーステッドハンマー】防御効果無視通常攻撃時に選択して発動、相手の防御効果を無視して攻撃する。
【BW-02 スクリューランサー】防御ダウン通常攻撃時に選択して発動、更に相手の防御を下げる。
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットジュドー・アーシタ(B5弾〜)
ビルドアクションラウンド2からずっと必殺技+1000、必殺技コスト-1BAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムAGE−3 オービタルチューンアップ5回以上
ジェガンチューンアップ5回以上
リ・ガズィチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/先制
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考B4弾if設定MSの1機で期間限定のB4弾トーナメントの優勝商品(1回目)だったビルドMS。鉄血の1弾以降はZZをチューン、もしくはバトルパートナーからのプレゼントで開発できる。鉄血弾以前はZZからのチューンの他、数回配信された開発ミッションやSPライバル:ジュドー・アーシタをクリアでも開発でき、ビルドオリジナルMSの中でもかなり優遇されている機体だった。鉄華繚乱2弾以降は「戦え、友情のドリームタッグ!」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
チューンしていく事で元々高い火力が試作3号機ミーティアの様な大火力になっていく為、幾多の元ネタを思わせる他、適正が真逆になり地上☆を得たが宇宙は○にダウンしたので注意しておきたい。とはいえその初期スピードや成長タイプから先攻確定クリティカルのスピードバースト(この場合は最速のZ3弾Rジョニーか専用機補正の入るB4弾Cジュドー)との相性はイマイチな所から、HP補正の高いパイロット(=相対的にスピード補正が低め)を乗せる事が多くなると思われるので、この点もそこまで致命的ではないかもしれない。傾向的にディフェンスバーストを乗せるのが一番安定するかと思われるがバースト封じには十分に注意したい所。1回目の追加アビリティ・先制ならバースト封じに対抗可能。
アタックバーストとアタックダウン系や防御アップのBAを合わせた一点特化な運用もひとつの手か。初期のビルドウェポンならB8弾Mキンケドゥという選択肢もあるが、チューン、上記FBサイコのBAの併用は必須(プランBのBAはもう2枠のBAの選択肢が狭まるのであまりおすすめできない)。
ビルドアクションは初のコスト4とかなり重く、全体的に最大BAコスト5の機体が多いビルドMSでは40回以上のチューンを行わないと他のBAの選択肢が大幅に減ってしまうのが難点。その分、効果はラウンド2以降ずっと有効な永続効果と強力でありビルトワイバーンよりBAコストを1多く必要とするだけで必殺技コストも下がる優れものだが…この機体は低スピードの為先手を取りにくいものの、10回チューンで全体でも珍しい、低スピード先制ガンナーとして運用可能になったのでメインを張ることも可能になったが、アシストに回る事も多いはずなので、最終ラウンド指定だが全体支援になっているビルトワイバーンのアクションの方が便利な場合も多くそこを考えて使い分けしていこう。
ちなみにこのビルドアクションはZ2弾P刹那と全く同じであるため、本機に登場させてBAの代用にするもよし、重ね掛けして必殺技を超強化するのもいい。さらに彼自身の高いアタック補正+ディフェンスバースト3は緑の装甲持ち(30チューン以上)の本機とは相性も良く、いい感じに仕上がる。もちろん、壁ジュドーを乗せて敵の通常攻撃を寄せ付けない屈強機に仕上げるのもイイ感じ。1回目の先制がバースト封じに対抗しやすい。
なおジュドーはB5弾からif設定どおりに専用機化するようになった。
この機体は打撃攻撃には滅法強い(防御力をビルドアクションやパイロットスキル等で徹底的に固めればなんと変身必殺技も受け止められる事が出来る)がその反面、ビーム攻撃には脆いというアキレス腱を抱えているので、戦わせる相手にはくれぐれも注意しよう。

クィン・マンサ・セプテット

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2500
ダゲキ防御 1600ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技セプテット・パーフェクトブルーム4800コスト7
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙◎地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃?パイロットエルピー・プル
プルツー
グレミー・トト
(共にB5弾〜)
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員のアタックを30%増加させるBAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ザムドラーグチューンアップ5回以上
α・アジールチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/速烈
30回チューン(2回目)アタッカー/逆襲
備考B4弾のif機体2機目で2013/12/26〜2014/2/5からのB4弾トーナメントの優勝商品(2回目)だったビルドMS。現在はビルドMSのクィン・マンサから開発可能。鉄血弾以前はビルドMSの系統レベルが必要で、この機体も例にもれず開発ミッションが配信された。鉄血の3弾限定の激闘モードにて、過去の開発ミッション「戦場のローレライ」が再配信。当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発可能となった。鉄血の4弾に入り、激闘モードの入れ替えにより「戦場のローレライ」は配信終了。通常開発する必要が出てきた。
B5弾からはプルツーとグレミーに加えて、プルにも専用機補正が付くようになったが、マリーダは対象外にされているので要注意。加えてクィン・マンサ単体としては初の宇宙適正と地上適正が◎''…と、やや運用しやすくなった。しかし局地3種は適正×のままで、アビリティがファンネルという点から先手に関してはある程度問題ないが、森林と砂漠ではアタックと防御力ダウンという致命的なアクシデントが待っている(BFモード辺りではヘタをすれば全射や超電刃で一撃)ので出撃させるのは、よく考えたい所。
BA抜きの機体性能としては重量級MSらしい防御重視型のレベル成長に対してチューンアップはスピード型である為、45回チューンでスピードが3500に到達するという見た目以上のスピードを持つ。代わりに低い基礎HPにスピードチューンのおかげで、耐性はチューンしてもマシになる程度で、弱点の打撃はかなり辛いが、ジツダン防御がチューン傾向もあってかなり高くなるので、鉄血のオルフェンズのミッションではかなり役に立つだろう。…と、防御重視型とはいえやや防御に穴がある構成なので、パイロットやパーツの選定はやや慎重に行いたい。地形を絞って出撃させる事で1回目の速烈は上手く生かせるだろうが、最高火力はかなりレベルが高くないと振るわない。2回目の逆襲はミスマッチといっていいが、定番のディフェンスバーストたちを乗せてもスピードが高めになるので、置物状態(スピードが遅すぎて常に後手になって詰む)にはなりにくいのは利点である。
BAはラウンド1のみだが小隊全体のアタック+30%…と破格のアクションであり、コスト分の効果は十分にある。同じ30%増減系のBAよりもコストが多いとは言え1ターン目のアタックゲインとなれば止む無しであろう。鉄血3弾イオもラウンド1のみだが小隊全体のアタック+30%のパイロットスキル持ちなので、ラウンド1ではアタック増加の相乗効果を活用し、必殺技を控えめにする戦略も一考できるため、ミッション・対人問わずに大きな戦果をあげてくれるはずだが…対人では試作1号機(T)やB2弾Mサーシェスにより無意味にされる可能性もあるので注意。その他、トライゼータ同様、アクションコスト4が重く、40チューンしたコスト6機体を用意しなければ大幅にアクションの選択肢が縮まる欠点がある。

