ガンダムトライエイジ まとめWiki - サイコガンダム
※ジオンの興亡2弾排出カードから、「サイコ・ガンダム」に名称変更。
 「サイコ」と「ガンダム」の間の中点の有無が各種媒体や商品によって色々と異なっている。
本Wikiでは変更前の名称を使用します。

3弾

03-029Pタイプアタッカー
ステータスHP 3600アタック 3000スピード 1200
必殺技トータル・サイコバースト5300コスト8
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考スペシャルオペレーションで先行登場した超兵器がPで登場。
ステータス合計値は7800。1弾CPビグザムに次ぐHPにアタック3000と初の3000台のステータスが2箇所あるカードである。代わりにスピードは1200とワースト3をひた走り、Z弾から増えた各種地上地形への適正は悪いものばかりと苦しい。Z3弾からは成長タイプ復活で再び防御偏重型にされたので、その高いHPと共に耐える事に関しては再びトップクラスの実力を取り戻したので、適正が悪くとも何とかなる場面は多いだろう。
しかし同じZ3弾からの新要素・地形アクシデントだけは注意したい。特に砂漠でのアクシデントは、頼みの綱である防御力を、適正補正しなければ50%も下げてしまうのでかなり危険な状態になる。
運用面で補うならやはりその低いスピードなのだろうが、各種ボーナス廃止で補うのが難しくなった。それでもフォローするならZ1弾M師匠や4弾Mバナージ・6弾Mユリン、0弾P・6弾Pアムロなど高いスピード補正・覚醒持ちのパイロットを搭乗させるのがいいだろう。この際適正・パーツも動員すると高い効果を得られる。
スピードを捨てるなら6弾Mフリット(キオ)を筆頭とした覚醒持ちディフェンスバーストで固めてしまおう。この際、プロモドモンの様な高いアタック補正を持つパイロットを乗せてやると火力が補えて削りに便利になる。短期決戦用に、3弾Mカミーユや5弾Mアッシュ、プロモウィービックなどのアタックバーストを乗せるのも一つの手か。
変形受けという運用法の開祖だが、共鳴スピードビルドウェポン、必殺技といった変形を潰してくる攻撃には注意しよう。
03-030Rタイプディフェンダー
ステータスHP 2700アタック 2100スピード 1200
必殺技拡散メガ粒子砲4000コスト6MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考Zと同じく、低レアは別アビリティでの構成。
ステータスは本弾CP2と比べるとやはり下位互換になってしまうが、コスト6で4000の必殺技燃費はRにしてはお得感があり使いやすいか。CP2と違って低いスピードはそのまま弱点化するので、そこは鉄壁の仕様ももあり、ディフェンスバーストで固めてダメージを受けにくくすると便利か。
03-071CPタイプガンナー
ステータスHP 2700アタック 2500スピード 1800
必殺技トータル・サイコバースト4300コスト6
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考CP1枚目はガンナーだが、スピードが遅くHPの高い変わった構成。
ステータス合計値は7000。サイコガンダムの性格を現した配分で2弾Mビグ・ザムに似ている。
向こうとアビリティが異なる事もあり、援護ではなく主軸として投入したいところ。幸い必殺燃費は良く、それもガンダム系。3弾Mカミーユでのコスト減少、2弾Mキラ・5弾CPカミーユでのアタックゲインも効果が高い。Mキラなどの高いスピード補正を持つカードなら階級と地形適正を活用する事でスピードを4000〜5000程度にする事が出来るので一般機程度なら十分に相手が出来る。必殺威力が低いと気になるならZ3弾MシローとZ2弾Mクリスなどのあわせ技を使って跳ね上げてしまえばほとんどの場合何とかなるはず。
余談だがサイコガンダムの型式番号と共に書かれている可変機体である事を記す英文のつづりの最後がCP2種ともモビルスーツとなっている。Pの英文のつづりはちゃんとモビルアーマーとなっているのでおそらく変形が出来るMSカードの意味だろう。
03-072CPタイプディフェンダー
ステータスHP 3300アタック 2100スピード 1600
必殺技トータル・サイコバースト3700コスト5
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考CP2枚目は大型MAらしいステータスのディフェンダーでの登場。
ステータス合計値は7000で、全体的にはPに能力バランスが近い。これで3タイプ網羅しているので状況に応じて使い分けが出来るのはうれしい。
サイコ自体がSPミッションと同じくビーム耐性持ちに、成長タイプは重装甲型と防御能力の高さは折り紙つきで、こちらは3弾Pの下位互換になるがそれでも3000超えのHPは頼れる。それでも受け役だけで貴重な一機分の枠を費やすのはもったいないのでタイプ相性や覚醒で火力を少しでも上昇させるようにしてアシスト要員としても使いやすくしておくのが吉か。
低いスピードは変形があるのである程度は大丈夫だが、切り捨てるかフォローするかはコマンダー次第。

