デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


ジオンの興亡1弾(Z1弾)

Z1-020Pタイプディフェンダー
ステータスHP 3800アタック 2200スピード 2500
必殺技NT・ラウズドライブ5400コスト7MSアビリティ双撃
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考ユニコーンガンダム、Pレアで帰還。
ステータス合計値は8500。0弾におけるPと同様HP偏重型であり、新上位演出技はビームサーベルでの打撃攻撃。アビリティも高レアでは久しぶりの双撃と、防御寄りのステータス構成ながら、7弾分の基礎ステータス向上により攻防にバランスをとった性能に仕上がった。
Z3弾から機体毎の成長タイプが復活し、こちらのユニコーンは兄弟機のバンシィと同じくクリティカル効果重視型に所属しており総合火力が向上した。代わりに防御力が低下したが、その高いHPのおかげである程度は相殺しているので他のクリティカル効果重視型よりは安定性があるのがウリ。
そういった事情から、本機の活用法としては、3弾Mカミーユ6弾PアムロZ1弾MドモンZ2弾P刹那Z3弾PヒイロZ4弾PバナージB5弾Mマフティーあたりでアタックをきっちり補強して火力向上に努めるのがよいかと思われる。特にZ4弾Pバナージとの噛み合いは抜群で、泣き所の低いアタックはバナージ側のスキルで大きく補正され階級次第では5000以上になるので使い勝手は大きく向上するはず。スピードも覚醒すれば軽く6000前後まで上昇するのでスピードバーストの敵以外には十分に先手を取れ、低いHPはユニコーン側が補強するので不安定さは払拭される…とZ1弾当初の評価を挽回するかのような高性能ユニットに変貌させてくれる。先攻クリ確持ちのB1弾Rを乗せて2回連続クリティカルを狙うのもあり。また、余裕のあるHPを活かせるB4弾Pシンのスキルとも相性は良いが、ダメージ減少スキルではないアタックバーストなので1撃撃破される可能性は考慮しておきたい。
その高いHPから壁役としても使えない事はないが、それをするならより特化した6弾PフリーダムZ3弾Mアプサラス5弾PZZガンダムなどがいるのでそちらを利用した方が賢明か。一応耐えながら殴るという点では双撃がある本機は前述の機体より優れており、後に「後攻の時〜」スキル持ちのパイロットカードが多数登場。耐えながら殴るという戦法をより先鋭化することが可能となった。また、ディフェンダーということもありBG6弾CPティエリアTKR1弾M石動と組ませることが可能で、やはり耐えながら殴るという戦法をより先鋭化することが可能となっている。
証言はずっと後に登場したこのカードとある意味対になっている。
SP公式の概要のページでは本カードの絵柄で通常のデストロイモードが描かれている
Z1-021Cタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2000スピード 2000
必殺技ビーム・サーベル3400コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考緑色になったユニコーンはCとPの2枚構成。
こちらは全能力同一数値であるため、パイロットの個性が問われる機体となっている。初心者にはちょうどいいかも。

ジオンの興亡2弾(Z2弾)

