デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

小隊編成時につけられるチームの名前・''チーム名''について(旧[[ドラマティックボーナス]]、[[チームボーナス]])。
&color(#ff0000){現在は補正等はつかないので注意}。
「SP」攻略本発売によって(一部誤植があり不安要素こそあれ)''全優先順位が出そろった''。
大体書き換え完了。
#contents
*小隊編成とチーム名
本ゲームでは、最大3機のMSと3人のキャラクター(カード6枚)で''小隊(チーム)''を結成する。
その際につけられるのが、''チーム名''である。
横にはレアリティによりチームのランクがSS〜Cまでの段階で評価される。
この際特定の機体・パイロットの組み合わせでチーム名が''特殊な名称''に変化することがあるが、
「ジオンの興亡」1弾でこれらのボーナス値が消滅し&color(#ff0000){性能等に特に違いはなくなった}。
そのあたりは旧ダイスオーと同様の流れをくんだと思えばよい。
※これにより、''レアリティでの得手・不得手がなくなった''。
 過去弾のPは若干弱体化、過去弾M性能プロモ等は相対的に強化されたといえる。
 とはいえ、使いたいパイロットや状況により選ぶのが良い

・なお、「インフィニティレッド」のような機体色条件、「GUN−フォース」「ジオンの魂」のような系統条件の場合、
それらはすべて[[パイロットスキル]]の''「赤いMS〜」「ガンダム系〜」等と条件を共有する''。
覚えておくと小隊編成時に役立つ。
&color(#ff0000){''※重要度の高いものは後述の「その他特殊系統一覧」を参照''}

*特殊チーム名(旧ドラマティックボーナス)
原作に関係のあるキャラクターや機体など、特殊な条件で発動することがあるチーム名。
この際、機体やキャラに''レアリティは関係なく、どのカードでも同じように発動する。''

機体とパイロットで同時に条件を満たした場合''パイロットの方が優先して発動され''、
&size(14){''(一部を除き、本ページで上に書かれているほど発動優先度が高い。)''}

''「ジオンの興亡」以降の参戦機体・パイロットは、ジオン系・サイコフレーム所持機等の特殊な系統にのみつけられる''。
「時代を継ぐ少年達」にドモンが入ったように適宜修正の可能性もあるが、上記のようにステータス上昇も特殊チーム名も消えたため、
''少なくとも現時点では追加検証の必要性は低いものとなっている''。
逆に6弾以前の参戦MS・パイロット…殊に「AGE」系の特殊組み合わせは非常に多く、
現時点でのカード排出が(特にパイロット面が)少ない点を差し引いても優遇されているといえる。
*通常チーム名(旧チームボーナス)
特殊チーム名に属しない組み合わせの際は、''通常チーム名''が設定される。
こちらもレアリティに違いはない。
*チーム名(パイロット条件系)
[+]※SP版でもステータス上昇も無く、既に死にステータスなので畳んでいます。
上に書いてあるものから優先して効果が発動する。
|!名前|''プロジェクト・エデン''|
|!使用カード|[[イゼルカント>フェザール・イゼルカント]]・[[ゼハート>ゼハート・ガレット]]・[[フラム>フラム・ナラ]]の3人|
|!実装弾・~~追加|6弾:実装|
|!備考|>|「ガンダムAGE」終盤の敵キャラ達。終盤実装という事もありパイロット条件では最優先となる。~~地形を選ぶイゼルカントが現在は厳しいが、ゼハートを6弾Mにすれば絆カウンターも発動できて便利。フラムもB4弾で高レア化し、ビルドアクションなどでコスト面を補強すれば十分実戦に耐えうる。ザナルドは含まれない。|

|!名前|''次代への選択''|
|!使用カード|[[キオ・アスノ]]と[[フェザール・イゼルカント]]|
|!実装弾・~~追加|6弾:実装|
|!備考|>|「両雄結束」変型の一つで、キオとイゼルカントで発動する。上記と重複するが地形を選ぶイゼルカントが厳しめ。なぜXラウンダーではないのか…~~[[キオ&フリット>キオ・アスノ&フリット・アスノ]]では「SP」攻略本通りなら発動できない。|

|!名前|''復讐という名の赤''|
|!使用カード|[[シャア・アズナブル]]・[[クワトロ・バジーナ]]・[[シャア・アズナブル(CCAバージョン)]]の3人|
|!実装弾・~~追加|6弾:実装|
|!備考|>|別時代のシャア3人で組むことができる、''同一人物の特殊チーム名''。Z1弾Pシャアをはじめとして高レアが多数存在するが排出が極端に少ないクワトロが大変。~~なお、1stシャア枠はキャスバルで代用できない。|

|!名前|''アスノ家の血統''|
|!使用カード|[[キオ・アスノ]]・[[キャプテン・アッシュ]]・[[フリット キオ編Ver>フリット・アスノ(キオ編バージョン)]]の3人|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装|
|!備考|>|「英雄の一族」の更なる変型。全員をキオ編時の容姿でそろえることで発動できる。無印弾カードが中心になるが現在でも若干数排出はあり、B8弾Rアッシュという選択肢も。~~「SP」攻略本にはカードで存在しないはずの''アセム(キオ編バージョン)''もここに含まれるとの記載。|

|!名前|''プルシリーズ''|
|!使用カード|[[プル>エルピー・プル]]・[[プルツー]]・[[マリーダ>マリーダ・クルス]]の3人|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装|
|!備考|>|ネオジオンのニュータイプの人工量産化計画であるプルシリーズの3人によるボーナス。~~マリーダにはバーストレベル3がB8弾現在2枚、プルも2枚存在するが、そうなるとプルツーが厳しめ。|