ディガンマ・アジール

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 3000アタック 2500スピード 1200
ダゲキ防御 2000ビーム防御 3000ジツダン防御 2400
必殺技アポカリプス・ディガンマ4800コスト7MSアビリティ逆襲
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットクェス・パラヤ
シャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン
シャア・アズナブル(CCAバージョン)
シャア・アズナブル(ORIGIN)(BG3弾〜)
シャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)(TKR3弾〜)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)(VS1弾〜)
ビルドアクションラウンド1のみ敵全員の防御力を50%減少させるBAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ギラ・ズールチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/先制
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考B5弾ミッション「完成!究極の決戦兵器!」をクリアして開発できた(α・アジールなどの開発元は不要)。BG弾ではネットワークマッチングモードのSPライバル(シャア・アズナブル(CCAバージョン))クリアで開発可能だった。鉄血の1弾と2弾では開発不可能だったが、鉄血の3弾限定の激闘モードにて、上記ミッション「完成!究極の決戦兵器!」が再配信。当該機を撃破し設計図をドロップすることで開発可能だった(現在は開発不可能)。
ステータスはHP・アタックに秀でた逆襲に適したステでアタックチューンスタートなので、逆襲と相まって高い総合火力を得る事が出来るが、チューンの関係上HPが伸びにくく、65回チューン以降HPは増えない点は注意したい。また、成長タイプは意外にも標準型だが高い耐性でフォローされており、攻守のバランスをとった構成である。適性は元の機体と違って地上適正が高く各種局地への適正も1段階ずつ上がった分、宇宙適正が○にまで減少したが、アビリティの都合上からスピードはそれほどいらないので致命的な欠点でもない(限界チューンである100回チューンしてもスピードは2000程度)。しかし地上局地で戦闘させる時には×ではないとはいえ低い適性からアクシデントには注意したい所。特にアビリティの都合上、ダメージを受けるのが必須の為、防御力がダウンする砂漠での戦闘には注意したい。
追加アビリティは先制と不沈でそれぞれガンナーとディフェンダーであり、それぞれ確定クリティカルスキル持ちのB2弾Pロックオン、B5弾Mマフティー辺りで高い火力をたたき出す事が可能。また両方のアビリティにおいて後攻になりやすいためB1弾Pアスランという手もある。高い火力を持つ相手に対しては無印6弾MフリットやB1弾Mジュドーで凌ぐ…など、やはり専用パイロットのシャア以外の方が噛み合いが良いのはご愛嬌か。シャアにこだわるなら現在だとやや入手が厳しいが、SPパック2のシャアなら逆襲と単機ロックオンスキルが噛み合いが良いし、不沈と本弾Mシャアで蘇生からの一撃…という手もある(チューン30回以上が必要だが)。かつてのSPライバルでの出現時のB1弾R+逆襲の組み合わせは、苦戦した人も居るはずなので、アタックダウン手段を併用して派遣デッキ(ネットマッチモードで、その日最後に戦ったデッキ)に入れておくのもありだろう。

ガンダムデスサイズ(B)

ビルドMSMSカードなしタイプアタッカー
ステータスHP 2200アタック 2200スピード 2300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ザ・グリムリーパー4500コスト6MSアビリティ超電刃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットデュオ・マックスウェル
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員の防御力がアップする(+500)BAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムデスサイズチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/反撃
30回チューン(2回目)ガンナー/速烈
備考ガンダムビルドファイターズオリジナルモビルスーツ選手権 ガンダムトライエイジコース優勝作品の機体。B5弾で配信された開発ミッション「再誕!選ばれた戦士」をクリアすることで開発出来た(現在は開発不可能)。
前回と違って原型機と大きく変わったところは殆ど無く、色と成長タイプくらいである。開発ミッションでは新アビリティ「闘気」を持っていたが、使えるのはCPUのみでビルドMSでは覚えられないので注意
チューンアップは必殺スタート、初期ステータスから横這いに成長していくので100回チューンでHP3000、アタック2950、スピード3050、ダゲキ2750、ビーム2750、ジツダン2750と何ともバランスのとれた仕上がりに。アビリティはB3弾P、B4弾M、B5弾CをそのままビルドMSにしたような感じとなっている。

機体解説

登場作品「ガンダムトライエイジ」オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系・赤い機体
格闘武器ビームサイズ打撃
射撃武器頭部バルカン&肩部マシンキャノン(同時発射)
※コンビネーションアタック・絆カウンター・煉獄の反撃以外ではバスターシールドを放ってから発射
実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
特記事項

ガンダムビルドファイターズ オリジナルモビルスーツ選手権における、
トライエイジコース最優秀作品。
ガンダムデスサイズの別カラー機体であり、赤を基調としたカラーリングに黄色の縁取りが美しい。

