ガンダムトライエイジ まとめWiki - ライトニングガンダム

BUILD G1弾(BG1弾)

BG1-037Mタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 3000スピード 3200
必殺技ライトニング・ヴォルター5200コスト6
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
メイジン・カワグチ(BFTバージョン)(BG3弾〜)
ユウキ・タツヤ(BG3弾〜)
メイジン・カワグチ(BG3弾〜)
備考「トライ・ファイターズ」の一翼はMからの登場。
ステータス合計値は8000。変形機構を有している為か変形所持、更に専用パイロット・同弾Mユウマのスキルに合わせたガンナー。高まったアタックによる変形は「受け流し→反撃による撃破」をやりやすくしてくれるはず。この系統でアビリティ・変形は初であり、変形機構を有しているが省略された機体は昨今結構ある。その他、必殺燃費はコスト帯ではP並みのパフォーマンスを見せているなど、隙のない構成。ステータスは無印3弾PのZガンダムとほぼ同等な数値かつ前述の通り、必殺コストは過去のPレア並み…と時代の流れを感じさせる。
弱点といえば低HPだが、そこは変形でフォローしたい。しかし不発はアビリティLvがいくら高くなっても付きまとうのでパイロットやパーツを使いたい。その点ではユウマより部長の同弾Rフミナの方が受け役として安定するし、火力を高めたい場合には同弾Mセカイの方がよい…と各々のチームメンバーを乗せかえる事で受けにもトドメ役にも使える器用な機体といえるが、適正にやや癖がある中、宇宙○なのでMユウマ以外を乗せた時はアクシデントでスピードが足りないという事態にも陥るので地形はよく見て。高いスピードと専用パイロットのユウマがスピバなのは、共鳴スピバに対抗しやすいという特徴もあるが、そこで適正が足を引っ張ったりするかもしれない。なお、BG3弾から各種共鳴のステ上昇効果が大幅に上昇、アビLvが低い共鳴持ちだとしても同等のスピードなら共鳴1回で抜かされる確率が高くなったので注意(バーストエール併用なら尚更)。
そのBG3弾では悪い事ばかりではなく、交換使用したメイジンと襲名前のユウキ・タツヤにも専用機補正が追加というサプライズが。それぞれ耐久型スピバのB6弾M、確クリアタバのB8弾Rあたりと組み合わせる事で一味違ったライトニングを堪能できるだろう。
BG1-038Cタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2200スピード 2400
必殺技ビームライフル3400コスト4MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
メイジン・カワグチ(BFTバージョン)(BG3弾〜)
ユウキ・タツヤ(BG3弾〜)
メイジン・カワグチ(BG3弾〜)
備考新シリーズ開始と同時参加の最新作品のMSはCで出撃。
ガンナー型の狙撃で癖もなく使いやすいが森林が▲なので注意。
必殺技名は宇宙世紀系の「ビームライフル」だったのが「・」抜きになっているのが特徴だが、表記ゆれもあり一概には言えない。

BUILD G2弾(BG2弾)

BG2-028Rタイプディフェンダー
ステータスHP 2400アタック 2400スピード 2400
必殺技ライトニング・ヴォルター4300コスト5MSアビリティ反撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
メイジン・カワグチ(BFTバージョン)(BG3弾〜)
ユウキ・タツヤ(BG3弾〜)
メイジン・カワグチ(BG3弾〜)
備考ヴォルターR落ちは緑の反撃。
全能力同数値であるほか、ディフェンダーなので前弾Mユウマのスキルが発動できない弱点があるほか、変形から反撃にグレードダウンしてしまったためMと比べると非常に見劣りしてしまうだろう。
とはいえ、パイロットで簡易の特徴づけをして柔軟な運用が出来るのは前弾Mと変わらないので、ユウマに拘らずに自分なりのパイロットを発掘してみよう。

DELTA WARS 01(DW1弾)

DW1-035Mタイプガンナー
ステータスHP 2600アタック 3000スピード 4100
必殺技ライトニング・ヴォルター6000コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
メイジン・カワグチ(BFTバージョン)
ユウキ・タツヤ
メイジン・カワグチ
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:ライトニングガンダムフルバーニアン
開発系統ビルドファイターズ
(成長傾向:クリティカル重視型
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系タイプアタッカー
ステータスHP 2600アタック 3400スピード 3700
必殺技ライトニング・ヴォルテッカー6900コスト7MSアビリティ反撃
適性宇宙◎地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
ACE効果-
備考ヴァリアブルカードのMで4年5ヶ月ぶりに登場。ステータス合計値は9700。
アビリティは速烈で、生かしやすいステータスとなっている。
ライトニングガンダムフルバーニアンでは反撃に変更。アビリティレベルが要求されるアビリティなので、フルバーニアンではないライトニングが久々登場ということもあり、乗り換えない方が使いやすい。乗り換えるなら、先制、迅雷、縛撃持ちが相手にいるとき程度だろう。

機体解説


登場作品ガンダムビルドファイターズトライ
開発系統ビルドファイターズ(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ビームサーベル打撃
射撃武器ビームライフルビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
ビルドMSBG1弾
証言
特記事項ベース機同様、連邦系である可能性が高いが、チーム名が廃止された為にパーツ以外での確認は不可能となっている。
電撃の名の通り移動モーションに稲妻を纏っているのが特徴。