|!名前|''戦場を駆ける仮面''|
|!使用カード|[[シャア>シャア・アズナブル]]・[[ミスター・ブシドー>ミスター・ブシドー]]・[[ゼハート>ゼハート・ガレット]]の3人|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装|
|!備考|>|5弾通常最終ミッション「仮面武闘会」である。皆つけている理由は違うが。~~仮面をファッションのようなものと言ったためかフロンタルは対象外。その後に登場した仮面所持者…[[メイジン>メイジン・カワグチ]](サングラス)や[[クロノクル>クロノクル・アシャー]](マスク)、[[アイラ>アイラ・ユルキアイネン]](ヘルメット)もすべて対象外。よくよく考えると正しく仮面になっているパイロットの方が少ないので[[ゼクス>ゼクス・マーキス]]が正式参戦すればあるいは…|

|!名前|''追いかける執念''|
|!使用カード|[[カミーユ>カミーユ・ビダン]]と[[ジェリド>ジェリド・メサ]]|
|!実装弾・~~追加|5弾?:実装|
|!備考|>|「両雄結束」の変型。何度も機体を変えて追い続けたジェリドの執念・・・といったところか。~~なお、実装弾が「?」になっているのは、当時SPカードパックのみのパイロットであったため。現在は排出でも存在する。|

|!名前|''英雄の一族''|
|!使用カード|[[フリット キオ編Ver>フリット・アスノ(キオ編バージョン)]]または[[フリット フリット編Ver>フリット・アスノ]]・[[アセム>アセム・アスノ]]・[[キオ>キオ・アスノ]]~~[[キオ・アスノ&フリット・アスノ]]は含まない|
|!実装弾・~~追加|4弾:実装 5弾:フリット編版を組み合わせたときに変化あり|
|!備考|>|「時代を継ぐ少年達」の変型。キオ編フリットを組み合わせると優先してこちらに。また、5弾ではフリット編フリットを組み合わせても「時代を継ぐ少年達」に優先してこちらになるように修正。4弾PVの最初=''ガンダムAGE主人公3人そろい踏み''である。~~キオ編の容姿同士で組み合わせることで上記「アスノ家の血統」に。|

|!名前|''時代を継ぐ少年達''|
|!使用カード|[[アムロ>アムロ・レイ]]・[[バナージ>バナージ・リンクス]]・[[フリット(フリット編バージョンのみ)>フリット・アスノ]]・[[キラ>キラ・ヤマト]]・[[アセム>アセム・アスノ]]・[[カミーユ>カミーユ・ビダン]]・[[キオ>キオ・アスノ]]・[[ジュドー>ジュドー・アーシタ]]・[[ドモン>ドモン・カッシュ]]・[[ヒイロ>ヒイロ・ユイ]]・[[1st刹那>刹那・F・セイエイ(1st)]]の中から3人~~キオは[[キオ・アスノ&フリット・アスノ]]も含む。記載以外のバージョン違いパイロットでは発動しない。|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装 2弾:キラ追加 3弾:アセム・カミーユ追加 4弾:キオ追加 5弾:ジュドー追加、フリット・アセム・キオを組み合わせたときのボーナス変更(上記)~~Z1弾:ドモン追加 Z3弾:ヒイロ追加 B2弾:刹那(1stシーズン)追加|
|!備考|10代の少年の主人公同士。ほとんどがPを備えたパイロット条件系最大の戦力。なお、キオ&フリットでもキオの代わりとして発動可能。~~''刹那はB2弾以降の1st版のみ対応。''[[コウ(19)>コウ・ウラキ]]と[[シロー(24)>シロー・アマダ]]、[[ユウ(23)>ユウ・カジマ]]も少年ではないからなのか含まれない。''しかし二十歳のドモンは含まれる。~~上記の通りB3弾で参戦したTV最新作の主人公の2人も含まれず[[合体版>イオリ・セイ&レイジ]]も同様というあんまりな結果になった。''正規ガンダム作品''かつ「UC」を除いてはTV作品に限られるのだろうか。B8弾の2人は未検証事項。|

|!名前|''エース・オブ・エゥーゴ''|
|!使用カード|[[カミーユ>カミーユ・ビダン]]・[[クワトロ>クワトロ・バジーナ]]・[[エマ>エマ・シーン]]|
|!実装弾・~~追加|4弾:実装|
|!備考|>|Zガンダムにおけるエゥーゴのパイロット達。カミーユかクワトロを5弾で追加されたCPにすることで絆カウンターも無理なく使えるようになる。|

|!名前|''ホワイトウルフ隊''|
|!使用カード|[[アセム>アセム・アスノ]]・[[ウルフ(アセム編バージョンのみ)>ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)]]・[[オブライト>オブライト・ローレイン]]・[[マックス>マックス・ハートウェイ]]・[[アリーサ>アリーサ・ガンヘイル]]から3人|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装|
|!備考|>|アセム編におけるディーヴァMS隊・ウルフ隊を組むとこのボーナスに。組む場合、カードが豊富なアセム・ウルフにもう一人という構成が鉄板か。幸いにして3人共バーストがばらけているので目的にあったパイロットを起用すればバランスが取れるか。|

|!名前|''キングオブエース''|
|!使用カード|[[アムロ>アムロ・レイ]]・[[シャア>シャア・アズナブル]]・[[ガトー>アナベル・ガトー]]|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装|
|!備考|>|3人とも一年戦争時代のエースパイロットである。ただし、出演作品の関係でガトーだけ3年後の姿だが…。~~0弾時点では最強のボーナスがかかる部隊であった。ガトーについてもおなじみ「鬼気迫るプレッシャー」持ちのB2弾Pなど、Z弾以降で強力なものが揃いつつある。そんな中通常バージョンのアムロ・シャアの排出は少なめ。|

