ガンダムトライエイジ まとめWiki - G−セルフ(宇宙用パック)
本ページでは宇宙用パック装備を記載しています。
大気圏トリッキー高トルクリフレクターアサルトパーフェクトは各ページ参照。

BUILD G2弾(BG2弾)

BG2-034Cタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 1800スピード 2400
必殺技レコンギスタ・イン・スペース3500コスト4MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ(BG5弾〜)
ラライヤ・アクパール(BG6弾〜)
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
備考本弾のGーセルフの新パックは3つあるが、こちらは低レア1枚。しかし、いきなり上位演出技持ちで登場とある意味優遇されている。
大気圏パックと共に高レアはCP行き、通常排出の高レアは同時登場のトリッキーに譲る形となったが、アビリティは系統内でも貴重な速烈、燃費もそこそこといえる初心者向け機。森林適性に若干分がない点や、成長タイプが防御重視型ゆえのクリティカル効果の上がりの悪さから来る最高火力の伸びにくさなど、細かい点に注意を払いたい。低LvのうちはB8弾Mバナージや鉄血1弾Cアムロなどで必殺威力向上スキル持ちで底上げして、アタックバースト持ちを載せてやるとうまくフィニッシャーになれるか。勿論Lvが向上してきたらクリティカル確定スキル持ちパイロットに徐々に切り替えていくといいだろう。
BG2弾アイーダ、BG5・6弾ではそれぞれのバージョンのラライヤが専用機パイロットに追加されているが、ベルリも含めて余りかみ合いがいいカードがないので、他のパイロットを乗せた方が無難。
BG2-067CPタイプディフェンダー
ステータスHP 2800アタック 2700スピード 2500
必殺技レコンギスタ・イン・スペース4800コスト6Hアビリティフォトンライズ+1
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ(BG5弾〜)
ラライヤ・アクパール(BG6弾〜)
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
備考高レアはCP、新アビリティを所持。
ステータス合計値は8000。必殺燃費などは今の目で見るとCPとしてはおとなしめだが、フォトンライズによる火力増強で力を発揮する。ただしアビリティLvが低い場合は上記の速烈持ちCなどの方が火力で勝る場合もあるので、よく見て使い分けしたい。
ちなみにこう見えても成長タイプが防御重視型なので、系統Lvが向上してきたらやや高めのHPを更に向上させて壁と同時に削り役…という手もあるだろう。パイロットはBG3弾のCベルリで確クリ必殺によるアシスト要員も兼ねるようにするなどすれば使いやすくなるはず。フォトンライズがうまく出てくれればラッキー程度に、TK1弾PCCAシャアなど、スキルの使用がメインのディフェバパイロットのセット先にするのもいいだろう。

BUILD G3弾(BG3弾)

BG3-036Cタイプアタッカー
ステータスHP 1600アタック 2600スピード 2000
必殺技レコンギスタ・イン・スペース3600コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ(BG5弾〜)
ラライヤ・アクパール(BG6弾〜)
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
備考Cで続投。今度は電刃持ち。
単機スキルが光る前弾Mベルリを乗せると総合的に安定する。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-027Rタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 2500スピード 2500
必殺技レコンギスタ・イン・スペース4800コスト6Hアビリティフォトンライズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
備考11ヶ月ぶりに登場。今回はRのフォトンライズ持ち。
全能力同数値機体なのでどんなパイロットを乗せても基本的に安定するだろう。
能力はBG2弾CP、G−セルフ(大気圏パック)からスピードを500落とし地形適正◎が地上、宇宙と違う以外はまったく同じ仕様あり、そちらを持っていると出番が少なくなるかも知れないが、宇宙ステージでは減ったスピードも+500され、地形アクシデントの影響を受けないという強みがある。
公式でアビリティ+1と表記されたが誤植である(この誤植もアビリティ+1を持つBG2弾CPのコピペミスなのかもしれない)。
おそらくこの誤表記は直されないだろう(過去に前科があるため)。

