ガンダムトライエイジ まとめWiki - スサノオ

3弾

03-077CPタイプアタッカー
ステータスHP 1700アタック 3200スピード 2100
必殺技シラヌイ&ウンリュウ4300コスト6
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー(4弾〜)
備考CPで先行参戦が明かされたMS。3弾時点で専用機パイロットは(カードに)おらず、実質シークレット扱いのカードともいえそう。ただし必殺技は下位技。ステータス合計値は7000。
ステータス的にはアタック3200が目を引くが低めのHPが気になるところをトランザムで補うアタッカー。ステータス傾向は1弾CPダブルオーに似ており、あちらの大体上位互換となる。必殺燃費もそのダブルオーよりコストが1下がり、本弾CPの中では良い方。本格参戦の4弾Mは高アタックなのは共通だが、アタックはこちらが高く、HPとスピードの配分が間逆になったので同じトランザム持ちだが戦法によって使い分けると効果的。
パイロットは専用機のミスター・ブシドーを…といいたいが4弾Rだと火力は高いがHPが低めになり、待望のアタックバースト持ち・Z2弾はスピードが低めに見積もられるのが欠点だが、使い分けすればそれほど気にならないだろう。
それ以外ではZ2弾MバーニィやZ3弾MノリスなどHP補正が高めのパイロットかディフェンスバースト持ちで防御面を強化するなどするのがよいか。
なお、カード画像で腕がたくさんあるように見えるのはパイロットであるブシドー(グラハム・エーカー)の1st Seasonにおける名言「阿修羅をも凌駕する存在」からだろうか。

4弾

04-026Mタイプディフェンダー
ステータスHP 2600アタック 2800スピード 1600
必殺技武士道百鬼夜行・修羅4400コスト6
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考3弾ミッションで先行使用していた演出技持ちはM・ディフェンダーで出撃。ステータス合計値は7000。
アビリティは3弾CPから変わらずトランザムである。そして、4弾MガンダムMk−(ティターンズ)(必殺技は実弾)とともに、AGE以外では久しぶりの高レアの近接型ディフェンダー。
ステータスは0弾Pダブルオーからスピードが400下がったもの。本弾Mギラーガと立場が似ており、しっかり2〜3弾のM・CP水準に収まっている事がわかる(本弾Mは合計6900の機体が多い)また必殺火力も当時はコスト帯最大級だった。今は珍しくなくなったがパーツやパイロットで補填する余地も残されているのでコマンダーの愛次第でいくらでも化けさせる事が出来る。一息にお勧めはできないが現在は限界突破ボーナスという手段もあり、所属系統のアロウズはボーナスがスピードなので突破させる事で補う事が可能になっているが…茨の道である事は留意したい。(機体Lvのページ参照)
限界突破ボーナスは一息に得られないので基本的な欠点といえば一番低くされたスピードか。おまけに、上記のPダブルオーは地上◎があるがこちらにはないのでスピード補正は必須だが、高いHPとトランザムで受けの戦法も取れたのでスピードに固執する事もなかったが、Z1弾でトランザム及び、Hアビリティ全体で発動率の下方修正が行われたので、発動を過信すると何もできずに倒されたりする事も。認識を改めて対応したい。
パイロット候補としては、やはり専用パイロットのミスター・ブシドーか。今は単機ロックオンスキル持ちの4弾Rに、待望のアタックバースト持ち高レア・Z3弾Rも登場したが、どちらでもスピードが壊滅的なのが痛い所。4弾R版はスピードバーストなのでまだなんとかなるのだが…Z3弾Rはスピード操作スキルを持つがそれでもスピードが届かない事も多い筈なので、専用機にこだわるなら適正補正パーツなどの対策をしたい。
他には仮面の男つながりで1弾Mフロンタル、6弾Mゼハートに2弾Pフリット、Z3弾Rジョニーなどの確定クリティカルスキル持ち、Z1弾Mアジアの単機ロック必殺向上…など低いスピードを補いつつ火力向上できるパイロットを乗せたり、スピードは捨ててZ2弾P刹那やZ1弾Mアムロなどの火力向上スキル持ちディフェンスバーストで固めるのも効果的。
04-027Cタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 1800スピード 2000
必殺技トライパニッシャー3200コスト4
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットミスター・ブシドー
備考まさかのガンナーで登場。Cながらステータス面での性能のバランスが良く必殺技の燃費もよい。トランザムも完備する。
一応このカードで3タイプが揃うがアビリティは全てトランザムなのが多少残念か。ミッションで所持した速烈や武装的な観点から双撃などを持っていれば戦術にも幅が出たのだが。
専用パイロットの4弾Rブシドーならスキルで必殺技が4300・コスト4と超燃費化するがHPが低く見積もられるのには注意。