|!名前|''ニュージェネレーション''|
|!使用カード|[[フリット(フリット編バージョンのみ)>フリット・アスノ]]・[[ウルフ(フリット編バージョンのみ)>ウルフ・エニアクル]]・[[ラーガン>ラーガン・ドレイス]]|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装 3弾:アセム編バージョンでは''発動しない''|
|!備考|>|「ガンダムAGE」フリット編におけるディーヴァMS隊。デッキセットのものでも当然発動させることができる。高レア同士だとアタック・スピード・ディフェンスをバランスよく兼ね備え、現在でもカード毎の役割分担がはっきりしており初心者にはちょうど良いか。「絶妙な連携」持ちB1弾Cウルフという選択肢もあり。|

|!名前|''ジオンの名の元に!''|
|!使用カード|[[シャア>シャア・アズナブル]]・[[ガルマ>ガルマ・ザビ]]・[[ガトー>アナベル・ガトー]]|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装|
|!備考|>|キングオブエース・ジオン版ともいえる組み合わせ。ガルマを5弾CPにすれば自動で絆カウンター発動可能。ガトーは上記のように使いやすくなった。|

|!名前|''G−ライバル''|
|!使用カード|[[デシル>デシル・ガレット]](フリット編Ver・アセム編Verとも)・[[シャア>シャア・アズナブル]]・[[ガトー>アナベル・ガトー]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装|
|!備考|>|2弾時点での各作品におけるライバル同士の組み合わせ。当時からいたはずのリボンズ・フロンタルなどはなぜか含まれない。|

|!名前|''愛や憎しみを超えた宿命''|
|!使用カード|[[刹那>刹那・F・セイエイ]]・[[ミスター・ブシドー>ミスター・ブシドー]]~~刹那1st版は未検証、含まれない可能性が高い|
|!実装弾・~~追加|4弾:実装|
|!備考|>|00系における「両雄結束」の変形にして刹那初の特殊チーム。名前の元ネタはミスター・ブシドーの劇中台詞から。カード的には劇場版準拠のZ2弾P刹那でも中は同じの為当然発動。|

|!名前|''運命のいたずら''|
|!使用カード|[[カミーユ>カミーユ・ビダン]]と[[フォウ>フォウ・ムラサメ]]~~[[フリット>フリット・アスノ]]と[[ユリン>ユリン・ルシェル]]~~なお、フリットは[[アセム編Ver>フリット・アスノ(アセム編バージョン)]]・[[キオ編Ver>フリット・アスノ(キオ編バージョン)]]も含む|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装 4弾:キオ編フリット追加|
|!備考|>|原作で悲劇的な別れを経験した両名で発動。~~フリットは''全バージョンで発動可能''。ユリンの悲劇を引きずっているからなのか。~~何気にカードに強力なものが多いパイロットが対象なので割と実戦級、ユリンは6弾Mで絆カウンターを使える(フリット編のみ)。~~元祖運命のいたずらのはずのアムロそしてシャアとララァでは発生しない。|

|!名前|''コーディネイターズ''|
|!使用カード|[[キラ>キラ・ヤマト]]と[[アスラン>アスラン・ザラ]]~~[[シン>シン・アスカ]]と[[ルナマリア>ルナマリア・ホーク]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装 B4弾:シンとルナマリア追加|
|!備考|>|当然の組み合わせであり、「両雄結束」の変型。5弾では、''キラとアスランを絆カウンター設定することで確実に発動した''ため見る機会も増えた。B4弾ではシンとルナマリアも加わっており、ルナマリアを同弾Mにすることで絆カウンター可能。|

|!名前|''宿命の兄妹''|
|!使用カード|[[セイラ>セイラ・マス]]と[[シャア>シャア・アズナブル]]|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 1弾:優先度変更|
|!備考|>|原作では軍の違う兄妹であり、サブタイトルにもなっている。キャスバルとアルテイシアでは適用されない様子。|

|!名前|''両雄結束''|
|!使用カード|[[コウ>コウ・ウラキ]]と[[ガトー>アナベル・ガトー]]~~[[アムロ>アムロ・レイ]]と[[シャア>シャア・アズナブル]]~~[[フリット>フリット・アスノ]]と[[デシル>デシル・ガレット]]~~[[アセム>アセム・アスノ]]と[[ゼハート>ゼハート・ガレット]]~~[[フリット アセム編Ver>>フリット・アスノ(アセム編バージョン)]]と[[デシル アセム編Ver>デシル・ガレット(アセム編バージョン)]]~~[[ジュドー>ジュドー・アーシタ]]と[[ハマーン>ハマーン・カーン]](両バージョンとも)|
|!実装弾・~~追加|0弾以前:実装 2弾:フリットとデシル追加 3弾:アセムとゼハート追加 4弾:アセム編における組み合わせ追加 5弾:ジュドーとハマーン追加|
|!備考|>|各作品の主人公とライバルで発動される特殊チーム名。アッシュとゼハート、クワトロとハマーン等、その時点での主人公以外では発動しない。キオはイゼルカントと発動、刹那はブシドーと発動(上記)。~~なおハマーンはのちにバージョン分けされたが、どちらでも発動する。|

|!名前|''ブーケ・オブ・ローズ''|
|!使用カード|パイロットが全員女性~~[[セイラ>セイラ・マス]]、[[ララァ>ララァ・スン]]、[[アイナ>アイナ・サハリン]]、[[クリス>クリスチーナ・マッケンジー]]、[[シーマ>シーマ・ガラハウ]]、[[ハマーン>ハマーン・カーン]]、[[プル>エルピー・プル]]、[[クェス>クェス・パラヤ]]、[[マリーダ>マリーダ・クルス]]、[[ロニ>ロニ・ガーベイ]]、[[セシリー>セシリー・フェアチャイルド]]、[[カガリ>カガリ・ユラ・アスハ]]、[[ルナマリア>ルナマリア・ホーク]]、[[ユリン>ユリン・ルシェル]]、[[フラム>フラム・ナラ]]、[[チナ>コウサカ・チナ]]、[[アイラ>アイラ・ユルキアイネン]]等''女性パイロット''から3人|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 2弾:スペシャルカードパック先行でユリン追加 3弾:アリーサ、エマ、フォウ追加 4弾:ハマーン追加 5弾:ルー、プル、プルツー追加 6弾:フラム追加|
|!備考|>|女性だけで構成された小隊。女性なら誰でも発動できる。昔に比べ随分と使いやすいカード・面白いカードも増えた。上記は''通常排出で高レア(M以上)の存在するパイロット達''であり、他にも大量に存在する。~~唯一のP女性パイロット・アイラを筆頭に強力な女性が揃うB4弾・M内に2枚存在するB8弾あたりからそろえたい。~~なお、B3弾参戦の[[マオ>ヤサカ・マオ]]は劇中で「マオ''君''」と呼ばれる男性、含まれない。プルシリーズ3人で揃えると上記。|

