ガンダムトライエイジ まとめWiki - フル・フロンタル

1弾

01-053M
ステータスHP+500アタック+1200スピード+900
バーストスピードただ待つというのは性に合わん!バーストLv3
スキル赤い彗星の再来ラウンド2からずっと必殺技のコスト-1
備考赤い彗星とは違い、スピードバーストレベル3での登場。ステータス合計値は2600。
バーストに合わせ速攻に最適な実質必殺コスト-1の汎用性が高いパイロットスキルと高いアタック補正を併せ持つ。パイロットアビリティの登場によりハイパーバーストを含めて考えると、最終的な性能では一歩劣る事が多くなったがそれでも即効性のあるスキルにより現在でも採用する余地が十分に残された高性能な一枚である。
同スキル・同バースト・同レアの2弾Mアスランと比べるとアタックが高めであるためにこちらの方が使い勝手がいい場面は多いであろうが、HP補正が低いため対人戦・ミッションどちらでも万が一倒しきれなかった場合の保険をかけておいた方がいいだろう。
愛機のシナンジュ(特に1弾CP版)に乗せることでさらに必殺技の威力を補正でき、メイン・アシストともに優秀な必殺技役に。双方に共通するが、4弾Pキオを僚機につけることで必殺コスト-2が可能となる点もうまく生かしたい。火力はキオ側で補おう。
カードの背後に写っているのはどうやら1弾Pのシナンジュの模様。
01-054バーストカットインイラストC
ステータスHP+400アタック+900スピード+800
バーストアタックまた敵となるのか、ガンダム・・・!!バーストLv1
スキルガンダムへの好奇心ガンダム系MSを攻撃すると、そのラウンドのみ必殺技+300【毎回】
備考図ったかのように0弾Cシャアとほぼ同等の能力を有する。若干スピード寄りにはなったが。
スキルは敵がガンダム系なら1ラウンド目であろうと隊長機でなかろうと毎回発動するので、かなり使いやすい部類に入る必殺型と言える。
カードの背後に写っているのはどうやら2弾Rのシナンジュの模様。

2弾

02-063R
ステータスHP+700アタック+700スピード+1100
バーストディフェンス当たらなければ・・・どうと言う事はない!!バーストLv2
スキル射抜く眼光アタッカータイプのMSに搭乗すると、ずっとスピード+400
備考本編でも何の前触れもなく言い放った本家の有名な台詞を引っ提げR落ち。今回は部下に合わせたかのようなディフェンスバーストレベル2。
スキル込みでの高いスピード補正は、スピードが不足しやすいアタッカータイプにはうれしい限り。当然、愛機・1弾Pシナンジュとは相性抜群。
それ以外ならスキル発動はアタッカーであれば問題ないため、2弾Pスパロー・2弾Pエグゼス・1弾Mダブルオー・3弾PAGE−2N・5弾Pバンシィ・5弾Mダークハウンドなど、強力なラインナップで搭乗する機体には事欠かない。
カードの背後に写っているのはどうやら2弾Mのシナンジュの模様。

3弾

03-060C
ステータスHP+500アタック+700スピード+1000
バーストスピード死なせるには惜しいな・・・バーストLv1
スキル受け継ぐ意志ラウンド1にGパワー+2
備考今回はGパワーゲインスキル持ちで登場。
同じスキルを持つ1弾Rフリット3弾C刹那と組み合わせることでブーストチャージ無しでもラウンド1から必殺技が使用できるようになる。
カードの背後に写っているのはどうやら3弾Rのシナンジュの模様。