5弾

05-044Cタイプアタッカー
ステータスHP 1600アタック 2100スピード 1600
必殺技武士道百鬼夜行・修羅3700コスト5
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考百鬼夜行C落ち。
アビリティは変わらずトランザムなので3弾CPがあると使用が苦しい。ただ正式排出で初のアタッカーの演出技持ちである。
なお、イラストで後ろにいるのはカード収録当時本ゲーム未参戦機体のダブルオーライザー

ジオンの興亡3弾(Z3弾)

Z3-041Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2400アタック 1800スピード 1800
必殺技武士道百鬼夜行・修羅3700コスト5
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考7ヶ月ぶりの登場は前弾の00系の排出から漏れたこともあってか、5弾以来の排出となるがCでの登場。
ステータス合計値は6000。Z弾のC標準となりつつあるステータスで、ディフェンダーらしくHPが高めで他は同じ配分。
アタックが低めなので補強はきっちりしないとトランザム時のダメージが振るわないので注意したい。

BUILD MS2弾(B2弾)

B2-037Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 1800スピード 2000
必殺技武士道百鬼夜行・修羅3200コスト4
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考Z3弾以来のラインナップは下のCPとの2枚体制で排出。
ステータス合計値は6000で特に突出したところもなく可もなく不可もない出来になった。コスト4で演出技を放てるのが見どころか。
B2-072CPタイプディフェンダー
ステータスHP 4000アタック 3000スピード 1000
必殺技武士道百鬼夜行・修羅4800コスト6MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
GNドライヴ疑似太陽炉:毎ラウンドアタック+300
備考無印4弾以来の高レアはCPで登場。ステータス合計値は8000。
B1弾PフルアーマーZZガンダム等を彷彿とさせるタフで高火力な先制持ち。先制が発動しなくても高HPが保険となる。ただし、そのような粘り強く戦うような活躍は劇中でしてはいない事を付け加えておく。
ステを見ればわかるとおりその基本スピード・適正的に先攻は先制頼みであり、成長タイプからしてパイロット候補はディフェンスバースト持ちになるはずだが、成長タイプのせいで、B1弾MジュドーあたりではB1弾PフルアーマーZZガンダムの劣化になりかねないのでZ2弾P刹那のような火力補強しやすいパイロットを乗せて火力補強からのクリ狙いなど異なった使い方でアクセントをつけていきたい所。
他には足の遅さを逆手にとって敵機を撃破の度にスピードとアタックの上がる(機体の疑似太陽炉で相乗効果が得られる)同弾Mコウ、後攻でも強力なアタック補正で得た反撃で敵を沈めてHP回復が出来るB1弾Mクルーゼの様なチョイスもアリだろう。後攻になった場合の策を練る場合は敵機の速烈や突撃持ちにぶつけない事と敵パイロットのバースト封じにも留意しよう。
他、GNドライヴでラウンド2にはアタック3600となるので、アタックバースト以外のパイロットでも十分なダメージを出しやすいのは魅力。他、先制と高いスピード補正を利用してZ3弾Rジョニーでの確定クリスキルによるクリ狙いもあるが…機体Lvが高くないとお勧めしにくいか。
B5弾からは緑のアタック3覚醒+クリ確であるマフティーが参戦し、クリ型の本機との相性は絶大な物となってはいるが、アビリティ頼りという危険性を孕んだものとなっているので、もし不発だった場合敵の一撃をもらって最悪即撃破(但し瀕死で生き残ってアタック強化+覚醒からアビリティ発動によるハイパーバーストという熱い展開も期待できる)も考えられるが、発動さえしてしまえばビルドファイターズモードだとほぼ撃破可能(相手との力量差が激しかったり、壁ジジットをはじめとするディフェンス+壁スキル持ちの様なケースを除く)とハイリスクハイリターンのロマン溢れる運用+高スピード速烈・突撃・闘気狩り(発動しなかったらほぼ即死、しかしながら高スピード先攻確発アビ機の落とし穴に嵌めることのできる組み合わせ)の博打運用も出来るのでハマるとかなり癖になるのでお試しあれ。生存性を活かす場合は防御重視型のガンダムAGE−2 アルティメスジ・OアプサラスIIで代用できるが、高ステータス緑先制クリ重視型は本機だけの特権だったが、BG2弾でライバルが出現した。本弾CPはいずれもアビリティLVの高さ=強さがモロに直結する開発系統:アロウズを象徴する機体ともいえる(今までのMレアからとって代わって最高ステータスを誇る同弾CPのGN−Xも不沈復活率が高まるし、リボガンもトランザム発動率が上がるため)。
証言はプロモエクシア同様、パイロット本人が担当している。もちろん、ある時代での話となる。