|!名前|''レッドブラッド''|
|!使用カード|[[シャア>シャア・アズナブル]]・[[フロンタル>フル・フロンタル]]~~シャアのバージョン違いはすべて含まれない|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装|
|!備考|>|赤い彗星とその再来、声優も一緒。[[シナンジュ]]の上位演出技名にもなっている赤い彗星の血統である。~~どちらのパイロットもカードが豊富なため様々な戦術を組める。フロンタルにもB7弾でようやくPが追加、スキル発動条件は難しいが強力。~~なおこの2人のみの発動であり、クワトロやCCAシャア、キャスバルは発動しない。|

|!名前|''栄光のザビ家''|
|!使用カード|[[ドズル>ドズル・ザビ]]・[[ガルマ>ガルマ・ザビ]]|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装|
|!備考|>|ザビ家の兄弟でMSの操縦ができる者同士、ある意味当然の組み合わせ。|

|!名前|''戦闘部隊''|
|!使用カード|強化人間~~[[フォウ>フォウ・ムラサメ]]・[[ロザミィ>ロザミア・バダム]]・[[プル>エルピー・プル]]・[[プルツー]]・[[マリーダ>マリーダ・クルス]](全バージョン)・[[マシュマー>マシュマー・セロ]]・[[ギュネイ>ギュネイ・ガス]]・[[フロンタル>フル・フロンタル]]・[[ピーリス>ソーマ・ピーリス]]の中から2人|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 1弾:フロンタル追加 3弾:フォウ追加 5弾:プル、プルツー追加|
|!備考|>|後天的に戦闘能力を与えられた共通点がある。6弾まではフロンタル以外は全員女性なので「ブーケ・オブ・ローズ」にもなりやすかった。~~Z1弾でギュネイ、B3弾でマシュマーが加わったので3人とも男性の強化人間でも組めるようになった。~~また、プル、プルツー、マリーダの3人だと上記「プルシリーズ」になる。バンシィパイロットスーツ版はB7弾で区別されたが当然入る。|
[END]

*チーム名(MS条件系)
[+]※パイロット条件系と同様、畳んでいます。~~未だ機能しているもののみ厳選して後述に記載していますので現在はそちらを参照。
上に書いてあるものから優先して効果が発動する。
パイロット系と同時に条件を満たす場合、特に記載のない場合''パイロット側が優先される''。
ただし、「レジェンドオブG」・「自由と正義の旗印」はパイロット条件に優先して発動する。
|!名前|''レジェンドオブG''|
|!使用カード|[[νガンダム]]・[[ZZガンダム]]・[[Zガンダム]]の3機で発動を確認|
|!実装弾・~~追加|6弾:追加|
|!備考|>|文字通り伝説のガンダム達。6弾の最終ミッションつながりである。昨今からするとZZが不憫に見えるがビルドMS版で補強したい。もちろんFAZZ・Hi−νは対象外(未検証)。~~''パイロット条件に優先して発動する''、通常排出では''最優先チーム名である''。|

|!名前|''自由と正義の旗印''|
|!使用カード|[[フリーダムガンダム]]・[[ジャスティスガンダム]]の2機|
|!実装弾・~~追加|6弾:追加|
|!備考|>|「G兵器」の変型で当然の組み合わせ。「ラクス・クラインの剣」。ミーティア装備は含まれない(要検証)。~~こちらもパイロット条件に優先して発動する。|

|!名前|''共鳴する波動''|
|!使用カード|[[ユニコーンガンダム(デストロイモード)]]・[[バンシィ(デストロイモード)]]・[[シナンジュ]]・[[クシャトリヤ]]・[[νガンダム]]・[[サザビー]]・[[ユニコーンガンダム(覚醒)]]・[[FAユニコーンガンダム(ユニコーンモード)]]・[[バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)]]・[[ローゼン・ズール]]・[[Hi−νガンダム]]・[[FAユニコーンガンダム(デストロイモード)]]・[[バンシィ・ノルン(デストロイモード)]]・[[ネオ・ジオング]]・[[シャンブロ]]・[[FAユニコーンガンダム・プランB>ビルドMS(ビルドMS)#14]]の中から3機(重複不可)|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装 6弾:条件正式判明、νとサザビー追加 Z1弾:覚醒ユニコーン追加 Z4弾:FAユニコーン(U)とノルン(U)とローゼン追加 B5弾:Hi−ν追加 B7弾:FAユニコーン(D)、ノルン(D)、ネオ・ジオング、シャンブロ、プランB追加|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装 6弾:条件正式判明、νとサザビー追加 Z1弾:覚醒デスコーン追加 Z4弾:フルコーンとNとローゼン追加 B5弾:Hi−ν追加 B7弾:フルD、ND、ネオング、シャンブロ、ANAコーン追加|
|!備考|>|UC系・逆シャア系で実装された、''サイコフレーム搭載MS3機''のボーナス。当初はパイロット系だと思われてきたが、6弾で正式に条件が判明した。~~その後に追加された「UC」のサイコフレーム搭載機体もすべて入る。P・CP・M・ビルドと多数が存在するため選択肢は豊富。|