最優秀賞作品として、「ビルドファイターズ」本編に登場した機体でもある。
作中では世界大会決勝直前の前夜祭で
名もなき少年ガンプラファイター(名前はDEEBU(=デザインコンテストの受賞者)という事がB8弾Cデスサイズで判明)が操作、
世界大会ドイツ代表・ライナー・チョマーの操るウォドムを一刀両断して撃墜している。

ガンダムゴッドマスター

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2400アタック 3000スピード 1400
ダゲキ防御 3000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技双極!ゴッドデビルフィンガー!!5500コスト8MSアビリティ闘気
適性宇宙○地上★水中▲森林◎砂漠×
通常武器打撃必殺武器不明パイロットドモン・カッシュ
ビルドアクションラウンド1にGパワー+5BAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ゴッドガンダムチューンアップ20回以上(グレード5解放必須
ドモン・カッシュ使用回数10回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ20回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/逆襲
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考B6弾からのビルドファイターズモード「激闘!!ガンプラバトルチーム編」の全エリア制覇で開発ミッション降臨!最恐の邪神!をクリアすることで開発可能となる機体。(「SP」でも同条件。)人気が高く、B6弾終了後も数回程開発ミッションが配信され、BG弾ではSPライバル・ドモン・カッシュ(英傑・初段)に勝利することで開発できていた。
鉄血弾からでは、鉄血の6弾バトルアリーナモードのゴッドマスターのミッションにて当該機を撃破、設計図をドロップすることで開発することが可能だった。鉄華繚乱2弾から「究極ッ!トライエイジ神拳!」でも当該機を撃破し設計図をドロップすれば再び開発が可能となった。VS弾以降はクロニクルモードにて「究極ッ!トライエイジ神拳!」は引き続きプレイ可能な為、未開発の人はいつでも開発可能となっている。
本機の性能として、まず挙げられる最大の魅力はビルドアクション。コスト4を必要とするものの、ラウンド1にGパワー+5という多大なGパワーゲインをもたらす。これによりラウンド1からの必殺技使用が更に容易になった。他にセットするBAはアルティメス騎士ガンダム(T)を使えばMSハンガーの枠を節約できるが、これではBA最大コスト7以外の機体には対応できないのでGパワー+2と+1のアクションの機体を使う事で、最大コスト5〜6にも対応できるので、状況に応じて使い分けよう。ちなみにGセルフ(パーフェクトパック)とGパワー+1のBAと組み合わせれば、ビルドMS分だけで{ラウンド1からGパワーを最大で+10まで増やすことができるようになり(60チューンが必須、それとビルドMSの必殺コスト+1というデメリット付き)、この時点で必殺コスト−2するハロビーあたりをつけていればパイロット枠が完全にフリー、さらにB6弾で排出されたセイ&レイジ5弾Pキオ&ジジット等をパイロットにすればさらにGパワーを蓄積可能であり、組み合わせ次第で事実上ラウンド1でGパワー+15という荒技が出来るようになった。しかしパイロット枠などが半分以上固定されるため、それでは打開出来ない事態も多々あるのでそこまで有用ではない。現在は鉄4弾Pモンタークの登場でさらに一変し彼とGパワーゲイン全振りの8コスのビルドMS(内訳は本機とパーフェクトパック、ギラ・ドーガかアデル)でラウンド1にGパワー+14を作れるようになったため、いきなり高コストの必殺技を2発打てるようになった。
しかし、昨今では環境に於いてはBG6弾で開幕必殺に待ったをかける存在としてリボガン(G)が登場、この機体のBAがラウンド1のみ敵の必殺技半減という代物だった為、Gパワー+一辺倒では対策されてあっけなく敗北、という事になりかねないので慎重な対応が求められるようになった。
機体性能はトライゼータ同様のアタックスタートのチューンなのであちらと同じく45回以上でアタック4000まで到達。レベル成長もクリティカル重視型・必殺技の初期威力も上であり、さらに闘気持ちであることも含め最大火力はあちらを上回る。しかしスピードは48回でようやく2050と先攻必須の闘気との相性はいま一つ。B6弾PビルドMSのゴッドガンダムよりも低いので可能な限りスピード特化のスピードバーストやスピード増減系スキル&アビリティで補助しておきたいところである。その48回チューンだと最大BAコストが7になっているので、強力なスピード操作BAを2つ付けることも可能。あえて低いままで先制対策に使うのもあるが地形に注意。
階級の低いコマンダーなら無理にスピードを補強しようとせず、チューンを進めて追加アビリティを開放してやった方が無理のない運用が出来るはず。現状起用に厳しいが2回目のアビリティ開放で追加される不沈はディフェンダーの為、特にB5弾Mマフティーを使って不沈受けのクリティカル確定が可能と、凶悪な性能を秘めている(ただし不沈受け絶対殺すマシーンことBG6弾MデスコーンBG3弾Pセカイのいい的になってしまう欠点がある)。また、逆襲もアタック重視+クリ型であるためダメージ調整には細心の注意が必要だが、壁スキル持ちを乗せてやれば反撃で確実に葬ってくれることだろう。
ゴッドガンダムをここからも開発できるが、条件がシャイニングと同じと手に入れるまでが一苦労なのに、入手後も一苦労と「一難去ってまた一難」であるが、途中で青の逆襲が使えるようになるので元のHPの高さから(と言っても排出カードの逆襲持ちCやRと同じ程度だが・・・)使用上の苦労は減るだろう。鉄血弾よりドモンの使用が不要となった為、更に楽になった。BAの使用頻度の多さからドックに係留されていることの多い(であろう)本機から開発することをお勧めする。

