ガンダムトライエイジ まとめWiki - カガリ・ユラ・アスハ
BG4弾よりDESTINY版も登場。無印版とは同時出撃可能である。

BUILD MS2弾(B2弾)

B2-056C
ステータスHP+1200アタック+1000スピード+500
バーストアタック逃げるな!生きる方が戦いだ!バーストLv2
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
スキル受け継ぐ意志ラウンド1にGパワー+2
備考排出でも参戦。
Cながら例外バーストなので実際の能力はそれ以上だが、HPに高めに振られているためスピードが遅めなことに留意したい。低レアのラウンド1Gパワーゲインでは元々のバーストLvではZ1弾Rラルに劣るものの合計ステータスは2700と並ぶ上に、貴重な覚醒所持者でもある。
証言は同弾アスランと対。最終決戦直前のあのシーンについて。

BUILD MS4弾(B4弾)

B4-051C
ステータスHP+800アタック+1200スピード+600
バーストアタックよくそんなことが言えるな!お前達は!バーストLv1
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
スキルオーブの姫君ラウンド2に仲間全員のHP1000回復
備考カード裏の表記は15→18歳になりバーストの台詞からも本来はDESTINY版であるはずだが、無印版と同じ扱いとして扱われ同時出撃はできない(公式HP、カード作品別検索では分けられているため今後も要検証)。

BUILD MS8弾(B8弾)

B8-059M
ステータスHP+900アタック+1000スピード+1500
バーストスピード私には確かめねばならぬことがある!バーストLv2
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキルオーブの理念単機でロックオンした時、敵のアタックバーストを封じる【毎回】
備考イラストはウェディングドレス姿と本人の性格に反しておとなしめの一枚。本弾Mフリーダムと合わせ「DESTINY」の花嫁強奪シーンの再現か。
ステータス合計値は3400。しかし、絵柄と裏腹にスキルは初のアタックバースト封じ。オーブの中立の立場と本人の戦争に対する思いが露わに・・・これがオーブの理念か、おそるべし。こうなると使い道はわかりきっており、スピバ対アタバによくある返り討ちを防ぐことができる。それゆえに、対人戦、BFモードでの活躍が多くなりそうだ。ペイルライダーのBAと組み合わせると、不沈+アタバの黄金パターンをラウンド2から封じることができる。注意点はB6弾Mシュバルツを参照してもらいたい。
が、アタックバーストは封じれても、B1弾PアスランB5弾MマフティーB2弾PロックオンBG2弾Pアイーダの「後攻でも確クリ」が出せるパイロットが相手だと結局撃墜される事がある(封じた場合もバトルゲージに格下げされるだけなので、+30%のダメージアップは付けれる)ので、機体選定はしっかりと。パーツもHP補強や防御アップ、ビルドアクションでアタックダウン(そうするとこのカードを使う意味がなさげだが)など、後手で倒されないようにするか、このカードがスピバで上記4人はHPが低めなので、速烈、突撃、闘気で撃破してしまおう。特に闘気はスキルと相性が良いのでおすすめしたい。

BUILD G4弾(BG4弾)

BG4-052DESTINYバージョンC
ステータスHP+1200アタック+800スピード+600
バーストスピード私の声が聞こえないのか!?バーストLv2
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキルテクニカルな一撃アシストをした時、相手の防御力をずっとダウンさせる【毎回】
備考通常排出も区分けはDESTINY・・・なのだが、機体側区分けが無印となっている。例外バーストだがスキルはアシスト用でスピードバースト、若干活かしづらいが、2弾後のBG6弾で登場したアビリティ・強襲だとどちらも生かせるので、組ませるのはそれ一択、鉄華繚乱弾よりマルチフレームシステムのダンタリオン専用アビリティ・滅も登場したので、二択となっている。
BG4-067DESTINYバージョンCP
ステータスHP+1400アタック+800スピード+1000
バーストディフェンスオーブの理念を思い出せ!バーストLv3
パイロットアビリティ覚醒SEED
DESTINY
HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード・必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキルひたむきな説得攻撃を受けた時、相手のアタックを20%減少させる【毎回】
備考CPで登場。M性能Rに近いものの、強化された覚醒を持つ。
ステータス合計値は3200。スキルはBG3弾Mミライの所持していた受けアタック減少スキル。本カードはディフェンスの為当然受けることにはより強くなるが、真にスキルを使いこなすにはHPや防御力の強化が不可欠。ミライよりも若干減少率は低めのため、ファンネル相手だとアタックを落としても受けきれず倒されてしまう可能性もある。
覚醒は必殺、スピード+1000が追加。発動させると特に烈破が使いにくくなることには注意が必要。そういう意味では逆襲が無難か。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-054DESTINYバージョンM
ステータスHP+2500アタック+600スピード+900
バーストディフェンスどうか皆、わたしに力を!バーストLv3
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキルけんめいな呼びかけ攻撃を受けた時、ずっと相手のアタック、スピード-1500。【毎回】
備考DESTINYでの新たな機体と共に、2度目のM昇格。ステータス合計値は4000。
HPが非常に高いディフェンスバーストと使いやすいものとなっていて、スキルは受けた時発動なのでステータスとの相性は良いが、TK6弾MロランTKR2弾Mアスランが天敵となり、この2人の機体が闘気持ちだと最悪1撃撃破は避けられないので要注意。
BG4弾CPと違いスキル発動タイミングがダメージ表記後となっている。
スピードはそこそこなので機体は、新しい専用機のアカツキ(オオワシ装備)、それ以外には先制、迅雷、逆襲、烈破持ちが無難だろう。