|!名前|''災厄の終焉''|
|!使用カード|[[ガンダムレギルス]]、[[フォーンファルシア]]、[[ザムドラーグ]]から2機(重複不可)|
|!実装弾・~~追加|6弾:追加|
|!備考|>|「火星からの襲来」の変型。~~長らく条件は確定していなかったが、「SP」攻略本の仕様をそのまま使用。|

|!名前|''エヴォリューションAGE''|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−FX]]と~~([[ガンダムAGE−1 ノーマル]]・[[ガンダムAGE−2 ノーマル]]・[[ガンダムAGE−3 ノーマル]])の中から2機|
|!実装弾・~~追加|6弾:追加|
|!備考|>|「ジェネレーションAGE」の変型。FXを中心として発動する3機チームである。~~すべてノーマル以外のウェア及びAGE1フラット・AGE2SPVerは対象外。|

|!名前|''ジオン水中部隊''|
|!使用カード|[[ズゴック(シャア専用機)]]、[[ズゴック(量産型)]]、[[アッガイ]]、[[ハイゴッグ]]の中から3機(重複不可)|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装 6弾:ハイゴッグ追加|
|!備考|>|5弾のメイン機体・水陸両用MSで組むとこちらに。ジオン水泳部言わない。重複させると「ジオンの魂」に。|

|!名前|''コンプリートAGE−2''|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−2 ノーマル]]([[SP>ガンダムAGE−2 SPVer.]])・[[ガンダムAGE−2 ダブルバレット]]・[[ガンダムAGE−2 ダークハウンド]]・[[ガンダムAGE−2 アルティメス]]の4機|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装、B2弾:アルティメス(ビルドMS)追加、B3弾:アルティメス追加|
|!備考|>|5弾でガンダムAGE−2の機体バリエーションであるダークハウンドが参戦、AGE−2のバリエーション3機小隊が組める事によっての実装。先に実装されたコンプリート・オブ・AGE−1の類型。余談だが改造機であるダークハウンドはGウェアではないのだが、ゲイジング商品・ゲイジングハロには''「GウェアB」''という形で登録されている。~~ダークハウンドはAGEシステム非対応だが、それが長所でもあり短所でもある。ビルドMSも織り交ぜればAGEシステムも集中可能。|

|!名前|''コンプリートAGE−3''|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−3 ノーマル]]・[[ガンダムAGE−3 フォートレス]]・[[ガンダムAGE−3 オービタル]]の3機|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−3 ノーマル]]・[[ガンダムAGE−3 フォートレス]]・[[ガンダムAGE−3 オービタル]]の3機|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装|
|!備考|>|4弾先行時点では「GUN−フォース」だけ発動していたが、オービタルが正式排出されたことにより発動できるようになったAGE−3の3形態ボーナス。~~合体換装での高火力が期待できるチームであり、実装当時である無印弾では''全機合体換装''という思いっきり偏ったチームだった。B弾ではビルドMS実装・オービタルの速烈排出もあり若干は使いやすくなったか。~~AGE−1・AGE−2と違い、AGEシステムも必ず分散するので使う機体は良く選びたい。|

|!名前|''ガンダムチーム''|
|!使用カード|[[ZZガンダム]]と~~[[Zガンダム]]・[[百式]]・[[ガンダムMk−II(エゥーゴ仕様)]]の中から2機|
|!使用カード|[[ZZガンダム]]と~~[[Zガンダム]]・[[百式]]・[[ガンダムMk−II(エゥーゴ仕様)]]の中から2機|
|!実装弾・~~追加|5弾:実装|
|!備考|>|サイン・オブ・ゼータの派生でZZガンダムを中心として発生する。|

|!名前|''ジェネレーションAGE''|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−1 ノーマル]]もしくは[[ガンダムAGE−1 フラット]]・[[ガンダムAGE−2 ノーマル]]・[[ガンダムAGE−3 ノーマル]]の3機|
|!実装弾・~~追加|3弾:先行使用カードで追加 4弾:追加|
|!備考|>|だれもが真っ先に思い付く「ガンダムAGE」主役機そろい踏み。4弾PVの最初に出てくる3機で発動できるため、フラットも対象となる。~~4弾稼働直前に発売されたコロコロ付録冊子でも発動できるとされているのだが、''パイロットがすべて専用機だとボーナスの優先順位のせいで「英雄の一族」になってしまう(付録冊子時点では「時代を継ぐ少年達」)ため写真自体にミスがあるのは御愛嬌。''~~AGE1・AGE2・AGE3いずれもノーマル以外のウェアは対象外。|

|!名前|''栄光のディーヴァ!''|
|!使用カード|[[Gバウンサー]]、[[ガンダムAGE−1 ノーマル]]もしくは[[ガンダムAGE−1 フラット]]、[[ガンダムAGE−2 ノーマル]]もしくは[[ガンダムAGE−2 ダブルバレット]]の3機|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装|
|!備考|>|新旧のディーヴァMS隊で構成。アセム編の連邦最強メンバー3機と言える。パイロットをすべて専用機にしても発動する。|
|!備考|>|新旧のディーヴァMS隊で構成。アセム編の連邦最強メンバー3機と言える。パイロットをすべて専用機にしても発動する。|

|!名前|''サイン・オブ・ゼータ''|
|!使用カード|[[Zガンダム]]・[[百式]]・[[ガンダムMk−II(エゥーゴ仕様)]]の3機~~ガンダムMk−IIは[[ティターンズ仕様>ガンダムMk−II(ティターンズ仕様)]]でも可|
|!実装弾・~~追加|4弾:実装|
|!備考|>|Zガンダムにおけるガンダム系3機で構成され、「GUN−フォース」の強化版。5弾で追加される「ガンダムZZ」におけるガンダムチームのZZ以外ともいう。~~カミーユ、クワトロ、エマの3人をそれぞれの専用機に乗せると上記の「エース・オブ・エゥーゴ」になる。|