4弾

04-035Mタイプガンナー
ステータスHP 2500アタック 2800スピード 1600
必殺技トータル・サイコバースト4300コスト6
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考順当にサイコバーストM落ち。
ステータス合計値は6900。前弾CP1のHPとアタックの配分が逆になっている。更に必殺技威力に至っては全く同じなので火力は一応増加している。
アタックは3弾PZガンダムと同等のガンナー最高クラスのアタックであるため、そちらを生かしていこう。変形の威力も上昇するので嬉しい所である。2弾Mキラや5弾CPカミーユでさらに火力向上してもいいだろう。
なお4弾Mスサノオとはステータスの素の値がほぼ同値でタイプ・使用武器など細かい部分が違うだけと謎の偶然を引き起こしている。
04-036Rタイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 1700スピード 1700
必殺技拡散メガ粒子砲2900コスト4
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考本弾一部のカードに存在するC並み性能のRカードの一つだが、こちらは変形持ちであるため受けることには強い。地上だとうまく適性も合わせられるか。
「SP」ではCに落ち能力相応になった

6弾

06-033Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 1600スピード 1600
必殺技トータル・サイコバースト3700コスト5
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考2弾ぶりの登場、サイコバーストのC落ち。
タイプこそ違うものの性能は4弾Rと同等(向こうが低いだけではあるが)。必殺技は最近のC準拠となっている。

ジオンの興亡2弾(Z2弾)

Z2-019Cタイプアタッカー
ステータスHP 2300アタック 1800スピード 1800
必殺技トータル・サイコバースト3600コスト5MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビーム専用パイロットフォウ・ムラサメ
備考ジオンの興亡仕様で初排出…だが、追加分も含めた適性は相変わらずであった。大型MAの扱いは難しいということか。とはいえアビリティは鉄壁なのであまりスピードを気にしなくていいのは強み。
なお、本弾カードより機体名称に中黒が付き、「サイコ・ガンダム」となった。

BUILD MS3弾(B3弾)

B3-009Mタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 3000スピード 1200
必殺技トータル・サイコバースト4800コスト6
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考B弾初登場は、Pのステータスを基本にHPを落としアタッカーテンプレ的な構成となっている。必殺燃費も現在では見慣れたものであるが十分だろう。
ステータス合計値は6700。おおよそ無印1弾当時のステ合計でB弾当時のMレア相当(他の機体のB3弾Mのステ合計は7700〜7800)から大きく下げられている(B弾当時はRですらステ合計6900〜7000)R相当のMなので注意したい。
ちなみにカード裏の証言者は「とあるガンダムビルダー」とあるようにガンプラとしての証言であり、トーナメント配信のビルドMSフルバースト・サイコ・ガンダムの製作について語られている。

BUILD G1弾(BG1弾)

BG1-012C
クロスifカード
タイプアタッカー
ステータスHP 3000アタック 2000スピード 1200
必殺技トータル・サイコバースト3900コスト5MSアビリティ逆襲
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考公式で判明。HPが高い反面、スピードは壊滅的。Cながら逆襲を使うのには適した重量配分のほか、本弾クロスifの1枚。アタックバースト持ちかディフェンスバースト持ちで逆襲を存分に活かしたいところ。
公式のフレーバーテキストから察された様に「もしカラバがサイコガンダムを鹵獲したら?」というIF展開に基づくカードで、キリマンジャロであの機体と交戦中。さながら怪獣映画風のカードイラストである。
因みに相手の機体は本来だとディジェ(本ゲーム未参加)である。

BUILD G6弾(BG6弾)

BG6-011Cタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2400スピード 1800
必殺技トータル・サイコバースト4400コスト6MSアビリティ先制
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考低スピード先制で登場。先制狩り機としては極地の適性の悪さもあってなかなかだが、地形アクシデント(特に森林と砂漠)には注意。
その点では同弾Cフォウは低スピード補正+アタバの為、Cながら先制狩りに適している上に最終ラウンドでコストダウンスキルもあってそこそこ戦果が期待出来そうだ(本弾は上位互換にこの組み合せが有るのだが・・・)。
イラストはキリマンジャロでの一コマ。毎回皆勤情報が取り沙汰している機体はここで登場している。一応連続扱いになるか。