BUILD G3弾(BG3弾)

BG3-021Rタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 2500スピード 2200
必殺技武士道百鬼夜行・修羅4200コスト5
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考1年5ヶ月ぶりの登場は無双持ち、当然同系統初。百鬼夜行R昇格。
スサノオのイメージ的にはそれっぽく、活躍させてやりたいところだが、常用すると逆に経験値稼ぎを阻害しやすくなる為、過去弾M・CPやBG6弾Cとの使い分けでフォローしよう。
このカードを使う際はやはり無双の発動面補助を念頭に置いてHP補強をしたい所だが、撃った後も手持ち無沙汰にならないように火力面も気持ちフォローしておきたい。やや足が遅くなるが成長タイプの都合からやはりB8弾Mキンケドゥがお薦め。
箔押しが必殺技名なのは島本先生のシャイニング同弾Pトラバーを彷彿とさせ、それでチームを組んでみるのも一興。
イラストはコロニー・エクリプスでダブルオーライザーと果たし合いの最中から取られたものであり、5弾Cの続きに当たる。

BUILD G6弾(BG6弾)

BG6-029Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2600アタック 2000スピード 1800
必殺技武士道百鬼夜行・修羅4200コスト5MSアビリティ烈破
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考00特集弾では低レア烈破で登場。ステータス合計値は6400と破格の数値で周辺のCの頭ひとつ抜けている(その次の鉄1弾C相当)。
HPは比較的高めなど、性能面では取り回しやすくまとまっている為、Lv上げには有用だろう。
烈破の運用上的には、地形的にも後攻にはなりやすいところは利点だが、裏を返すとパイロットのバーストがアタックバースト以外の時、アタックゲージがスーパークイックを止めなければならない点のみに関しては、前弾の真武者の方が使いやすく感じるかもしれない。
イラストはコロニー・エクリプスでダブルオーライザーと果たし合いの最中から取られたものであり、5弾Cの続きに当たる。

鉄血の1弾(TK1弾)

TK1-028Cタイプアタッカー
ステータスHP 1600アタック 2800スピード 2000
必殺技武士道百鬼夜行・修羅4100コスト5
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考新シリーズはCで続投。
ステータスは従来のトランザム機同様の割り振りなので、低いHPにテコ入れしてやろう。アビリティの使い勝手は前弾Cに劣るので、ある程度レベルを上げてから使う方がいいかも。

鉄華繚乱5弾(TKR5弾)

