ガンダムトライエイジ まとめWiki - ビルドMS(アフターウォー)
開発系統:アフターウォーのMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。


ガンダムX

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1900アタック 2600スピード 2400
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技サテライト・GXブラスター5400コスト8MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットガロード・ラン
ジャミル・ニート
ガロード・ラン&ティファ・アディール(VS弾〜)
ガロード・ラン&パーラ・シス(OA4弾〜)
ビルドアクションラウンド2からずっとアタック、必殺技+500BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムX魔王チューンアップ5回以上
ガンダムアシュタロンチューンアップ10回以上
クロスボーン・ガンダムX1チューンアップ15回以上
開発系統「フォーミュラ計画」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/無双
30回チューン(2回目)ガンナー/速烈
備考こちらは通常開発版。
当時はBG1弾内での期間限定配信の開発ミッション「エクス・コンビネーション」で開発可能だった。その後も同ミッションの再配信、この機体がルーツのガンダムX魔王のビルドMS版からの開発ルート開設、鉄血弾からストーリーモードでの開発常設などを経て、現在は鉄華繚乱2弾よりストーリーモード・ガンダムX内のミッション「HUMAN TOUCH」で同機体を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能だが、どちらも高難易度ミッションなので、前述の通り、ガンダムX魔王から通常開発した方が早いことも。鉄華繚乱2弾からバトルパートナー「キッド・サルサミル」のプレゼントとしても開発可能となった。
サテライトキャノンとはなんだったのかと思える軽すぎる火力の(G)とは正反対の大火力高コスト必殺持ち。ステもアタック・スピードに分がある基礎ステにアタック重視チューンなのでかなりの重火力機体へと成長する。2回目の追加アビの速烈を覚えさせてしまえば以後の育成には全く困らないだろう。ほどほどにHPもある為、1回目の追加アビである無双もそれなりの使い勝手になる。
欠点は適正がガンダム系標準である事と高い必殺コストか。適宜パーツを付け替えて対応したい所。またBAも利用したいがBAコストは7どまりなので組み合わせはきちんと考えておきたい。

ガンダムX(G)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2500アタック 2500スピード 1400
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技サテライト・GXブラスター3200コスト4MSアビリティ反撃
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットガロード・ラン
ジャミル・ニート
ガロード・ラン&ティファ・アディール(VS弾〜)
ガロード・ラン&パーラ・シス(OA4弾〜)
ビルドアクション最終ラウンドに相手全員のスピード-500BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムX魔王チューンアップ5回以上
ガンダムアシュタロンチューンアップ10回以上
クロスボーン・ガンダムX1チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「フォーミュラ計画」レベル20以上
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/超狙撃
30回チューン(2回目)アタッカー/不沈
備考BG1-077CP:ガンダムXのカードを使ってプレイすると開発可能。
SPライバル:ガロードの出現率は高いわけでは無いのでゲテモノガンダム開発にはこちらからの方が早いかも。また新シリーズ・鉄血弾では開発条件が一新された為、「X」つながりのクロスボーンX1を作成する事でF計画、さらにはリガ・ミリティアへの最速開発が可能となるが、この機体を開発するためにBG1弾CPのカード確保が人によってはかなりのネックになるか。鉄華繚乱2弾からは「巷に雨の降る如く」特別任務達成で取得可能。
サテライトキャノンのイメージなのか超狙撃を覚えるが他の機体同様、通常の射撃武器(バスターライフル)を使用している。また、HPスタートなのでアタックがあまり上昇しない為、それメインで使うならパイロットはアタック補正の高い者を使いたいところ。
アビリティスイッチ2回目で改造機や本機体を作るのに必要なCPカード同様の不沈が設定可能で、同じ重量型配分になるが、アタッカーなのでB5弾Mマフティーはスキルが死ぬため、B1弾Pアスランを載せよう。B8弾Mキンケドゥでもよいが、スピードバーストなのでやや厳しいか。

