ガンダムトライエイジ まとめWiki - Gエグゼス

2弾

02-008Pタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 3000スピード 2300
必殺技ホワイトウルフ・ファング4500コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)(3弾〜)
備考謎の白いMSにしてウルフ2機目の愛機はPレアでの初出。
ステータス合計値は7800。ガンダムAGE系で唯一であるばかりか、貴重な味方側サブ機体のPレア化である。本機がガンダムに匹敵する活躍をしたことに由来するものであるが。
速攻で畳みかける劇中の活躍をイメージできるアビリティ・速烈と再設定でも変わらなかった成長タイプのかみ合いは抜群で、現在の速烈持ち高レアと比べても火力なら負けていないのだが、速烈発動に重要なスピードが地形適正◎以上がない点で大きく劣るのでパーツ・パイロットできっちり補強しておきたい。
専用パイロットのウルフはスピードバーストの1弾M・4弾C・アタックバーストの2弾M・ディフェンスバーストの3弾Mと、一通り揃っているので状況に応じて使い分けたい。特に2弾Mは高い攻撃力で敵を撃破しつつアタック上昇が出来る…とまさに狼の名に恥じない能力を持つ。スピード補正がいまいちなのはパーツ・ボーナスで補強しよう。
それ以外なら、登場した2弾環境ではぴったりはまるパイロットが少なかったが、現在は様々なパイロットがいるので困る事はないだろう。同じ2弾で登場した必殺技確定クリティカルと速烈の相性が抜群の2弾Pフリットに、先攻を取ると通常・必殺共にクリティカル確定のZ3弾Rジョニー、鉄血2弾Mリディ、アタッカー指定でクリティカル確定スキルのB8弾Mキンケドゥなど、強力なパイロットが並ぶ。火力の追求ならB6弾MユウやB6弾Pセイ&レイジなどを使おう。どちらもスピード補正が高いのでこのカードとの相性はそれなり。
6弾まではハイスコア派に主に重宝されていたが、基本能力が大体上位互換のZ1弾Pシャアゲルググの登場、Z3弾の成長傾向再度改変、更にはB6弾で火力だけなら上位互換のアビリティ・闘気の登場…など、時代は流れつつも、AGE連邦はレベリングに使えるカードがB2弾とTK3弾で排出されるもいずれもコモンで、高ステータスのカードがこれのみ(バウンサー以外は無印弾CかRしかないので現行Cにも大きく性能が劣る)という悩ましい事態を抱えている。アビリティが幸いし確定クリのパイロットを乗せておけば限界突破のLv101までならそこまで苦行ではないが、スピード面が微妙かつ突破ボーナスがHPというかみ合いの悪さがあり、突破した後も使うなら他のスピードが+される系統を突破させて強化したいところである。
02-009Cタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 1700スピード 2000
必殺技ビームライフル2900コスト4MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)(3弾〜)
備考新アビリティを除いてはやっぱり伝説の白いMSに似た性能を持つ。その代わり2弾のCとしては多少能力が低めに見えるのが困りものか。GB付属カードがあるなら素直にそちらを使おう。
ガンナーの高いスピードで速烈をぶちかますという方法も無きにしも非ず。高アタック補正や覚醒持ちで覚醒補正すれば十分戦力にできるため、同弾Mキラ・5弾CPカミーユなどで戦力化を。

3弾

03-022Rタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 1600スピード 2200
必殺技ホワイトウルフ・ファング3500コスト5MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)
備考順当にウルフファングR落ち、ディフェンダー・速烈で登場。
HP・スピードは前弾Pより少し劣る位だが、変わりにアタックが1600とかなり辛いのでパーツ・パイロットで補強したい。
アタック面を補強できれば必殺技はRの中では燃費はいい方だし、速烈のおかげで額面以上の総合火力を発揮してくれるはずだが。

DELTA WARS 02(DW2弾)