5弾

05-063C
ステータスHP+1000アタック+700スピード+600
バーストスピードうかつだな・・・そこか!バーストLv2
スキルプレッシャーを与える!攻撃時、敵のアタック-1000【1回限り】
備考性能的には平均的なCのカードであるが、Cでは初、バーストレベルが2の変則バーストカード。本弾Mで登場したマリーダに合わせたか、それとも強化人間扱いだからか。もしくはRで収録される予定だったのかもしれない。
全体的な能力はHP偏重型で多少平均的。スキルはプレッシャーなので覚醒のない分バーストを強化した4弾デシルと考えればよいか。1ラウンド目に先手を取り、ボス機体にうまくスキルを飛ばしたい。
4弾Mハマーンのスキルと毎ターンの狙撃を一機に集中すればラウンド3でアタック−3000も出来るが、そのダウン先のメインターゲットとなるであろう敵隊長機は最終ラウンドに9割方必殺技を使用するのでそこまでしても無駄であるためネタか。アタック−2000だけでも大部ダメージが下がるのでそこで満足するべきだろう。

ジオンの興亡1弾(Z1弾)

Z1-057C
ステータスHP+600アタック+600スピード+1200
バーストディフェンス奴は普通じゃない!離れろ!バーストLv1
スキル熟練の指揮ラウンド2からずっと仲間全員のアタック+400
備考今回は変則ではなく普通のディフェンスレベル1。スピードに長けるがスキルでの援護が主体になるか。
愛機・シナンジュなら双撃にも応用できてよし。

ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-058
ステータスHP+1000アタック+1400スピード+800
バーストアタックならば私が、新しい未来を切り開こう!バーストLv3
スキル凄絶なカリスマ性最終ラウンドに仲間全員の必殺技コスト-1
備考旧1弾以来排出がなかったアタックバースト持ちで高レア帰還。ステータス合計値は3200。
スキルは4弾PキオZ2弾Mクリスに続く3人目の全体コスト低減スキル持ち。同じバースト持ちのPキオと比べると違って覚醒がないが、そのPキオと補正値自体は変わらない3200。アタック補正はこちらの方が高いし、覚醒も必ず必要というわけではないので、その時小隊に必要な方を採用するのがよいだろう。
なお、本弾では「袖付き」の小隊連携もあるため、こちらと併用すると2・最終の両ラウンドで全機のコストを-1づつできることに。その場合はシドアセム等の全体必殺ゲインを使って威力もさらに伸ばしたいところ。

BUILD MS2弾(B2弾)

B2-052R
ステータスHP+600アタック+1600スピード+700
バーストアタックまた敵となるか、ガンダム・・・!!バーストLv2
スキル巧みな策略最終ラウンドに敵全員の防御力を30%減少させる
備考再びアタックバースト。そのままなら典型的なアタックバーストカードであるが、最終ラウンドに防御力を%で減少させる味方側では初のスキルを持つ。
スピードは平均より少し低いこともあり、他の機体を立てたほうがいいか。それとも先制を使うべきかはデッキ構成と相談したい。

BUILD MS7弾(B7弾)

