ガンダムトライエイジ まとめWiki - 昭弘・アルトランド
昭弘・アルトランドの1期での姿。
2期バージョンとは同時出撃可能であり、詳細はこちらを参照。


鉄血の1弾(TK1弾)

TK1-072バーストカットインイラストキャラクターアイコン設定画流用CP
ステータスHP+900アタック+800スピード+1900
バーストアタック上が誰になろうと従う。バーストLv3
スキル計略への賛同ラウンドが進むたびにGパワー+1、必殺技コスト-1。【毎回】
ボーナス鉄華団同じアイコンのカードが小隊内に多いほど、スピードがアップ。
背景特殊(ガンダム・バルバトス&シュヴァルベ・グレイズ)
備考鉄華団第二のモビルスーツパイロットがカード化。ステータス合計値は3600。
ただしCPボーナスはこのカード1枚のみでも発動する為、実質的なステ合計は4100。さらにスピード補正は同弾P三日月と同様の+2400、他の鉄華団アイコン持ちをもう1枚配備すると+2700という驚異的な高速化を果たす。
スキルが毎ラウンドGパワーゲインの為BG5弾Mシアと並んでGパワーの確保にうってつけ。さらに彼の場合はコスト−1と便利でハンティングシステムとの相性も良い。
彼自身も高スピードアタックバーストの為スキルの関係上毎ラウンド必殺を打つ戦術に向いている。そのため、足の速い機体に乗せるのもさることながらHPが低いのである程度の耐久面は欲しい所。(CPボーナスで更にスピードが向上するので、スピード重視ながらもややバランスのよい配分の機体がよいかも)また、攻撃手段を必殺技のみに限定すればやや低めのアタックの数値はどうでもいい数値になるので無視しても一向に構わない。そこから換算するとB8弾CPEz8同νBG6弾SECエクシアリペアのような高スピード・低コスト必殺の闘気持ちなどが第一候補になるだろうか。他には同弾Rフルバーニアンなんかもお勧め。
また、僚機に必殺強化・コスト+1のスキルを持ったパイロット(本弾Cアムロなど)を起用してやればコスト据え置きで威力アップが図れるのでいろいろな組み合わせを試してみよう。
2弾後の鉄血3弾にてグレイズ改がようやく専用機補正を受けつつも新しい愛機、グシオンリベイクも登場、どちらも高レアに闘気持ちが存在する為、鉄華団の中では安定した専用機運用が出来るなど一気に不遇が改善された。

鉄血の2弾(TK2弾)

TK2-063C
ステータスHP+900アタック+800スピード+1300
バーストディフェンスここは俺が任された!バーストLv2
スキル絶妙な連携ラウンド2からずっと仲間全員のスピード+600。
背景鉄2弾Cグレイズ改
備考例外バーストで続投。前弾同様スピード重視のステータス。
次弾で専用機のガンダム・グシオンリベイクが登場し、Mが装甲のためディフェンスバーストが生かし易いものとなっている。

鉄血の3弾(TK3弾)

TK3-060M
ステータスHP+2000アタック+900スピード+1400
バーストアタックしっかりつかまってろよ!!バーストLv3
スキル盾になる覚悟攻撃を受けた時、クリティカルを無効にする。【毎回】
背景鉄3弾Mリベイク
備考弟の仇共々Mで登場。ステータス合計値は4300。
性能としては分かりやすい耐久型配分ステを持ちながらクリティカル封じスキル持ちで耐久性に優れる…がバーストがアタックなので、一発が強大な攻撃(防御効果無視系や必殺技・・・特に変身など)を喰らう場合にはかなりの不安を抱える。アタック補正が900と昨今ではかなり低めなので共鳴アタックバースト持ちで補う手もあるが、スピードの高い機体はBG6弾Mユニコーンくらいしかいない。
起用の際にはそれらの不安要素を上手く処理しつつ、搭乗機を選ぶ必要があるテクニカルなカードといえる。
スピードがやや高いことがネックだが高いHPにクリ確封じのアタバなのを生かして烈破に乗せてやるのも面白い。ただし基礎スピードとにらめっこする必要があるので出来れば敵隊長機はスピバの相手が望ましい。無論これ1枚で最後まで生存して作戦目標を果たすのはちょっと難しいので僚機には回復持ちやラウンド指定能力操作、攻撃時能力操作(アタック・必殺ダウンか防御ダウン)+追加攻撃(後攻前提の烈破とスピードを下げる電刃系はナンセンスなので狙撃系となる)と言ったサポートも不可欠だろう。

鉄血の4弾(TK4弾)

