ガンダムトライエイジ まとめWiki - カザミ

DELTA WARS 03(DW3弾)

DW3-075P
ステータスHP+2500アタック+1000スピード+2500
バーストディフェンスよっしゃ、まかせな!バーストLv3
スキルヒーローと呼んでくれHPが半分以上の時、ずっと必殺技が50%増加する。【毎回】
ACE効果ラウンド2のみ仲間全員の必殺技+2000、必殺技コスト−3。
背景DW3弾Pジャスティスナイト
備考ヒーローを目指すダイバーがPで登場。ステータス合計値は6000。
スキルはHP一定値以上での必殺アップ。必殺アップのディフェバといえばOA6弾Pユッタを想起するがあちらと違いHP指定があるもののラウンド開始前であるため出しやすい半面、スキル発動後クリティカル永続と覚醒が無い為相互互換と言える。また、こちらは後攻指定がないため、縛撃やフルドライブといった能動的に攻めるアビリティで組むこともできるので、自由度はこちらが高い。
ステータスは必殺を使うことを前提としているようなステータスをしておりHPとスピードが高い半面アタックは平凡そのものとなっている。Gパワーゲイン等の手当をしないのであれば1R目は上記縛撃やフルドラで相手(又はその攻撃力)を潰すかしてダメージを抑えることが望ましく、本領発揮は2R目からと、同弾Pヒロトの逆を行く。1R目から活かすならDW2弾Pカガリを仲間に入れたり、DW3弾のCP機体、GパワーゲインのBAを組み合わせたりするとよい。当然ながら必殺反撃や奮迅には注意。
ACE効果はOA5弾P2期マッキーと比べた場合コストダウン値で劣るものの-1の代わりに必殺基礎火力値が+2000と大幅に火力補填が出来るようになっている。Gオーダーヴァリアブルの合わせ技のように猛烈にGパワーを使う状況やデッキでなければこちらを使ってみてはいかがだろうか。

EVOL BOOST!! 01(EB1弾)

EB1-069C
ステータスHP+1800アタック+1600スピード+800
バーストアタックしのごのいってねえでつきあえ!バーストLv1
パイロットアビリティ絆カウンターパルヴィーズをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル並ならぬ反射速度攻撃を受けた時、ダメージを50%に軽減する。【1回限り】【ダメージ前】
ACE効果-
備考9ヶ月ぶりに登場はC落ち。
スピードの低いステータスで、アタックバーストとなっているため、専用の同弾Cジャスティスナイトで組ませることを前提にしているが、縛撃は発動率が落ちたので、注意して使うこと。
ヒロト達のBUILD DiVERSでは初の絆カウンターを持っていて、こちらの相手はパルとなっている。

EVOL BOOST!! 02(EB2弾)

EB2-070M
ステータスHP+2800アタック+1800スピード+1000
バーストアタックよし、とっとと片付けるぜ!バーストLv3
パイロットアビリティ絆カウンターメイをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル活性する闘志必殺技を受けた時、ダメージを30%に軽減し、アタックが2倍になる。【1回限り】【ダメージ前】
ACE効果-
備考新たな愛機の登場と共にM昇格で連続登場。ステータス合計値は5600。
HPの高いステータスで、必殺技を受けた時のダメージ減少スキルなのだが、アタックバーストとかみ合っていない。
強靭で耐えるよりは、ジャスティスナイトも持っていた縛撃あたりで、万が一の備えで使うほうがいいかも。縛撃以外にも、先制やファンネル、フルドライブが無難。
今回の絆パートナーはメイとなっている。

EVOL BOOST!! 03(EB3弾)

EB3-071C
ステータスHP+1200アタック+1900スピード+1200
バーストスピードよっしゃ、まかせな!バーストLv1
パイロットアビリティ絆カウンターパルヴィーズをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキルここからが本番ラウンド2にGパワー+2。【ラウンド開始】
ACE効果ラウンド2のみ相手全員の不沈アビリティを封じる。
備考C落ちで連続登場。
今回はスピードバーストなのだが、如何せん専用機ではバーストを生かせない。そのため、ヒロトコアガンダムや、かつて一員とホラ吹いたリク達ビルドダイバーズのダブルオーダイバーエースを借りると活躍が見込める。