B7-049P
ステータスHP+2100アタック+1300スピード+600
バーストアタック人の総意の器であるこの私に・・・!バーストLv3
スキルシャアの思念先攻を取ると、追加ダメージ+1500【毎回】
備考「UC」最終回に合わせPでついに登場。ステータス合計値は4000。
とにかく高いHP補正は初のもので、これまで総合力重視の観点からZ1弾Pシャアからスピード重視になることが多かったPのアタックバーストの系譜とは真逆、この辺りは自身のモデルを「敗北した人間」と称した故だろうか。
反面低スピードなのにスキルはB1弾PキラBG3弾Pユウマと同じ先攻時追加ダメージより殆どの機体で単独ではスキルが活きないという欠点もある。
スキルを活かすことを前提に考えれば真っ先に思いつくのが先制狩り機だが、スキル発動の成否によって一点ただの的になる(いくらHPが高いとはいえ必殺技や先攻系を受けたらひとたまりもないので)可能性も高く、それらにフォローを入れるためにもチーム単位で編成を考える必要がある。
他方高スピード機体に乗せて無理やり先手を取るというのも考えられるが、この場合も耐久性を補うHP補正があるとはいえ水準レベルのスピードが限界の為やはりサポートが必要となる。
以上のように癖はあるものの高いHPに支えられた独自性の強い一枚に仕上がっておりチームの核となる「器」は十分、劇中の様に周囲を翻弄しながら目的達成のために自身の高い戦闘力を如何なく発揮できるチームを各々Gコマンダーで考えよう。
ちなみに愛機・ネオ・ジオングはチーム単位で思案が必要となるが、仮に先攻が取れなくとも共鳴アタックでの追加ダメージを活かせるため局地適正面でのデメリットに目を瞑れば十分な活躍を見込めるだろう。それでも、宇宙以外で出すのは控えたほうがいいだろう。
・・・と思っていたらBG5弾でネオ・ジオングが先制持ちのMレアで排出。専用機にするなら候補筆頭となるか。
鉄3弾より「迅雷」が登場しクリティカル+追加ダメージのコンボによる大火力が見込めるようになりロマンを求めるコマンダーにはお勧めといえる。さらに、OA3弾より登場の縛撃は、追加ダメージがあり、スキルと合わせると、そこそこのダメージ増加を見込める(縛撃の追加ダメージは突撃やフルドライブほど大きくないから)。
昨今(BG5弾以降)ではクリ確封じクリティカルを封じる「クリ確殺し」が跋扈しておりそれらを抜いて単純な火力増強が見込める本カードの利点ともいえる。
B7-050C
ステータスHP+800アタック+800スピード+1000
バーストディフェンスここから先は通さんと言っておこうか。バーストLv1
スキル受け継ぐ意志ラウンド1にGパワー+2
備考低レアはアタック全振りドモンと同じくディフェンス+Gパワーゲイン。

BUILD MS8弾(B8弾)

B8-049C
ステータスHP+1800アタック+600スピード+700
バーストディフェンスただ認めて、次の糧にすればいい。バーストLv1
スキル赤い彗星の再来ラウンド2からずっと必殺技のコスト-1
備考1弾MのスキルがC落ち。ここ最近MのスキルがC落ちしている風潮にあるようだ。同弾の彼とか。
このスキルを持っているのは(バースト台詞に続けて)それが全裸さんの特権だ。と言わんばかりのバースト台詞に仕上がっている。
「精神安定」と一緒とか、「上位スキル」があるとか言ってはいけない。

BUILD G5弾(BG5弾)

BG5-047C
ステータスHP+1200アタック+1200スピード+400
バーストアタックうかつだな・・・そこか!バーストLv2
スキル絶妙な見切り攻撃を受けた時、ダメージを50%に軽減する【1回限り】
備考無印5弾以来、2枚目の例外バーストカード。ステータス合計値は2800にバーストレベル2はZ弾のRに相当する。
ステータスはHPとアタックに特化させた壁持ちアタバ。単純な性能ならB8弾M黒本ザビーネB4弾Mリョウの下位互換になるが、B7弾Pネオングの開幕ファクトフィールドを専用機補正で打てばPよりも強力になる(Pは鈍足補正の為先攻が取りにくいが、壁役には使えるかも)。それ以外でも、特別任務・「コモンカードのみでクリアしろ!」の際には、出番が意外と多い。
カードの背景のネオング(両手ロケットバズーカ)は今弾の16のM。

鉄血の1弾(TK1弾)

TK1-053R
ステータスHP+1200アタック+1200スピード+1000
バーストディフェンス死なせるには惜しいな・・・バーストLv2
スキルテクニカルな一撃アシストをした時、敵の防御力をずっとダウンさせる。【毎回】
背景鉄1弾Mシナンジュ
備考今回はRで登場。
使い方は同じバーストにスキルを持った5弾CPジジットを参照のこと。
背景のシナンジュは当節作成時に排出カードにないため、Mと思われたが、実際にそうだった。

鉄血の4弾(TK4弾)