FAユニコーンガンダム・プランB

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2400アタック 3000スピード 1500
ダゲキ防御 2400ビーム防御 3000ジツダン防御 2000
必殺技ユニコーン・ヒートインヒューズ5100コスト7Hアビリティ共鳴
アタック
適性宇宙○地上○水中○森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員のスピードを30%増加させるBAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ユニコーンガンダム(デストロイモード)チューンアップ5回以上
バンシィ(デストロイモード)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/超電刃
30回チューン(2回目)ガンナー/闘気
備考ガンダムUC episode1〜7を再現したB7弾の全7つのビルドミッションのラプラスプログラム開放条件を全て満たしてクリアすると開放されるB7弾シークレットミッション「聖獣伝説」のラプラスプログラム開放条件(スコア13万点以上)を満たしてクリアすると開発できた。BG弾ではSPライバル(バナージ・リンクス 階級:総司令)で獲得可能だった。鉄血弾では、鉄血の4弾の激闘モード:黄金の不死鳥編にて「聖獣伝説」が再配信、当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発可能だった。
VS01のコンプリートモード「サイコフレームの輝き」のハロルーレット(ゴールドのみ)にて、「バナージ・リンクス」にさえ止めていれば、再度の開発ができた(現在は開発不可能)。
ステはアタック重視の必殺スタートで、スピード初期値が低い+チューンによる上昇量が低いと二重苦なのに追加アビリティには闘気があったり(事情が前弾のゴッドマスターと似ている)と意外にチグハグだが、1回目の追加アビリティには超電刃(しかもレアなディフェンダーである)があるので、適正(後述)の微妙さもあいまって基本運用形態はそちらになると思われる。
適性はすべて○…とパーフェクト・ガンダムと一緒。大本になったはずの1号機2号機3号機の適正をたして3で割ったような適正をしている(アビリティも2号機と3号機から受け継いだ強化版とも捉えられる)。必要な適正アップパーツをつける事でアクシデントを回避するが…そもそもの基礎スピードが低いのであまりそれ以外の恩恵に預かりにくいのが難点。ゲージが安定しやすい利点のためにスイッチ後にスピードバーストで生かすか、いっその事無視する手もあるだろうか。とはいえ現在はパートナーにスピード補正の高いキャラを選びつつ、適正強化パーツ+スピード操作スキル・ビルドアクションで補う…と、補正は容易なので良く考えて運用しよう。
ビルドアクションはHi−νガンダムの…よりはクィン・マンサ・セプテットのスピード版と言った方が判りやすいだろうか。当然ラウンド2は通常のスピード値に戻るので注意。恩恵がはっきりと判りやすいアタック上昇に比べて、先手を取るのにはパイロットや機体の組み合わせで割りと何とかなるスピードのラウンド1限定上昇はいまいちセールスポイントに欠けるのが辛い。その他、(かち合うのは稀だろうが)相手のフルバースト・サイコ・ガンダムのビルドアクションを相殺することが出来る。SPライバルでの登場の際、活用した人も居るはず。

ガンダムF91RR

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2800スピード 2400
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2400ジツダン防御 2400
必殺技MEPE・RRフォーメーション5500コスト8MSアビリティ超狙撃
適性宇宙◎地上◎水中×森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットシーブック・アノー
キンケドゥ・ナウ
ビルドアクションラウンド1のみアタック、スピードが30%増加するBAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムF91チューンアップ15回以上
開発系統「フォーミュラ計画」Lv20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾より)
Vガンダムチューンアップ10回以上
開発系統「リガ・ミリティア」Lv20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点クリティカル効果重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/突撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考B8弾ミッション「レジェンド・オブ・ユニバース」クリアで入手できたが、BG弾ではSPライバル(シーブック・アノー)に勝利すれば入手可能、鉄血の3弾の激闘モード・オリジナルMS編の最終面の再録ミッションにて同名機体から設計図をドロップさせることで作成可能、鉄華繚乱3弾のチャレンジミッション「ビルドアップ!ダブル・ゼータ」から当該機を撃破し、設計図をドロップすれば再度の開発が可能、VS1弾のチャレンジモード「来襲!黒の部隊(ブラックバンガード)」のハロルーレットで、シーブックの目に当てれば開発可能と、開発機会が非常に多い機体である(現在は開発不可能)。
基礎アビリティは超狙撃。チューン傾向と合って威力に期待できるし、低めのHPから生存率上昇のために役に立つ。追加アビリティは突撃と不沈。突撃は機体のスピードの伸びは悪くないので、それなりに役に立つし専用パイロットのB8弾Mキンケドゥとも組ませられるがスピードの強化は必須。幸い、機体のBAがアタック・スピード強化なので活用していこう。不沈は例の戦術(不沈受け)が使えるはずだが、不沈封印BAや共鳴アタックバーストという天敵が居ることに注意。耐久力はイマイチな部類なので、思い切ってパイロットやパーツは耐久力を補うのではなく必殺コストダウンやスピードアップのものを宛がって、不沈は保険と割り切った使い方をすると使いやすくなるだろうか。その際はB8弾Pシーブックの地上指定スピードアップスキルを狙ってみたり、元からスピード補正が高いBG5弾Pウィルフリッドを乗せたりなど、工夫したい。
地形はセプテット、フェネクスと同じ宇宙、地上◎だが、先の2機と違い水中のみ×となっているので気を付けよう。その他森林と砂漠は▲となっているので、強化すればそれなりに戦えるだろう。とはいえ砂漠のアクシデントはクリ型故に元から薄い防御がなお更低くなるので、やや注意しておきたい所。
ビルドアクションは1ラウンド目のみの自機のアタックとスピードの底上げ。本機というよりは他のビルドMSとかみ合わせることで対戦では前半の主導権を握れる。先に書いたように突撃のスピード補完にも有用だが1ラウンドのみなことは忘れないように。
開発ルートとしては、この機体からはF91とVガンダムの両方が開発可能なのだが、どちらもレベル条件の壁が立ちはだかるのは他の機体からのルートそのままであったが、鉄血弾より系統レベル条件が外れた。