|!名前|''G・トランスフォーム''|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−2 ノーマル]]・[[Zガンダム]]・[[サイコガンダム]]の3機|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装|
|!備考|>|3弾参戦の新アビリティ所持組でのボーナス。なお、ダブルバレットは本弾登場・CPあり・変形持ちだが何故か含まれない。もちろんその後の変形所持機体もすべて含まれない。|

|!名前|''トランザムマスター''|
|!使用カード|[[ダブルオーガンダム]]・[[リボーンズガンダム]]・[[スサノオ]]の3機|
|!使用カード|[[ダブルオーガンダム]]・[[リボーンズガンダム]]・[[スサノオ]]の3機|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装|
|!備考|>|トランザム実装時点の3機で発動。もちろんその後の参戦機体は含まれない。|

|!名前|''ギガンティックスター''|
|!使用カード|[[ジオング]]・[[ビグ・ザム]]・[[サイコガンダム]]の3機|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装|
|!備考|>|超大型のMS・MA同士で発動。スペシャルオペレーション登場組とも言う。不沈と変形の組み合わせで難攻不落を体現できるか。~~ジオングとビグザムは宇宙専用機の適正なので出撃する戦場には注意。|

|!名前|''インフィニティレッド''|
|!使用カード|[[赤い機体>機体特殊系統#red]]3機(同一機体も含む)|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装 4弾:ギラーガ追加 5弾:ズゴッグ(シャア専用機)等追加 6弾:サザビー・ジャスティス追加 Z3弾:ジョニー専用ザク追加 Z4弾:レッドフレーム追加 B1弾:ルージュ追加 B3弾:ザクアメ追加等|
|!備考|>|基本的に''赤い機体''で発生するがパーソナルカラーも影響しているため、早い話が。これらの機体が&color(#ff0000){「赤いMS」}としてカウントされ、赤い機体を条件とした[[パイロットスキル]]も発動できる。後述するがセプテットも入る・真武者入らない…等赤い(機体色の)機体内でもむらがあるため注意の事。~~[[ビルドファイターズモード]]の[[SPライバル]]枠で登場する[[ユウキ・タツヤ]]のデッキのチーム名はこれ。さすがは「紅の彗星」。実際ユウキの搭乗機体(「A」含む)で赤いのはザクアメ・(洗脳状態で使用した)ダークマターだけなのだが。|

|!名前|''暗黒の狩人''|
|!使用カード|[[黒い機体>機体特殊系統#black]]3機(同一機体も含む)|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装 4弾:ガンダムMk−IIティターンズ仕様追加、先行参戦分でバンシィ追加 5弾:ダークハウンド等追加Z1弾以降:マスター等の黒色機体がおおむね入る|
|!備考|>|こちらは黒い色の機体で発動する…が、上記「インフィニティレッド」と違って黒色を条件とするパイロットスキルが存在しないのが欠点といえるか。バンシィ系やザクエンペラーでも発動できる。|

|!名前|''イノセントカラー''|
|!使用カード|[[ガンダム]]、[[ユニコーンガンダム(デストロイモード)]]、[[ジェノアスカスタム]]|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装|
|!備考|>|白い機体同士でスピードを一気に補正。1弾のボーナスであり''ジェノアスカスタムでしか発動が出来ない''。エグゼスを入れると下記「ホワイト・ビースト」に変化する。|

|!名前|''コンプリート・オブ・AGE-1''|
|!使用カード|[[ガンダムAGE−1 ノーマル]]([[ガンダムAGE−1 フラット]]含む)、[[ガンダムAGE−1 タイタス]]、[[ガンダムAGE−1 スパロー]]、[[ガンダムAGE−1 グランサ]]、[[ガンダムAGE−1 ソーディア]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装(先行分で発動できたかは不明)4弾(3弾先行〜?):フラット追加、6弾:グランサ追加、B1弾:ソーディア(ビルドMS)追加、B2弾:ソーディア追加|
|!備考|>|だれもが真っ先に思い付く、AGE−1の3形態のそろい踏み。全てPで組むとバトルタイプもかみ合った攻撃的なチームに。現在はビルドMSで組んでもいいだろう。B弾ではソーディアも追加。~~また、4弾からはAGE−1フラットでも同様に補正を得られるため、システムの集中がわずかながら強化される。|

|!名前|''Gコラボレーション''|
|!使用カード|[[Gエグゼス]]と[[ガンダムAGE−1 タイタス]]もしくは[[ガンダムAGE−1 スパロー]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装(先行分で発動できたかは不明)|
|!備考|>|「ガンダムAGE」フリット編後半における共闘を再現したボーナス。UEを次々と撃墜していった姿は記憶に新しい。[[ガンダムAGE−1 ノーマル]]とでは''発動しない。''また、この状態でフリット、ウルフ、ラーガンのディーヴァMS隊を完全に再現すると上記「ニュージェネレーション」となる…が、''違うのは名前だけ''。|

|!名前|''ホワイト・ビースト''|
|!使用カード|[[ユニコーンガンダム(デストロイモード)]]と[[Gエグゼス]]もしくは[[ジェノアスカスタム]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装(先行分で発動できたかは不明)|
|!備考|>|文字通り白い獣の機体で発動が可能なボーナス。アタックにも振られるため速烈などがさらに強化される。全身真っ白とはいってはならない。[[Gバウンサー]]やのちの各種ユニコーンガンダムは含まれない。|

|!名前|''GPシリーズ''|
|!使用カード|[[GP01>ガンダム試作1号機フルバーニアン]]と[[GP02>ガンダム試作2号機]]、[[GP03>ガンダム試作3号機]]、[[ガーベラ・テトラ]]|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 2弾:優先度変更|
|!備考|>|当然の組み合わせ。原作では敵同士だが、同じガンダム開発計画の兄弟機。~~「戦闘部隊」よりも優先順位は高かったが2弾で優先順位が下がり、パイロット条件の方が必ず上に来るように修正された。~~B弾現在では[[''開発系統:GPシリーズ''>機体レベル#content_7_8]]の機体が該当する(「SP」攻略本記載なし)。試作1号機(T)・試作2号機(D)は要検証。~~専用機にすると「両雄結束」なので注意。|

