ガンダムトライエイジ まとめWiki - ヤクト・ドーガ(ギュネイ専用機)

ジオンの興亡1弾(Z1弾)

Z1-019Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2400アタック 2100スピード 1500
必殺技ヤクト・パニッシュメント3700コスト5
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットギュネイ・ガス
備考クェス機がRなのに対しこちらはC。
パイロットも同じ(クェスR、ギュネイC)ではあるが、こちらは同じディフェンダーでもファンネルで雑魚掃討に適した構成。必殺威力・燃費はクェス機と同じなので本弾セレクション版サザビーと組み合わせ、小隊効果でアタックを補強しておきたい。

ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-026Cタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2800スピード 1200
必殺技ヤクト・パニッシュメント3700コスト5
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットギュネイ・ガス
備考Z1弾時よりもアタックが増したことでよりファンネル向きの構成に。

BUILD MS3弾(B3弾)

B3-015Rタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2500スピード 2700
必殺技ヤクト・パニッシュメント3900コスト5
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットギュネイ・ガス
備考初参戦のZ1弾から6弾ごしにR昇格。
Rという事でまとまった性能を持ち、一応専用パイロットのZ1弾Cギュネイとの相性も考えてある…とフォローの効いた構成である。ただし当のギュネイはC一枚きりでそのCもスピードバーストなので火力がファンネル頼みになりがちなのが欠点。敵を倒せなければギュネイのスキルも発動しないと悪循環に陥る可能性もあるので別パイロット…アタックバースト持ちを乗せてやる方が無難かもしれない。証言はこの機体もギラ・ズールみたいに改修されUCにヤクト・ズールとして登場するのでは?な話。その後episode7で本当に改修されたヤクト・ドーガが登場する(名前は変わらずヤクト・ドーガのまま)。

BUILD MS5弾(B5弾)

B5-022Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 2200スピード 1600
必殺技ヤクト・パニッシュメント3400コスト4MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロットギュネイ・ガス
備考本弾通常排出、同機では初の通常アビリティ。CPはファンネルをはじめとした攻撃系アビリティが多いため援護に役立つ。
B5-072CPタイプガンナー
ステータスHP 2700アタック 3000スピード 2500
必殺技ヤクト・パニッシュメント4400コスト5
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットギュネイ・ガス
CCACPボーナスNEO ZEON:毎ラウンドアタック+300
備考初の高レアはクェス専用機と同じCP、ファンネル機。ケーラ搭乗リ・ガズィとの交戦シーンの再現。
ステータス合計値は8200。クェス機と違い、ガンナーとは名ばかりのアタッカー型ステータス配分。CPボーナスでアタックが突出していく形になる為、初手ではなくラウンドを進めてからファンネルを撃った方がいいかも。アビリティや必殺技燃費は同じなのでステータスの好みで使い分けてみたり、Z1弾Rサザビーで小隊連携してみても面白い。
証言者はヨンム・カークス少佐。証言内で娘のような存在である彼女にも伝説のニュータイプの巧みな戦いぶりを見せたがってる様子。

BUILD MS6弾(B6弾)

B6-012Cタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2000スピード 2000
必殺技ヤクト・パニッシュメント4200コスト6MSアビリティ逆襲
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロットギュネイ・ガス
備考前弾ではなかった逆襲持ち。全能力同数値機体。

鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-015Cタイプガンナー
ステータスHP 2300アタック 1800スピード 2400
必殺技ヤクト・パニッシュメント3600コスト4
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットギュネイ・ガス
備考鉄華弾での再登場はファンネル持ちでの登場。
能力的にはB5弾CPの下位互換版な仕様。

VS IGNITION 01(VS1弾)

VS1-026Cタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2400スピード 2300
必殺技ヤクト・パニッシュメント3800コスト4MSアビリティ決戦
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロットギュネイ・ガス
備考1年ぶりに再登場。
系統初の決戦持ちなので、育成に使ってみるといいかも。

OPERATION ACE 02(OA2弾)

OA2-008Mタイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 3900スピード 3500
必殺技ヤクト・パニッシュメント5200コスト5
Hアビリティ乱射乱射発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器属性ビーム必殺武器属性打撃パイロットギュネイ・ガス
特殊ボーナスNEO ZEON:毎ラウンドアタック+300
ACE効果-
備考「逆襲のシャア」公開30周年記念のミニ特集弾により、1年ぶりに登場。また、本機初のMでの登場となった。ステータス合計値は9400。
HP、スピード、アタックの順に高くなっていくステータスで、アビリティは乱射。よくあるガンナーでの設定である為、パイロットはOA1弾Mユッキー鉄華繚乱1弾Rイオクで使うのが良いか。
公式HPには記載されていないがB5弾のCPと同じボーナスが適用されており、乱射の威力を更に強化する事が出来る。