OPERATION ACE 03(OA3弾)

OA3-042Cタイプガンナー
ステータスHP 1900アタック 900スピード 4300
必殺技レコンギスタ・イン・スペース4900コスト5Hアビリティフォトンライズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
ACE効果ステージが宇宙の時、ずっとアタック、スピード+500。
備考1年9ヶ月ぶりに登場。今回はCのフォトンライズ持ち。また、フォトンライズ持ちの本機としては初のガンナーでの登場となり、これでフォトンライズ持ちが排出で3タイプ揃うこととなった。
本ゲーム初のアタック1000以下のカードである。アビリティがフォトンライズのため、アビリティによる補強が主で使いきり後は必殺技で・・・と言う流れになりそうだが、本弾より開始しOA4弾でも引き続き配信されているダイバークエストやクロニクルモードでは、特定の相手を撃破してはならない条件があるため、その際はあえて補強せずフォトンライズも発生させずに使うと達成がしやすいだろう。
出来ればパイロットもアタックが低いOA3弾PELS刹那と組ませたい。そうすると、アタックは1600+αとなり対象の撃破がしにくくなるから。また、専用パイロットのうちアイーダもTK3弾Cがアタック400の為、1300+αとこちらも撃破がしにくくなる。

DELTA WARS 01(DW1弾)

DW1-039Cタイプアタッカー
ステータスHP 2600アタック 2800スピード 1900
必殺技レコンギスタ・イン・スペース3600コスト3MSアビリティ烈破
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:G−セルフ(リフレクターパック)
開発系統メガファウナ(アメリア)
(成長傾向:防御力重視型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系タイプディフェンダー
ステータスHP 2600アタック 2000スピード 2700
必殺技レコンギスタ・イン・リフレクター5100コスト5Hアビリティフォトンライズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル(プレバン限定バインダー〜)
ACE効果-
備考DW弾はCの烈破持ちで初登場。
スピードが少々高めなので、スピードを下げられる水中、森林、砂漠で使いたい。対戦のコストバトルルールなら、パーツ効果が無効になるのを逆に利用できるので、そこで出番があるかもしれない。
G−セルフ(リフレクターパック)ではフォトンライズに変更。フォトンライズは地形ボーナスのあるアビリティなので、ステージチェンジで宇宙に移動した場合、こちらに乗り換えるといいだろう。
余談だが、機動戦士ガンダムの放送40周年の陰に隠れてしまったが、DW4弾稼働中の2019年は、「ガンダム Gのレコンギスタ」の放送開始5周年の年でもあった。

DELTA WARS 05(DW5弾)

DW5-028Pタイプガンナー
ステータスHP 3300アタック 2400スピード 5000
必殺技レコンギスタ・イン・スペース6700コスト6Hアビリティフォトンライズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:G−セルフ(パーフェクトパック)
開発系統メガファウナ(アメリア)
(成長傾向:標準型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系タイプガンナー
ステータスHP 3300アタック 3900スピード 4000
必殺技レコンギスタ・イン・パーフェクト7200コスト6Hアビリティフルドライブ
適性宇宙◎地上◎水中▲森林○砂漠○
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル
ACE効果-
備考3弾空けてPのヴァリアブルカードで登場。ステータス合計値は10700で、パーフェクトパックになるとステータス合計値が11200になる。
乗り換え前のステータスはスピードが一番高くアタックが一番低い配分で、アビリティはフォトンライズ。パーフェクトパックに乗り換えるとアタックが1500上がってスピードが1000下がったステータスとなり、アビリティはフルドライブに変更。いずれのアビリティも発動にある程度のアビリティレベルが求められるものとなっている。また、乗り換え後のアビリティがフルドライブのため、スピードバースト持ちおよびEX覚醒持ちパイロットはスピードバーストバトルでフルドライブを擬似的に封印されてしまうので、乗せる際はなるべくアタックかディフェンスのパイロットを選出し、EX覚醒持ちを乗せる際はEX覚醒と乗り換えは考えたい。
同弾Mベルリだと、Gパワー7以上でのスピード操作スキル持ちアタックバーストで先攻を取りやすくなるものの、乗り換え後がフルドライブなので先述の通り乗り換えとEX覚醒は考えたい。両方とも安定して活かしたいならベルリだとBG2弾MBG3弾CBG5弾MOA5弾R、そしてプレバンバインダー封入のシャアとの合体版がいいだろうか。
タイプがガンナーで固定のため、ガンナー指定条件スキル持ちパイロットを乗せられるのもポイントで、その中には専用のBG2弾Pアイーダも含まれる。
DW5-090PARAタイプガンナー
ステータスHP 3300アタック 2400スピード 5000
必殺技レコンギスタ・イン・スペース6700コスト6Hアビリティフォトンライズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:G−セルフ(パーフェクトパック)
開発系統メガファウナ(アメリア)
(成長傾向:標準型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系タイプガンナー
ステータスHP 3300アタック 3900スピード 4000
必殺技レコンギスタ・イン・パーフェクト7200コスト6Hアビリティフルドライブ
適性宇宙◎地上◎水中▲森林○砂漠○
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ
ラライヤ・アクパール
ベルリ・ゼナム&シャア・アズナブル
ACE効果-
備考こちらは上記Pのイラスト・仕様違いの特別バージョン。ステータス合計値は10700で、パーフェクトパックになるとステータス合計値が11200になる。