ザクII(ゴールドコーティング仕様)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 3500アタック 1800スピード 1000
ダゲキ防御 3000ビーム防御 3000ジツダン防御 3000
必殺技ジオニック・タクティクス3300コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
ビルドアクションラウンド1のみ防御力が30%増加するBAコスト3BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体ザクII(量産型)チューンアップ1回以上
フェネクス(デストロイモード)チューンアップ30回以上(グレード7解放必須
開発系統「RXシリーズ(サイコフレーム)」レベル30以上(BUILD G6弾から)
チューンアップ30回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/不沈
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考経験値稼ぎでおなじみの機体がビルドMSとして登場。B8弾の第3回選抜戦で見事選ばれ、期間限定で配信された。BG3弾からシークレットパートナーマシタ会長&ベイカーからのプレゼントという形で入手可能。鉄血の5弾の激闘モード、激闘のゴールドコーティング編にて「ジオンのゴールドコーティング」が再配信。当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能だった。現在、該当ミッションはプレイ不可
ミッションでも特徴的だった防御力は全属性で3000と最高レベル。自身のビルドアクションやアビリティスイッチの装甲と合わせれば鉄壁の要塞として君臨できるだろう。またチューン傾向からHPと防御力は更に高くなる。その防御力を生かした戦い方が本分になると思われるのでディフェンスバーストのパイロットを乗せたいところだが、その場合火力不足を補う方法を考える必要がある。BAで対処しようにも最大コストが通常カラーと違い4なのが強化を難しくしている。OA3弾以降は7となったが、最大でも9とまだまだ難しいことに変わりない。B4弾Mリョウなどの半減アタックバーストパイロットで火力を補強するという手もある。また、開発目的でチューンを重ねるとB4弾Pシンと組ませるという選択肢も出てくる。B8弾ではよく分からなかったアビリティ・装甲はBG1弾より【一定確率】という発動条件が判明。防げるダメージ量は判明していないが、装甲だけでなくどのアビリティもある程度のアビリティレベルが必要と使いにくいこととなった。
なお、金色つながりでフェネクスの開発が可能。まだ開発していない場合はチューンして手に入れるのもいい。チューンされた状態で入手したなら、その分回数は減りレベルが足りない場合、レベル上げを兼ねておけばゴールドスモーからよりも早く手に入るだろう。現在は系統レベルが不要なのだが、30回チューンすることが壁として立ちはだかる。

ジム(ゴールドコーティング仕様)

ビルドMSMSカードなしタイプガンナー
ステータスHP 1000アタック 1800スピード 3500
ダゲキ防御 3000ビーム防御 3000ジツダン防御 3000
必殺技GM・ザ・ライド3300コスト4MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロット-
ビルドアクション最終ラウンドにスピードが30%増加するBAコスト3BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体ジムチューンアップ1回以上
フェネクス(デストロイモード)チューンアップ30回以上(グレード7解放必須
開発系統「RXシリーズ(サイコフレーム)」レベル30以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ30回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/突撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考B8弾のビルドMS選抜戦の3回目でジオンの金に負けた連邦の金。
BG1弾時点でブライトから貰えるプロトタイプガンダム同様にBG3弾からシークレットパートナーのマシタ会長&ベイカー秘書からのプレゼントという形でまさかの登場を果たした。鉄血の5弾の激闘モード、激闘のゴールドコーティング編にて「連邦のゴールドコーティング」が再配信。当該機を撃破し設計図をドロップすることでも、開発可能だった。現在、該当ミッションはプレイ不可
金ザク同様にBAコスト4、防御は全属性で3000。そしてステは金ザクのものを間逆にしたもの。その高い基礎スピードに加えてスピードスタートなのでビルドMS最速を塗り替えるスピード4700以上を記録。(チューン70回以上)逆にHPはワーストトップクラスなのでその高い耐久力も宝の持ち腐れとなりやすいのが欠点。実弾に関しては、金ザクには劣るもののチューン傾向から使いやすい為、主に鉄血のオルフェンズのミッションでは役に立つだろう。
一応10回チューンで突撃が開放されるが、アタックは多重チューンでやっと名だたる突撃機体達と同等程度かつ低燃費必殺のお陰で火力もイマイチ。Z3弾Mシローなどの必殺威力増強スキル持ちと組み合わせて使うという手もあるが、それよりかはHP補正が高いディフェンスバーストのパイロットを乗せて装甲を使った方が活躍できるはず。ただ、金ザクを持っている場合はこちらを使った方がいいというジレンマを抱える。一応スピードが高い為、置物にはなりにくい…と、どのアビリティでも活躍の仕方を考えてあげないといけない乗せるパイロットを激しく選ぶテクニカルな機体である。育成開始時も基礎BAコストが4しかないというかなり辛い欠点のせいで茨の道を歩む事になる。それでも使うならやはり60チューンでコスト枠を6にしてからが本番だろうか。OA3弾より最大が+3されたが、まだまだ茨の道を歩む事になるのは変わりない。勿論そこまではチューンアップボーナスが出るミッションで出来るだけ使いたいところ。金ザクと違い、発動にアビリティレベルが不要の突撃の存在は大きいので、十分なアビリティレベルが確保できるまでは、突撃1本で使うといい。
金ザクに続き、こちらも金色つながりでフェネクスの開発が可能。だが前述のとおり性能にクセがあり、入手するのも一苦労なので金ザクかゴールドスモーから開発した方が楽かもしれない。こちらも、現在は系統レベルが不要なのだが、30回チューンすることが壁として立ちはだかる。
一番分かりやすい使い方は、突撃+B4弾Mレイジ、B8弾Mキンケドゥ、BG3弾Mミナトが良いだろう。

機体解説

登場作品ガンダムトライエイジ オリジナル
(機動戦士ガンダム戦記 (PS3))
開発系統ビルドMS(成長傾向:標準型)
その他特殊系統
格闘武器ビーム・サーベル打撃
射撃武器ビーム・スプレーガンビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMS本節
特記事項基本事項はジムに準じる

全身金色のジムで百式のゴールド・コーティングを施した機体。
実は金機体で唯一、他のガンダムゲーのPS3のガンダム戦記で先に出ている
あちらでの名称はゴールド・ジム
しかしファンからの渾名が「金ジム」なのは変わらないだろう。
ちなみにガンダム00でアルヴァアロンという機体がでるのだが金色で頭部などがジムっぽい所などからファンから金ジムと渾名が付けられた
(その後ドラマCD3巻でこの渾名が実際に使用され、この渾名が公式化してしまった。)
アルヴァアロンてアレでしょ、金ジムって呼r
黙れちょりす!

