ガンダムトライエイジ まとめWiki - デュオ・マックスウェル
別バージョンとしてEWバージョンがあり、そちらとも同時出撃可能。


BUILD MS3弾(B3弾)

B3-053P
ステータスHP+500アタック+2300スピード+1000
バーストスピードオラオラ、死神様のお通りだぁーッ!バーストLv3
スキル死神の恐怖攻撃時、ずっと敵のアタック、必殺技を20%減少させる【毎回】
備考現在でも作品中、他出演作品でも絶大な人気を誇る「死神」がPで登場。(こっちの死神から遅れての参戦だが、)前弾ロックオンに続き味方サブパイロットのP化である。
ステータス合計値は3800。バーストはスピードながら、限界以上にアタックを特化した極端なステなので若干搭乗機は選ぶが、パイロットスキルは脅威の「アタック・必殺を%で毎回ダウン」という驚異的なもので、これによって低いHP補正はある程度カバー出来る。更にはアシストや追加攻撃アビリティにもこの効果は適用されるので、超電刃持ちの相棒に乗せると超電刃の一撃で食らった相手はアタック・スピード・必殺が1000以上ダウンという致命的な状態に陥る。全射、無双は最初の一体にしかスキルの効果は乗らないが、デュオ側のアタック補正のおかげで威力は十分以上になるし、超狙撃に乗せればアタックが相乗効果で大幅ダウンするので相手が骨抜き状態になると追加攻撃系アビリティとの相性は抜群である。ただし通常攻撃時は当然抜いて先に攻撃を仕掛けなければスキルを発動できずにそのままのステで攻撃を食らうため、乗る機体のスピードは高めのものにしておいた方が安全である。その点では愛機・B3弾Pデスサイズはやや合計スピードが微妙なのが辛い所だが、こだわるなら適正アップパーツなどをプレゼントしてあげたい所。
Z1弾Rクェス(スピード-500)、B3弾Rロックオン(防御大ダウン)とは攻撃時毎回スキル仲間で、これで全能力の減少パイロットが揃った。それぞれを持つことで状況に応じた使い分けがしやすくなる。
B3-054C
ステータスHP+700アタック+1200スピード+700
バーストアタックさぁーて、死にたい奴は前に出なぁ!バーストLv1
スキル先手必勝II先攻を取ると、そのラウンドのみアタック+800【1回限り】
備考まずはCから登場。
アタック重視のステータスなので先手必勝を活かすために先制などと組み合わせて使いたい。

BUILD MS4弾(B4弾)

B4-048R
ステータスHP+800アタック+1100スピード+1000
バーストディフェンスでも俺、男の子なんでね・・・バーストLv2
スキル持ち前の強運HPが半分以下の時、ダメージを30%に軽減する【1回限り】
備考R落ちしつつの続投は低レア壁パイロット。
ビルドファイターズモードでお世話になることが多いはず。前弾では同様の内容でHP補正が高く覚醒もあるRカミーユも出ているのでそちらがないとき、本弾からのGコマンダーに。

BUILD G4弾(BG4弾)

BG4-049R
ステータスHP+1200アタック+1200スピード+800
バーストアタック俺を見たやつはみんな死んじまうぞーッ!バーストLv2
スキル絶妙な見切り攻撃を受けた時、ダメージを50%に軽減する【1回限り】
備考HP・アタックに重きを置いた配分に壁スキル持ちアタバ。
リョウザビーネをR性能に落として排出・・・といった趣のあるカード。
上記SEC付帯Mを持っていない人はこれで運用する感覚を身につけたり、代用するのがいいだろう。
搭乗機は先制狩り機か共鳴アタック、反撃系アビリティ持ちなど選択肢も多いが、闘気などの先攻系アビリティはやめておこう。

鉄血の6弾(TK6弾)

TK6-056C
ステータスHP+1000アタック+1400スピード+600
バーストアタック俺と一緒に地獄へ行こうぜ!バーストLv1
スキル先手必勝II先攻を取ると、アタック+800。【1回限り】
背景鉄6弾Rデスサイズ
備考鉄血弾初登場。
同弾Rデスサイズの搭乗に合わせてかスピードが低い補正で、迅雷で先攻を取った上でアタック増加スキルのコンボが決められる構成となっているが、相棒の方はスピードがやや高いので、組ませるならBG6弾Cが、タイプが違うが先制持ちでスピードが1000低いので、そちらの方が無難か。

VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-052P
ステータスHP+1800アタック+2900スピード+700
バーストアタックこんなとこで遊んでる暇はねぇんだよぉ!バーストLv3
パイロットアビリティ絆カウンターヒイロ・ユイEW版は対象外)をパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル死神の襲撃攻撃時、ずっと相手のスピードを50%減少させる。【毎回】
背景VS2弾Pデスサイズヘル
備考W勢ぞろい弾にて、Pに再昇格。1年ぶりの登場となった。ステータス合計値は5400。
ステータス配分は鉄血6弾Cのバランスをそのままにほぼアタックに振り切った超火力重視配分。
他の4人+ミリアルドが持っている覚醒・ゼロシステムは彼だけが所持していないが、スキルでスピード面はある程度まではフォローできるので、そこまで気にはならないだろう。仮にゼロシステム対応の迅雷・先制持ち機が登場してもスキルのせいで二発目以降は大体下から潜られるハメになるので多分に相性は悪く、乗せる価値は薄い。
ちなみにゼロシステム覚醒を持っていないのは、恐らく、ウイングゼロに乗ってゼロシステムを体験した者のうち、システムに耐え切れず何も得ずに降りてしまった事からか。(他の面子といえば記憶を取り戻したり戦う意味を見出したりなど、戦いに向けての糸口をつかんでいる)
スキルは「ずっと」の文言があるため、攻撃時に永続で相手のスピードを半減させる強力なもの。ただし「攻撃時」なので、スキルを利用するには一回は自力で追い抜かす必要があり、この点で通常戦闘時は、TK6弾MロランとTKR2弾Mアスランに封じられる可能性があるため、スピードの低さを生かして先制などで先手を取るのが無難か。ただし、先制・迅雷の発動率はアビリティレベルが必須目で、高くなっても100%決まる事はないので過信は禁物。また、前述の通り2発目からは下げたスピードのせいで下から潜られてしまう可能性があるので、ロラン・アスラン組よりも同じ先制・迅雷持ちとかち合った場合に注意が必要となる。他にも、B3弾PとB8弾Cのデスサイズ、VS5弾Rデスサイズヘルが持つ電刃(超電刃)や、OA2弾PデスサイズヘルEW版の乱撃でスピードを大きく下げるのもありだろう(乱撃の場合、2機以上ロックした場合スピードダウンができるのは最初の1機のみな点に注意)。
背景のデスサイズヘルは双撃でアタックに尖りHPが高めになるが、スキルを利用しても先手が取りにくいため、繚乱4弾Mザザなどのフォローがほしいところ。
1度乗ったことがあるウイングゼロでは、変形持ちが多く実質的な使いきり後に不安が残る。一応、ウイングゼロの専用パイロットの1人のヒイロとの絆カウンターがあるが…。ちなみにヒイロとの絆カウンターはTV版のみ設定可能でEW版(鉄4P弾、繚乱3P弾)は対応しないので注意。

DELTA WARS 01(DW1弾)

DW1-051R
ステータスHP+1000アタック+2300スピード+1000
バーストアタックさてと、敵襲するか!バーストLv2
スキル精密な破壊行動攻撃時、相手の防御力を大きくダウンさせる。【毎回】
ACE効果最終ラウンドにアタック+1000。
備考ガンダムWパイロット+ゼクスのほとんどが逆例外バーストで出る中、EX覚醒非所持のためレアリティどおりのバーストで登場。
アタックの高いステータスで、スピードが微妙にあるため先制&迅雷で使う際は要注意。そのため、縛撃やフルドライブが無難。
カードイラストは上記B4弾Rの再録。

EVOL BOOST!! 02(EB2弾)

EB2-056P
ステータスHP+1000アタック+2300スピード+2900
バーストスピードそれじゃあ盛大にお披露目と行くか!バーストLv3
パイロットアビリティ絆カウンターヒイロ・ユイEW版は対象外)をパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル不運な死神先攻を取ると、ずっと必殺技、防御力が50%増加する。【毎回】【先攻告知】
ヴァリアブルしたMSに搭乗すると、ずっと受けるダメージ-2500。【ラウンド開始】
ACE効果ラウンド2のみ相手全員の必殺技を50%減少させる。
備考1年4ヶ月ぶりに登場は、VS2弾以来のP昇格も、今回は初登場のB3弾、および下記BPR以来のスピードバーストだった。ステータス合計値は6200。
スピードの高いステータスのスピードバーストで、スキルは先攻獲得時での必殺・防御力強化とヴァリアブル時での固定値でのダメージ軽減。逆襲・烈破・強靭からの返り討ちを防ぐのが主な目的となるだろうか。MSに乗せる際は後者のスキルは無い物として使うか、前者のスキルでできるだけ強化してから、ヴァリアブルして後者のスキルを発動させるかの2択となるだろう。