|!名前|''G兵器''|
|!使用カード|[[エールストライクガンダム]]と[[イージスガンダム]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装|
|!備考|>|GUN−フォースの変型であり、地球連合の兄弟機。2機だけで発動できる。双方ともに専用機だと「コーディネイターズ」になる。|

|!名前|''GUN-フォース''|
|!使用カード|[[ガンダム系>機体特殊系統#gundam]]3機(同一機体含む)|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 1弾:AGE−1ノーマルなど追加~~2弾:エールストライクガンダムなど追加~~3弾:Zガンダムなど追加 4弾:AGE−3 ノーマルなど追加~~5弾:ZZガンダムなど追加 6弾:AGE−FXなど追加|
|!備考|>|どの作品・時代であろうと、ガンダム系なら何でも発動できるボーナス。高レア・適性に優れたガンダム系ゆえ人気も高く、現在でも発動頻度は最も多い。専用機にすると「時代を継ぐ少年達」が発動する事が多い機体の組み合わせでもある。|

|!名前|''オペレーションV''|
|!使用カード|[[ガンダム]]・[[ガンキャノン]]・[[ガンタンク]]|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装|
|!備考|>|要は「V作戦」である。原作を知っていれば誰もが試す組み合わせだからか、公式でもいち早く公開された。~~ガンタンクは宇宙▲なので、宇宙には対応させにくいのが最大の難点。援護・鉄壁用と割り切るのなら十分に使える。~~Z1弾からはアビリティ「小隊」が最初から活用できるチームとなる。またB弾では各ビルドMSも追加。HH・最終決戦仕様は要検証。|

|!名前|''MS−06小隊''|
|!使用カード|[[ザクII(量産型)]]・[[ザクII(シャア専用機)]]・[[ザクII(ガルマ専用機)]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装|
|!備考|>|「突撃!ザク軍団」である。主力量産機隊のイメージで能力が向上する。~~06R系…高機動型は含まれない(要検証)。|

|!名前|''ジオン脅威のメカニズム''|
|!使用カード|[[ジオング]]・[[ビグ・ザム]]・[[ザクII(ガルマ専用機)]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装|
|!備考|>|プラモデルのCMでも謳われた事のあるジオンの軍事・科学力の結晶にして名文句。アクシズ仕様は含まれない(要検証)。~~全て専用機にすると「栄光のザビ家」が発動。|

|!名前|''オールレンジマスター''|
|!使用カード|[[ジオング]]・[[キュベレイ]]・[[キュベレイMk−II(プル搭乗機)]][[キュベレイMk−II(プルツー搭乗機)]]・[[リボーンズガンダム]]・[[クシャトリヤ]]・[[ファルシア]]・[[ガンダムAGE−FX]]・[[ガンダムレギルス]]・[[νガンダム]]・[[サザビー]]・[[ダブルオークアンタ]]・[[ギラーガ]]・[[エルメス]]・[[パーフェクトジオング]]・[[ヤクト・ドーガ(ギュネイ専用機)]]・[[ヤクト・ドーガ(クェス専用機)]]・[[ローゼン・ズール]](機体の重複も可)~~Z弾以降の追加機体は[[下記>チーム名#o]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装 3弾:ファルシア追加 4弾:キュベレイ追加 5弾:クィンマンサ等追加、先行使用でFX追加~~6弾:FX等正式に追加、ν等も追加。ギラーガも発動を確認|
|!備考|>|その名の通り、ファンネルなどの全方位攻撃を得意とするMS達で上記「GUN−フォース」に次いで見かける機会は多い。P・SECも多数含まれ実戦的なボーナス。~~アビリティでファンネルを持つ機体ほぼすべてと考えても良い。6弾のファンネルCPはすべて属するため簡単に組むことができ、サイコフレーム搭載機なら下記「共鳴する波動」に。フォーンファルシアはビットを持っているが発動しない。ノイエは有線クローアームを持っているためかNT機でないものの含まれる(下記)。バックパックを切り離して攻撃できた各ビルドファイターズ系は含まれない。~~なお、「SP」攻略本では[[ガンダムAGE−FXバースト]]もこれに含まれる。また''なぜかビルトワイバーンが含まれている''のだが、実際に確認したうえでは適用されず誤植のようだ。|

|!名前|''ジオンの再興''|
|!使用カード|[[シナンジュ]]・[[ギラ・ズール]](アンジェロ専用機でも可)・[[クシャトリヤ]]・[[ローゼン・ズール]]|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装、Z4弾:ローゼン・ズール追加|
|!備考|>|袖付きのMS達である…が、3機組み合わせなのでギラ・ズールだけ2機とかはできない。どの機体も優秀なM・Pがそろうためカード選びでは困らない。~~4弾で同名ミッションが登場したが、そちらに出てくるのは''[[キュベレイ]]''。|

|!名前|''アンノウン・エネミー''|
|!使用カード|[[ガフラン]]・[[ゼダス]]・[[バクト]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装|
|!備考|>|「ガンダムAGE」第一世代の敵機体3種をすべてそろえて発動できる。初期のUEでありコンプリート・オブ・AGE−1の敵版という趣。~~もちろんガフランの種別は問わない(通常色で確認)。実際の本編ではゼダス以外は量産型である。ゼダスもアセム編で量産化されたが''そちらのカードは存在しない''。なお3機はどれが先に作られたのかは不明瞭とのこと(グレートメカニック誌)。|

|!名前|''舞い降りる災厄''|
|!使用カード|[[ガフラン]]3機(種別は問わない)|
|!実装弾・~~追加|1弾:実装|
|!備考|>|ガフランだけで作られた小隊で、人類の前に現れた最初のUE部隊。~~ガフランの種別は問わない。そして[[ゼダス]]・[[バクト]]は含まれない(上記)。ビルドMS版も使ってみよう。|