ガンダムドライオンIII(ドライ)

「III」はスリーでもさんでもなくドライと呼称。
ビルドMS格納庫では「ガンダムドライオンドライ」表記
ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2400アタック 2200スピード 2400
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技煌黒の超咆剣・ドライザン3700コスト5MSアビリティ先制
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットサカイ・ミナト
ビルドアクションラウンド1のみ相手全員のスピード、防御力を20%減少させるBAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムトライゼータチューンアップ20回以上
開発系統「ビルドMS」Lv30以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ20回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/逆襲
30回チューン(2回目)アタッカー/無双
備考2015年3/12から2週間配信、鉄血の5弾の激闘モード、オリジナルビルドMS編IIにて配信された「砕け!漆黒のトライオン」で、当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発可能だった。鉄血の5弾以降開発不可能だったが、VS5弾にてバトローグバージョンからのルートが設定された(現在は開発不可能)。
久しぶりのif機はif機初のコスト5必殺での登場。初期値のアタック・必殺は低いがアタックスタートでぐんぐん上がりバランスの取れたステータスになるが、そのステバランスは保ったままなのが長所であり欠点ともいえるだろうか。
アビリティは初期が青の先制、追加で緑の逆襲・赤の無双だが、実際に使うとするなら最終的には成長タイプが防御型である事を生かせる無双か、低燃費必殺とアビリティの相性がよい逆襲のどちらかでの運用になるだろうか。パイロットはどちらのアビリティにしろ、耐久力をより伸ばせる…B5弾PアムロやBG1弾Rシーブックあたりが候補に挙がってくるだろう。
専用パイロットのミナトは、BG弾当時と違い、鉄血弾とVS弾でディフェンスバーストのカードが登場。無双、逆襲と相性良く使えるようになったが、機体のほうがHPが低く最大で2900なので、無双の場合は要注意。また、逆襲も封印ビルドアクションが登場し、機体のスピードが最終的に3250と高くなることからVS2弾Mトロワが相手にいる(上級者の場合だと、持っていない人のほうが少ないと思われる)と封印されるのでその場合は諦めよう。
ビルドアクションはコスト4と重いものの、スピードと防御力を同時に減らせることでミッション時の初手トライブレイズなどを有利にできる。

トライバーニングガンダム(ゴールドコーティング仕様)

ビルドMSMSカードなしタイプガンナー
ステータスHP 1400アタック 3200スピード 2000
ダゲキ防御 3000ビーム防御 3000ジツダン防御 3000
必殺技次元覇王流!流星螺旋拳!!3100コスト4MSアビリティ武闘
適性宇宙○地上☆水中▲森林○砂漠○
通常武器必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクション最終ラウンドに必殺技コスト-5BAコスト4BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体トライバーニングガンダムチューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/フルドライブ
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考BG5弾で開催された第3回総選挙に勝利した為7月16日より入手可能、バトルアリーナモード:ゲストチャレンジャー・ガンダム・バルバトス(ゴールド)の7回目の連続クリア報酬で開発可能だった。VS2弾より、コンプリートモード「ビルドファイターズトライ」編のハロルーレットでカミキ・セカイの目に当てると開発可能だった(現在は開発不可能)。
ステータスはHPが低く、スピードがそれなりと、トライバーニングっぽいが、防御耐性はゴールド仕様の代名詞であるオール3000で別物となっている。そして成長傾向は必殺チューンとステータスが平均的に伸びていくので、実は防御面はHPさえどうにかしてやればかなりのものに。
初期アビリティは武闘。追加は1回目がフルドライブと、これだけで割と戦えてしまう。2回目は金機体の代名詞ともいえる装甲。どのゴールドも防御性能は大して変わらないが、元のトラバー自体クリ重視型による防御レベルの低さと単純なHPの差の為、装甲に関しては金ザクを使った方がいい事になるが…他のゴールドにない前二つのアビリティも魅力がある為、結果的には好みの問題になってくるか。やはり、どのアビリティも発動にある程度のアビリティレベルが必要となるのは痛いところ。
BAは必殺コスト−5と強力なものの、自機のみの指定かつ最終ラウンド指定なので、ほぼミッション向けなのが痛いか。また、最大BAコストも金機体の宿命か4しかない為、自機のBA含め主だったBAの組み合わせを使えないのが難点。OA3弾より最大が+3されたが、それでも主だったアクション2つで使い切ってしまう点は変わりない。
しかし、ザク、ジムと違い専用パイロット・セカイの存在はかなり大きく、速攻用のアタバのBG3弾P・耐久スピバのBG5弾M・ダメージ軽減のBG4弾R・必殺クリ確スキルのBG1弾C・SPパック11プロモ…と様々な用途に対応出来るようになっており、武闘・フルドライブどちらともその性能を生かすことが出来るので、他のゴールド機体とはまた違った強さを演出できる。フルドライブ・武闘共にかみ合うのはBG4弾R・ディフェバ必殺クリ確プロモあたりか。フルドライブはBG3弾P版でもよいが、元の必殺火力がチューンしても低めで収まるのでフルドライブが不発すると相手をしとめ損ねて無防備になってしまう事もありうるので注意。ちなみに必殺コストが4なのでゴッドマスターのBAだけで必殺を撃てるが、BA枠を使い切ってしまうのが難点。可能なら60回チューンしてBAコストを6(OA3弾より9)にすればまだマシになるが…現在は必殺コストダウンパーツとGセルフ・パーフェクトパックのBAとの組み合わせで消費BAコストを3に抑えられ、試作1号機(T)・防御30%ダウン(複数機体所持)・フルバサイコなどのBAを付けられるので、必要であれば活用したい。

