ガンダムトライエイジ まとめWiki - サイコ・ザク

鉄血の5弾(TK5弾)

TK5-042Pタイプガンナー
ステータスHP 1400アタック 4000スピード 4000
必殺技グッナイ・マイ・ラブ6700コスト8MSアビリティ突撃
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
備考公式より、鉄血の5弾カウントダウン特集により公開。
ステータス合計値は9400で、分かりやすいアタックとスピード特化の突撃機。系統内での同じ突撃持ちならばB2弾Pノイエが居るが、ステータス配分が真逆であり、適性はどちらも宇宙特化ながら若干の違いがあるので、相手の陣容やステージを見て耐久力を重視するか火力を重視するかなど細かい部分にこだわれば使い分けの意義も見えてくるだろう。またPレアという事で入手難度は高いが入手できればメインを張らせにくい機体ばかりが集う同系統のLv上げなどに貢献してくれるはず。
専用パイロットのダリルとはスピバ+高スピード補正で突撃との相性こそ良いものの、ダリルのスキルがどちらも「後攻の時」である上、機体・パイロットともにHPが低く、『撃墜に失敗=自分が落とされる』可能性が非常に高い為、とてもお勧めしにくいのが難点。
なのでZ4弾Mロウ等で耐久力強化と火力を同時に行うのがよいだろうか。スピバの相手がいないなら鉄血4弾モンタークあたりの高スピードアタバをつかうのもよい。更により火力追求するなら青クリ確アタバのの出番だろう。いずれにしろ低HPの突撃持ちという事から耐久面を無理に補おうとせず、火力を高めて相手を倒す事で防衛手段とする方がうまく運用できるはず。
赤い機体なので各種シャアと組ませることが可能で、ハロビー+BG3弾SECシャアで開幕必殺を狙うのもありだが、SECゆえに入手しにくいのが難点か。また、HPは低いままなので返り討ちに遭い撃破される可能性もある。

鉄血の6弾(TK6弾)

TK6-043Mタイプガンナー
ステータスHP 3800アタック 3000スピード 1800
必殺技グッナイ・マイ・ラブ5400コスト6MSアビリティ狙撃
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
備考マイラブM落ち。ステータス合計値は8600。
イメージぴったりの狙撃+最近流行りの青狙撃のMに連なる1枚。重量型配分の狙撃持ちと一風変わった機体だが宇宙では適性が★になるので+1000され、素で2800と纏まった数値になるが、他の地形(特に地上以外)に出すと壊滅的な数字になるので宇宙に絞った運用がいいか。前弾Pダリルならパイロット側の補正で低いスピードを補え、ステータスのバランスもちょうど良くなるので前弾Pよりも扱い易い。

鉄華繚乱4弾(TKR4弾)

TKR4-040Rタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 3400スピード 2100
必殺技グッナイ・マイ・ラブ4800コスト6MSアビリティ先制
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
備考8ヶ月ぶりに登場。マイラブR落ち。
今回は先制持ちのため宇宙だと素で3100と高めになってしまう。同弾Cリンカー同様いまいち扱い辛いものとなっている。
勿論、アビリティが死ぬので専用パイロットのダリルは乗せてはいけない。逆に宿敵である鉄3弾Pイオの方が相性が良いという皮肉な結果になっている。

鉄華繚乱5弾(TKR5弾)

TKR5-051Mタイプディフェンダー
ステータスHP 1700アタック 3000スピード 4200
必殺技グッナイ・マイ・ラブ4600コスト5MSアビリティ闘気
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
備考特集弾もありマイラブM昇格。ステータス合計値は8900。
系統初の闘気持ちでこの系統の主な育成枠になり、先攻クリ確のパイロットと合わせれば爆発的な火力が期待できる。
宇宙では屈指のスピードがあるためアタックバーストを乗せやすいのも魅力。
反面、耐久面は成長傾向からもあるように心もとないので追加攻撃には注意しよう。

VS IGNITION 01(VS1弾)

VS1-047Cタイプガンナー
ステータスHP 2300アタック 1800スピード 2600
必殺技グッナイ・マイ・ラブ4800コスト6MSアビリティ迅雷
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
備考マイラブがとうとうC落ち。
迅雷持ちだが、先制持ちの繚乱4弾R同様、素のスピードが宇宙では3600と高くまとまってしまうのでこちらも扱いにくい。
証言シリーズ「なぜなにもびるすーつ」は本弾はここ。

VS IGNITION 04(VS4弾)

VS4-047Rタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 3600スピード 2300
必殺技グッナイ・マイ・ラブ4800コスト5MSアビリティ急襲
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
備考2弾空けてRで再登場だが、Rなのはあまり良いわけではないのが現状。
対人戦でも最近流行りの急襲持ちで登場。アビリティの関係上専用機補正はあまり考えなくてもいいが、ダリルを乗せるなら鉄5弾Pとの相性が良く、本弾で追加されたIGNの必殺強襲が来たとしても1度目に攻撃を受けるのであればほぼ確実に耐えれるだろう。
ダリル以外のパイロットを乗せるのであればアタックは十分あるので必殺強襲を警戒してHPの多めのパイロットを乗せた方がよいだろうか。