プロモーションカード

BPR-018-
ステータスHP+1000アタック+1300スピード+500
バーストスピードうかつに俺に近付く奴は、死ぬぜぇー!バーストLv3
スキルガンダムという信頼ガンダム系MSに搭乗すると、防御力がずっとアップする
備考SPカードパック7に収録。ステータス合計値は2800。
ステータス補正+2800にバーストレベル3…という事で例外バースト的構成となった。
補正は超電刃などの追加アビリティに特化した構成でバーストでスピードを補っているが、このおかげで同パック収録の愛機・デスサイズとの相性もよくなっている。
スキルはスピードバーストでは珍しい防御アップで、高めのHP補正と相まって便利といえば便利だが、乗る機体によっては保険程度にしかならないか。
VPR-032-プロモ
ステータスHP+1300アタック+2300スピード+1200
バーストディフェンス邪魔だ、どけー!バーストLv3
スキル止まらぬ想い攻撃を受けるたびに、ずっとアタック、必殺技+1000。【毎回】
備考NEWSPカードパック02に収録。ディフェンスバーストLv3で登場したことで、3種のバーストでLv3がそろうパイロットの仲間入りを果たした。ステータス合計値は4800。
性能としてはこれまでのデュオの高レア相当の例に漏れず、アタック重視の配分で、スキルも攻撃を受けるたびにアタック・必殺強化という重火力持ち。ディフェバゆえにスキルの連続発動に適しており、同時収録のデスサイズヘルはスキル込みの高火力の超電刃からのこれまたスキル・専用補正込みの必殺アシスト…と、アシストに優れた適正を持つ。
それ以外でもディフェバなので、烈破や逆襲などもよいし、流石にVS3弾PニールやPグラハムなどのPレアたちには負けるが、アタック補正が高くアタック上昇スキル持ちという事で乱射・乱撃持ちとの相性もそれなりにあるので組み合わせてみるのも一興か。おすすめは低レアならVS3弾Rトールギス、高レアだと同弾Pサバーニャあたりか。

キャラクター解説

登場作品新機動戦記ガンダムW
関俊彦
年齢15歳
階級なし
別バージョンパイロットデュオ・マックスウェル(EWバージョン)(同時出撃可能)
専用機ガンダムデスサイズ
ガンダムデスサイズヘル
ガンダムデスサイズ(EW版)/ガンダムデスサイズ アーリータイプ
ガンダムデスサイズヘル(EW版)/ガンダムデスサイズヘルカスタム
リーオーには専用機補正が入らない
証言
特記事項

地球圏統一連合(以下連合)に反目するコロニー居住者たちから送り出されたガンダムのパイロットの一人。
性格は明るく社交的だが、割と貧乏くじを引きやすい。
また、MSでの戦闘技術は非常に高く、トロワ・バートンの戦闘データを元にしたMD(モビルドール)のヴァイエイトヒイロ・ユイの戦闘データを元にしたMDのメリクリウスを相手に、デスサイズヘル単機で2機を撃破するほど。

オペレーション・メテオで地球に降下後は、ハワードの船を拠点に破壊活動を開始する。
スペシャルズに収容されたヒイロを見つけ、共に施設から脱走した所から少しの間、一緒に行動するようになる。
ウイングガンダム自爆後は、カトル・ラバーバ・ウィナーとしばらく一緒に行動。
相棒と共に宇宙へ戻るが、OZに囚われ相棒は訓練の的になり大破する。
OZに囚われる少し前に出会った、OZの志願兵ヒルデ・シュバイカーがOZから別の認識信号を出した際、救出し一緒に行動するようになる。

OZからの脱走後は、ジャンク屋として働きながら生まれ変わった相棒を完成にこぎつける。
その時に、財団派OZに居所を突き止められウイングゼロに搭乗させられるが、システムに振り回され使いこなすことができなかった(他のガンダムパイロットが持つ覚醒・ゼロシステムを唯一持っていないのはこのため)。
カトルとルクレツィア・ノインがピースミリオンで抵抗活動を開始した後は、合流し行動を開始。
全員集結してからはホワイトファングと世界国家相手に戦闘を繰り広げ、名も無き勝者の1人となる。

エンドレスワルツでの活躍はこちら

2018年5月5日にNHK BSプレミアムで放送された「全ガンダム大投票40th」にて、当人はキャラクター部門の第22位だった。

後に声の担当の関俊彦氏は、「機動戦士ガンダムSEED」にてラウ・ル・クルーゼ役、その続編の「DESTINY」にてレイ・ザ・バレル役、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」にてシャア・アズナブルキャスバル成り済ました方ではない)役として出演している。