ガンダムアシュタロン

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2700アタック 2300スピード 1700
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技ギャロウズ・ATシザース4100コスト6MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上○水中◎森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットオルバ・フロスト
ビルドアクション相手にガンダム系MSがいると、ずっと必殺技コスト-1BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムヴァサーゴチューンアップ15回以上(グレード4開放必須)
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/不沈
30回チューン(2回目)ガンナー/変形
備考いずれかのガンダムXからのみ開発可能(開発順的にはこちらが先)。鉄血の4弾より「銃爪はお前が引け」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となっている。鉄華繚乱2弾以降は「銃爪はお前が引け」、「君たちは希望の星だ」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
ここから兄のヴァサーゴを開発することとなるのだが、他に開発できるものが何も無いのが寂しいところ。
ガンダムタイプでは初の水中適性◎の機体。ただし初期スピードが低いため受け身になりがちでアビリティも鉄壁、不沈、変形と受け身。高いHPを利用して兄のサポートをするには良いかもしれない。

ガンダムヴァサーゴ

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1700アタック 2400スピード 2600
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ベルセルク・MGソニック4600コスト7MSアビリティ突撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットシャギア・フロスト
ビルドアクションラウンド2からずっと相手全員の先制アビリティを封じるBAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ドラゴンガンダムチューンアップ10回以上
ガンダムアシュタロンチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/逆襲
30回チューン(2回目)ガンナー/狙撃
備考弟のアシュタロンからのみ開発可能。鉄血の4弾より「銃爪はお前が引け」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となっているので、先にこちらのみ開発できれば、アシュタロンを開発できる。鉄華繚乱2弾以降は「銃爪はお前が引け」、「君たちは希望の星だ」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
この機体の真価はビルドアクションであり全国の(闘気クリ確)スピバ使い歓喜のBA先制封じがついに登場。これで通常アビリティ封じは3つ目になる。
ファンネル以上に連続発動も多々あるこのアビリティをラウンド2からとはいえ封じることができるのは大きいだろう。さらにインフィニットジャスティスのBAと組み合わせれば完全に相手の先制を封じる事が出来る。
ミッションでも「白い悪魔」や「活人剣の使い手」とか「死を司る黙示録の騎馬」もまな板の上の鯉にすることが出来るので非常に強力であり、ネットワークマッチングモードでも先制狩り機は只のいい的に成り下がるだろう。勿論、一度撃墜したらアビリティは復活する事は忘れないように。
ただし、他の封印系同様敵に該当アビリティ持ちが居ないと効果を発揮しない+BAコストの無駄遣いが最大の欠点なのでどちらかと言えば転ばぬ先の杖として入れておくのが主な使い方か。
この機体からは「伸びる腕」のご先祖様、ドラゴンガンダムが開発可能な他、なぜか唯一の開発元であるアシュタロンが開発可能。鉄血弾に入り、シャイニングガンダムが開発不可能(鉄血の3弾まで)となった為、数少ない開発系統:モビルファイターの入り口となった。

ガンダムDX

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 1600アタック 2900スピード 2700
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技ツインサテライト・DXブラスター6000コスト9MSアビリティ突撃
適性宇宙◎地上◎水中○森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットガロード・ラン
ガロード・ラン&ティファ・アディール
ガロード・ラン&パーラ・シス(OA4弾〜)
ビルドアクションラウンド2からずっと仲間全員のアタックを30%増加させるBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムXチューンアップ5回以上
ガンダムアシュタロンチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/決戦
30回チューン(2回目)ガンナー/超狙撃
備考鉄華繚乱2弾で配信されたチャレンジミッション「恐るべきダブル・パワー」で同機からの設計図ドロップでのみ開発可能だった(現在は開発不可能)。
性能としては分かりやすい速攻型配分+スピード重視チューンに基礎アビが突撃…と、防御に秀でる本弾P版とは間逆の性能を持つ。追加アビリティも決戦・超狙撃と大火力を彷彿とさせるものが並ぶ。但し必殺コストがビルドMS初の9となっており、非常に撃ちにくい為、活躍させるには一工夫必要。
パイロットはやはり本弾Pガロティファだろうか。必殺コストダウンスキルを発動できればパーツなしでコスト4までダウンできる。また必殺発動時防御0スキルと高スピード補正という点も突撃とマッチしており、まとまったチューンを施せばすぐにエースとして活躍出来るだろう。注意点としては必殺コストダウンはラウンド2からであり、ラウンド1に必殺を撃ちたい場合は他の枠でGパワーを用意しないといけない点には注意。
その他のパイロットであればラウンド毎の必殺コストダウンスキル持ちの繚乱2弾Mキラ、初手Gパワー+4+必殺威力アップ+高スピード補正の鉄血4弾Pモンターク、ラウンド1のみのアタックアップ+必殺発動時確クリスキルの鉄血6弾Pドモレイあたりか、各種クリ確スキル持ちスピバあたりになるだろうか。繚乱2弾Mキラ(を載せるor隣に置く)やBAでコストダウンをしない限り、必殺コスト7以上と付き合う事になるのは忘れずに。
BAはコスト3でラウンド2以降のアタック30%増加。セプテットと組み合わせることでコスト総合計7で全ラウンド永続アタック30%アップ・・・という事は

