ガンダムトライエイジ まとめWiki - 2弾のガンダムAGEミッション
ミッションクロニクルモード>2弾>2弾AGE
SP:ミッション>2弾>2弾AGE

2弾 〜目覚めし力〜におけるガンダムAGEミッションのページ。
B弾当時はクロニクルモードで遊べた。
「SP」では2弾ミッション解放と同時に13話まで遊べ、以後は各ミッションクリアで解放する。

※ガンダムAGE本編戦闘パートのネタばれに近いことを書いていますので、その点はご了承ください。
特に14話・15話はフリット編ラストネタばれも含みますので、それをご理解の上閲覧をお願いします。


2弾のガンダムAGEミッション(フリット編)

※1弾と同様、宇宙でのガフランゼダスファルシアは5弾以降スピードが+200されている。

10話「激戦の日」(2011年12月11日17時30分から配信)

レベル4戦場宇宙(軌道エレベーター)地形アクシデントなし出撃3+2
解禁条件最初からプレイ可能
目的ゼダスを倒せ!BGMオリジナル:戦闘2
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1バクト-5600アタッカー3200圧倒的な戦力差:
ラウンド2のみアタック、スピード+1000
反撃2-x7
MS2ガフラン-3200アタッカー3700伝染する恐怖:
自分を撃破した敵に、ずっとスピード-300【1回限り】
先制2-x4ランダム出現MS
ラウンド1に2機登場
ラウンド2に最大1機登場。
MS33000ガンナー4000伝染する恐怖:
自分を撃破した敵に、ずっとスピード-300【1回限り】
連撃2-x4
MS43200ディフェンダー3600不死身の装甲:
攻撃を受けた時、ダメージを30%軽減する【1回限り】
先制2-x5
隊長機ゼダス-22400ガンナー5000
4700(SP)
戦意を削ぐ重圧:
攻撃時、敵のスピード−500【毎回】
加速する進軍:
ラウンド2からずっと仲間全員のスピード+300
速烈3-x15ラウンド2登場
初期アタック3800
最終ラウンドに必殺技を使用
本ミッションでのセリフなし
取得確認パーツAGEブースター機必殺+200・AGE系専用・Mレア)10%
格闘強化プログラムII(アタック+450・アタッカー専用・レア)15%
複合装甲I(ダメージ-200・レア)15%
AGEシステムスピード+40
備考2011年12月11日17時30分から配信の2弾最初のガンダムAGEミッション。
2弾最初はいきなりの大激戦回となった。強烈な印象を残したバクトを先頭に、同仕打ちを誘おうといわんばかりのガフランの撃破依存スキル、さらにはスピード5000に達するゼダスの高スピード+速烈と、レベル4ミッションでもかなりハイレベルな機体構成となっている。
こちらの構成は、やはりゼダスの速烈発動をしっかり警戒し、スピードは単機で4500以上は欲しいところ。それかスピードバーストで速烈とスキル効果を封じていこう。PかRスパローなどで電刃をかけ、逆にスピードを下げに行くのもよし。ただし確率は過信しないように。
機体は原作再現でかつ相性を取れるのが総じてPであるため、ビームダガービームドス持ちの1弾Mノーマルくらいか。劇中ではライフルで攻撃していた機体が多いが仕方はないだろう。シグルブレイドよろしくクロスAGE・スラッシュで叩き斬ってやろう。

11話「ミンスリーの再会」(2011年12月18日17時30分から配信)