鉄華繚乱3弾(TKR3弾)

TKR3-055R
ステータスHP+800アタック+1600スピード+900
バーストアタックみんな必死で戦った・・・戦ってるんだ!バーストLv2
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
スキル勝ち気な少女攻撃時、ずっと相手のスピードを20%減少させる。【毎回】
備考最近はDESTINYばかりだったせいか、久々にSEEDの頃で登場。後、初のRでの登場でもある。
性能としては、アタックバーストである事とスキルがややかみ合っていないが、隊長機撃破ミッションで削りを入れる分には使えない事もないか。その際には程よく削りをかけれるように同弾Mインジャミーティアのような防御に長けた機体をあてがってやるといいだろう。専用機ではないが前弾CPアカツキシラヌイやCPリベイクフルシティなどの不屈持ちを使ってやれば速烈や闘気持ちにも不屈を盾にスピードダウンを仕掛けられる。迅雷や先制に乗せてもいいが、そのまま敵を倒してしまうとスピードダウンが生きないので一長一短となる。電刃(超電刃)持ちと組ませて、スピードをさらに下げると言うのも良いだろう。電刃&超電刃は、発動こそアビリティレベルが必要だが、撃破された後でも発動可能なので(公式には撃破された後は発動不可能とは説明されていない)、スピードバースト相手に食らわせてやるのも良いだろう。

VS IGNITION 04(VS4弾)

VS4-058DESTINYバージョンM
ステータスHP+1000アタック+1000スピード+2500
バーストスピードオーブの理念、何としても守り抜く!バーストLv3
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル全てを守る決意ラウンド2からずっと仲間全員のアタック、スピード、必殺技+1500。
備考SEED系特集弾ということで再びMに昇格。ステータス合計値は4500。
今回はBG4弾以来のスピードバーストで登場。またスキルは繚乱2弾Pマッキーの上位互換とカガリのカードの中でも珍しい攻撃特化型で扱いやすくなっているのが特徴。なおマクギリスとはバーストの違いがある為、単純な上位互換とは言えなくなっている。
搭乗機体候補としては本弾初参戦の2機のPレアIWSP(期間限定のビルドMS版のほうがより良い)、通常Cルージュに加えて、Rジャスティス、Pインジャなど相性がよいカードが多い為、活躍はさせやすい、いずれにしろスキルによって必殺が上昇できるので専用機補正にこだわなくてもいいのは利点といえる。

OPERATION ACE 03(OA3弾)

OA3-061DESTINYバージョンC
ステータスHP+1400アタック+1700スピード+500
バーストディフェンスオーブの理念を思い出せ!バーストLv2
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル揺るがない決意単機でロックオンした時、相手のアタックバーストを封じる。【毎回】
備考SEED&00シリーズミニ特集弾のような様相の中で、Cの例外バースト持ちで登場。
スキル名こそ違うが、内容は上記B8弾Mと同じで、ディフェンスバーストということでBG6弾Cブシドーと同じ使い方となる。ただ、ステータスの合計値や覚醒の有無から上位互換気味か。
専用機に先制持ちがあるのはブシドーと同じだが、低スピードと相性がいい烈破持ちのルージュやオオワシアカツキは存在しないので、そちらは他を頼ろう。

DELTA WARS 02(DW2弾)