DW2-035Cタイプアタッカー
ステータスHP 2300アタック 3700スピード 1300
必殺技ホワイトウルフ・ファング3500コスト3MSアビリティ迅雷
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:Gバウンサー
開発系統AGE連邦
(成長傾向:クリティカル重視型)
機体特殊系統・特殊機能連邦系タイプガンナー
ステータスHP 2300アタック 1200スピード 3800
必殺技ホワイトウルフ・レジェンド4400コスト4MSアビリティ突撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)
ウルフ・エニアクル
ACE効果-
備考排出カードとしては7年5ヶ月ぶりに登場。
アビリティは迅雷で、使いやすいステータスになっているが、アビリティレベルに左右されるアビリティなので、アビリティレベルが低い内はさっさと乗り換えよう。
Gバウンサーでは突撃に変更。スピードがかなり高いが、そのあおりを受けてアタックが極端に低い。
よって、どちらを使うかでパイロットは異なるが、ゼロシステム、阿頼耶識 typeEを除くEX覚醒のパイロットで使うには理想のカードとなっているので、EX覚醒を持つパイロットで使うのがベストかも。

プロモーションカード

PR-040-タイプガンナー
ステータスHP 1700アタック 1700スピード 1800
必殺技ビームライフル2700コスト4MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)(3弾〜)
備考2011年12月14日発売の機動戦士ガンダムAGE ガンダム JOINT ACTION (食玩)に付録のカードの一つ。
JOINT ACTIONのロゴつき。
PR-047-タイプアタッカー
ステータスHP 1000アタック 1700スピード 3200
必殺技ビームサーベル3400コスト5MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)(3弾〜)
備考2011年12月21日発売のガンダムトライエイジ ファンブック 2012WINTERに付属。
前号付録カードに続く強力カードでR相当となっている。
パッと見で即座にスピード3200速烈が目を引くだろう。排出カードでもなしえなかったスピード3000越えの速烈カードであり、火力さえどうにかできれば現在もレベリング用カードとして使用に耐えうる。必殺技もそれなりの燃費のため2弾PがないならR並みのGエグゼスとして十分戦力になるだろう。
その分HPは現行最低値で紙同然。ボスアビリティや敵の先制からの一撃などで瞬時に落とされる事も十分に考えられる為、HP補正の高いパイロットを乗せたり、ビルドアクションでのフォローなど、できる事はしておきたい所。また総合火力も現在ではかなり苦しい部類に入るのでそこら辺の対策も同時にしておきたい。
といった観点からパイロットはZ4弾MロウやZ2弾MカミーユなどのHPが高めのスピードバースト辺りにして速烈をできる限り発動させて耐久と火力を補いつつ、必殺火力はZ3弾MシローやZ2弾Mシロッコなどでフォローしよう。
PR-065-タイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 1600スピード 2100
必殺技ビームライフル3300コスト5MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)
備考2012年3月発売のお菓子のガンダムトライエイジ キャラメルポップコーンの全10種類の内の1枚の付属カード。
全体的なステータスは2弾Cに似る。コストが1上がっており若干からませにくいか。
OPR-044箔押しバージョンあり-タイプガンナー
ステータスHP 2300アタック 3300スピード 4000
必殺技ホワイトウルフ・ファング5100コスト5MSアビリティ急襲
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)
ACE効果-
備考NEWスペシャルカードパック05に封入。ステータス合計値は9600。
3弾とその時期のプロモ等以来6年10ヶ月ぶりの登場。ステータス合計値は上記の2弾Pを上回っており、現時点で最強のGエグゼスのカードとなっている。
アタックとスピードが高いステータスで、アビリティは急襲。速烈と回避のみだった本機にとって、3種類目のアビリティとなった。また、使いやすいアビリティでもある。
専用パイロットのウルフは同パックの第1世代編かVS3弾Cの第2世代編がベストマッチ。一応、第1世代編の1弾Mもあるが、スキルが生かしにくいし、過去弾高レアなので持っている人のみ使うといい。