キャラクター解説

登場作品ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
水中雅章
年齢17歳
専用機ガンダムジャスティスナイト
ジャスティッガイ
ガンダムイージスナイト
証言
特記事項DW弾では排出P1回に対して証言3回という変わった立ち位置にいる人物だった。

動画共有サービス「G-Tube」の有名配信ダイバー:キャプテン・ジオンに憧れるダイバーで、後に自身でもチャンネルを開設する。
リアルでの名前はトリマチ・カザミ。漁師の息子(敵MAの捌き方や大漁旗を持ち出すなどその片鱗はあった)であり、親の影響か魚の捌きが上手く気晴らしには釣りを営む模様。
小柄な体格をしており、キャプテンに倣ってかGBN内でのアバターはリアルの自分を筋骨隆々で大柄な人間にしたような姿に設定している。
連携が苦手だが、様々なパーティを渡り歩きながらヒーローを目指し、持ち前の気楽さでGBNを楽しんでいる。

とあるサバイバルミッションにて単機で強大な敵機を破壊したヒロトの実力に惹かれて彼と接触。
共闘を持ち掛けて絡み続けているうちに謎のミッションに巻き込まれ、付近に居たヒロトやメイパルヴィーズと共に成り行きでチーム「ビルドダイバーズ(BUILD DiVERS)」を結成。連続して展開する謎のミッションに挑戦する事となる。

GBN内ではヒーローごっこを主な目的として活動。
見栄っ張り故にゲーム内での限定称号等に目が無く、自分の実力を誇張したり経歴を偽る事が多い。
それに加えて他人と足並みを揃えないカザミの性格もあり、実の所はただ様々なパーティを渡り歩いていたのではなく、メンバーとの不和が原因で様々なパーティから抜けざるを得ない状況を作り続けていた模様。
かつてのチームメイトであるサガリからは未だにGBNを続けている事を意外に思われる程に評判は悪いらしく、自分でも後ろめたさを感じている。
この事とはあまり関係無い状況であるが、後々自分の事を「ガンダムの主人公ではない」とはっきり口にする事も。
そういった経歴を持つためか、自分はヒロトに信用されていない事をはっきり形にされた際には酷く落ち込み、後日それを皮肉交じりに伝えるという寂しがり屋な一面も見せる。

チームバトルでは功名心に駆られて味方に気を配らずに突撃し、他のプレイヤーのガンプラを外見で判断して戦闘力が低そうという理由から見下す等、GBNのマナー改善に全力を尽くすキャプテン・ジオンのフォロワーとは思えない態度の悪さが見受けられる。
(カザミは彼の圧倒的な強さを持つヒーローという一面に惚れているのでそういった部分は気にしていないのかもしれない。そもそもキャプテン自体がマナー違反した相手に対して対話による説得を試みているが、大抵は拒絶され、最終的に戦闘で打ち負かすという動画(逆にキャプテン自身が返り討ちに遭い、敗北する動画もあるが、相手に撮影・投稿許可を取っているのか、そういった体裁の芝居なのか不明)を幾度も投稿する別方向のマナー違反疑惑のあるダイバー←(正体が正体なので、この疑惑は無くなったと見て良いだろう)なので、カザミの独り善がりなヒーロー像はなるべくしてなった可能性もある)
しかし、それをカバーするかのようにフランクな性格をしており、気さくな対応によって引っ込み思案なパルヴィーズを説得し、ビルドダイバーズからの脱退を思い留まらせている。

撃墜数0である自身の現状と理想の狭間で苦しみながらも、ボロボロになりながらも敵機を撃破(初撃墜)。
ヒーローだからカッコイイ」のではなく「カッコイイからヒーロー」であることを認識し、なりたい自分への第一歩を踏みしめることとなった。
それで吹っ切れたのか、以降は順調に撃墜数を稼ぎ、目覚しい活躍を見せられるようになっている。