OPERATION ACE 04(OA4弾)

OA4-041Rタイプディフェンダー
ステータスHP 3800アタック 2800スピード 1500
必殺技グッナイ・マイ・ラブ6600コスト7MSアビリティ奮迅
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
ACE効果ラウンド1のみ相手全員の急襲アビリティを封じる。
備考10ヶ月ぶりに登場。今回はRの奮迅持ち。
ACE効果はラウンド1のみの急襲封印。ビルドMSのHi−νガンダム(P)版のビルドアクションの下位互換だが、該当ビルドMSが開発不可能なので、そのことを考えると、ラウンド1だけであっても封印できるのはありがたいことである。

OPERATION ACE 06(OA6弾)

OA6-088CPタイプアタッカー
ステータスHP 3500アタック 2800スピード 3300
必殺技グッナイ・マイ・ラブ6900コスト7
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
ACE効果
(専用パイロット搭乗時限定)
ラウンド2からずっとアタック、必殺技が50%増加する。
備考歴戦の強者キャンペーンの1枚。ステータス合計値は9600。
フラット気味のステータスで、アビリティは無双。耐えて発動、先攻とって相手撃破で発動どちらもやりやすいステータスになっている。
ダリル搭乗時限定のACE効果はアタックと必殺技50%増加だが、ラウンド2からなので必殺技の方は有効に生かせる。アタック増加は無双には効果が無いが、必殺コストが7とそう軽くは無いので必殺技を放たない時の備えやコスト増加Gオーダー対策でも使える。
専用パイロットのダリルだが、同弾M本弾から追加された専用機に合わせたスキルなので、本機で使うには難しいが地上ならある程度戦えるので、ステージが地上限定の時は使えるか。一応ダリル自身のACE効果がかなり強力なので、あえてスキルが発動しない宇宙で任命するのもありだろう。その他はTK5弾POA4弾Rも使えるだろうか。

DELTA WARS 03(DW3弾)

DW3-088ANNIV.タイプガンナー
ステータスHP 3800アタック 3000スピード 2200
必殺技グッナイ・マイ・ラブ5700コスト5
MSアビリティ烈破
乱射
乱射発動時武器属性実弾
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
ヴァリアブル効果-
ACE効果-
備考単行本最新刊(14巻)での復活を期にDW3弾のアニバーサリー3枚目に選出。ステータス合計値は9000。
ステータスはHP重視型の配分で、アビリティは烈破と乱射。烈破は後攻時かつ攻撃を受けないと発動しないアビリティ、乱射はHPが半分以上でないと発動しないアビリティであり、耐えたとしてもいつの間にかHPが半分以下になっていた・・・ということもありうるため、HP回復手段は必須。また、スピードが2200とそれなりの数値で宇宙では3200と高めに纏まってしまうため、アシストカットであえて後攻に回る使い方が主となるだろう。

EVOL BOOST!! 01(EB1弾)

EB1-034Cタイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 3500スピード 1100
必殺技グッナイ・マイ・ラブ4700コスト4MSアビリティ迅雷
適性宇宙★地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:アッガイ(索敵型)
開発系統ジオニック社
(成長傾向:クリティカル重視型)
機体特殊系統・特殊機能ジオン系タイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 2100スピード 3000
必殺技リビング・デッド6100コスト6MSアビリティ逆境
適性宇宙×地上○水中★森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットダリル・ローレンツ
ACE効果最終ラウンドに相手全員の防御力をダウンさせる。
備考9ヶ月ぶりに登場。今回はアッガイ(索敵型)とのヴァリアブル持ち。
サイコ・ザクは迅雷。スピードが下から3番目に低い数値なので、使いやすいステータスだから、系統レベル上げ=アビリティレベル上げは必須。乗り換え前提で考えても、水中で使いたいところだが、アタックバーストと組ませた時以外ではアタックゲージブーストのスピードがスーパークイックになる点は要注意。
乗り換え後のダリッガイは逆境。HP差が決め手なので、迅雷不発でダメージを受けてから乗り換えをさせたい所。あるいは、敵全滅系高難度ミッションのような最初から敵のHPの高いところなら端から乗り換えて使うのもあり。その代わり、適性は真逆なのでアタックゲージがスーパークイックを相手にすることも考えられるので出撃する地形をよく考えてから出そう。

機体解説


登場作品機動戦士ガンダム サンダーボルト
開発系統ジオン公国試作機(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ジオン系・赤い機体
格闘武器ヒート・ホーク
相手の射撃を急上昇で回避してから横薙ぎ
打撃
射撃武器ジャイアント・バズ
サブ・アームに装備したザクマシンガンを乱射しながら狙いを定めて撃つ
よく見るとマシンガンを撃っている(アタックバースト中だとわかりやすい)
実弾
ディフェンダー通常武器:射撃武器
ビルドMS鉄血の5弾
証言
特記事項ベース機はR型ザクだが、系統はジオニック社ではないので注意
ゲーム中での機体グラフィックはウェポンラック兼大型ロケットブースターがオミットされている
※アニメ版でフルアーマー・ガンダムとの最後の決戦時の再現
格闘攻撃時はストライクノワールのマワール撃ちなど同様、相手機体の射撃攻撃を確認できる機体の一つ

