ガンダムトライエイジ まとめWiki - ジャイオーン

BUILD G4弾(BG4弾)

BG4-040Pタイプアタッカー
ステータスHP 3800アタック 3300スピード 1800
必殺技ジャイオーン・ビッグアーム6600コスト8
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロットキア・ムベッキ(BG5弾〜)
備考ジットラボのG系MSが赤無双Pで参戦。ステータス合計値は8900。
大台の必殺火力、無双発動に特化した重量型配分のステータスは全国大会無双の筆頭・BG3弾Pトライオン3BG3弾Mタイタスを足して2で割ったような形。主に壁シーブック壁アムロなどの壁スキル持ちのパイロットを乗せての運用になるだろうが、本機の成長タイプは上記2機と同様クリティカル効果重視型の為、対人戦に投入するには十分なLv上げが不可欠になるのがネックであり、参戦時点ではヘルメス財団=このカード専用系統であり、機体レベル上げに手こずる事は言うまでもないだろう。
ちなみに前述の無双MタイタスはAGEシステムが完熟だとスピードが100上回るステ(HP3800・アタック3300・スピード1900)になり、耐性+も付く為、本機の魅力といえば高火力必殺と適正の違いくらいになるが…あちらは低燃費で手軽に必殺が撃ててアタックダウン対策にもなるという利点もある上に、参戦期間の長さからLvが高い事が多い…と、こちらの魅力を奪ってくれているのが辛い所だが、昨今から始めたコマンダーはAGEシステムの成長が遅れている事も多いはずなので、あえてシステムの成長という二重の手間がないこちらを育てるのも有効だろう。
専用パイロットのキア隊長は登場弾では排出がなかったが次弾でM性能Rとして登場。例外ディフェンスバースト3の上におなじみHP半分以上での追加ダメージスキルと、無双との相性は抜群で総合的には本機体への搭乗を考えられた性能となっている。同系統MSも増えたBG5弾では系統Lv上げもしやすくなり、兵器としては不本意な(兵器でありながら人の命を救うために使われた)最期を遂げた本編を払拭する活躍をさせることができるはず。

BUILD G5弾(BG5弾)

BG5-037Cタイプアタッカー
ステータスHP 1400アタック 2800スピード 2000
必殺技ジャイオーン・ビッグアーム3500コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットキア・ムベッキ
備考ビッグアームC落ち。パイロットのキア隊長も参戦した今回は電刃で登場。
キア隊長を乗せた場合はHPの低さは隊長の能力でカバーし、アビリティの電刃もHPが半分以上あれば追加ダメージが入るお得仕様となっている。ともあれこのカードを含め開発系統ヘルメス財団のカードが一気に増えたので前弾より機体レベルが上げやすくなった。

VS IGNITION 03(VS3弾)

VS3-042Cタイプディフェンダー
ステータスHP 3300アタック 2100スピード 1400
必殺技ジャイオーン・ビッグアーム4600コスト5
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙◎地上○水中▲森林▲砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロットキア・ムベッキ
備考2年4ヶ月ぶりに登場。
アビリティは無双。タイプこそ異なるが、BG4弾PをCに落とし込んだような性能となっている。
パイロットはコスト5で開幕必殺が狙いやすい、同弾Cクリムで耐えて発動、撃ち切り後は必殺中心を狙うのが良いだろうか。

機体解説


登場作品ガンダム Gのレコンギスタ
開発系統ヘルメス財団(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ビッグアームユニット打撃
射撃武器ビーム・ライフル
※通常攻撃は相手をアームユニットで斬りつけながら高速移動し、
 最後に距離を取ってライフルを発射
ビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSBG4弾(開発ミッション「猛攻のジャイオーン」をクリア)
証言
特記事項BG4弾時点ではG−セルフ以外のG系は属していなかったが、
BG5弾よりガンダム系として扱われるようになった
初出のBG4弾ではパイロットのキア・ムベッキはカード化されず(次弾のBG5弾にて収録)、
同機が開発できるミッションでもパイロットが無人であった。

ビーナス・グロゥブジット・ラボラトリィで開発されたG系のモビルスーツ。
レコンギスタ作戦の主導者、ジット団リーダー・キア・ムベッキがパイロットを務める。

ジットラボ製MSの特徴である高性能のフォトン・バッテリーを活用した高性能機。
機体そのものの性能も高いが、バックパックに接続したビッグ・アーム・ユニットが最大の特徴となり、
展開させることでその姿を大きく変える。
アーム自体は先端からビーム・サーベルを発振するソードファンネル6基として使用可能、
親指にあたる部分はシールドとなり、各アームにより大気圏内の飛行も安定させられる。
また、大型MA・コンキュデベヌスドッキングしての戦闘も可能。
大型ビーム砲やIフィールドを備えるほか、
オーヴンと呼ばれる特殊電磁機構はマイクロ波による内部発熱でMS内部のパイロットに直接ダメージを負わせることができる。
(「SEED」のサイクロプス的な装備をMAに持たせたものといえるか?または00のアグリッサの持つプラズマフィールド(ひろしのセリフ「機体だけ残して消えちまいな!」)に類するものと考えられる)
単機での制圧力・防衛力を高めた形態といえる。

ベルリのG−セルフの捕獲のため、
宇宙、コロニー内部と戦闘を繰り広げる。
最終的にはキアが自らの行いにケジメをつける形でビーナス・グロゥブ内部コロニーの一つ(シー・デスク)の海水の水漏れを防ぐため、
コンキュデベヌスごとその栓となる形で海中に沈みキアも溺死。
※なお水漏れの穴はG−セルフとの戦闘中自らのビームで開けたものである。
(なお、ベルリはこの際一切発砲していない。これは相手の攻撃を抑止するために海の底を背にしていたためなのだが、
 キアが戦闘に熱くなり、周囲への注意が疎かになったため、結果として穴を開ける遠因となった)
キアの遺志…レコンギスタ作戦の実行については、
クン・スーンチッカラ・デュアル等、
ジット団の他のパイロット達に託される形となりチッカラは戦死したものの、
クンは無事地球への帰還を果たし、彼らの意思と作戦を全うした。

キアの性格ゆえか量産機相手の戦闘はほとんど無く(このときジット団が交戦していたのは同胞であるテンポリス(ビーナス・グロゥブの自警部隊)である)、
またGセルフに対しては鹵獲目的で戦ったことで早々にバックパックを破壊され、劇中でその真価をフルに発揮することは無かったが、
ベルリの乗ったGセルフと交戦してMS部分にはダメージを受けておらず、敗北もしていないことから、その性能の高さが窺える。


上位演出技:ジャイオーン・ビッグアーム
頭部の角飾りの穴(一般的なガンダム系だとバルカン砲がある所)にエネルギーを充填させて二本のフォトン・レーザーを放ち、
敵を頭から股座にかけてじっくりと焼き切る。
続けてビッグアームユニットから全ビームを展開し、全刀同時に振り下ろして敵を斬り裂く。
トドメ演出無し。

劇中未使用のレーザーが見られる貴重な技。
烈破の実装弾で参戦した機体という事もあり、斬撃の演出には烈破と同じエフェクトが使用されている。