ガンダムトライエイジ まとめWiki - ビルドMS(キャピタル)
開発系統:キャピタルのMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。

カットシー

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 2200スピード 2400
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1800ジツダン防御 2000
必殺技ビーム・サーベル
※ガンナー時のみ、ビーム・ライフル(属性:ビーム)
2900コスト4MSアビリティ突撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットデレンセン・サマター(VS3弾〜)
ビルドアクションステージが地上の時、ずっとスピード+800BAコスト2BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体モンテーロチューンアップ10回以上
エルフ・ブルック(量産型)チューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/回避
30回チューン(2回目)ガンナー/狙撃
備考「G−レコ」始点は、BG1弾時点では未排出かつ未実装系統、ミッションにパイロットが乗っていない機体。BG1弾のビルドミッション「モンテーロの圧力」をクリアすることで開発可能だった。BG2弾からは大気圏パック、追加されたエルフ・ブルック(量産機)共にミッションクリアで開発できるので開発目的のチューンは不要となった(チューンしているのはBG1弾より始めた人からだろう)。
一般的な量産機ながら突撃機であるしスピードスタート、全地形適性強化を施せば十分一線級。最大コストも最近の量産機同様6まであるので運用には十分耐えられる。別時代の宇宙海賊等で「カットシー乱舞」してやろう。

エルフ・ブルック(量産型)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 1900スピード 2400
ダゲキ防御 1800ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技EB・アンハーネス3000コスト4MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上◎水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロット-
ビルドアクションステージが地上の時、ずっと必殺技+500BAコスト1BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体カットシーチューンアップ5回以上
エルフ・ブルックチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)アタッカー/逆襲
備考カットシーから開発可能で、BG1弾でモンテーロ開発のためにチューンしていた人ならすぐに開発できる。BG2弾のビルドミッション「マスク部隊の強襲」をクリアすることで開発可能だった。VS3弾からバトルパートナー「バララ・ペオール」のプレゼントとしても開発可能となった。
量産機ゆえ、おなじみのBAコスト6になっているのがうれしい。
マスク機の開発にはキャピタルのレベルが必要。鉄血弾に入り、開発にキャピタルの系統レベルは不要となった。

エルフ・ブルック

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2100アタック 2100スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技EB・アンハーネス4200コスト6MSアビリティ反撃
適性宇宙○地上◎水中×森林○砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットマスク
ビルドアクション最終ラウンドにGパワー+3BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体カットシーチューンアップ5回以上
エルフ・ブルック(量産型)チューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/速烈
30回チューン(2回目)アタッカー/闘気
備考量産型エルフ・ブルックからのみ開発可能。現時点でのキャピタル系終点。鉄華繚乱1弾以降は「過去を捨てた戦士達!」、鉄華繚乱2弾以降は「マスク部隊の強襲」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
中の人つながり・・・νガンダムヴレイブと同じ速烈・闘気両所持機。BA最大コストは5(OA3弾以降は8)、νヴレと比べ防御力の低下や適性面から考えると無理に採用する必要はないが、全体性能はスピードが高めの必殺スタートでバランスよく仕上がる。特に必殺コスト帯が6なのが大きい。
ビルドアクションはνヴレと違い使いにくい最終ラウンドGパワーゲイン、開発先も現時点ではミッション始点で開発できるのでうまみはない。
しかし一転して、鉄華繚乱弾でミッションの統廃合が行われた結果、この機体が「G−レコ」系の始点機体となったため、鉄華繚乱弾以降からスタートしたコマンダーはここからカットシーを経てG−セルフ系へと開発していくこととなる(B1弾CP使用で開発できる大気圏パック(G)は別として)。