ジオン公国軍の実験用MS。
高機動型ザクII(R型の前期型前期改良型後期型なのかは不明)をベースに作成された試作機。
基本的なR型の概要は本ゲームで最初に参戦した高機動型ザクII後期型参照。

正式名称は「リユース・サイコ・デバイス装備高機動型ザク」。
だが、あまりにも名前が長いためバロウズ艦長によって「サイコ・ザク」と略され命名された。

名前の「リユース・サイコ・デバイスReuse Psycho Device)」(以下RPDと表記)は、事実上エース専用機となっていた上記MS-06R型のその複雑な操縦系統を「もし仮に念じるだけで操作できたら」(しかも脳波コントロールできる!)というコンセプトで開発された。
そうなれば経験の浅いパイロットでも容易に操縦できる事になり、慢性的な人手不足に陥っているジオン軍にとっては光明となりえるものであった。

しかしサイコ・ザクに搭載されている「RPD」は試作品であり、その性能を完全に発揮するには専用の義肢で機体側のデバイスと接続する必要があった為、四肢の切断・義肢化が必要と人道的な問題を抱えている。
(似たようなシステムを持つグレイズ・アインの方はパイロットを完全にMS備え付けの生体部品としている為、更に非人道的な機体になっている)

パイロットのダリル・ローレンツは部隊内でこの決断を命令として下され、それを引き受けた際に曹長→少尉に昇進する措置が取られ、部隊内でそのジオンへの忠義を称えられた。

外見上の特徴としては、多数のスラスターが増設されたザク本体(OVA版では普通のザクのバックパックも付いている)、モビルスーツの全長を超える二基のロケットブースターを有する外付けの大型バックパックに多数の武器をマウントしている。
内訳は、ジャイアント・バズ×2 ・ザク・バズーカ×3
ザク・マシンガン×1 ・シュツルムファウスト×4
ヒートホーク×1
バズーカ予備弾倉×4 ・マシンガン予備弾倉×4
となっている。
搭載された武装の数は単機としては過剰とも言える規模であるが、ほぼ単機で艦隊丸ごとを相手にする必要性があった為これだけの重装備となった。

ネーミングから誤解を受けやすいが、この機体にはサイコミュといった脳波感応攻撃端末搭載されていない

サンダーボルト宙域において地球連邦軍ムーア同胞団の艦隊を単機で壊滅させるという離れ業を演じ、同船団のエースパイロットであるイオ・フレミングの搭乗するガンダムとの激闘で相討ちとなり互いの部隊も母艦が沈んで壊滅状態となったが、ジオン軍は増援部隊が駆け付けたためサイド4を巡る戦いは辛くもジオンが勝利した。
だが本機もほぼスクラップ同然で今にも爆発しそうな危険な状態にあり、友軍による回収も出来ずパイロットであるダリルの脱出後に爆発
父親との思い出が詰まったラジオともども失われた。
ただし、原作漫画版はそれも回収して脱出しているため、ダリルが有利な状態でサンダーボルト宙域での戦いに幕を下ろしている。

その戦果から量産化の検討(極々一部の人間による)もされたが、パイロットのダリルはこの事を素直に喜べなかった。
(本機を量産するという事は自分と同じように手足を切断した上で専用の義肢を装着され、日常生活に支障をきたすパイロットが増える事を意味する為)
「RPD」のデータの殆どは母艦のドライド・フィッシュ轟沈時に失われ、開発者であるカーラ・ミッチェムも戦闘のショックから幼児退行を引き起こし、更に戦争が連邦側の勝利で終わった事もあり量産化される事は無かった。


・・・はずだったが、思わぬ形で本機の開発データが流出、それが新たなる火種となるのであった。


上位演出技:グッナイ・マイ・ラブ
演出開始と共に、飛来するミサイル群をザクマシンガンで打ち落とし(この時に被弾し、左アームとザクマシンガンを失っている)た後、後方宙返りをして居住まいを正した後に急発進。
ザクマシンガンを乱射しながら接近し、弾切れになった所で投げ捨て、ザクバズーカに持ち替えて3連射して締める。
トドメ演出はなし。

最初のミサイル群はライバル機であるフルアーマーガンダムを意識した物だろうが、ミサイルが搭載されている機体の方が少ないアナザーガンダム系を相手にするとどこからとも無く飛んでくるミサイルという事になってしまい、ややコミカルに。
さらに、クロニクルモードのようにハンティングシステムがあるミッションではトドメ時以外を除き、敵機が爆散してからアイテム獲得シーンが入るが、その時にどこからともなく爆発音が入るけったいな仕様となっている。

ライバル機同様、楽曲名から取られており、パイロットのダリルは「ポップスのラブソング」が好みなのかJesse Belvin & Art Pepperの楽曲が由来となっている。
原作では1巻の時はダリルのラジオから、2巻〜3巻の戦闘の最中ではダリルとイオの双方のラジオから流れているのが確認できる。