関連商品付属カード

T-009-タイプガンナー
ステータスHP 1700アタック 1700スピード 2200
必殺技ビームライフル3000コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)(3弾〜)
備考2011年11月発売の「GB Gエグゼス」に付属。
GBのロゴつき。全体的にジェノアスカスタムよりも能力が高くできているようだ。そして2弾Cよりも能力が高い。2弾のGエグゼスはCとPしかないため、素早く機体レベル上げをしたい人は何らかの関連カードを入手する必要がある。
H-008-タイプディフェンダー
ステータスHP 1900アタック 1600スピード 1800
必殺技ビームサーベル2800コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットウルフ・エニアクル
ウルフ・エニアクル(アセム編バージョン)(3弾〜)
備考2011年12月発売の「AG Gエグゼス」に付属。
AGのロゴつき。こちらは平均的な近接型カード。アビリティが回避で使いやすいのもよし。

機体解説

登場作品機動戦士ガンダムAGE 第1世代(フリット編)
開発系統AGE連邦(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統連邦系
格闘武器ビームサーベル打撃
射撃武器ビームライフルビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSB1弾
証言
特記事項

ウルフが新たに、民間のMS工房であるマッドーナ工房にオーダーして手に入れた、全身純白のMS。
マッドーナ工房オリジナルMSであるシャルドールをベースに
ウルフが無断で(軍紀違反に問われるものの事後承諾だがグルーデック艦長の許可を得ている)持ち出したガンダムのデータから作成。
製作等にあたってウルフ個人の私財を投げ打っている(ジェノカスも抵当にしている)。
ガンダムを越えるMS」というオーダーの下、機動性・攻撃力等、従来の連邦製MSをはるかに上回る性能を有する。
その性能は、初陣でバクト4分割したことからもうかがえる。
(お陰で主役のタイタスが霞むような活躍をしてしまった)
なお機体の頭文字のガンダムG系統の略ではなくGlitter(グリッター・・・「輝き」)の意味が込められている。

小説版では非常にピーキーな機体として書かれており、スロットルの調節を少し誤るだけでも機体に異常をきたすほどである。
シャルドールB型を無理矢理カスタムしたからだそうだが、そのためウルフ専用機となっている。
高い技量を持つラーガンですら、シュミレーターで何回も大破(大半が敵からの攻撃による撃墜ではなく自爆)したことからそのピーキーさが伺える。
またガンダム試作3号機ガンダムF91ばりに整備性が悪く、出撃の度に機体のアポジモーターを全て取り替える必要があり、
アンバットの激戦の最中に帰艦してきた際にはメカニック見習いとして働いていたディケ・ガンヘイルが怒りを漏らしている。

武装としては、高出力ビームサーベル(GB付属カードにはビームソードと表記)及びビームライフルといった通常のMSの兵装の他、
腰サイドアーマーにミサイルポッドを装備している。
ガンダムの物を参考にしているため、サーベルとライフルどちらの武装もUEの撃破が可能となっている。
シールドにはもちろん狼のパーソナルマークが描かれている。
※ただし、ウルフの所属の関係上連邦系ドラマティックボーナス・パーツ効果はしっかりと発動する

ちなみに工房側は一日で本機を誂えている。
これほどの無茶な注文を仕上げる工房の技術力と組織力の高さが見える。

なお、公式外伝「追憶のシド」及びキオ編、三世代編には、キャプテン・アッシュ率いる宇宙海賊ビシディアン所有機体としてこれに良く似た黒い機体…
Gエグゼス ジャックエッジが登場する(ガンプラも発売されており、組み替えると漆黒のGエグゼスとしても組み立て可能)。
全身の形状が変化しているほか、武装はかつてのジェノアスカスタムのように先端に銃剣を装備したドッズライフルIIB


上位演出技:ホワイトウルフ・ファング
ビームライフル発射で相手をひるませた後、
二本のビームサーベルを抜き、敵を十字に切り裂く。

ビームサーベルを抜いてからはガンダムAGE8話等でバクトを撃墜した二刀流攻撃…ウルフファングに似ている。
ジェノアスカスタムの上位演出技「ホワイトウルフ・クロウ」と合わせたのか、最初のビームライフルがあまり意味ないように見えるのはたぶん気のせい

関連商品(カード付属商品)