当初は山の民との会話部分を「イベントパートが長いなあ」と愚痴っていったが、お祭りになったときには

愛機・ジャスティスナイトの要素を盛り込んだプチッガイジャスティッガイ」+(花火弾頭を仕込んだジャスティスナイトカラーのピーコック・スマッシャー)を持ち込んで花火大会を行い、大盛況になっていた。
その際に村の子供たちからはカザミンと呼ばれていた。

また、漁師のくせに水の中が苦手(カナヅチ)。
しかし、苦手だからと言って投げだすことはなく、挑戦する心意気は持ち合わせてはいたが、いかんせん不得手な戦場に苦戦し、メンバーで最初に脱落してしまった。

自身の不用意な発言から始まってしまったラストミッションでは、攻略条件が不明な事とそれ故に衛星兵器に狙いを付けて単独行動をしたメイを見て自分も好き勝手に動き、司令塔のアルスに狙いを付けて衛星内部へ再突入するも道に迷ってしまい撃破に失敗。
(この時、衛星の動力炉で自爆を図ることを予測した人もいたはず)
彷徨った果てに基地の外周部に出てしまうが、ガンダムゼルトザームに一撃を加え、図らずもヒロトの窮地を救うこととなった。
その後はヒロトのジュピターヴガンダムと共闘するも衛星兵器は発射を阻止できず、水上都市セグリのあったクレーターを見つめながら地上へと降りるしかなかった。

リアルで残りのメンバーと出会った後、昏睡しているシドー・マサキと会い、メンバーで話をした後何か決意を固め、再度この戦いに身を投じることにした。

2ndシーズンではGBNで最初に4人が揃った場所でフレディの救いを求める呼び掛けに対して一部逡巡するメンバーに対して「こまけぇこたぁいいんだよ!!」と真っ先に転移ボタンを押して救援に駆けつけている。
最初の戦いでは転移用の砂不足でパル共々戦闘不参加だったが、クアドルンのところで転移出来るようになってからは戦闘に参加している。
アルスアースリィガンダムとの戦いではストラとフレディが救助し逃げ遅れた人3人を撃ったところを庇うべく全力で飛び出した。
結果的にヒロトのスナイプで相手の狙撃は阻止、拡散したビーム弾は自機のシールドで防ぎ切り、3人とも無事であった。
かつては身勝手な振る舞いでチームの敗因となっていた彼だが、仲間を守護(まも)るために全力を出した彼の顔はまさしく漢であり、自らが目指した強きを挫き弱きを守るヒーローそのものだった。

アルスアースリィとの戦いの後、思い出のガンプラ・イージスガンダムで改造機を作ろうかと思い悩んでいたが、リアルでヒロトたちからイージスガンダムの改造機のアイデアについて相談し、ヒロトのコアガンダムIIを参考にする事でガンダムイージスナイトを完成させ、ジャスティスナイトと入れ替わる形で投入する。
対ゼルトザーム戦用にヒロトが持ち込んだサターンアーマーを見て、重機みたいだなと感想をいったあと、対ガンダムフレーム用と聞いて、「へ〜、悪魔狩り用か〜。」と言っていた。

衛星兵器攻略で悩んでいる所に、メイの誘いでマギーと出会い、マギーが自身のチャンネルのフォロワーと言うこともあってか、様々な所に拡散され、シミュレーションミッションが開催されることに。

ロータスチャレンジVerエルドラでは、1機でも撃墜されたらやり直しというルールで出撃。
何度か撃墜されながらも進んでいき、ロンメルと激突した際は、圧倒的実力差から窮地に追い込まれる。
しかし、「キャンプテン・ジオンのように、最後まで諦めない。」と言ったことがきっかけで、ロンメルの動揺を誘い突破する。
クジョウ・キョウヤには何度か全員まとめて落とされたが、最終的にはBUILD DiVERS全員の連携で突破する。

ミッション後は、ドージユッキーと話をした後に、オーガから「もっと強くしてやる!!」と言われていた。
ロンメルと直に会った際は、キャプテン・ジオンの事に関して、熱く語っていた。