レベル3戦場地上(コロニー内)地形アクシデントなし出撃3
解禁条件最初からプレイ可能
目的すべての敵を倒せ!BGMオリジナル:戦闘2
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1ジェノアス一般兵6800ディフェンダー3400連邦の威信:
先攻を取った時、ディフェンスバーストを封じる【毎回】
先制1-x8初期アタック3000
毎ラウンド必殺技を使用する可能性あり
MS26600ディフェンダー3300敵は俺が討つ!:
味方が撃破されると、次のラウンドのみスピード+300【毎回】
回避1-x7毎ラウンド必殺技を使用する可能性あり
MS36600ディフェンダー3300逃げ腰の戦い:
攻撃を受けた時、ダメージを50%軽減する【1回限り】
鉄壁1-x6毎ラウンド必殺技を使用する可能性あり
本ミッションでのセリフ敵機出現時作戦行動に入ります!
敵機退却時作戦成功、これより帰還します!
取得確認パーツ連邦軍戦功勲章(アタック、スピード+200・連邦系専用・Mレア)10%
防御用モーターII(アタック+450・ディフェンダー専用・レア)15%
耐ビームコートII(ビームダメージ-250・コモン)15%
AGEシステムHP+20、耐ダゲキ+20、耐ジツダン+20
備考2011年12月18日17時30分から配信のガンダムAGEミッション。2011年最後のAGEミッションとなる(12/25は放送休止なので当然ミッション配信はなし)。
本編では戦闘が少なかった事もありやさしめのミッション。説明の必要も少ない…かと思われるが、正規連邦軍を表すかのように全機ディフェンダーの一般兵(何気に出現と退却台詞はこれが最初)なので劇中準拠でアタッカーのAGE−1で行くと返り討ちにあう事も。鉄壁+ダメージ半減スキルにも注意。例によって上昇値は多少お得なので、2弾から入ったGコマンダーはスペシャルオペレーションの前に鍛えておくとよい(「哀しみの超兵器」には実弾武器持ちのガンタンクと変形後接近攻撃のサイコが登場)。
なお、実際のアニメのジェノアスは青灰色。また、ミッション前にはユリンの顔グラフィックが初めて登場している。

12話「反逆者達の船出」(2012年1月1日17時30分から配信)

レベル4戦場宇宙(軌道エレベーター)地形アクシデントなし出撃3+2
解禁条件最初からプレイ可能
目的ガフラン(紫カラー)を倒せ!BGMオリジナル:戦闘2
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1ガフラン-3200ガンナー3800
「SP」では4000
致命的な一撃:
先攻を取ると、クリティカル発生【1回限り】
連撃-x4ランダム出現MS
ラウンド1に3機登場
ラウンド2に最大1機登場。
MS23200ガンナー3900
「SP」では4100
染みつく怨恨:
自分を撃破した敵にずっとアタック-300
連撃-x4
MS33300ガンナー4000
「SP」では4200
染みつく怨恨:
自分を撃破した敵にずっとアタック-300
連撃-x5
隊長機ガフラン(紫カラー)-24000ガンナー3800
「SP」では4000
恐るべき、その威力:
先攻を取ると、そのラウンドのみアタック+1000【毎回】
狙撃3-xラウンド2登場
初期アタック3600
本ミッションでのセリフなし
取得確認パーツ複合装甲II(ダメージ-250・レア)
複合装甲I(ダメージ-200・レア)
AGEシステム耐ビーム+40
備考2012年1月1日17時30分から配信のガンダムAGEミッション。
2012年最初のガンダムAGEミッションでいきなり元日から配信された。放送自体が元日からあったのもあるが。
それはさておき、今回の敵は全機ガンナー。そのため、全機アタッカー(赤単)で切り込めば意外と楽に倒せる。戦闘で縦横無尽の活躍を見せたディーヴァMS隊…ガンダムGエグゼスジェノアスはすべてアタッカーに最高レアが集中するため、それらで原作再現としたいところである。注意すべきは敵のアタック減少スキルと高めの確率で発動してくる隊長機の狙撃であるが、それらに対しては本弾Mウルフのスキルで対応する・低コストの必殺技を撃ちこむなどの方策でうまく対応していこう。とりあえずアタックは高めに取りたい。
新たな力・・Xラウンダーに覚醒しつつあるフリットよろしく、本弾Mノーマルなどの狙撃で撃ち合って原作を再現するのも一興。
なお、実際のアニメのジェノアスはやはり青色

13話「宇宙要塞アンバット」(2012年1月8日17時30分から配信)

