ガンダムトライエイジ まとめWiki - リディ・マーセナス
EP6以降の黒いパイロットスーツを着用したバンシィ搭乗版。
(公式HPの一部(バナージの絆カウンター対応相手)ではEP5以前の連邦バージョンと区別するべく、
 「リディ・マーセナス(バンシィ)」と表記されている)
鉄血の2弾より正式登場したバンシィ・ノルン搭乗前のリディ・マーセナス(連邦バージョン)とは同時出撃可能。


ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-057バーストカットインイラスト
ステータスHP+600アタック+1600スピード+1000
バーストディフェンスどれだけ俺を惨めにしたら気が済むんだ!バーストLv3
スキル宿命の家系先攻を取ると、相手の防御力をずっとダウンさせる【毎回】
備考Z4弾にてバンシィ・ノルンにあわせて正式参戦。今回はM1枚のみ。
ステータス合計値は3200。ステータス傾向はバーストも含めてSPパック5のプロモ版の上位互換。さらにパイロットスキルは初の先攻時防御ダウンスキル。スピードが高めの機体に乗せて先手を取るだけで相手の防御をダウンさせられるので敵隊長機が設定されているミッションでは受けと弱体化を一度にこなせる有用なパイロットになるだろう。
その代わりアシスト時だと発動しないので注意が必要。またスピード補正がそこそこな上にディフェンスバーストな点が災いしてスキルを生かすには相応のスピードを持つ機体に乗せないと駄目なのが辛い所。とはいえスピードを重視しすぎるとHPが低く収まるので如何にディフェンスバースト持ちといえど簡単に撃墜される…と中々ジレンマを抱えたカードといえる。
現在はフルドライブと縛撃があるので、それと組ませるのがベストだろう。

BUILD MS1弾(B1弾)

B1-054C
ステータスHP+1000アタック+400スピード+1100
バーストアタックユニコーンは何処だ・・・!バーストLv1
スキル集中砲火の構えガンナータイプのMSに搭乗すると、ずっとスピード+500
備考ガンナー指定スキルによりスピード重視型になるアタックバースト。
ガンナーの傾向的に多めのHP補正がうれしい反面、最底辺のアタック補正は機体やアビリティでカバーしたい。
同弾のノルンとの組み合わせは互いの短所を補ったバランス型の構成でコーディネイトされているが、その他の機体に乗せる場合には火力不足が心配されるので乗せる機体には注意を払いたい。
また、検証トライエイジ隊向けとして最低火力を持ったアタックバーストなので検証目的(撃墜目的ではなくHPn%以下でスキル発動の可否を確かめるのが主目標)で運用するのも有用といえる。

BUILD MS7弾(B7弾)

B7-047M
ステータスHP+700アタック+1500スピード+1300
バーストスピードその仮面の下にあるものを吐き出せ!バーストLv3
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキルマリーダの導きラウンド2からずっとアタック、スピード+1000
備考2機の新専用機を同時に従え、スキル名やバースト台詞からも判るとおり、バナージとの和解後の設定でM再昇格。作中通りにニュータイプも実装した。ステータス合計値は3500。
ステータスはアタック・スピードに秀でたスピードバースト持ちで、スキルは5弾Mマリーダのものと効果が一緒でタイミングが違うだけ…(寧ろ黒服マリーダの「障害を排除する!」を始めとした敵が主に使ってくることが多いタイプだが、マリーダ達プル姉妹は全員障碍者である)と、本編を意識したものになっている。シンプルな能力強化効果は扱いやすくて強力なので、初心者コマンダーにお勧めしやすい。
またスキル・覚醒がかみ合えばアタック補正+3500となり、超電刃・狙撃などの追加攻撃持ちに乗せても強い…と、フルに性能を引き出す事で違う側面での活躍も見込める等、中級者にもお勧め出来る。
劇中設定ではMSより航空機の方が好み…という事で最後の愛機・ノルン(U)及びノルン(D)よりも、物語中盤の愛機、同弾Mデルタプラスとのトータルコーディネイトが施されている。ビルドMS版でも基本から青の狙撃、スイッチ1回目で赤の速烈…と相性はなかなか。デルプラ以外でもZ計画は排出・ビルド(追加アビリティ必須)共に相性がよい機体が多いので、活用したい場合はそちらへ乗せるのもよいかもしれない。
またどうしてもバンシィに乗せたい場合は、ビルド版の各種バンシィならステやチューン傾向的にも相性がよいものが多いが、初期アビリティがかみ合いがよいものがなく、チューンで追加アビリティを開放しないと活躍させにくいのが難点だったが(黒獅子:スイッチ1回目で青の速烈、ノルン(U):スイッチ2回目で赤の速烈、ノルン(D):スイッチ1回目/2回目でそれぞれ青の突撃/緑の闘気)、鉄血の6弾限定で開発できた(G)版ノルン(D)は初期が共鳴スピードバーストなので、すぐに活躍可能だった(現在、(G)版は開発不可能)。
他にも専用機補正こそ付かないが、漫画(バンデシネ)版で搭乗した縁で同弾Mバイアラン・カスタムとの相性も良いのでお試しあれ。
証言内容の最期の部分は、マリーダのファンのGコマンダーの想いそのものと言える。