TK4-065R
ステータスHP+900アタック+1300スピード+1200
バーストスピード引くわけには、いかねぇんだよぉッ!バーストLv2
スキル命がけの底力HPが半分以下の時、ダメージを30%に軽減する。【1回限り】
背景鉄4弾Rリベイク
備考今弾はRで登場。あとはPで登場すれば、SEC以外の全レアリティを制覇することになる。
ステータスはHPが若干低めのフラット型。しかし、昭弘初のスピードバーストなので、機体の方でバランスを取るとよいだろうか。
専用機のグシオンリベイク、グレイズ改共アタックとスピードがほぼ同数値ととがる訳ではないので、ミッションならともかく、対戦、ネットマッチでは別の機体が良いだろう。
スキルは命がけの底力。スピードバーストなのが災いして、1撃撃破される可能性や1撃目のダメージが大きすぎてスキルが役に立たないまま撃墜の可能性(特に後者は可能性大)があるので、アテにしないほうが良い。

鉄血の5弾(TK5弾)

TK5-054R
ステータスHP+800アタック+1200スピード+1200
バーストアタックこれで、最後だからなぁー!!バーストLv2
パイロットアビリティ阿頼耶識阿頼耶識システム搭載機体(TK5弾以降排出のカードのみ)に搭乗したときに覚醒。
スピード+500、ハイパーバースト追加
絆カウンターノルバ・シノをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル命を賭ける覚悟ラウンド2からずっと仲間全員の必殺技+1000、必殺技コスト+1。
背景鉄5弾CPリベイク
備考覚醒を引っさげて続投。今度は全体必殺+1000、コスト+1系のスキルで登場。
今までのMレアトリオ(Z3弾MシローB4弾MフラムB8弾Mバナージ)と違いスピード重視の振り分けになっているのが大きな違いとなっている。
また、ジュドーやトライ・ファイターズ勢やセイ&レイジと並んで二重絆が設定できるようになっている。鉄華団以外にもからの対象となっていると、3人から絆パートナーの対象になっているのも特徴として挙げられる。なお、パイロットアビリティ「阿頼耶識」は専用機グシオン・リベイク以外でも、阿頼耶識システムが搭載されている機体(TK5弾以降のカードのみ)なら覚醒可能。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1期)
内匠靖明
年齢-
※「鉄血」全キャラに現在公式設定なし
階級なし
別バージョンパイロット昭弘・アルトランド(2期)(同時出撃可能)
専用機グレイズ改(TK3弾〜)
ガンダム・グシオンリベイク
ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
証言
特記事項TK5弾以降のカードには覚醒・阿頼耶識追加。
TKR1弾から2期仕様が登場。それ以前の1期仕様とは同時出撃可能

CGS(クリュセ・ガード・セキュリティ)参番組の一員。
後の鉄華団メンバー。
機動兵器の操縦技術は三日月に次ぎ高く、
モビルワーカーを経てグレイズ改のパイロットを担当している。

幼少期に商売をしていた両親の船が海賊に襲われたのち
ヒューマンデブリとしてCGSに買われて(人身売買)おり、デブリ組のリーダー的存在。
汎用勝利のセリフにもある様に ミカ達とは異なり自分の意志でCGSに属しているわけではない
また、彼やチャドダンテといったヒューマンデブリ出身の者は上着の左肩から腹にかけて縦に赤いラインが入っている(設定画がカード化された鉄1弾CPにもしっかり写っている)のが特徴。

オルガ・イツカ率いる鉄華団にも成り行き上所属することになったが、
鉄華団第2のMSパイロットとして緒戦を経験するうち次第に仲間意識も持ちつつあるようだ。

鉄華団がテイワズの傘下に入りタービンズと兄弟盃を交え、歳星から出発した後、宇宙海賊ブルワーズの襲撃を受けたが
その相手の一人が生き別れだった弟の昌弘・アルトランド運命の再会を果たす。
ブルワーズとの2度目の戦闘では昌弘を救うべく、彼が搭乗するマン・ロディに取り付き説得を行うが、昌弘に拒絶され失敗。
そこにバルバトスと交戦中だったガンダム・グシオンが乱入、昭弘のグレイズ改を人質として利用しようと攻撃を仕掛ける。
直撃の瞬間、昌弘はグレイズ改を突き飛ばしグシオンのハンマーで機体ごと潰される最期を遂げる。
その死の間際に弟と最後の会話を交わし、悲しみながらもその想いを受け止めた昭弘は、
弟も含めた戦死者の葬儀後、「弟との強い思い出」と共に生きるため、グシオンのパイロットをオルガに希望した。

ドルトコロニー群宙域でガエリオガンダム・キマリスおよび
アインシュヴァルベ・グレイズと交戦する三日月のもとへ
ガンダム・グシオンリベイクに搭乗し駆けつけ、ノルバ・シノ流星号と共に戦う。

なお暇な時は常に体を鍛えており(心が落ち着くらしい)、
MSパイロットとなってからもトレーニングに余念がない。
過去に大切な人を失ったことから心残りの無いように・・・自分の手で大切な人を守りたい意思がそうさせている。
だからといって次回予告の最中でも筋トレしているのは一部で予告が予告になっていないと物議を醸した。