ガンダムトライエイジ まとめWiki - シェンロンガンダム

EVOL BOOST!! 02(EB2弾)

EB2-017Pタイプアタッカー
ステータスHP 3300アタック 2800スピード 4700
必殺技神龍断罪5500コスト7MSアビリティ闘気
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃?パイロット張五飛
張五飛(EWバージョン)
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:アルトロンガンダム
開発系統コロニー
(成長傾向:クリティカル重視型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系タイプアタッカー
ステータスHP 3300アタック 5000スピード 3000
必殺技双龍断罪8800コスト8MSアビリティ武闘
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット張五飛
張五飛(EWバージョン)
ACE効果ラウンド1のみスピード+3000。
備考五飛の最初の機体はアルトロンガンダムとのヴァリアブルカードとなった。ステータス合計値は10800で、アルトロンガンダムになるとステータス合計値が11300になる。
乗り換え前と後でステータスが大きく違い、乗り換え前はスピードが高く、乗り換え後はアタックが高いステータスになる。
アビリティはシェンロンが闘気、アルトロンが武闘。アビリティレベルが5か6あたりになるまでは、乗り換えないほうがいい。尚、アルトロンの武闘は初のプレイアブル化となった。

機体解説

登場作品新機動戦記ガンダムW(TV版)
開発系統コロニー(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器打撃
射撃武器ドラゴンハングファイヤー不明
ディフェンダー通常武器:射撃武器
ビルドMSEB2弾
特記事項

連合に反目する科学者たちの一人である老師Oがオペレーション・メテオ用に設計、開発したガンダム。
パイロットの張五飛はこの機体をナタクと呼ぶ。
ナタクとは、最初は中国の物語・封神演義に出てくる仙人から取られていると説明されていたが、その後「ガンダムW」の登場人物の前史を描く漫画「新機動戦記ガンダムW EPISODE ZERO」にて、五飛の許嫁、竜妹蘭(ろん・めいらん)が自ら名乗っていた名前から取られているという設定となった。
(詳しい話は張五飛の解説を参照)

アビリティレベル
ファイティングアビリティ(格闘戦能力):160
ウェポンズアビリティ(火力):110
スピードアビリティ(機動性、瞬発力など):130
パワーアビリティ(機体の駆動力、出力):140
アーマードアビリティ(装甲強度):120

機体駆動システムを得意分野とする老師Oの思想を反映して、高い俊敏性で敵陣に切り込む近接戦闘を得意としており、このため5機中最大のファイティングアビリティ値を有し、中国武術の体さばきを再現可能なほどの関節可動域を持つ。
両肩アーマー前面にはレンズ状のファイティングサイトが設置され、戦闘中の情報収集や分析能力にも長けている。

武装は頭部バルカン砲、右腕に火炎放射器(ドラゴンハングファイヤー)が両側に内蔵されたガンダニュウム合金製クロー「ドラゴンハング」、薙刀状の格闘ビーム兵器「ビームグレイブ」、左前腕装着式の円盤状シールドである「シェンロンシールド」。


地球に降下した後、中国の揚子江でOZ艦隊を壊滅させつつ南下し、インダス川補給基地やアフリカのヴィクトリア湖基地を襲撃する。
最終的にはドラゴンハングを失った状態でOZの月面基地を単独襲撃し、集中攻撃を受けて鹵獲される。
しかしこれは、より強い力を得ようとした五飛の計算によるものだった。

強化後の機体についてはこちら


上位演出技:神龍断罪
徐々にドラゴンハングがアップになっていき、ドラゴンハングが伸びていって相手を攻撃、シェンロンガンダムは左手にビームグレイブを持っていて、最後はそれで斬りつける。
トドメ演出はなし。

アルトロンが「アルトロン・コンヴィクション」で、こちらは「シェンロン・コンヴィクション」と読む。