機体解説

登場作品ガンダムトライエイジ オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器次元覇王流・旋風竜巻蹴り打撃
射撃武器次元覇王流・聖槍蹴り詳細不明
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMS本節
特記事項基本的な事項はトライバーニングガンダムに準じる

G−セルフ(ゴールドコーティング仕様)

ビルドMSMSカードなしタイプアタッカー
ステータスHP 1400アタック 2000スピード 3200
ダゲキ防御 3000ビーム防御 3000ジツダン防御 3000
必殺技レコンギスタ・イン・アトモスフィア3100コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ビルドアクション最終ラウンドに仲間全員のスピード、必殺技+1000BAコスト4BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体G−セルフ(大気圏パック)チューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/フォトンライズ
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考公式ホームページの開発レポートにBAと消費コスト、アビリティとタイプが先に公開された。
BG5弾の第3回総選挙に敗北した為、入手不可だったが、期間限定での「トライエイジ 冬休み祭り」のボーナスとして開発可能だった。VS3弾のコンプリートモード「Gのレコンギスタ」編のハロルーレットで「ベルリ・ゼナム」の目に止めると、再度の開発が可能だった(現在は開発不可能)。
ステータスは金ジムに似たスピード特化型。系統内唯一となるフォトンライズが特色となる(得意地形は通常の大気圏パックと同じ)のでそれを活かそう。また、フォトンライズの得意地形だけでなく、成長傾向や適正、さらに専用補正もベルリ・アイーダやラライヤでも専用機になるところまで普通の大気圏パックと同じだが、耐性は今までのゴールド機体に漏れず一律3000なので、耐久性能は段違いだがHPで割を食っているのは金ジムと同じ。やはり、装甲で主に鉄血のオルフェンズのミッションで使うのが良いか。どのアビリティも発動にある程度のアビリティレベルが必要となる。
金ザク金ジム金ズール金N−X(きんクス)の流れに倣い本ゲームオリジナルの機体。
相方との組み合わせはさながらGのコラボレーション トライキャンペーンを彷彿とさせる。
尤も全身金色ではないことと、BFT側の機体がトラバーではなくビルバーであるのだが、
件のキャンペーンを知っているコマンダーはそれを思い出したのでは?

機体解説

登場作品ガンダムトライエイジ オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ビーム・サーベル打撃
射撃武器ビーム・ライフル(トワサンガ製)ビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
フォトンライズ得意地形:地上
ビルドMS本節
特記事項基本的な事項は大気圏パックに準じる。
シールドはトワサンガ製の物を装備している。

ガンダムトライゼータ(G)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1700アタック 2800スピード 2500
ダゲキ防御 3000ビーム防御 1600ジツダン防御 2000
必殺技超剣ミノフスキー・トライバースト3800コスト5MSアビリティ突撃
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットジュドー・アーシタ
ビルドアクションラウンド2にGパワー+1、スピード+500BAコスト2BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムAGE−3 オービタルチューンアップ5回以上
ジェガンチューンアップ5回以上
リ・ガズィチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/超電刃
30回チューン(2回目)ガンナー/トライブレイズ
備考2015/9/10〜2015/9/30開催の第3回激戦!バトルロイヤル1位・2位のチームに所属するGコマンダーに支給される機体。鉄血の5弾の激闘モード、オリジナルビルドMS編IIにて「燃え上がれ!トライエイジ!」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能だった(現在は開発不可能)。
ステータスもスピード重視でスピード重視チューン、それに合わせての突撃持ちと徹底して通常版との差別化が図られている。突撃で使う場合、スピード面は十分だが火力面はそこそこで収まる為、専用パイロットや他パイロットのスキルでの補強が必要なら考慮してやりたいところ。
また、突撃だけでもそれなりに強いが、特筆すべきは2回目の追加アビリティのトライブレイズだろうか。現状最高クラスのトライブレイズ持ちビルドMSでガンナーなのでネッチングだけではなくミッションでもB2弾PロックオンやBG2弾Pアイーダあたりを乗せる事でクリティカル確定のトライブレイズを撃ち込むという荒業が出来、クリア重視のプレイなら貢献してくれるだろう。スピードバーストの相手にはコレだけ基礎スピードが高いとスピードダウンのBAをつけるだけで下手な相手は抜かせてしまうだろうが、足りない場合はきっちりチューン回数を稼いでおきたい。
欠点としては適正や耐性は通常版と全く変わらない上にチューン傾向で上昇値がやや減っているし、なによりHPの実数が基礎・チューンによる上昇値、共に減少しているなど、耐久面においては大幅に通常版と比べてダウンしているため、勘違いして運用すると痛い目を見るのは注意したい。

フルバースト・サイコ・ガンダム(G)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 3200アタック 2500スピード 1100
ダゲキ防御 1200ビーム防御 3000ジツダン防御 2000
必殺技バースト・シューティング5000コスト7MSアビリティ逆襲
適性宇宙◎地上○水中▲森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットアムロ・レイ
アムロ・レイ(CCAバージョン)
ビルドアクション最終ラウンドに相手全員の必殺技-500BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムAGE−3 ノーマルチューンアップ5回以上
ZZガンダムチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/無双
30回チューン(2回目)ガンナー/迅雷
備考激闘モードの「驚異のフルバースト」で特別任務を達成すると開発できるレア機体(現在は開発不可能)。
機体性能はHPが高くスピードが低いHPチューンと原型機と似た構成になっている。
アビリティは初期が逆襲、追加が無双、迅雷とステータス、チューン傾向と合ったものが開放される。無双のHP温存策は耐えて半分以上を確保するのがベスト。迅雷はビルドMSとしては低スピードのHPチューンと使いやすい機体での設定となった。
専用パイロットのアムロとの相性は、1st版はディフェンスバーストの高レアが3枚あるので逆襲、無双が使いやすいが、スピード補正が1000以上のものが2枚あるので迅雷は使いにくい。逆シャア版は定番の壁アムロことB5弾Pが無双、逆襲が使いやすいが、迅雷はステータスのかみ合いは良いもののスピードバーストと、バーストバトルによる迅雷封じが避けられないので組ませるときは良く考えよう。