Z2-032Mタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2600スピード 3000
必殺技NT・ラウズドライブ4800コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考ラウズドライブM落ち。同時にユニコーン初のガンナー高レアとなった。
ステータス合計値は7400。劇中をイメージさせる高スピードは開発系統内ではトップクラス。そのうえ速烈持ち・高火力必殺なので安定した火力をもたらしてくれる。
4弾Pキュベレイとステータス傾向が似ているが、唯一異なるのは必殺技の攻撃属性。
とはいえ最近のミッションではそこまで極端な耐性持ちが存在しないため高水準のアシスト役としても活躍できるはず。また、適性も水中などがあちらよりいいので、戦場によって使い分けたい。
他、Z4弾で覚醒前がこのカードのほぼ上位互換の性能を持ってCP排出されたが、成長タイプのおかげでこちらの方が総合火力が上(アビリティ+1の差も越えて)で防御力は低いという点が異なる。また機体Lvが高い場合は必殺技において同じ速烈持ちでも前述の成長タイプに攻撃属性・基礎威力の点で最終ダメージが大きく異なってくるので単体起用の場合は注意したい。
しかしキュベレイと同じく数値を取られて低くされたHPはそのまま弱点となり、敵の先制・ファンネル持ちや追加攻撃系、ボスアビリティなどは脅威となる。Z3弾からクリティカル重視型に割り振られているので、その弱点がより顕著になったので注意してパイロット選定をしたい。
専用パイロットのバナージを乗せるなら無印4弾M(ラウンド2指定Gパワーゲイン)、Z4弾P(ラウンド1Gパワーゲイン&無条件アタック強化)、B1弾R(先攻クリ確)、B7弾P(先攻獲得時スピード・必殺強化)あたりがおすすめ。

ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-067CPタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 3500スピード 2500
必殺技NT・ラウズドライブ4300コスト5MSアビリティ双撃+1
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考ジオンの興亡4弾で排出されるユニコーン関連のCPカードの一枚。
ステータス合計値は8000。1弾Pタイタス(システムなし)に匹敵するアタックに双撃・低燃費必殺を併せ持つ強力なカード。しかも1弾CPタイタスと同じ双撃+1のアタッカーでありほぼ上位互換の性能を持つ。(Pタイタス+AGEシステム完熟には負ける)更にシステム込みの各種タイタスよりも高いスピードを生かしたフットワークの軽さも利点。この手のカードにありがちな耐久面もCPタイタスよりは若干低いものの平均的でCPの中では扱いやすいはず。必殺威力が物足りないならビルドアクション・Z3弾Mシロー・Z2弾Mシロッコあたりを混ぜてフォローしてやろう。
パイロットは基本的にはZ3弾Pヒイロ、Z4弾Pバナージあたりの高速アタックバーストを乗せて先手を取っての双撃がシンプルかつ強力。敵がスピードバーストか基礎スピードがずば抜けた敵ならZ3弾Rジョニーあたりでの通常攻撃からクリを誘発し火力を補うのもよいし、クリ効果重視型で防御面がおざなりなのを補うのに無印6弾フリットやB1弾Mジュドー、Z2弾P刹那で耐えて双撃やアシストするという手もある。使いやすいとはいえ、パイロット選びは慎重に。

BUILD MS7弾(B7弾)

B7-007Mタイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 4000スピード 2000
必殺技NT・ラウズドライブ5000コスト6Hアビリティ共鳴
アタック
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考Z4弾P用に合わせたのであろう共鳴持ち高レアの1枚として再排出。
ステータス合計値は8000。ガンナーでありながらアタックを極端に重視したステータスを持ち、Z4弾PバナージやB6弾Pセイ&レイジ等、歴代の高スピードアタックバーストを乗せるのが基本といえる。低レアならB5弾Rラルさんでもよし。

BUILD G3弾(BG3弾)

BG3-010Rタイプディフェンダー
ステータスHP 2700アタック 2700スピード 1800
必殺技NT・ラウズドライブ4800コスト6Hアビリティトライブレイズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考ラウズドライブR落ち。本カード排出をもって本機体は全レアリティをコンプリートした。(特別枠のSEC除く)
「みんな、力を貸してくれ!」という事で、本弾通常排出でのトライブレイズ持ちの貴重な低レア。
HPとアタックを重視した重量型配分は若干パイロットを選ぶ。バナージを乗せるなら高スピード補正のあるZ4弾Pがお勧め。
トライブレイズ持ちもあってかややネタ運用になるがをアシストに付けての一斉攻撃を仕掛けるのも面白い。
イラストはネオ・ジオングのサイコシャードで全武装を破壊された為、徒手空拳で戦う(視聴者からはビスト神拳とかビストナックルと云われている)所から。後に本ゲームでも本機の強化版が上位演出技で使用することになった。
証言は最近発売した究極のグレードであるPGから追加されたデストロイモードとも覚醒とも違う完全な暴走形態アンチェインドについて。
ガンプラ繋がりということで、放映中のビルドファイターズトライも意識しているのかもしれない。

