ガンダムトライエイジ まとめWiki - 名瀬・タービン&アミダ・アルカ

鉄華繚乱5弾(TKR5弾)

TKR5-069設定画流用M
ステータスHP+2000アタック+1000スピード+1600
バーストディフェンス名瀬、見せてやるよ。とびっきりの輝きを!バーストLv3
スキルとびっきりの輝き
太陽に照らされて
攻撃時、ずっと相手のアタックを30%減少させる。【毎回】
攻撃を受けた時、ダメージを50%に軽減する。【1回限り】
背景繚乱5弾Mアミダ百錬
備考本弾新参戦のWパイロット組の一組。ステータス合計値は4600。
防衛戦で最後の意地を見せたアミダがついにカード化、夫である名瀬も弟同様本編同乗経験なしであるものの登場となり、ラフタ、アジーとタービンズでデッキを組めるようになった(ただし百里がないため同じ機体が2機存在してしまうというジレンマが起こるのだが)。こだわるなら代用として、タービンズ所属前に乗っていたスピナ・ロディの代用としてマン・ロディかランドマン・ロディに乗せてやるという手もある(当然専用機ではないが、雰囲気を味わう感じで)。
1期の鉄華団サイドのパイロットはそのほぼ全てを参戦完了したことになる。
性能としてはHP重視に加えてバーストはディフェンス、スキルも初撃ダメージ半減・攻撃時のアタックダウンと、コレでもかというくらいの防御重視型性能をしているが、スピード補正が1600と高く、アタックダウンスキルの発動を助長すると共に、汎用性の高さを付与しているのが特徴。
逆にスピード補正が高い事で烈破などには乗せにくいがそこは一長一短として割り切ろう。また、アタックダウンスキルは無双・全射・乱射・乱撃を発動する時には最初に攻撃する1機にしか効果が乗らない事に注意。
搭乗機としては、愛機の専用百錬だと、無双の確実な発動にこぎつけやすくなっているのが利点だが、無双を発動し終わった後を考えると、乗るのはピンポイントにして、同弾のR百錬アジー機やCグリムゲルデのような追加攻撃持ちに載せて、確実にアタックダウンスキルを行使しつつ安全確保…といった使い方をした方が使いやすくなるだろうか。また同弾Mバエル繚乱2弾M青リッターのようなトライブレイズ持ちに乗せて始点となったり、反撃系アビ持ちにのせてアビで攻撃回避した後に反撃でアタックダウンなどという使い方もありだろうか。
1番使いやすいのは、ディフェンスバーストと相性が良く、スピードは気にしなくても良い逆襲・縛撃あたりとなる。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
鳥海浩輔(名瀬)
田中敦子(アミダ)
年齢不明
階級-
専用機百錬(アミダ機)
証言
特記事項パイロット名及びセリフのカラーは名瀬はホワイト(通常のパイロットと同様のカラー)、アミダはレッド表記。
ドモン&レインらと同じ男女両方扱いか要検証

テイワズ下部組織・タービンズのリーダー・名瀬・タービンと、
タービンズのパイロットで彼の副官的立場にある妻の一人・アミダ・アルカのダブルパイロットカード。
彼女自身は本ゲームに参戦するのは今弾からだが、鉄1弾の鉄血ミッションのトリのミッション名に名を刻んでいる。

アミダ役の田中敦子さんは、Vガンダムにてユカ・マイラス役とGのレコンギスタでウィルミット・ゼナム役として出演していた。
※リンク先は、当該キャラが敵CPUで登場するミッションです。