TK4-051R
ステータスHP+1500アタック+900スピード+1000
バーストディフェンス揃って楯突くか・・・!バーストLv2
スキル感応する精神必殺技を受けた時、ダメージを50%に軽減する。【1回限り】
備考必殺半減スキル持ちディフェンスバーストで登場。
ディフェンスバーストとしては使いやすいHPの高さで、TK4弾Cネオ・ジオングの共鳴を存分に生かせるが、主な戦場となるであろう宇宙ではTK1弾Pシャア(CCAバージョン)の存在があるのが難点か。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-046C
ステータスHP+1200アタック+900スピード+1000
バーストディフェンス当たらなければ・・・どうと言う事はない!!バーストLv1
スキル冷静な認識力アシストをした時、ずっと相手のスピード-500。【毎回】
備考2弾と同じバーストセリフ、ディフェンスバーストで登場。
スキルはアシストスキル、今回はシナンジュで共鳴ディフェンス持ちとスキル、バースト、アビリティがかみ合った使いやすいものとなっているが、バースト封じに要注意。

鉄華繚乱4弾(TKR4弾)

TKR4-049C
ステータスHP+600アタック+1300スピード+1200
バーストアタック人の総意の器であるこの私に・・・!バーストLv1
スキル威圧的な援護アシストをした時、ずっと相手のアタック-500。【毎回】
備考今回もアシストスキルで登場。
鉄華繚乱4弾CPネオ・ジオングはHPが高い機体なのでアシストに回しやすいが、闘気持ちがアシストカットに来た場合は1撃撃破は避けられない可能性もあるので注意しよう。後の、OA4弾で登場した共撃で呼び出される使い方をした方が使いやすいか。

VS IGNITION 01(VS1弾)

VS1-062R
ステータスHP+1400アタック+1400スピード+900
バーストスピードただ待つというのは性に合わん!バーストLv2
スキル迅速な作戦遂行ラウンド1にGパワー+2、ずっと必殺技+800。
備考作戦遂行スキルがスピードで登場。しかしRのためC縛りに出せなくなっている。
だが、今弾の彼自身の搭乗機は共鳴スピード(と参加賞プロモの急襲)のため非常に相性がいい。

OPERATION ACE 04(OA4弾)

OA4-085CP
ステータスHP+2800アタック+1700スピード+600
バーストディフェンス甘いな・・・!バーストLv3
スキル大人の特権攻撃を受けるたびに、ずっと必殺技、防御力が30%増加する。【毎回】
ACE効果ラウンド2のみ仲間全員の受けるダメージ-1000。
備考仮面の男キャンペーンの一員として登場。ステータス合計値は5100。
B7弾CPシナンジュに乗せた際に専用機ボーナスがどうなるか要検証。TKR4弾CPネオ・ジオングの場合は本カードのボーナスが優先される。
HPが高くスピードが低いディフェンスバーストと使いやすく、スキルは攻撃を受けるたびのステータス強化で、永続となっている。上昇するのは防御力と必殺なので、ACEバトルでACEに任命すると撃破されにくくなるだろうが、追加ダメージだけは減らせないので忘れないように。ACE効果はダメージ減少だが、1000と階級が低い内は良いが、高くなってくると焼け石に水となるので、装甲持ちと組ませて上手く活用したいが、ラウンド2のフロンタル相手が相手ACE機で、こちらが3機くらい撃破されていると、ACE効果が役に立たずひとたまりもないだろう。「ラウンド2の〜」の部分は低階級でも該当するので、覚えておこう。スキルを活用する観点での乗せる機体と運用としては、共鳴Dバースト持ちに乗せて超強化した必殺で反撃を狙うか、多少ロマンを求めた使い方ではあるが、奮迅持ちに乗せて相手にチキンレースを強いるというのが挙げられる。勿論必殺の発動に頼った使い方なので、必殺反撃イグニッションで潰される危険は考慮しておきたい。
裏面の証言者はクジョウ・キョウヤなのは、同弾CPに共通していることだが、自分がマスクを使っていたことを示唆する発言をして、あわててごまかしている。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムUC
池田秀一
本ゲームではU.C.ミッション(ガンダムUC編)のナビゲーターを担当している。
年齢不明
階級大佐/総帥
専用機シナンジュ
ネオ・ジオング
シナンジュの原型機のシナンジュ・スタインにも搭乗。
他、専用のギラ・ドーガにも搭乗。
専用機として設計されていた機体としてリバウがある(各種外伝作品)。
証言
特記事項