鉄血の2弾(TK2弾)

TK2-069CPタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 2400スピード 3000
必殺技NT・ラウズドライブ4500コスト5Hアビリティデュアルアームズ+1
デュアルアームズビーム・マグナムバースト封印武器属性ビーム相手の通常をかわす際に選択して発動、反撃した後、相手のバーストを封印する。
ビーム・サーベル防御効果無視武器属性打撃相手の通常をかわす際に選択して発動、更に相手に防御効果を無視した反撃をする。
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考デュアルアームズキャンペーンの1枚。
ステータス合計値は8400。性能としてはステがZ1弾P版と同じく、HPとスピードに秀でたものとなっており、そのままだとデュアルアームズの威力が振るわない可能性がある為、やはりアタックを補強する事を第一に考えるのがよいだろうか。となると本機の成長タイプがクリティカル効果重視型であることを考慮した場合、アタック補正の高いディフェバや壁スキルを持つアタバのパイロットを乗せるのがよいだろう。もしくは、スピードが高いのでアタック補正が高いスピバやアタバで殴ってから保険にデュアルアームズ…という使い方も出来るだろう。どちらの使い方でもデュアルアームズはバースト封印の方を使っておくとその後の展開が有利になりやすいので敵隊長機やディフェンスバースト持ちの敵に対して積極的に狙っていきたい。防御無視のほうは特にバースト封印を狙う必要が無い場合のみに選ぶか、ネッチングで無双や全射持ちに対しての迎撃(撃破してしまえばその次のラウンドでは発動しない)など、確実な戦果が見込める時に使うとよいだろう。
証言者はFAユニコーン(D)の生みの親。本ゲームではANAコーンの公式紹介ページ&Pのカードなどあちこちに登場しているが、本カードでは周囲から華麗にスルーされる憂き目に遭っている。
公式のスクリーンショットで攻撃している相手は黒獅子道場(通常)の道場主

鉄血の4弾(TK4弾)

TK4-069CPタイプガンナー
ステータスHP 3300アタック 3200スピード 1800
必殺技NT・ラウズドライブ3900コスト4MSアビリティ決戦+1
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考決戦キャンペーンカードの1枚。再びCPで排出。
ステータス合計値は8300。ステはHP・アタックに優れる長期戦重視に優れた重量型配分のセッティング。低コスト必殺は頼りなく見えるがアビリティの決戦で徐々に上昇する事を考えれば繰り返し撃ちやすい事が利点に見えてくるはず。
それでも立ち上がりに不安を覚えるなら専用パイロットのバナージでフォローしたいところ。お勧めは高レアだとZ4弾P、B7弾P、B8弾M、繚乱3弾Mあたりか。いずれも高スピード+アタック・Gパワー補填スキル付きアタバ、スピード・必殺補填スキル付きスピバ、全体必殺補強スキルもち高HP補正アタバ、ラウンド2以降相手全体防御力50%減少持ちスピバと大きく性格が異なるので使い分けたい。低レアでもクリ確スキルもちスピバのB1弾Rという良カードがいる。また先に挙げたカードは全て覚醒完備なのでうまく覚醒できれば戦闘を有利に進められるだろう。このカードのHPが高めなのもかみ合うが成長関係の都合上防御力はそこまで高くはないので過度な被弾は避けよう。受けに徹するなら毎被弾時アタック・必殺強化の繚乱4弾Rもおすすめ。
背景のネオ・ジオングは本カード公開直後ではどのイラストも該当しない物となっていたが、後に本弾のCであることが判明した。