機体解説


※パックのみの販売であり大気圏パックが別途必要。
 あちらには付属していないアメリア製ライフルとトワサンガ製シールドも本キットに付属。
登場作品ガンダム Gのレコンギスタ
開発系統メガファウナ(アメリア)(成長傾向:防御力重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ビーム・サーベル打撃
射撃武器ビーム・ライフル(トワサンガ製)ビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
フォトンライズ得意地形:宇宙
ビルドMSBG2弾
証言
特記事項BG2弾では排出カード2種およびビルドMS版においてトワサンガ製ライフルとアメリア製シールドを使用していたが、BG3弾以降排出分(BG3-036C)からは両方ともトワサンガ製で統一されるようになった。
機体配備時のポーズは前弾で登場した先輩格同様、監督の著書の表紙イラストの監督なのかもしれない・・・。
あるいは1話で取ったポーズ(サントラのパッケージアートにも使用されている)が由来かもしれない。

G−セルフが、宇宙用のバックパックを装備した姿。

宇宙用バックパックアメリアで開発されたG系統用バックパックをそのまま装備したもの。
それ自体に現在特殊な能力などは見受けられない、宇宙での機動性等を保つためのパック。

武装は大気圏パックと同様に襟部分のビーム・サーベル、ユニバーサル規格で持たせることができるアメリア製のビーム・ライフルアメリア製のシールド、本来の装備としてトワサンガ製のビーム・ライフルトワサンガ製のシールド(展開してビームを防ぐ力場を発生させる事が可能)となっている。

部下を引き連れたアイーダ・レイハントンが当機を駆ってキャピタル・タワーのクラウンに乗り移り、フォトン・バッテリーを奪取しようと目論んだがキャピタル・ガードの実習生その周りの者に取り押さえられてしまう。
その後は地上に下ろされて月から飛来した際に離れ離れになったパックに取り換えられた。

その後、メガファウナが宇宙に再び上がった際に本パックを装備して出撃している。
ベルリもそのレスポンスの良さを評価しており、
宇宙へ上がってから地球編(ジャイオーンと戦い、金星圏を起つ)まではアサルトと2者択一、ほぼメインで使用している。


上位演出技:レコンギスタ・イン・スペース
バックパックのブースターを全力噴射し、高速機動からビームライフルを2連射。
さらにビームライフルを投げ捨ててビームサーベルを抜いて突撃、敵機を一閃して〆る。

動きがとてもスタイリッシュに仕上がっており、一見の価値あり。
G−セルフ各形態の中でも、もっともベルリらしい動きの技といえるだろう。