BUILD G3弾(BG3弾)

BG3-050R
ステータスHP+1200アタック+1400スピード+600
バーストディフェンスやる気のない弾など・・・!バーストLv2
スキル精密な破壊行動攻撃時、相手の防御力を大きくダウンさせる【毎回】
備考BG弾初登場はZ弾プロモのセリフを引っさげたRで排出。そのためか前回持っていたニュータイプは今回は無し。
ディフェンスバーストということで、ビルドMSはノルンDよりFAユニコーン(D)の方が合っていたが、VS1弾より登場した新たな専用機のノルン(覚醒)ビルドMS版が共鳴ディフェンス持ちで登場したため、組ませられることとなった。
スキルは精密な破壊行動と、Z4弾Mと似たスキルだが先攻を取る必要が無い分使いやすく、後攻になりやすいディフェンスバーストと合う。
ステータスから逆襲・烈破や共鳴ディフェンス(特に専用機補正の入るB8弾MノルンD)と合うがスピードが低いままのでバースト封じや戦迅に弱いことには注意。他には先制・迅雷(特に専用機のOA4弾M覚醒ノルン)・縛撃持ちや反撃系アビリティが無難だが、それぞれの封印BAや共鳴スピードや急襲に注意。
また、攻撃時対応スキルなので追加攻撃・・・狙撃持ちのB1弾Mノルンに乗せてやれば低いHPもカバーしなおかつ援護にも使えるいい組み合わせになる。

VS IGNITION 01(VS1弾)