機体解説


登場作品機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
開発系統ネオ・ジオン(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ジオン系
格闘武器ヒート・ナイフ付ビーム・サーベル打撃
射撃武器ビーム・アサルトライフルビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
連撃
(現状はミッションの敵機のみ)
ビーム・アサルトライフル
※連撃発動時はもう一発。
ビーム
ファンネル肩部ラッチのファンネルビーム
ビルドMSB5弾
証言
特記事項クェス専用機とは武装が僅かに異なる以外はほぼ同型機なので、違いはそちらの頁を参照。

ネオ・ジオン軍のニュータイプ専用MS。
第二次ネオ・ジオン抗争時に当初総帥専用機として開発が進められていた試作機のレーテ・ドーガが前身。
上記の試作機をベースに改修された実験機・ギラ・ドーガ(サイコミュ試験型)
評価試験の結果、運動性に問題があったため本機が開発された。

大型のジェネレーターやスラスターの追加など、様々な換装が施され、
ベースとなったギラ・ドーガ系とは全く異なる機体といって差し支えない。
なお、前述の理由(運動性の難)からシャア専用機としては、サザビーが新規開発されている。

大きな特徴として、サザビーと同型のファンネルを両肩に3基づつ、計6基搭載する。
ファンネルの稼働時間はサザビーと比べて短いものの、第一次ネオ・ジオン抗争当時のものより格段に進化している。
(ちなみに一度射出すると再利用不可の使い捨てであるがサザビーは再充電可能となっている)
サイコフレームも用いられているので機体本体も優秀であるが、量産機をベースにニュータイプ専用機として
半ば強引に仕上げたため、機体バランスに多少問題がある。
その他の武装はビーム・アサルトライフルビーム・サーベルメガ粒子砲内臓シールドと、扱いやすい武装が揃う。
正確にはビーム・サーベルは柄にナイフが付いたような形のヒート・ナイフ付ビーム・サーベルで、
ビームをOFFにした状態でもヒート・ナイフとして使用できるようになっている。

ギュネイ・ガス専用機のカラーリングは深緑と金色で塗装された指揮官用アンテナ付。
劇中でもギラ・ドーガを率いる場面もあったので小隊単位程度は任せられていたのだろう。

劇中では、物語序盤でアムロ・レイの駆るリ・ガズィとは、
マシンスペックの差を技量で補われる形で追い込まれることもあれど果敢に戦った。
だが、後に登場したロンド・ベル側の最新鋭機であるνガンダムの前では
驚異的な火力・機動性などで圧倒され、格の違いを見せつけられる形となり、
人質を取るという卑劣な真似をする羽目にまで陥った。

2度目の交戦で、クェスα・アジールと共にνガンダムに仕掛けるが
再度νガンダムを撃破・鹵獲するという目的だけ先行して功を焦り、
アムロの仕掛けたフェイントにアッサリと騙されて、νガンダムのビームライフルの直撃を受けて撃墜された。
しかし、単独で広範囲の戦況を維持したり、核ミサイルを迎撃するなどニュータイプ専用機としての性能を発揮し、ネオ・ジオンの重要な戦力として活躍した。

なお、型式番号のMSN-03は旧ジオン公国の最終MSであるMSN-02・・・ジオングからの通し番号で、実に13年ぶりに使用された。
また、ディガンマ・アジールに追加された手足は本機体がモデルとされている。
※実際はむき出しの上腕・腿など細部が異なる

後、余談だが小説版では登場せず、代わりにサイコ・ドーガという機体が登場する。


上位演出技:ヤクト・パニッシュメント
敵機へ向かう自身に先行させて放ったファンネルによる連続攻撃を加えた後、加速。
突進攻撃を見舞うと見せかけて敵機の手前でブレーキをかける事でフェイントを行い、
敵機の斜め上からビームサーベルで切りつけてとどめを刺す。
トドメ演出無し。

・・・と書くとサザビーの「オーバー・ザ・メビウス」だが、実際は大きく異なる複合必殺技。

パニッシュメントは「罰」を意味し、クェス機と合わせて「罪と罰」となる。
モーションはヤクト・クライムと共通。