聖鳳学園プラモ部所属のコウサカ・ユウマリ・ガズィをベースに改造したガンプラ。
後に聖鳳学園ガンプラバトル部 チーム「トライ・ファイターズ」へ移籍する。
※ただし作中ではZガンダムベースとばかり言われリ・ガズィへの言及はなく、ガンプラも完全新規設計となっており元の面影はない
元機体にBWSも搭載している。ガンプラバトルでの都合上半可変機体ともなる。
※パーツが勝手に飛んで行って合体できるためBWSを捨てる必要がない。ガンプラバトル上では通常の変形機構よりもフレーム・パーツ強度が高まるという特徴もある
本ゲームでは地区大会参戦時…フル装備状態での参戦。


元々はアーティスティックガンプラコンテストのグランプリ受賞作品。
訳あって一度はガンプラバトルから離れたユウマが再起をかけた機体でもあり、観賞用として制作されたガンプラであるにも関わらず機体各部に設けられた取り付け用3mm穴(改造性を高くしてあり、多彩なバリエーションを持たせられる)からは当時のユウマがガンプラバトルへの想いを捨て切れていない事が窺える。

ガンプラバトル参戦にあたって内部の強度対策や上記バック・ウェポン・システムによる変形機構、ビームライフルのロングバレル化を盛り込んだ。
※BWSはブースター系列のように本体破損後も分離戦闘が可能
通常装備時は肩部の高性能センサーとビームライフルを連動させることで高い狙撃能力を持たせた狙撃機であったが、BWS装備によって高速戦闘(ビルドバーニングガンダムなど、他のMSを乗せられる)にも対応。
高い汎用性を持ち、主力からサポートまで幅広くこなす機体となった。
ウイニングガンダムからは脚部等をロングバレルとして受け取り、粒子放出量を強化した長距離砲・ウイニングランチャーとする。
それ以外の武装は、頭部バルカン砲2門と左右のサイドアーマーに装備されたビームサーベル2本、左腕に装備されたビームバルカンに、ビームバルカン2門を内蔵しビームライフルの狙撃時には銃座の役割を果たすシールド、そしてBWS側からの武装としてビームキャノンミサイルポッドのどちらか一方を選択で装備する。

最大の特徴は洗練された本体のデザインであり、改修機のライトニングガンダムフルバーニアンライトニングガンダムストライダーはバックパックと一部武装の換装こそあれど、ベースとなるライトニングガンダム本体には外観の改造が一切施されていない(チームメイトの機体とのポリキャップ統一化等、内部はかなり改造されている)。

本編での初戦は素人のセカイが操るドムを、不意打ち同然の乱入で狙撃するという大人気ない物であり、ドムが正体を現してからの勝負さらなる乱入でお流れとなった。
続くガンプラバトル部との戦いでは、味方のAEUイナクトミヤガ・ダイキが勝つために手段を選ばないという建前でレギュレーション違反のMAであるアグリッサをバトル中に召喚するという卑劣極まる行為がユウマの怒りを買ったことで、バトル中に模型部からバトル部へ寝返る事になった。

その後、ガンプラバトル部の部員となってからは持ち前の狙撃力やBWSの機動力を活かして戦果を挙げ始め、地区予選決勝ではBWSによる自爆特攻でヨミとアキラの合体機体を葬った。

ユウマにとって因縁の相手…アドウ・サガとのバトルでもユウマが考案したファング潰しを見事実現する。
しかしアドウに敗北してからの二年間はイメージトレーニングしかしていなかったユウマと元々が観賞用作品のライトニングガンダム、逆にユウマに勝利してからも積極的にガンプラバトルを行い、対戦相手を侮辱し踏みにじり続けたアドウとバトルに特化したゲテモノガンダムの集合体のガンプラであるガンダムジエンドの実力差は歴然であり、BWS共々大破させられた末に惨敗する。

しかし、決して完成度が低いという訳でもなく、メイジン・カワグチが大破状態(アドウとのバトル敗北後、武装はサーベルのみ、左手未調整)で使った際には制作者であるユウマを驚愕させるほどの動きを見せ、ユウマに貸していたガンダムアメイジングレッドウォーリアを一蹴した。
そのバトルで自分の持つ限界、それを越えることの重要性に気付いたユウマは、仲間達のガンプラと共に更なる改修を行い、ライトニングガンダムフルバーニアンへと生まれ変わる。


上位演出技:ライトニング・ヴォルター
前方へ飛行しつつビームライフルを二連射、そして青白い線の軌跡を残しながら稲妻を描くように素早く動いて相手を翻弄し、減速中にもう一発ライフル弾を発射する。
射撃が命中して相手が怯んだ隙にライフルをしっかりと構えて狙撃体勢を取り、出力を高めたライフル弾の一撃で相手を射抜く。
トドメ演出無し。

ライトニングガンダムの特徴である射撃命中精度の良さとBWSの売りである機動力の高さ、相反しそうな二つの要素を短い演出時間で表現した意欲的な必殺技である。

ヴォルターとは「長い棒の助けを借りて高い横棒を飛び越える運動選手」(つまり棒高跳びの選手)という意味であるが、BWSの力で飛行能力と高速機動を得たライトニングガンダムやBFシリーズでは競技としての意味合いが強いガンプラバトルにも通ずるものがあるだろう。
また、vaulterの原型であるvaultには「飛ぶ事」という意味もあるので「電光のように飛ぶ者」といった感じと取れない事もない。