|!名前|''火星からの襲来''|
|!使用カード|[[ヴェイガン系>機体特殊系統#ue]]3機(同一機体も含む)|
|!実装弾・~~追加|3弾:実装 4弾:ギラーガ追加 6弾:ザムドラーグ追加|
|!備考|>|アンノウン・エネミー、舞い降りる災厄が成立しない場合。~~ゼダス・ゼイドラ・クロノス(もしくはギラーガ)という組み合わせが実戦的か。この3機はそろえると後述の機体色系ボーナスに。~~6弾でレギルス、Fファルシアが追加されたが、そちらを加えるとボーナス内容は変わりなく「災厄の終焉」のチーム名が優先される。|

|!名前|''主力量産機隊''|
|!使用カード|量産機系のうち同一種別3機~~[[ザクII(量産型)]]、[[ギラ・ズール]]、[[GN−X]]、[[ジェノアス]]3機(予備機含む?)|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 1弾:ギラ・ズール追加(玩具付属カードも含めばジェノアスも追加)~~2弾:ザクII・ジェノアス追加|
|!備考|>|量産型MSで発動できるが、量産型の大半はRまでの2枚体制であるため0弾時点ではジンクスのみであった。レアリティの低い機体が必ず混ざってしまうことが難点だが、HPを中心に非常に高い補正を得られる。~~ディーヴァカラー等の特殊色機体では発動しないため、現時点でカードが2枚以下でビルドMSに通常カラー版がいない[[アデル]]、[[ジェノアスII]]等では発動しない。また、[[ジム]]でも発動せず「チームオブ連邦」になる(未検証)。|

|!名前|''チームオブ連邦''|
|!使用カード|[[連邦系>機体特殊系統#efsf]]3機(同一機体も含む)|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 1弾:「ガンダムAGE」の連邦製機体追加~~2弾:Gエグゼスなど追加~~3弾:サイコガンダム、AGE−2ノーマルなど追加~~4弾:AGE−3ノーマルなど追加~~5弾:AGE−3オービタル追加~~6弾:AGE−FX等追加|
|!備考|>|''全機ガンキャノン''など、同一機体でも適用できる稀有なボーナス。~~0083までとティターンズ所属のサイコガンダム、ガンダムAGEの連邦製機体(1弾から)で発動。反連邦組織であるエゥーゴ所属機、ユニコーンはビスト財団所有、ストライクは地球''連合''なのでここには入らない。とにかく発動率の高いボーナスの一つ。~~[[連邦軍戦功勲章>パーツ]]発動機体にもなるので、発動可能な機体についてはそちらを参照。|

|!名前|''ジオンの魂''|
|!使用カード|[[ジオン系>機体特殊系統#zeon]]3機(同一機体も含む)|
|!実装弾・~~追加|0弾:実装 1弾:シナンジュ等追加~~2弾:ジオング追加~~4弾キュベレイ追加|
|!備考|>|チームオブ連邦のジオン版。ネオジオンは別組織な気もするがまあ仕方ないか。~~こちらも発動率は高い。サイサリスは連邦・ジオン双方に入れられて便利。[[ジオン十字勲章>パーツ]]対象機体ともなる。ネオジオン(アクシズ)のキュベレイも対象になる。|

*チーム名(特殊条件系)
特定カードの使用が関わってくる特殊な条件。
''MS・パイロット双方の条件に優先して適用される''。
|!名前|''トーナメントマスター''|
|!使用カード|トライエイジトーナメント参加記念賞(第1期〜第3期)3枚同時使用~~[[PR-035>ガンダムAGE−1 ノーマル#PR-035]]、[[PR-036>ガンダムAGE−1 スパロー#PR-036]]、[[PR-042>アセム・アスノ#PR-042]]|
|!実装弾・~~追加|2弾:実装|
|!備考|>|トライエイジトーナメントの抽選参加記念カードであるノーマル、スパロー、アセムを同時使用すると、''各種ボーナスを全て優先して発動''。「残りの機体枠1、パイロット枠2」をうまく使わないとデッキとしては若干厳しいところもある。AGEシステムも分散化するのも痛く、使用の必要性はあまりないといえる。ただし、特別パーツは毎回もらえるため若干ではあるが経験値稼ぎも可。~~なお第4期以降のカードでは発動しない。|
[END]

*通常チーム名(チームボーナス)
ドラマティックボーナス(上記条件)に当てはまらない場合、チーム名は通常のものとなる。
本ゲーム(筐体版)では見る確率が最も高い。
なお''「SP」では自由変更可能(16文字まで、漢字含む)''。
原作準拠等、好きなチーム名ですれちがい対戦に挑もう。

|!名前|!使用カード|
|ブレイクマスター!|チーム内の3機すべてがアタッカータイプ|
|^|MSを2機使い、2機すべてがアタッカータイプ|
|シューティングマスター!|チーム内の3機がガンナータイプ|
|^|MSを2機使い、2機すべてがガンナータイプ|
|シールドマスター!|チーム内の3機がディフェンダータイプ、|
|^|MSを2機使い、2機すべてがディフェンダータイプ、|
|トライエイジ!|MSを3機使用しつつ、3機ともタイプが違う|
|ソードファイター!|3機チーム内の2機がアタッカータイプ|
|ラウンドサバイバー!|3機チーム内の2機がディフェンダータイプ|
|ロングシューター!|3機チーム内の2機がガンナータイプ|
|クロスユニオンチーム!|MSを2機使い、バトルタイプが異なる|
|ルーキー!|MSを1機使用|
|自由記載(16文字まで、漢字使用可)|「SP」のみ。~~小隊編成画面で自由に設定可能|

*その他特殊系統一覧(ジオンの興亡以降)
[[機体特殊系統]]を参照。

編集にはIDが必要です