鉄血の5弾(TK5弾)

TK5-011Rタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 3000スピード 1500
必殺技トータル・サイコバースト4900コスト6MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考新弾初お目見えのサイコは、これまたサイコ初の狙撃で登場。
高めのアタックを有しており、狙撃アビリティが非常に使いやすくなっている。HPも高めなので、ディフェンスバーストやHP回復スキル持ちと組ませるとRとは思えないほどしっかり戦場に留まって戦果を挙げることが可能になるだろう。

VS IGNITION 01(VS1弾)

VS1-018Mタイプディフェンダー
ステータスHP 3300アタック 3800スピード 2000
必殺技トータル・サイコバースト6300コスト7
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考鉄華繚乱弾を飛ばして再登場し3度目のM昇格。ステータス合計値は9100。
3弾CP2以来となる緑の変形持ち。同弾Rフォウを乗せても構わないが、同弾Mクリスで真価を発揮できるだろう。ただし、急襲や共鳴スピード、スピードバーストの必殺技等には注意。

OPERATION ACE 05(OA5弾)

OA5-085CPタイプディフェンダー
ステータスHP 4200アタック 2500スピード 2500
必殺技トータル・サイコバースト6800コスト7MSアビリティ打破
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
ボーナスHPが半分以下の時、スピード2倍
ACE効果-
備考MS暴走キャンペーンカードの1枚。ステータス合計値は9200。
HPが高くアタックとスピードが同数値のステータスで、アビリティは打破。打破で補う形となる。この地形適正は打破にとっては都合が良く、固定ステージのアクシデントを受けることで打破発動につなげることが出来るが、水中、森林、砂漠ではアタックバーストと組ませるか、適性を強化しないとアタックゲージブーストはスーパークイックを止めることになるので注意。
裏面の証言は証言シリーズ「なぜなにモビルスーツ」だが、このMS暴走キャンペーンの2番目ではあるものの、講義は1番目になっている。以下、キマリスヴィダールまで1つづつ講義順は繰り上がっている。

プロモーションカード

PR-099-タイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 1800スピード 1700
必殺技拡散メガ粒子砲4100コスト6MSアビリティ不沈
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
備考2012年7月上旬発売のガンダムトライエイジ キャラメルポップコーン2付属カード。
性能はやや高い能力のC相当(無印弾当時。今では現行Cを下回る)であるものの、いそうでいなそうな不沈持ちである所がポイント。B6弾現在、ビルド・排出共に同系統では唯一なので希少。
必殺威力もC相当にしては高く、4100と面白い数値は全カード唯一という事で、通常火力あたりを補強してやれば実戦に耐えうるだろう。現在はB2弾PロックオンやB1弾Pアスラン、通常火力とHP補強にB4弾Pシン、B4弾Mリョウなど、火力編重にしてみたり、両方補強してみたりと自由自在になっているので、持っていれば中々面白い使い方が出来るだろう。
証言ではホンコンでの所業に憤っている連邦兵が語っているがエゥーゴ&カラバの関係者ならともかく連邦はティターンズの親組織なのである意味、的外れと言えなくもない(自分たちが犯した罪にあたるため)。
OPR-021箔押しバージョンありプロモタイプアタッカー
ステータスHP 5000アタック 3200スピード 1300
必殺技トータル・サイコバースト6600コスト7
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中×森林×砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットフォウ・ムラサメ
ACE効果ラウンド2のみ受けるダメージ-1000。
備考NEWスペシャルカードパック04に封入。ステータス合計値は9500。
系統初の無双持ち。HPが極めて高く、成長傾向も相成って受けには非常に強いが、砂漠は地形適性×な上にアクシデントで防御力が下げられるので他の系統の機体にバトンタッチしよう。
同パック封入のフォウを乗せてやれば無双の火力も強化(固定でダメージアップ)できるため、おすすめ。

機体解説


登場作品機動戦士Zガンダム
開発系統ティターンズ(成長傾向:防御力重視型)
その他特殊系統ガンダム系・連邦系・黒い機体
格闘武器パンチ打撃
射撃武器フィンガービームキャノン(両指)ビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
変形モビルフォートレスに変形
拡散メガ粒子砲による射撃
ビーム
ビルドMSB3弾
トライエイジオリジナルのカラバ仕様も存在
証言
特記事項下位技も専用のモーションを使用しており、汎用技とは異なる。