DW2-060P
ステータスHP+1600アタック+1800スピード+2000
バーストスピード早く終わらせたい!こんな戦争は!バーストLv3
パイロットアビリティEX覚醒:SEEDGパワーゲージMAXの状態でパネルに出し覚醒。
全バースト解放。
絆カウンターアスラン・ザラをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキルオーブを継ぐものラウンド1からずっと仲間全員の必殺技コスト−3。
EXパイロットスキルナチュラルの覚醒先攻を取ると、クリティカル発生。【毎回】
ACE効果味方にガンダム系MSがいると、ずっと受けるダメージ-1000。
備考SEED特集弾にて、自身初のP昇格。ステータス合計値は5400。
スピードが少々高いフラット気味のステータスで、スピードバーストのため使いやすいが、EX覚醒条件がGパワーMAXと少々覚醒しにくいが、覚醒すると全てのバーストが使えるので、このステータスだと全て使いやすい。
自身初の絆カウンター持ちで、相手はアスランとなっている。アスランはキラが対象で、キラがカガリを対象にしているので、構築難易度が非常に高くなるが3人そろえて2重絆を組みたい。
スキルはラウンド1から仲間全員の必殺コスト−3。同弾CPナミと組ませると、撃破されなければラウンド2のみ−6に出来る。しかも、バーストが違うので、役割分担は可能。開幕必殺の助けになるので、対戦&ネットワークマッチングモードでは必殺反撃イグニッションに注意しつつ使いたい。ミッションでも非常に便利。
EXスキルは先攻クリティカル発生。追加されるアタックバーストとの組み合わせで、破壊力は期待できる。
専用機であるルージュは連撃が多い為、プロモの速烈が無難。オオワシアカツキも相性が良いのが無いので、他の機体からベストマッチを探そう。おすすめは共鳴スピードバースト持ちの機体で、特にTK6弾ANNIV.ユニコーン(覚醒)

DELTA WARS 04(DW4弾)

DW4-059DESTINYバージョンM
ステータスHP+2200アタック+2000スピード+800
バーストディフェンス強すぎる力はまた争いを呼ぶ!バーストLv3
パイロットアビリティEX覚醒:SEED味方が撃破された時にパネルに出し覚醒。
全バースト解放。
スキルアスハの思想ラウンドが進むたびにずっと仲間全員のスピードを30%増加、必殺技コスト−2。【毎回】
EXパイロットスキル信じる理念必殺技で攻撃すると、クリティカル発生。【毎回】
ACE効果-
備考DESTINYバージョンは1年2ヶ月ぶりに登場。ステータス合計値は5000。
HPとアタックの高いディフェンスバーストのカードなので使いやすい。スピードが低いものの、スキルがラウンドが進むたびにスピード増加と必殺コストダウンのため、ファンネル、フルドライブ、縛撃に限られる。万が一、EX覚醒した場合に備えて、乗り換え前が該当アビリティ、乗り換え後が先攻条件アビリティの機体と組ませたい。アニバーサリーでも可。
EX覚醒の条件は、味方が撃破された時と覚醒がしにくい。対戦&ネットワークマッチングモードならいいが、ミッションでは高難易度あたりに限られる。EXスキルは必殺技時クリティカル発生。バーストバトルに要注意。
今回はDESTINYバージョンというのもあって、アスランやキラとの絆カウンターは無しということになっている。

DELTA WARS 06(DW6弾)

DW6-062C
ステータスHP+1100アタック+1400スピード+1400
バーストアタック私には確かめねばならぬことがある!バーストLv1
パイロットアビリティEX覚醒:SEED相手撃破でパネルに出し覚醒。
全バースト解放。
スキル止まらぬ想い攻撃を受けるたびに、ずっとアタック、必殺技+1000。【毎回】
EXパイロットスキル揺るがない決意単機でロックオンした時、相手のアタックバーストを封じる。【毎回】
ACE効果-
備考SEEDバージョンは3弾空けて登場。
アタックとスピードが同数値で、EX覚醒ありのアタックバーストとなっている。EX覚醒条件が相手撃破なので、EX覚醒の条件は満たしやすいが、先攻を取られてそのまま撃破されることのほうが多くなるので、できればヴァリアブルかアニバーサリーと組ませて、相手を撃破しやすくしたい。
スキルは受けるたびに発動なので、EX覚醒するまではほぼ使えないスキルで、EXスキルはアタックバースト封印。OA3弾Cと同じもので、3度目のアタックバースト封印となる。バーストバトルを封じられるが、EX覚醒した相手には無意味という点は注意。

EVOL BOOST!! 01(EB1弾)