ギラ・ズール(ゴールドコーティング仕様)

ビルドMSMSカードなしタイプガンナー
ステータスHP 3500アタック 1000スピード 1800
ダゲキ防御 3000ビーム防御 3000ジツダン防御 3000
必殺技スリーブス・ストレイフ3300コスト4MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロット-
ビルドアクション最終ラウンドにHP3000回復BAコスト3BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体ギラ・ズールチューンアップ5回以上
フェネクス(デストロイモード)チューンアップ30回以上
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/無双
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考コンプリートモード「サイコフレームの輝き」のハロルーレットでジンネマン大尉のマスに当てれば設計図を入手できたレア機体(現在は開発不可能)。
上記金ザク(ザクII(ゴールドコーティング))と同じく、HPが高く、アタックとスピードは入れ替えた数値と極端な機体となっている。防御数値は金機体定番のオール3000となっており、HPチューンとあいまって防御数値は非常に高くなるが、コレも金ザクと同じ。
チューン30回まで到達出来ればお馴染みの緑装甲が設定できるため、本機の頑強さが堪能できるだろう。しかし、チューン傾向からアタックは低いままなので、B4弾Pシン等アタック強化スキルで強化するか、低コスト必殺を生かして必殺技中心で攻めてみたいが、やはり金機体定番の最大BAコスト4、60回チューンしても6が足を引っ張るだろうか。OA3弾より最大が+3されたが、まだ足を引っ張ることに変わりない。いっそ、耐久面を徹底強化して耐えて無双発動、撃ち切り後は必殺技でアシストという戦術も悪くないだろう。1番使いやすいアビリティが無双のみというのもある。

機体解説

登場作品ガンダムトライエイジ オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ジオン系
格闘武器ビーム・ホーク打撃
射撃武器ビーム・マシンガンビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMS本節
特記事項基本事項はギラ・ズールに準じる

GN−X(ゴールドコーティング仕様)

ビルドMSMSカードなしタイプアタッカー
ステータスHP 1000アタック 3500スピード 1800
ダゲキ防御 3000ビーム防御 3000ジツダン防御 3000
必殺技GNスナイパー・ロングショット3300コスト4MSアビリティ不沈
適性宇宙○地上◎水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットセルゲイ・スミルノフ
ソーマ・ピーリス
パトリック・コーラサワー
ビルドアクションラウンド1のみアタックが30%増加するBAコスト3BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体GN−Xチューンアップ1回以上
フェネクス(デストロイモード)チューンアップ30回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考VS弾前から存在が明るみなっていたが、VS3弾のコンプリートモード・「機動戦士ガンダム00−1st−編」のハロルーレットにて、コーラサワーの目に当てると開発できた(現在は開発不可能)。
特徴は、金ズールと異なり金トラバー、金−セルフ(マルチフレームにも金バトスがある)と同じく、専用パイロットが居るが、相性の良いカードはほとんど無い(しかも、セルゲイは3弾、ピーリスはB2弾以降排出されていない)し、コーラサワーはVS3弾でカードが出たものの、こちらも相性が良くないので、別のパイロットで使う方がいいかも。
アタック特化の金機体。どのアビリティも発動にある程度のアビリティレベルが必要と使いにくい点はあるが、狙撃で素のアタックの高さを活かそう。
これでゴールド系の機体もすべてプレイアブル化を果たした。

機体解説

登場作品ガンダムトライエイジ オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:防御力重視型)
その他特殊系統太陽炉搭載機
格闘武器GNビームサーベル打撃
射撃武器GNビームライフルビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
ビルドMS本節
特記事項基本事項はGN−Xに準じる

ガンダム(トライエイジカラー)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 2500スピード 2500
ダゲキ防御 1800ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技ファースト・シューティング4700コスト6MSアビリティ先制
適性宇宙◎地上◎水中◎森林◎砂漠◎
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットアムロ・レイ
アムロ・レイ(CCAバージョン)
ビルドアクションラウンド2に仲間全員のHP5000回復BAコスト5BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムチューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考2018年7月28日〜8月10日まで、ビルドダイバーズモードに登場するEXダイバー:ナ・カイシデンに勝利すると開発できた機体(現在は開発不可能)。
ステータスは同数値で必殺チューンのため、そのままのバランスで強化されることに。また、地形適性は全て◎と、ゴールドカラー繋がりか、あのスペリオルカイザーと同じである。
アビリティは初期が赤先制、追加が青狙撃と緑不沈。プロトタイプガンダムと同じくテーマソングの僕たちのトライエイジの歌詞の順番通りになっているのが特徴。
どのアビリティも発動に高いアビリティレベルが要求されるため、ビルドMSのアビリティレベルが低い人にとっては少なくともアビリティレベルが5か6あたりになるまでは無理に使う必要が無い機体となった。ましてやスピードが高い先制は特定ミッションでのみ使用可能と、こちらも素の状態ではほぼ使い物にならない物となっている。前述通り、全ての地形適性が◎のため、尚更スピードは上がってしまうので、使う場合は狙撃か不沈の2択となり、先制機としての抜擢は不可に等しいか。
しかし、ビルドアクションはコストを5も使うことになるが、ラウンド2のみHPを5000も回復するもの。全射、無双、乱射、乱撃、HP80%以上条件スキルと相性が良いため、この機体は使わず、ビルドアクションのみ使うと良いだろう。

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です