VS1-061P
ステータスHP+600アタック+1400スピード+2800
バーストアタック・・・そそっかしいんだよ、お前は!バーストLv3
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
絆カウンターバナージ・リンクスをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル感応する力Gパワーが5以上の時、攻撃するとずっとアタック、スピードが30%増加する。【毎回】
・スピードバトル時に発動
・追加攻撃アビ時には発動しない
・アシスト攻撃時に発動しない
背景VS1弾覚醒
備考ユニコーン(PS)参戦に合わせてバナージの4度目のP・・・を阻止してPで、B7弾以来のニュータイプ持ちで登場した。ステータス合計値は4800。
ユニコーン本編最終盤で「オードリーを取っちまうぞ!!」という台詞があるがここに来てP枠を「獲って」しまった…が、前述の通り、バナージは3度もP化している事を考えれば妥当ともとれる。
ステータス補正は0弾Pアムロから伝統の高速低HPのアタックバーストとなっている。
スキルは発動条件に本弾初のトリガーである「一定値Gパワー保持」というもので必要パワー数は5と高く、「1R目から発動させたい」場合で「BA枠やパイロット枠をコンパクトに済ませたい」場合は、ゴッドマスターのBAか前弾CPラフタを使うしかない。が、それだけで繚乱3弾Pヒイロと同様のスキルが攻撃できれば無条件発動するというのは破格といえる。次点でコンパクトに済むのは鉄血4弾PモンタークによるGパワー+4とビルドMSベアッガイF(通常)などのGパワー+1や、B6弾Pセイ&レイジなどのGパワー+3とビルドMSの試作2号機やウイニングガンダムのGパワー+2あたりか。勿論、このGパワーを使ってしまうとスキルが発動しない事はしっかりと頭に入れておきたい。
VS3弾からはパーツ「全権者の証」と「ELS」をセットするだけで開幕Gパワー+5の状態が造り出せれるようになったのでパイロットやBA枠に自由度が上がったともいえる(現状再現不可)。
その点で、ラウンド1だけではなく全編を通してアビ発動に必殺技が絡む変身・合体換装・RGシステムやGオーダーとの兼ね合いも考えると使い勝手はそこまでよいわけではない。連続発動をしたい場合、場合によっては無双や全射でのGパワー補充作業も視野にいれる必要がある。
ただし、当然だがGパワーが5未満だと発動しないが、発動タイミングは「スピードバトル時」でスピードバトルの前にスピードが上がる為、上がったスピードがすぐに利用できるから、前述のPヒイロとほぼ同じ使い方ができる。
ただし、発動時の問題からアシストカットで先攻を取った時(対人戦に限る)や追加攻撃時は発動しないのは先ほどのヒイロと一緒である。
そのスキル故か、ハイスコアでも採用者が出始め、機体はケルディムガンダムとなっており、よりにもよって鉄5弾Pバナージが交代させられたが、VS3弾Pグラハムの登場と共に、ハイスコアでは採用されなくなった。
搭乗機体としては、愛機であるP覚醒ノルン…はノルン側のスピードが低すぎる為、階級などで元のスピードが補強されていない場合、%上昇という点がネックになってうまく加速できない場合があり、搭乗はあまりお勧めできなくなっている。
バンシィにこだわるならZ4弾Pの双撃持ちユニコーンモードや、鉄血4弾CPの決戦持ちあたりが使いやすいのでお勧め。またデルタプラスや、専用機補正が付かないが各種Z計画の先攻時発動アビ持ちをあてがってやるのもいいだろうか。
ユニコーンでは2組目の絆カウンター持ちとなって、相手はバナージとなっている。こちらが攻めのカードなので、バナージは守りで・・・と言いたいが、ディフェンスバーストは本弾Mでやっとレベル3が登場。ダメージ減少スキル持ちは必殺半減のZ1弾R、BG4弾CとTK6弾C、底力スキルでスピードバーストのB6弾R、防御強化スキルのTK4弾C位しかなく、絆カウンターを保険にして両方とも攻めを意識したセッティングにするしかない。

OPERATION ACE 04(OA4弾)

OA4-059C
ステータスHP+1000アタック+1900スピード+600
バーストディフェンスゴテゴテと飾りを増やしたって!バーストLv1
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺技+1000、ハイパーバースト追加
スキル背負いし宿命HPが半分以下になると、ずっとアタック、必殺技+1000。【1回限り】
ACE効果-
備考1年4ヶ月ぶりに登場。
上記BG3弾Rと似たステータスで、バーストはディフェンスと使いやすい物となっている。
機体は、同弾Mノルン(覚醒)もいいが、BG3弾と同じでいいものの、少しスピードが高いのが気になるが迅雷持ちのTKR3弾Rのデルタプラスもいいだろう。

DELTA WARS 04(DW4弾)

DW4-052M
ステータスHP+1400アタック+900スピード+2700
バーストスピードそんなんでミネバが抱けるのかよ!バーストLv3
パイロットアビリティEX覚醒:ニュータイプ相手撃破でパネルに出し覚醒。
全バースト解放
スキル受け継ぐ想いガンナータイプのMSに搭乗すると、攻撃時にずっと必殺技が30%増加し、クリティカル発生。【毎回】
EXパイロットスキルニュータイプの感応必殺技を受けた時、ダメージを50%に軽減する。【1回限り】
ACE効果ラウンド1からずっと必殺技+1000。
備考UC特集弾にて1年ぶりに登場。ステータス合計値は5000。
アタックの低いステータスで、スピードバーストのためアタックは補強したい所。EX覚醒を狙うのも兼ねて、突覇がベストか。スキルの半分が生かしにくくなるが、反撃系による返り討ちを防げる急襲なども候補。
スキルはガンナー指定で必殺技増加とクリティカル発生。2019年12月では同時期配布のプロモの連邦バージョンとほぼ同じ使い方ができる。
専用機はDW4弾Mのバンシィ・ノルン(D)がクロスストライク、乗り換え後のバンシィ・ノルン(覚醒)が共鳴スピードバーストでどちらもガンナーだが、クロスストライク時はスキルは生かせない。クロスストライク発動後にすぐに乗り換えて相手を撃破、こちらをEX覚醒させて共鳴スピードバースト発動後にアタックバーストで敵の反撃系をカモりたいところ。ただ、この戦法だとEX覚醒が3ラウンド目になるので、過去弾の専用機やガンナーの機体を用意した方がスムーズに戦えるかもしれない。
今回はVS1弾の時とは異なりバナージとの絆カウンターが無くなり、同弾MキラのEX覚醒スキルをはじめとしたスピードバースト封じをもらうとどうしようもないので早くEX覚醒したいところ。必殺が上がることを活用して青奮迅(DW4弾時点で4枚しかないが)に乗せればスキルで強化された必殺で返り討ちできるかもしれないが、発動が確率な点と必殺反撃には注意。