EB1-055R
ステータスHP+800アタック+1900スピード+1700
バーストアタック逃げるな! 生きる方が戦いだ!バーストLv2
パイロットアビリティEX覚醒:SEEDGパワーゲージMAXの状態でパネルに出し覚醒。
全バースト解放。
絆カウンターアスラン・ザラをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル実力の証明攻撃時、ずっと相手のスピードを20%減少させる。【毎回】【全攻撃前】
EXパイロットスキルとっさの防御行動攻撃を受けた時、クリティカルを無効にする。【毎回】【ダメージ前】
ACE効果ラウンド1からずっとアタック+500。
備考EB弾はRで連続登場。
今回はDW2弾と同じEX覚醒条件と絆パートナーを持っている。
アタックとスピードが高いステータスで、アタックバーストとなっているが、EX覚醒条件はGパワーMAXなので、早くEX覚醒させたいところ。
スキルは通常が名前こそ違うが上記TKR3弾Rと同じもの、EXはクリティカル無効。いくらディフェンスバーストが追加されるとは言え、HP補正が低いのでクリティカル無効はおまけ程度に考えておいた方が良さそうだ。

プロモーションカード

BPR-007バーストカットインイラスト箔押しバージョンあり-
ステータスHP+1000アタック+800スピード+1500
バーストスピードみんな必死で戦った・・・戦ってるんだ!バーストLv3
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル絶妙な連携ラウンド2からずっと仲間全員のスピード+600
備考3人目のSEED所持者はSPカードパックでの参戦。ステータス合計値は3300で、スピードレベル3のM相当性能。
覚醒が強力なのは当然として、スキルは何度か使われた準汎用スキル「絶妙な連携」。これにより自軍のスピードを大きく引き上げることができ、さらには自らのバーストで先手取りもいける。その分アタック補正等の攻撃面は補強したいところ。
先攻を取りやすいパラメータ配分ではあるがアタック補正がやや低いため高HPの敵機やダメージ軽減スキル持ちのパイロットを相手にした場合、速烈以外では一撃で落としきれない場合がある。1ラウンド目は無理をせず雑魚機を倒してGパワーを稼ぎ2ラウンド目に必殺技を撃つように立ち回ったほうが安全である。
ガンダムSEED初の女性パイロット参戦である。キラ、アスランの主役ツートップのアシスト役に回るも良し、または鉄壁エールストライクのフラガ機に守ってもらう子猫ちゃん役に回るも良し。と、出撃レパートリーが豊富になったのは良い傾向である。
OPR-015DESTINYバージョン箔押しバージョンあり-
ステータスHP+2000アタック+1000スピード+1500
バーストスピード私の声が聞こえないのか!?バーストLv3
パイロットアビリティSEEDHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキルナチュラルの意地ガンダム系MSに搭乗すると、攻撃時にクリティカル発生。【毎回】
ACE効果-
背景NEWSPパック03ルージュI.W.S.P.
備考NEWSPパック3に収録。ステータス合計値は4500。
久々のプロモでの登場は、配布期間となる2018年6〜7月に似合う水着のイラストとなっている。
HPが高いスピードバーストで、背景のI.W.S.P.ルージュは急襲持ちとバーストとアビリティはかみ合うが、ステータスは長所に尖る為、欠点のアタックはスキルで補うことに。
スキルは名前は違うが中身は鉄血の1弾Mアムロ(逆シャアバージョン)と同じもの。ステータス配分が違うので、組ませる機体が少々異なる程度となっている。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
進藤尚美
年齢16歳(SEED)※B2弾Cでは15歳と表記
18歳(DESTINY)
階級なし
※DESTINYではオーブ連合首長国の代表首長
専用機スカイグラスパー(2号機)
ストライクルージュ
ストライクルージュ+I.W.S.P.
ストライクルージュ(オオトリ装備)※HDリマスター版のみ
アカツキ(オオワシ装備)
証言(SEED) 証言(DESTINY)
特記事項

キラ・ヤマトがヘリオポリスで出会った少女。
その正体はオーブ連合首長国の指導者のウズミ・ナラ・アスハの娘。
気が強く、頭で考えるより先に手が出る性格の持ち主である。

のちにウズミとは死別することとなり、彼とは実の親子ではなく
コーディネイターを研究していたヒビキ夫妻の実子でキラと兄弟であることが明かされる。
その際に彼女は自分が姉だと主張していたが、ヒビキ夫妻は既に死亡しているため真相は不明。

DESTINYの時期ではオーブの指導者となっている。

ガンダムビルドダイバーズには、アバターであっても彼女は登場しないが、1文字違いのアバター・カナリが登場する。
フォース・アークエンジェルズのメンバーとして登場し、使用ガンプラは、カガリと違いムラサメとなっている。