レベル5戦場宇宙(アンバット)地形アクシデントなし出撃4+3+1
解禁条件最初からプレイ可能
目的すべての敵を倒せ!(特殊条件)
1ラウンド目が3機だけの事もあり
BGMオリジナル:アンバット
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1バクト-7800ディフェンダー3500拡がる憎悪:
ラウンド2からずっと仲間全員のアタック+500
装甲3-x5初期アタック4200
必ず出現(MS1位置固定)
必殺技は上位演出技
MS2バクト-5300アタッカー3200半減させる装甲:
攻撃を受けた時、ダメージを50%に軽減する【毎回】
反撃2-x4ランダム出現MS
ラウンド1に3機登場
ラウンド2に最大3機登場。
最終ラウンドに最大1機登場。
必殺技は下位技
MS3ガフラン(紫カラー)-4800ガンナー4000
「SP」では4200
侵略する暴力:
先攻を取るとクリティカル発生【毎回】
連撃2-x4
MS4ガフラン-4000ディフェンダー3500
「SP」では3700
致命的な一撃:
先攻を取ると、クリティカル発生【1回限り】
回避2-x4
本ミッションでのセリフなし
取得確認パーツマッドーナ製アーマー(HP+450・AGE系専用・Mレア)
連邦軍戦功勲章(アタック、スピード+200・連邦系専用・Mレア)
AGEシステムHP+60
備考2012年1月8日17時30分から配信のガンダムAGEミッション。
ガンダムAGEミッション初、レベル5のハードミッションである。
何よりもまず驚くのは新条件の「全ての敵を倒せ!」であろう。出現機体は最大8機、隊長機こそいないもののこれらをばったばったとなぎ倒していかなければ活路は開けない。おまけに開始時点で4機いるため、余計なアシストなどをしている暇はない。1ラウンド目から盛大に必殺技でお出迎えされる事もあるうえ、倒されたり反撃を発動されたりすると一気に苦しくなるので、一番大変な半減スキル持ちバクトを抜けるディフェンダーとアタックバーストで立ち回るのが基本となる。減らしきれなかったときは狙撃・電刃も頼りにはなるが、装甲に対しては無力なので注意。また、バクトの半減スキルやビーム耐性で狙撃はかなりダメージを減らされてしまう。
機体については原作再現など考えず、自分のお気に入りの機体で。Pエグゼスなどの今弾Pならウルフファングよろしく頼りになるが。パイロットだと、今弾Mウルフ今弾Rフリットなどの撃破に依存するスキルの活用が期待できる。その場合はバクトよりもガフランに集中、最終ラウンドで勝負を決めよう。単機スキル持ち…0弾Mシャアなども活躍する。
なにより敵の数が多いため、敵の懐に飛び込み、Xラウンダーで見切って無双しているかのような気分が楽しめるが、楽しめるのは高レアカードがそろってからか。あと今回実際にフリットが搭乗したのはノーマルではなくスパロー。そのため、原作再現を楽しみたいのなら速烈スパローが不可欠と言える。

14話「悲しみの閃光」(2012年1月15日17時30分から配信)