TKR5-021Rタイプガンナー
ステータスHP 2400アタック 1900スピード 3200
必殺技武士道百鬼夜行・修羅3700コスト4MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考1年8ヶ月ぶりに登場。3弾から待ちわびた待望の速烈持ち。ただし、あちらとはタイプが異なる。これで本ゲーム稼働からある系統全てに速烈が行き渡ることとなった。
また、この系統で3枚目の使いやすいアビリティ持ちのカードで初の先攻系(B2弾CPに先制があるが、発動がアビリティレベルに左右されるので除外)となっている。これでアロウズの先攻系育成枠が登場することとなった(あとは烈破持ちの本機と決戦持ちのリボガン)。
ビルドの【G】版が闘気を持っているが、わざわざビルドMSを使わずともよい点で待ちわびていた人は少なくないはず。現在、【G】版は開発不可能なのでなおさら。
必殺技は低コスト帯の為、素直に適正+パーツを付けて補強すると扱いやすさが増すか。もしくは低いアタックを補強するのもいいだろう。
パイロットもアタック・スピードに秀でた者を選びたい。専用パイロットの同弾Cブシドーは噛み合いがよいが、スキルが最終ラウンド発動なのがネック。探す必要がありそうだが無印4弾Rなら「単機ロックで必殺+600」のスキルを持っており、専用機補正も合わせると+1100となるので中々の使い勝手に。
OA4弾で高レアに昇格したブシドーが排出しており、CP効果とアタックバースト、戦意高揚系スキルも相まって低レアながら非常に強力な仕上がりになっている。ビルドMS(アロウズ)のチューン回数が低い場合はこれに乗せてやろう。

OPERATION ACE 04(OA4弾)

OA4-033Cタイプアタッカー
ステータスHP 2200アタック 2500スピード 2400
必殺技武士道百鬼夜行・修羅4300コスト4
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
ACE効果最終ラウンドに追加ダメージ+500。
備考1年4ヶ月ぶりに登場。今回はCのトランザム持ち。

DELTA WARS 03(DW3弾)

DW3-086ANNIV.タイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 3500スピード 2500
必殺技武士道百鬼夜行・修羅5800コスト5
MSアビリティ激戦
トランザム
トランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
ヴァリアブル効果-
ACE効果-
備考DW3弾のアニバーサリー1枚目に選出。ステータス合計値は9000。
ステータスはスピードが一番低くHP・アタックが3000台の配分で、アビリティは今弾からの新アビリティである激戦+トランザム。今弾における激戦の最高レア。激戦で一気呵成に攻めつつ、撃ちもらしはトランザムで返り討ち・・・という戦法が主体となりそうだ。本機はクリティカル重視型で激戦の更なるダメージ向上が見込める反面、防御力は低めなのでトランザム不発に備えて耐久に優れたパイロットか、あるいは耐久を捨ててトランザムは保険として考えて「殺られる前に殺る」覚悟で火力重視のパイロットを選出するかはコマンダー次第。
DW3弾分のネットワークマッチングモードのSPライバル・「ルイス」だと、DW3弾内の他の激戦持ちが全てガンダム系なのに対し、こちらは非ガンダム系なので活躍が見込める。
同弾Mブシドーだと、ガンダム系指定攻撃時アタック・スピード強化持ちスキルで相性はそれなりだが、当然対人戦ではともかくガンダム系MSがいないとスキルは無用の長物と化することと、パイロット側のスピードが1200とそれなりの数値かつバーストがアタックなのでスピードバースト相手だとあっけなく抜かれてしまう恐れがあるため、対策は必須。あえて乗せるなら過去弾の無印4弾RとBG6弾C、OA4弾CPがいいか。専用機補正はつかないが、同一人物のグラハム各種でも悪くはない。
それ以外だと、OA6弾Pシャア(CCA)が面白い。先攻パイロットスキル封じスキルで壁持ちやクリティカル無効持ちスキルに効果を発揮でき、トランザム不発時には壁スキルで対応できる・・・と、攻守に長けた組み合わせになる。その他なら、ディフェンダーということを活かしてBG6弾CPティエリア繚乱1弾M石動(防御0)や、OA2弾Mトロワ(追加ダメージ)、OA4弾Mジュドー&プル(クリ確+壁)あたりがおすすめ。

プロモーションカード

PR-101-タイプアタッカー
ステータスHP 1400アタック 2300スピード 1700
必殺技シラヌイ&ウンリュウ3500コスト5
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットミスター・ブシドー
備考2012年7月上旬発売のガンダムトライエイジ キャラメルポップコーン2付属カード。
アタッカートランザム、下位技で登場。アタックが高めに設定されている分、低いHPはトランザムで補う形となる。