鉄血の6弾(TK6弾)

TK6-068ANNIV.タイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 2400スピード 2600
必殺技NT・ラウズドライブ5900コスト7MSアビリティ速烈
共鳴
スピード
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考5周年弾であるTK6弾の目玉、アニバーサリーレアの開示3枚目はトライエイジが新ステージへと移行したZ1弾より参戦の覚醒デスコーン。
ステータス合計値は8000。Wアビリティはユニコーン系ではお馴染みの速烈+サイフレ機特権の共鳴スピードであり、相手の反撃系アビリティを封じつつ大ダメージを狙える構成。共鳴スピードの泣き所であった火力の低さを速烈で補えるという理想的な組み合わせとなっている。
とはいえ、速烈という事で単機での最大ダメージは闘気に劣る上に、ステ配分がアタックが一番低い構成と、性能としては微妙さが目立つ。
スピードは共鳴が発動できればすぐに補えるが、火力面は機体Lv向上、パーツ選定、パイロット選定などキッチリやれることはやりたい。その点では一番高いHPで最低限の耐久性は確保できるのでパイロットはアタック・スピードに秀でた者を選びやすいのは利点(とはいえ用途的に1発耐えれればいい程度なので過度な被弾は禁物)。
その構成上乗せるパイロットはスピバ先攻クリ確(専用機補正も取る場合はB1弾Rバナージ)が良いだろうか。本機はクリティカル重視型の成長タイプも相まって高い火力を発揮してくれる。本弾Pアムロもスピバかつ火力重視、撃破するごとにさらに火力アップがあるためチョイスとしては有用。アビリティの都合上、スピバ以外を載せにくい(共鳴を使わない場合他のカードを使った方がよくなる)という欠点…と言い切りにくい微妙な点も垣間見えるが、スピバを投入しにくい場合は素直に投入を見送るなど開き直る事・・・もとい、思い切りの良い決断が大切。
必殺コストも高燃費の7だが、Z1弾Pに比べて500も上がっており歴代最強のラウズドライブとなっている。
対人ルール戦ではスピバ封じで恒例のBG5弾Pクリムの存在がチラつくが、ピンポイントで投入して相手が十全に反応できなくすれば上出来の部類だろうか。迅雷・ファンネル(特に同弾ANストフリ)・フルドライブあたりはぶち当たってもしょうがないところだが、その横にBG3弾Pトラバーや鉄血3弾SECX1フルクロスのような武闘持ちが並んでいる構成は良くある為、彼らの役目を奪い、相手チームに一矢報いる事は十分に可能。

