ガンダムトライエイジ まとめWiki - アミダ・アルカ
旦那付きとの同時出撃は要検証。


VS IGNITION 05(VS5弾)

VS5-071C
ステータスHP+1500アタック+600スピード+1400
バーストスピードいいねぇ、そういうのはさあ!バーストLv1
スキル卓越した操縦技術先攻を取ると、相手のディフェンスバーストを封じる。【毎回】
備考ルナマリアと同じ経緯をたどっているが、こちらは1弾遅れて排出。
ステータスはアタックがやや低いが、バーストはスピードバースト。スピードは高めなので使いやすい物となっている。
今弾の専用機と組ませると長所には尖るが欠点のアタックは強化されないので、追加ダメージ頼みとなるから、マルチフレームシステムの専用機と組ませるのが良いか。VS5弾内は、先攻系アビリティ持ちの機体はことごとくアタックが低く設定されている為、使えるのがCアシュタロン程度なので、過去弾カードと組ませよう。

プロモーションカード

VPR-037箔押しバージョンありプロモ
ステータスHP+1800アタック+2300スピード+700
バーストアタックさあ・・・しつけの時間だ!バーストLv3
スキル経験による圧倒先攻を取ると、追加ダメージ+1800。【毎回】
背景NSP02アミダ百錬
備考NEWSPカードパック02に収録。アミダ単独での登場となった。ステータス合計値は4800。
性能としては同パックの愛機に合わせたHP・アタック極振り配分。またスキルはTK3弾Pの1期のチョコレートの隣の人と同じモノ…と、鉄血2期で垣間見せた高い技量とその性格を現すかのような、攻撃的な配分が特徴。
機体はバーストの都合から勿論同パックの百錬をはじめとした先制・迅雷・縛撃持ちが基本となるか。百錬は必殺が低コストで威力が低いカードもあるので、そういう場合は素直に他の同アビ持ちに乗せかえたり、BG5弾Pウィル鉄2弾Mミナ様などで更に追加ダメージを盛るのもいいだろう。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
田中敦子
年齢不明
階級-
専用機百錬(アミダ機)
証言
特記事項

木星の企業「テイワズ」の下部組織「タービンズ」所属のMSパイロット。
タービンズを率いる名瀬・タービンの第一夫人(正室)で、「男の度量は愛の大きさで決まる」との持論を持ち、それを実行してみせる名瀬に対して全幅の信頼と愛情を置く。

ピンクを基調としたパーソナルカラーで塗装された専用の百錬を駆り、戦闘時に於いては実質的な指揮官として立ち振る舞う。
豊かな実戦経験に裏打ちされた高いMS操縦技術を持ち、スペックが圧倒的に上の機体ですら苦戦させ、初見で繰り出す武器の攻撃パターンを見切り、往なすことが出来るほどの実力者。

第1期では鉄華団の地球降下作戦の際、装甲を換装して偽装させた自身の百錬を部下のラフタに貸出している。

第2期でも高い操縦技能は健在で、タービンズが無実の罪でギャラルホルンの監査を受けることになった際の脱出戦においても性能面で勝るレギンレイズ・ジュリア自身の技量と覇気で圧倒している
しかし、禁止兵器のダインスレイヴを掠めただけの衝撃で被弾し、左腕を損傷。
最後の最後のあがきとして敵艦のブリッジを命中させるが、発射の反動によりアミダともども爆散する。

本ゲームの初出は鉄1弾の鉄血ミッションのトリのミッション名でそれに名を刻んでいる。

アミダ役の田中敦子さんは、Vガンダムにてユカ・マイラス役とGのレコンギスタでウィルミット・ゼナム役として出演していた。
※リンク先は、当該キャラが敵CPUで登場するミッションです。