レベル5戦場宇宙(アンバット)地形アクシデントなし出撃3+2
解禁条件ミッション1〜4クリアで出現
目的ゼダスを倒せ!BGMオリジナル:アンバット
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1ファルシア
先行登場
ユリン・ルシェル
先行登場
13000ガンナー5000避けられぬ奇襲:
先攻を取ると、敵のディフェンスバーストを封じる【毎回】
もう一度、会いたかった・・・:
ラウンド2に敵全員のHP全回復!!
鉄壁3-x7ラウンド1から必殺技使用の可能性あり
MS2ガフラン(紫カラー)-3500ディフェンダー4000
「SP」では4200
伝染する恐怖:
自分を撃破した敵に、ずっとスピード-300【1回限り】
連撃2-x4ランダム出現MS
ラウンド1に1機登場
ラウンド2に最大2機登場。
MS3バクト-3800アタッカー3600染みつく怨恨:
自分を撃破した敵にずっとアタック-300
先制2-x5
隊長機ゼダスデシル・ガレット26000アタッカー5600内なる凶暴性:
先攻を取ると、クリティカル発生【毎回】
遊び感覚の戦い:
最終ラウンドにスピード、必殺技+1000
電刃5-x15初期アタック4500
最終ラウンドに必殺技を使用
本ミッションでのセリフ敵機出現時来るよ・・・僕の秘密兵器だ!
敵機退却時その程度なのかい・・・?
ガッカリだね。
取得確認パーツマッドーナ製ブースター(スピード+450・AGE系専用・Mレア)
狙撃用スコープII狙撃用スコープ(アタック+450・ガンナー専用・レア)
複合装甲II(ダメージ-250・レア)
AGEシステムスピード+60
備考2012年1月15日17時30分から配信のガンダムAGEミッション。
今回も激戦を予感させるハードミッションであり、公式では告知がなかった。その理由は、開始前の一言目から重大なネタばれの嵐であった事。どの写真でもネタばれ回避は不可能であるため、まあ当然と言えば当然である。先駆けてのユリン・ファルシア初登場
現在はねたばれとなる開始前デモはなし。
ユリンのスキルは、2ラウンド目開始時にこちらのHPを全回復するというもの。故に、撃墜されない限りは1ラウンド目のダメージは気にしなくていいという事になる・・が、もちろんファルシアを1ラウンド撃墜してしまっては恩恵はなく、ゼダスの電刃が2ラウンド目に発動する場合は電刃の後になるため、過信は禁物である。また4弾からのパイロットアビリティの発動準備がかかっていた場合はこのスキルで回復された場合帳消しになり発動できなくなるので気をつけよう。
ファルシアは鉄壁持ちである事や1ラウンド目から必殺技を撃ってくることもあり、1ラウンド目に傷つけないという選択肢はあまりない。HPが一般機扱いにしては高いので戦闘順番を操作してわざと鉄壁をさせた後にトドメ・速烈持ちアタッカー(2弾PGエグゼスとか)+アタックバースト持ちで一撃で…などが有効手段になるだろう。後者は高めのファルシアのスピードに注意。
隊長機のゼダスは相変わらずのスピードを発揮し、最終ラウンドでスピード6600に達するため、出来る事なら回復した2ターン目で一気に決着かスピードバースト併用で削って行きたいところであろう。幸いなことにHPはそこまで高くないため一発殴れればラウンド3で問題なく撃墜できるはず。
使用カードとしては、やはり原作再現で行きたいところであろう。2弾Pスパロー、もしくは今回から使えるようになったスペシャルカードパック2のスパローなら完璧。不沈受けできるMタイタスでもよい。持っていない人は1弾P・2弾P・1弾Rといった各種フリットで補うかアタッカーの各種AGE−1で。2ラウンド目冒頭の回復後、ファルシアをアタッカーで撃墜→AGE−1の必殺技で一気に勝負をかけよう。
レベル5の中ではそこまで難しくないにもかかわらずAGEシステムの上昇量が高く、上がる項目は割と重要なスピードなため、手早く上昇させたい時は有用か。なお、パイロットスーツ着用のデシルも初登場(顔グラフィック及びセリフが異なる、3弾で専用機が追加された影響でセリフは戻った?)。

15話「その涙 宇宙に落ちて」(2012年1月22日17時30分から配信)