宇宙世紀0096時点におけるネオ・ジオン軍の首魁。大佐(正式な階級かは不明)と呼ばれる。
「赤い彗星の再来」と呼ばれる仮面をつけた謎の男。
「丸裸」を意味するその名とは裏腹に、謎めいた言動でバナージ達を翻弄する。
※巷ではそのおかしな略し方としてもっぱら「全裸」呼ばわり(本ゲームでの簡易リンク含む)であったが、
 ついに公式(100秒でわかる!機動戦士ガンダムUC)でも「実は全裸という意味!」と表記されてしまった。
 特に谷先生のハイブリッド4コマでは全力でウケを狙いに行くのでこの呼び方がしっくりくる。
 例えて言うと読者の腹筋にニヤ顔ロケットバズーカ(EP5のラストとEP6冒頭のアレ)を撃ちこむも同然の行為と言えそうだ。
 

赤いモビルスーツシナンジュを駆り、赤い彗星の名に恥じぬ神業的なモビルスーツの操縦や
高いカリスマ性を持ってネオ・ジオン残党を糾合し、地球連邦軍及びビスト財団とラプラスの箱を巡り争奪戦を繰り広げる。

素顔や口調はシャア・アズナブルに酷似しており、
その声もシャアの記録映像を見たことのあるネェル・アーガマ艦長オットー・ミタス大佐をしてそっくりと言わしめる程。
額にはシャアが一年戦争終盤アムロによって付けられた刀傷と同様の傷跡がある。
一方でフロンタル本人はシャアを「敗北した人間」と呼び、そして自らを宇宙民の意志を受け入れる器と称する。

その正体は、ジオン残党により意図的にシャアに似せて作り出された人工ニュータイプ(強化人間)であり、
シャアというカリスマを失ったネオ・ジオンが、衰退して烏合の衆に成り下がり始めた事を危惧し、
残党の陰の支援者であるジオン共和国国防大臣モナハン・バハロ(旧ジオン公国首相ダルシア・バハロの息子)が用意した存在(替え玉)である。
※B7弾Pのスキル名等もあり、実際にシャアそのものの思念が入っているようにも見える
フロンタル本人は自らを「ジオンの理想を受け継ぐ者たちの意志を受け入れる器」と定義しており、
周囲が望むならシャア・アズナブルであり続けよう、と発言している。
また、「アクシズ・ショック」によってサイコフレームに吸収され、
宇宙を漂うシャアの意思が「残留思念」となって自らに宿っているとも語っている。
それ故なのか、シャア本人しか知るはずのない独白や経験を知っている節がある。
しかし、本物のシャアを知るミネバからは嫌悪されており、
彼に対し「私のバイオリンを褒めてくれたシャアは、お前のような空っぽの人間ではなかった」と酷評している。

ラプラスの箱を奪取して連邦との取引材料に用い、
ジオン共和国の自治権放棄を延期する間に外交を駆使して、地球を間引きして7つのサイドと月だけで繁栄していく「コロニー共栄圏」(=「サイド共栄圏」)構想を推し進めようと目論む。
しかし、その計画はバナージリディ、ロンド・ベルの活躍によって阻止される事となり、
自身もまたバナージが駆るユニコーンとの壮絶な激戦の末、戦死。
※思念はかの伝説のNT達と共にどこかへと還っていった(OVA版)
遺体の残ったコックピットは、後にかろうじて生き延びていたアンジェロによって発見されている。