プロモーションカード

ZPR-001-タイプアタッカー
ステータスHP 1700アタック 2000スピード 2200
必殺技ビーム・サーベル4000コスト5MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考トライエイジトーナメント第13〜14回大会抽選参加記念カードにして、「ジオンの興亡」プロモーションカード1番となるカード。人気機体という事もあってか、「BUILD MS」期でもイベント配布された(しかも2回)。
基本性能は平凡なC相当(Z1弾平均)だが、スピードが若干高いアタッカー。低燃費必殺とアビリティ・速烈の2点により、見た目以上の高火力を発揮する。レベルを上げれば当然使いやすくなる初心者向けのカードとも言うべきか。
パイロットについては低めのHPを補えるパイロットをチョイスしてフォローしてやるのがいいだろう。速烈も生かしたいため、出来ればスピードバーストで高HP型のパイロットがいいか。B1弾Rバナージならバランスの良いステータスと専用機補正・スキル・覚醒もあり十分な活躍が可能。最近排出のバナージはスピードバーストが多いので生かしやすいはず。
BPR-044-タイプディフェンダー
ステータスHP 3200アタック 2800スピード 1600
必殺技NT・ラウズドライブ4600コスト6MSアビリティ装甲
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考ガンダムUC episode7「虹の彼方に」一般上映の劇場来場者配布カード。
ステータス合計値は7600。B弾M性能カードであり、作中最後に見せた奇跡をイメージしたHP重視の装甲持ちと、上記ジオンの興亡PRカードよりも性能が上のカード。ただ、本機はクリティカル重視型であるが故に防御力が低い=アビリティの発動率が低いというZ4弾Pの赤枠と同じジレンマに悩まされる可能性がある。必殺技の1コストあたりの威力は上記PRカードと全く変わらず、むしろコスト不相応である(だいたい高レアのコスト6は威力5000が平均的)。昨年(2013年)5月に「BUILD MS」にリニューアルして以来1年弱排出が無いので、排出カードを持っていないGコマンダーはぜひとも入手しておきたい。
もちろんカード左上には、昨年配布のバンシィ・ノルンと同様に、ガンダムUCのロゴが付く。昨年イベント上映ではかなり早いスピードで無くなっているため、今回も入手はお早めに。
絵柄も本編最終決戦に準ずる。
証言者は前回から引き続き迷子のグフ重装型のパイロットさん。再び起こった人の心の光が放つ奇跡を見て戦闘意欲もすっかり失せ、立ち寄った町の復興作業を手伝っているご様子、そしてその町が自分が向かっていたトリントンだと今回のインタビューでやっと気付いた模様。無印弾、Z弾、B弾とプロモ出展に於ける足掛け2年の長き旅の終わりであった。
TPR-023-タイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2200
必殺技NT・ラウズドライブ3400コスト4MSアビリティ不沈
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバナージ・リンクス
バナージ・リンクス&オードリー・バーン(OA4弾〜)
備考トライエイジトーナメント参加賞(2016年6月〜)。
性能としては、フラットな配布の不沈持ち。

機体解説


ガンプラについては現在のところガンプラエキスポ(および限定品販売一部イベント)の限定品および、
 MGフルアーマーユニコーンガンダム、HGUCおよびRG(上記リンク)の本体部分、プレバンで販売されたPGの最終決戦仕様のみ。
限定品つながりでセブンイレブンバージョンもあるがこちらは装甲の一部も緑となっているほか、サイフレの色素が微妙に異なっている。
登場作品機動戦士ガンダムUC
開発系統RXシリーズ(サイコフレーム)(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ビーム・サーベル
※背部右側にマウントしている方を使用
打撃
射撃武器ビーム・マグナムビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
双撃ビーム・トンファー(左腕)打撃
ビルドMSB7弾
証言
特記事項デストロイモードの頁にある通り、連邦系には該当しない
SPではモビルスーツアビリティの象徴として描かれている。

ユニコーンガンダムが最大稼動状態になった後
サイコフレームに集積された感応波が増幅され、オーバーロードした状態。(νガンダムの機体説明参照)
この状態になったサイコフレームは緑色に変色を伴いながら虹色の光を放ちつつ
蓄積した感応波を放出、物理エネルギーに変換して一帯に拡散する…サイコ・フィールドの発生を促す。
(フィールド形成と共に物理エネルギーが光の帯として目視できるようになる)

この状態になるとその物理エネルギーを利用して通常のデストロイモードを超えた高速機動を行うことや
デストロイモード時にも使用したサイコミュ・ジャックの範囲を拡大し、
(おそらく)サイコミュが採用されている機体の機体動作を鈍らせる(金縛りのような描写)事が出来、
さらにサイコフレームを使った建造物なら機体を通して遠隔操作することも可能。
※デストロイモード時のシールドはサイコフレームが露出しているので
それを利用してファンネルの様に操作(シールドファンネル)、防御と攻撃を同時に行った

さらには他のサイコフレーム採用機が間近にいれば共鳴現象を起こし、
他のサイコフレーム搭載機体のパイロットとも意思を統一させる事で、
サイコ・フィールドの範囲の拡大や意思統一したパイロットと感覚の共有、そのパイロットも上記のような事も可能になる(はず)。
劇中ではリディ・マーセナス搭乗のバンシィと連携、フル・フロンタルシナンジュを追い詰めた(原作小説版)。

