ガンダムトライエイジ まとめWiki - ガンダムAGE−2 アルティメス
※搭載システム・AGEシステムについて
鉄血1弾からはAGEシステムの上昇値が固定となり、単機出撃の場合確実にレアリティ以上の力を出せる仕様に変更される。
OA弾以降排出カードのレアリティには「+AGE」表記。


BUILD MS3弾(B3弾)

B3-031Mタイプディフェンダー
ステータスHP 3800アタック 2800スピード 1200
必殺技アルティメス・タンデムチャージ5500コスト7MSアビリティ先制
適性宇宙◎地上○水中▲森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットアセム・アスノ
アセム・アスノ(追憶のシド)
キャプテン・アッシュ
備考映像作品すら飛び越えたAGEシステムの新たな答え、M1枚参戦。
ステータス合計値は7800。前弾ソーディアに比べると基礎値は落ちたが、AGEシステムで基礎ステだけでも更に最大+900されるので、ステータス合計値は8700とB弾のPレア並みの数値まで引き上がり、必殺も7・5800、更に耐性防御まで上昇可能になる。しかし、AGEシステムのスピード上昇分はアビリティである先制を運用する際に弊害になることもあり、弱点らしい弱点ではないが、ひっかかる事はある為、その点は留意したい。
アビリティはAGEシステム対応機では貴重な先制持ちかつ、ステも運用に関して特化した低スピード高HPなので、AGEシステムの防御力向上はしっかりと。
適正は特化機体である故に総合的には悪い方なので、無理にスピードをフォローせず、B4弾Mリョウ、B2弾Mサーシェス、無印6弾Mフリットなどで先制不発に備えた方が無難といえば無難。現在ではB5弾MマフティーやSPパック11プロモセカイ、SPパック9プロモハマーンなどのクリティカル確定スキル持ちによる火力補填か、前述のダメージ軽減系スキル持ちパイロットでの防御フォローかどちらかがメジャーなのだが、BG5弾Pウィルフリッドと組み合わせてB8弾Mセシリーなどで全体の防御力向上をしつつ、削り役…などのパターンも散見される。

OPERATION ACE 05(OA5弾)

OA5-009R+AGEタイプガンナー
ステータスHP 1900アタック 2700スピード 3600
必殺技アルティメス・タンデムチャージ5200コスト5MSアビリティ急襲
適性宇宙◎地上○水中▲森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットアセム・アスノ
アセム・アスノ(追憶のシド)
キャプテン・アッシュ
ACE効果ラウンド1のみ仲間全員のスピード+800。
備考5年2ヶ月ぶりにR落ちで登場だが、ステータス合計値はこちらが上回ることになった。
アビリティは急襲。地形適正から、森林と砂漠では使わないようにしたい。

プロモーションカード

DPR-029プロモ+AGEタイプガンナー
ステータスHP 3100アタック 3000スピード 3500
必殺技アルティメス・タンデムチャージ6100コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中▲森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットアセム・アスノ
アセム・アスノ(追憶のシド)
キャプテン・アッシュ
ヴァリアブル効果-
ACE効果ラウンド1のみスピード+800。
備考2019年12月〜2020年1月のトライエイジトーナメントで、参加希望者全員に配布されるカード。ステータス合計値は9600で、AGEシステムで最大10500となる。
ステータスはフラット気味な配分で、アビリティはガンナー・速烈。同じAGE−2系統の速烈持ちとしては無印5弾Mダークハウンド、DW1弾Cノーマルに続き3機目となる。
専用パイロットのアセムだと攻めに特化させるならDW2弾C、耐久に特化させるならB2弾Mがおすすめ。

機体解説


ガンプラは改造パーツとして電撃ホビーマガジンに付属。
写真は初代管理人の私物です
登場作品機動戦士ガンダムAGE EXA−LOG
機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブ
開発系統AGEシステム(成長傾向:防御力重視型)
その他特殊系統ガンダム系・連邦系・AGEガンダム系
AGEシステム対応機
格闘武器アルティメス・ビームサーベル打撃
射撃武器アルティメス・ロングレンジライフルビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
連撃アルティメス・ロングレンジライフル
※通常は同時に一発、連撃発動時は前一回転後にもう一発
ビーム
ビルドMSB2弾
証言
特記事項B3弾から修正された出撃モーションでは出撃時に前方に1回転しながら発進する。
ちなみに射撃武器での通常攻撃によるポーズは、ダブルバレット初登場時のそれである

ヴェイガンのステルス技術「見えざる傘」に対抗すべく、AGEシステムが提案したガンダムAGE−2の新たなGウェア。
肩のキャノン砲はアルティメス・ロングレンジライフルと呼ばれ、中央円状部分にビームマシンガンを内蔵。
また、ダブルバレットツインドッズライフルを懸架可能である(上写真でも懸架)。
右腕にはモード切替でビームガンとしても使用可能なアルティメス・ビームサーベルを装備している。
AGE−2標準装備のビームサーベルも当然使用可能。

脚部はのちのAGE−3オービタルと似た、着陸脚のみを備えた構成
ただし完全な宇宙戦用というわけではなく、地上においてもAGE−2が本来持つ変形機構を生かし、グライダー形態となって高速移動が可能(現在、本ゲームではMS形態のみ使用)。
パーツ(ウェア)内には大型艦艇並みの索敵システムを内蔵。
この索敵システムをフル稼働させ、宇宙塵などの星間物質の移動を捉えることで疑似的に「見えざる傘」を使用した機体(戦艦)を発見することができる。
この能力を生かした先行、敵機体の発見等の偵察が本機体の主な役割と言え、AGEシステムが「見えざる傘」を破るために様々な系統の技術を動員した結果である。
索敵能力自体は星間物質の状況次第のため有効に機能しない場面もあったとされるが、実際に艦隊に組み込まれて運用された記録も残されている。

元はPSPゲーム版「ガンダムAGE」オリジナルウェアであり、ディケ・ガンヘイルが「ダブルバレットの発展型」だと説明している。
ノートラム防衛戦でアセム・アスノが本機体を使用してデシル・ガレットクロノスを撃破した。


上位演出技:アルティメス・タンデムチャージ
ビームマシンガンを連射後、最大出力のロングレンジキャノンで相手を撃ち抜く。

実は、ビームマシンガンは本来ツインドッズライフルが付いている部分から出ていたりする
(ビームマシンガンはロングレンジキャノンの砲身の円形のパーツの中に内蔵されている)