ガンダムトライエイジ まとめWiki - 叢雲劾

BUILD G1弾(BG1弾)

BG1-087M
ステータスHP+1500アタック+1000スピード+1000
バーストディフェンス運だけでは戦場では生き残れない。バーストLv3
スキル強靭な精神力HPが80%以下の時、ダメージを30%に軽減する 【1回限り】
背景BG1弾SEC青枠
備考サーペントテールの傭兵がついにトライエイジに参戦。
ステータス合計値は3500。SEC付帯Mだがステータス合計値はやや低めにまとまっており、本弾5枚目のMパイロットである。
ステータス合計値およびスキルとバーストはかの壁ジュドーそのもの。覚醒が消えた(劾自体はコーディネイターなのだが、「人工的に作られている」ので強化人間扱いにされたのだろうか。あるいは所謂「SEED(種割れ)」の有無か)かわりにスピードが上昇しバランス型に変化、どんな戦場でも最高の結果をたたき出す劾らしい。専用機の同弾SECブルーフレームとはアビリティの発動を手助けする点で強力なバックアップとなるが、アビリティを発動した後の扱いにやや困るかもしれない。その点では実は愛機との相性は微妙とも言える。とはいえそれはトライエイジの昔からの伝統ともいえる為、自分なりに愛機を発掘してやりたいところ。ビルドMS版青枠に乗せてやれば専用補正もあってなかなか強固だが成長タイプの関係上過信は禁物である。
またはもう一人の主人公から装甲持ちの赤い同型機を借りれば、より強靭さを活かせるため本来の持ち主よりも相性が良い。

DELTA WARS 04(DW4弾)

DW4-068C
ステータスHP+800アタック+1400スピード+1800
バーストスピード戦う気力がある限り、負けたとは言えない!バーストLv1
スキル前線での経験相手を攻撃するたびに、ずっとスピード+1000。【毎回】
ACE効果-
備考C落ちで5年2ヶ月ぶりに登場。しばらくは敵CPUでの組み合わせだった(リンク先は最初にこの組み合わせて登場)スピードバーストでの登場となった。
スピードの高いステータスに、スキルでさらにスピードを増加させることが出来るので、スピードに特化することになる。さらにスピードバーストなので、状況によっては相手のレベル3より上回ることも不可能ではなくなる。
機体は、専用機がDW4弾Mは急襲で登場。過去にもVS4弾Mが闘気、VPRのプロモが戦迅と相性良く使えるカードがあるが、高レアのみなのでDW4弾Rレッドフレームの闘気が良い。他も、先攻条件アビリティと組ませるのが良い。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ
井上和彦
年齢不明
階級なし
専用機アストレイ ブルーフレーム
アストレイ ブルーフレーム セカンドL
アストレイ ブルーフレーム各種バリエーション
ガイ専用ジン
ハイペリオンG
証言
特記事項

角川スニーカー文庫で描かれたガンダムSEED ASTRAY Bの主人公。
C.E.世界ではその名が知られた凄腕の戦闘傭兵集団「サーペントテール」のリーダー。

依頼人(オーブ政府高官・恐らく五大氏族の一人と思われる)よりコロニー・ヘリオポリスで開発中のモビルスーツ(アストレイ3機)の秘密裏に回収と目撃者の抹殺を依頼され、
任務中にジャンク屋ロウ・ギュールアストレイのレッドフレームブルーフレーム(と落ちていたゴールドフレームの右腕)と出会う。
目撃者に自分たちも含まれており、依頼人に攻撃を受けるも、ロウからブルーフレームを奪って搭乗し、依頼人を撃破。
結果的にロウ達を救ったことにより、ブルーフレームを譲り受ける。

基本的にミッションに応じて搭乗機をカスタマイズし、特殊なセッティングを施して臨むが、アストレイに会ってからは機体の性格(換装型)と自分の身体の様に動くことから気に入り、以降はブルーフレームを愛機とする。

実は地球連合軍により生み出された戦闘用コーディネイター(しかもSEEDの世界において2人しかいないキラ・ヤマトと同じスーパーコーディネイターの成功例)。
サングラスを着用しているのは、網膜にプリントされた管理コードを隠すためである。
また、空間認識能力も持っている。

性格は至ってクールそのもので滅多に感情を顕にすることはない。

※出典元

・・・のだが、戸田版のASTRAY Rでは時々ハジケた一面を見せており、一見の価値あり。
ちなみにミッションで敵隊長機/敵エース機登場時のセリフである
「俺は傭兵部隊サーペント・テール・・・叢雲劾!!(出典元では!が3つ)」
と、文面だけだとクールに決めている感じのニュアンスに見えるが、
実際には変わったポーズを取りながらドヤ顔で決めており
ときた版の再編集したRe:Master Editionでも追加部分で描かれていて、
ハジケた彼の象徴的なセリフとなっている。

また、カレーにはソースを入れる派。