プロモーションカード

ZPR-023キャラクターアイコン(正確には差分であり、アイコンはバイザーが下がっている)-
ステータスHP+600アタック+1200スピード+700
バーストディフェンスやる気のない弾など・・・!バーストLv2
スキル決死の回避必殺技を受けた時、ダメージを50%に軽減する【1回限り】
備考スペシャルカードパック5の1枚。ステータス合計値は2500。
バンシィ・ノルンのパイロットがついに登場。バーストレベル2なので例外バースト的な構成、アタック重視ステータス、ディフェンス+必殺軽減…というとまさにZ3弾Cヒイロである…が、こちらの方が若干HP・スピードに割り振られてバランス型のステータスになっている。
スキルの必殺軽減も実用的でまとまった性能を持つ扱いやすいカードだが、ほかのカードでも事足りるので持っている人からすれば物足りない感じがするかもしれない。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムUC
浪川大輔
年齢23歳
階級少尉
別バージョンパイロットリディ・マーセナス(連邦バージョン)(同時出撃可能)
リディ・マーセナス&オードリー・バーン(同時出撃可能)
専用機バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)
バンシィ・ノルン(デストロイモード)
バンシィ・ノルン(覚醒)
デルタプラス
証言
特記事項別バージョンあり
※原作ではバンシィ(デストロイモード)に最後まで搭乗していたが、本ゲームではOVA準拠で非対応。
バイアラン・カスタムにも専用機補正なし。
本ゲームではZ4弾での初登場以降、自軍で使えるのはバンシィ・ノルン搭乗後の姿(通称:黒リディ)のみだったが、UCミッションやB7弾アトラクトムービー、B7弾のミッションでは連邦軍パイロットスーツ姿(通称:白リディ)も確認されており、長い時を経て鉄血の2弾でプレイアブル化。

それまでの活躍はこちら

ゼネラル・レビル(GR)の先行部隊としてネオ・ジオン艦隊と戦うネェル・アーガマ部隊を強襲。
バンシィ・ノルンNT−Dシステムを起動してバナージを、抹殺すべく激しい戦闘を繰り広げる。

戦闘はバナージの方が優勢の中(OVA版)、
自身はビスト家の末裔であるバナージと相討ちになることで箱にかけられた呪いから世界を守ろうとしていた。
しかし、バナージからリディ自身もニュータイプであると指摘され暴走
サイコフレームの共振で頭に響く声の源を消し去ろうとかつての母艦ネェル・アーガマのブリッジに放ったビーム・マグナムは
艦を庇ったクシャトリヤ(原作小説版)に直撃、マリーダ命を奪ってしまった
※OVA版ではマリーダのクシャトリヤ・リペアードに向け直接発砲している。
その後罪悪感に陥るが再起(正気を取り戻)し、最終決戦ではバナージと共にフロンタルシナンジュ(OVAではネオ・ジオング)と戦った。
この際NT−Dの条件を緩和するXCも破壊されているが(OVA版)、状況を見るに真のニュータイプとして覚醒したようだ。
その後、全てを闇に葬ろうとするマーサの奥の手であるコロニーレーザー・グリプス2の攻撃をバナージのユニコーンと共にサイコ・フィールド3重壁で防ぎ切り、更にバンシィのサイコフレームを覚醒させ、インダストリアル7を救っている。


余談になるが、機動戦士ガンダムUCの原作者の福井晴敏氏が一番好きなキャラクターである。
尚、リディを演じた浪川大輔氏は「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」では、アルフレッド・イズルハ役で、機動戦士ガンダム00ではミハエル・トリニティ役で出演していた。