機体解説


通常版

トランザム版
登場作品機動戦士ガンダム00 2nd Season
開発系統アロウズ(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統黒い機体・太陽炉搭載機
格闘武器シラヌイ&ウンリュウ
※下記の通りGNビームサーベルと実体剣のハイブリッドの二刀
打撃
射撃武器トライパニッシャービーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSB6弾
G版も存在
証言
特記事項00世界では太陽炉搭載機=広義でガンダムタイプと見做されるがガンダム系には含まれない
※フラッグを元にした機体だからかも
VS3弾で参戦したグラハム・エーカー(OA3弾より参戦のELSバージョンも含む)には専用機補正が入らない

アロウズの試作MS。
アロウズ所属パイロット・ミスター・ブシドー専用機として開発され、擬似太陽炉搭載型MSで始めてのトランザムに成功したMSとして歴史に名を残しているマスラオの強化改造機であり、次世代量産機のテストベッド(劇場版に登場したブレイヴに帰結)とも言える機体。
開発はビリー・カタギリを中心とした旧ユニオン・AEUの技術者が主流となっており、旧来のGN−X系統や旧人革連の技術者が中心になって開発されたアヘッドの対抗馬にもなっている。


外見はほぼマスラオと同様であるが、機体色が白と黒…ブシドーことグラハム・エーカーがかつて乗っていたMS・ユニオンフラッグカスタムGNフラッグに近い機体色となった(実際に本機頭部はオーバーフラッグ(当時の部下であったダリル・ダッジ機)を素体に使用している)。
また、トランザム使用後は残存粒子が少なく戦闘続行が厳しいか不可能になるため、速やかな帰還のために背部にGNコンデンサー(かつて所属していたユニオンの国章をあしらった形状をしている)を装備している。

他、マスラオから大きく武装が変更されているが、大きな変更点としては新しく搭載された内蔵兵器での遠距離戦闘が可能という点か。
これはブシドー本人の要望ではなく、次世代量産機のテストベットとして開発陣の手により搭載されたものである。

主武装は専用ビームサーベルから実体剣「ウンリュウ(雲龍)」と「シラヌイ(不知火)」に変更されているが、この実体剣はエクシアツヴァイダブルオーのGNソード(GNバスターソード)のように表面にGN粒子をコーティングする事でビームサーベルの特性を持たせる事が出来る為攻撃力は遜色なく、不必要な場合は粒子供給をカットして粒子消費を抑えられる。
また、二刀を連結しての武器「ソウテン」(蒼天)にする事も出来る。
他、追加の射撃武器として、頭部アンテナから射出する「ビームチャクラム」(本編未使用)に、両肩と胴体部分に搭載されたビームキャノンのエネルギーを球状に収束して発射するトライパニッシャー」、腰のバインダーに搭載されたGNクローなど多彩な装備を持つ。

※余談ではあるが、マスラオ及びスサノオのベースであるオーバーフラッグのベース機・ユニオンフラッグは実際は想定されていない機体運用であるが、グラハム自身のパイロットとしての技量で可能になった変形しながら回避、反撃する特殊操縦法「グラハム・マニューバ」(グラハム・スペシャル)を使う事が出来る。本ゲームにおけるハイパーアビリティの元ネタかもしれない

2nd Season後半、アロウズとイノベイター勢力との最終決戦前にコロニー・エクリプス本ゲームではビッグリングで代用)にてダブルオーライザーと一騎討ち(果たし合い)をおこなった結果大破している。
カードイラストはこの時の戦いの物を収録されていることが多い(というか、この一戦のみしか戦闘していない)。
しかし本機で得たノウハウは旧ユニオン・旧AEUの技術者が合同で開発した新機体、ブレイヴ(劇場版に登場)へと昇華されることになった。
文字通り太陽炉搭載型フラッグまたはイナクトの流れを汲んでいる。


上位演出技:武士道百鬼夜行・修羅
トライパニッシャーを放った後に接近し、ウンリュウとシラヌイを組み合わせた合体剣・「ソウテン」で相手を切り裂く。

3弾では、ミッション「武士道」で先行使用していたが、4弾M等でプレイアブル化し、Gコマンダーたちも使えるようになった。
漢字が並べられた技名が目を引くが、後発のライバル機である事を生かしてか相当に手の込んだ構成。
また使用の際にトランザムを起動しない事も特徴。