νガンダムに使用されたサイコフレームはコックピット周辺のみと少量であったため
オーバーロードする(ほどの感応派を集めるため)にはその分沢山の人の意思が集中する必要があったが、
ユニコーンガンダムはその圧倒的なサイコフレームの使用量により
単機(パイロット一人)でのオーバーロードを可能にしている。
ただ、これはこの時点での成長、肥大化したバナージの能力による所も大きいと思われる。
(そもそもユニコーンは登録認証制の機体システムのため、バナージ以外は起動する事も出来ないが)

上記の通り、驚異的・超常的な性能を発揮するが、通常のデストロイモード時よりも
サイコフレームの感応波に敏感になるため、一歩間違えばパイロットが廃人と化す
所謂諸刃の剣ともいえる状態である。

OVA版のep5(原作では7巻)にて、エンジン故障で地球に落下しようとしていたガランシェールを、ネェル・アーガマから射出されたテザー・ケーブルと連結しようとそれをつかむ(Z1弾Cのイラスト)もガランシェール側に僅かに届かず、機体が裂けそうになり万事休すと言った展開にて、サイコフレームが赤から緑に変化。
アクシズ・ショックで見られたものとほぼ同じ現象によって、ガランシェールを大気圏から引っ張り上げることに成功する。
意訳すると
アムロ「ふざけるな!たかが貨物船一隻ガンダムで引っ張り上げてやる!!」
となる。

その後、ep7での戦闘の最中に、フルアーマー形態から武装を切り離し、ネオ・ジオングと対峙した後はこちらを参照。

※なお(覚醒)とは推測だが、本機の形態名称は変わらずデストロイモードである事から(劇中でも覚醒…などと言及はされなかった)
区別するためにトライエイジスタッフが付けた名称であると予想されるが
サイコフレームの未知なる領域を引き出した状態と解釈すれば「覚醒」という見方もあながち間違いではない。
なお、ガンプラエキスポ限定である同MSのガンプラについても、当初商品名は覚醒カラーバージョンであった。

実際の商品名はグリーンフレームバージョンであり、
以後も「覚醒仕様」(一番くじ)、「緑発光バージョン」(ガシャポン)、
デストロイモードのまま(ソーシャルゲームなど)等様々な名称が使われることとなる。
ep7で登場するFAユニコーンは当初は緑サイコフレームで統一…だったのだが、
本ゲームを皮切りに赤サイコフレームバーションも徐々に登場(アニメ版設定画は赤サイフレが初出)。名称の複雑化は止まらず、ますます加速する傾向に。
さらに外観は同じ緑色のサイコフレーム+サイコフィールドを纏ったユニコーンガンダム(シールドファンネル装備)というものまである。
本ゲームでの名称はユニコーンガンダム(覚醒)。本Wikiでの略称は覚醒ユニコーンで統一している。

上位演出技:NT・ラウズドライブ
右腕のビーム・トンファーで斬りつけながら敵の背後に回り、左腕のビーム・トンファーで斬り上げ
最後は両腕のビームトンファーを交差させて振り下ろす。
敵隊長機、もしくは戦闘の勝敗が決まる撃墜時(対戦時も含む)に機体のバストアップが入るが、
トドメ演出に移行しない状況下で敵機を撃墜した場合、
相手パイロットの撃墜セリフが出るタイミングで上方へと飛び去って離脱する。
※「凄い機体だ!」ボイスはB3弾で削除・・・されたが、B7弾で復活した。
また、BG1弾頃からEXもこちらの演出に変更された。

デストロイモードの特徴である高機動性がよく表れている必殺技。
最後の交差斬りはepisode3でのアンジェロ専用ギラ・ズールの四肢を切断した攻撃の再現か。
タグ

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です