ガンダムDX(Gファルコン装備)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 1700アタック 3200スピード 2400
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技ドリームス・レゾリューション6200コスト9MSアビリティ迅雷
適性宇宙◎地上◎水中○森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットガロード・ラン
ガロード・ラン&ティファ・アディール
ガロード・ラン&パーラ・シス
ビルドアクション最終ラウンドに必殺技+2000BAコスト3BA最大コスト9
開発可能機体ガンダムXチューンアップ15回以上
ガンダムアシュタロンチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/共撃
30回チューン(2回目)ガンナー/打破
備考OA4弾のチャレンジモード・「月が見えた!」クリア時に、一定確率で開発できた(現在は開発不可能)。
スピード2400のアタックチューンで、アタックに尖ることになる。
アビリティは初期が迅雷、追加が共撃と打破。迅雷は初期の高さとアタックチューンがたたり、最終スピードが3250と対戦&ダイバーズモードではほぼ使えず、ミッションでも特定のミッションのみ(リンク先以外にも、スピードが7000以上の敵機が登場するミッション)となる。
専用パイロットのうちOA4弾Mガロード&パーラはアビリティの中に突覇がないので、使えないこととなった。それ以外のパイロットと組ませよう。
開発先は、ガンダムXとアシュタロンのみとなっており、上記Gファルコン無しは開発できないので注意と今後の追加に期待しよう(逆の可能性もある)。

ガンダムエアマスター

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 2400スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2200ジツダン防御 2200
必殺技エアマスター・マニューバ3200コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙◎地上◎水中▲森林○砂漠○
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットウィッツ・スー
ビルドアクションラウンド1からずっとスピード+1000BAコスト4BA最大コスト8
開発可能機体ガンダムXチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/闘気
30回チューン(2回目)ガンナー/迅雷
備考OA4弾のチャレンジモード・「何も喋るな」クリア時に、一定確率で開発できた(現在は開発不可能)。
スピードが少し高いステータスで、スピードチューンのためスピードに尖る。
アビリティは初期が回避、追加が闘気と迅雷。またしてもスピードチューンの迅雷となったので、迅雷では使わず闘気1本で使うのがベスト。

ガンダムレオパルド

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2100アタック 2700スピード 2300
ダゲキ防御 1800ビーム防御 2300ジツダン防御 2300
必殺技レオパルド・プレッシャー4900コスト7MSアビリティ装甲
適性宇宙○地上◎水中○森林◎砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットロアビィ・ロイ
ビルドアクションステージが地上の時、ずっとスピード+1000BAコスト3BA最大コスト8
開発可能機体ガンダムXチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/奮迅
30回チューン(2回目)ガンナー/狙撃
備考OA4弾のチャレンジモード・「天国なんてあるのかな」クリア時に、一定確率で開発できた(現在は開発不可能)。
アタックが高いステータスで、アタックチューンの為アタックがかなり高くなる。防御面ではビームとジツダンが2300と初めての数値となった。ダゲキ1800もモモカプル以来となる。
アビリティは初期が装甲、追加が奮迅と狙撃。どのアビリティも一定のアビリティレベルが求められるので、アビリティレベルが5か6あたりになるまでは使わないようにしたい。