地球連邦軍のニュータイプ機関・ムラサメ研究所が開発した、強化人間専用の機体。
アウドムラ追撃部隊がロザミア・バダムギャプランと隊長のブラン・ブルターク少佐の失われた穴として日本のムラサメ研究所に増援として派遣してもらった機体(1号機)。
地球連邦軍の特殊部隊・ティターンズに対し、増援として配備された(2号機)。
※そのため所属は当然ながら連邦扱い、「チームオブ連邦」なども発動可能である

通常のMSをはるかに上回る圧倒的な巨体を持ち、全高は40m。あまりにも大型すぎるためモビルアーマーとして扱われている
参戦当時は2番目に大きな機体であった(当時の1番はビグ・ザム)。
3弾R以上の箔押し文字表記も参照、CPはキャンペーン名に合わせ「変形MS」の表記がなされている。
ちなみに、本ゲームではもっと大きい図体ながらもモビルスーツにカテゴライズされている機体がある
機体が小型化できなかった理由は、機体内部のサイコミュ・システムによるものとされる。
本機は火器管制・機体制御を全てサイコミュでコントロールするといういわばパイロット自身もシステムを構成するパーツの一部として設計されており、パイロットに非常に大きな精神的負担をかけるために通常の人間では扱えず、通常の人間が操縦するとシステムが安定していない場合にはシステムに耐えられずに発狂、死に至る危険性すらある機体であった。
そのために実質強化人間の専用機となった。このシステムはたとえパイロットが機体より離れた場所にいたとしても、パイロットが戦闘を感知するとサイコミュの遠隔操作により機体がパイロットの下へ赴き(この機能はサイコミュ・コントローラーと呼ばれる)、強制的に戦闘に参加させるというものでもあった。
また、この機能は他の勢力の機体にも組み込まれている。
後の作品である某兄の「出ろぉーッ!ガンダァァム!!」や、某高専生徒(箱の鍵とも)の「ユニコォォォォン!!」もこれに類するものであろう。

武装は腹部に装備の拡散メガ粒子砲3門と指先から発射されるビーム砲10門、小型メガ・ビーム砲

本ゲームでは通常はMS形態をとっているものの、本来の運用形態はMA形態…モビルフォートレス形態であり、体育座りのような姿勢で箱型に変形。
ミノフスキークラフトによる単機での飛行が可能で、全身に内蔵された多くのビーム砲による攻撃を主体とし、文字通りの「要塞」の如き火力を誇る
下記の必殺技名にも使われている。

はるか遠い未来で発掘され、ブラックドールと命名された機体が文明の埋葬者と戦っている説がある。
※その説を利用したミッションが、ストーリーモード(現:クロニクルモード)にある。また、一部ゲームでも再現されている。

ビルドファイターズではスーパーロボット風なカラーリング(某無敵鋼人風味)で登場したが、第8ピリオドでニルス戦国アストレイ頑駄無と戦うも4等分に綺麗に切断され敗退した。
後にドイツ代表ライナー・チョマーの機体であることが明らかになった。


さらに、「GMの逆襲」では、本機のカスタムガンプラ(この物語のラスボスポジション)としてサイコジムが登場している。
セイスターバーニングガンダムを追い込むが、奇跡的に現れたレイジ力を合わせた一撃により、あっけなくやられてしまった。


上位演出技:トータル・サイコバースト
腕のビーム砲、継いで胸の拡散メガ粒子砲による攻撃を加え、敵を殲滅する。

「哀しみの超兵器!」及びSP最終ミッション「ガンダムトライエイジSP」における斉射のモーションの流用となっている。
それでも重量感のある攻撃はさすがである。
※ちなみに「哀しみの超兵器!」では下位技での登場だった


CPU専用上位演出技:フォートレス・メガウォール
MA形態の状態で拡散メガ粒子砲を2連射する。

SP最終ミッション「ガンダムトライエイジSP」に登場するMA形態の必殺技。
射撃後の流れや防御のタイミングはトータル・サイコバーストと同じ。
上記同様「哀しみの超兵器!」及びSP最終ミッション「ガンダムトライエイジSP」における斉射のモーションの流用。
スペオペと再収録のストーリーモードの方は下位技の拡散メガ粒子砲を使用する。