レベル5戦場宇宙(アンバット)地形アクシデントなし出撃3+2
解禁条件ミッション1〜5クリアで出現
目的デファースを倒せ!BGMオリジナル:アンバット
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1ガフラン(紫カラー)-3500ディフェンダー4500猛威をふるう:
ラウンド2のみアタック、スピード+300
狙撃2-x4ランダム出現MS
ラウンド1に2機登場
ラウンド2に最大2機登場。
MS2バクト3800ガンナー3700不死身の装甲:
攻撃を受けた時、ダメージを30%軽減する【1回限り】
反撃2-x5
MS3バクト4200アタッカー3400不死身の装甲:
攻撃を受けた時、ダメージを30%軽減する【1回限り】
反撃2-x5
隊長機デファース
先行登場
ギーラ・ゾイ
先行登場
28000ディフェンダー3800崇高なる志:
必殺技を受けた時、ダメージを50%に軽減する【1回限り】
未熟者め!:
先攻を取ると、クリティカル発生【毎回】
不沈4-x15初期アタック4700
最終ラウンドに下位技使用
ビーム耐性あり
本ミッションでのセリフ敵機出現時やっと会えたな!
私がこの手で葬り去ってやろう。
敵機退却時ぬくぬくと暮らすおまえたちに
私たちの叫びが聞こえるか!
取得確認パーツマッドーナ製エンジン(アタック+450・AGE系専用・Mレア)
超硬金属の欠片(ダメージ-300・Mレア)
連邦軍戦功勲章(アタック、スピード+200・連邦系専用・Mレア)
AGEシステム必殺+60
備考2012年1月22日17時30分から配信のガンダムAGEミッション。そしてフリット編ラストミッション
スペシャルオペレーションが2日で配信停止されてしまったので、先行登場のギーラ・デファースを見れるのは当時このミッションのみだった。(3弾で通常ミッションに出現)なお、必殺技は残念ながら下位技サーベル。上位演出技は3弾のミッションもしくは排出カードで。
「再戦!白い狼」に続く2度目のAGEシステム必殺数値上昇ミッションで、上げ幅はB8弾まで最大値。後半スペシャルオペレーションがアタック+50だった事もあり、Gコマンダーにとってはこちらの方がうれしいかもしれない。しかし、場合によってはスペシャルオペレーション以上の難しさを持っており、やはりそう簡単にシステムEXPは上げさせてもらえないのが現状である。
スペシャルオペレーションとは違うデファースのタイプとアビリティ、必殺半減スキルが最大の難関であり、ビーム耐性ありにもかかわらず弱点はガンナー。また不沈持ちで、最終ラウンドにHPが残った場合落としきれない事が多々あるのも難点。それ以外にもバクトのビーム耐性+軽減スキルもあり、ビーム系ガンナー3機で立ち向かうのはお勧めできない。原作ではXラウンダーを発動させたフリットの手によってあっさり落とされた(ミッション開始前画面でウルフが合流した後すぐに決着した)が、こちらは原作再現が軒並み通用しない強敵ともいえよう。
真っ先に投入したいのが、実弾のガンナー。0弾Mシャアザクなどならビームよりも若干ダメージが通りやすい。また、必殺技が打撃に変化するガンナー、もともと打撃でスペシャルオペレーション系と相性の良かった1P・2Mタイタスなどの打撃ディフェンダー等を投入してうまくバクトを落としつつダメージを蓄積させ、2ラウンド目で相手の半減スキルを使用させる。そして最終ラウンドに連続必殺技で勝負をかけるのがメインの戦法となる。本弾Pエグゼス4弾Pキュベレイが使えるのなら一発耐えること前提の速烈で相性・耐性など無視してしまおう。この場合は先に軽減スキルを使わせておくといいが、不沈受けに対しては高威力の必殺技2連発もしくは合体換装で対応しておくこと。
SPでも必殺を上げる場合はここに籠る事になるだろう。
筐体版の方ではB7弾より不沈を封じることのできる共鳴アタックを持ち、タイプ上有利になるB7弾M覚醒ユニコーンを地形+1に配備しB6弾Mユウを乗せてからの3連コンビネーションで叩けばアッサリとクリアできるだろう。
このミッションだけ敵隊長機出現の方法が異なり、プレイヤーたちの前にいきなり現れる(従来は遠くから飛んでくる)ので面食らったGコマンダーもいるかもしれない。

2弾のガンダムAGEミッション(アセム編)

16話「馬小屋のガンダム」(2012年1月29日17時30分から配信)

レベル3戦場地上(コロニー内)地形アクシデントなし出撃3
解禁条件ミッション1〜6クリアで出現
目的すべての敵を倒せ!BGMオリジナル:戦闘2
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1ドラド
先行登場
-7700ディフェンダー3600未知なる戦慄:
攻撃時、敵のアタック-500【毎回】
先制-x8初期アタック3300
毎ラウンド必殺技を使用する可能性あり
MS27200ガンナー3500戦意を削ぐ重圧:
攻撃時、敵のスピード−500【毎回】
先制2-x7毎ラウンド必殺技を使用する可能性あり
MS37200ガンナー3700加速する進軍:
ラウンド2からずっと仲間全員のスピード+300
先制2-x6毎ラウンド必殺技を使用する可能性あり
本ミッションでのセリフなし
取得確認パーツハロI(クリティカルダメージ+5%・Mレア)
複合装甲I(ダメージ-200・レア)
エネルギータンクII(HP+400・コモン)
AGEシステムアタック+20 耐ジツダン+20 スピード+20
備考2012年1月29日17時30分から配信のガンダムAGEミッションにしてアセム編第1話。
そのため、今回以降フリットによるタイトルコール・勝利条件コールはなし(3弾から、アセムによるタイトルと勝利条件コールが追加されたがサブタイトルコールは無し)。
ドラド先行登場。本編では2機だったがこっちは3機。かつてのAGEミッション1話と同じような布陣であり、13〜15話と比べると一気に楽に。レベル的にも条件的にも苦戦する要素は少ないだろう。ただし、やっぱり先制+スピード操作があるのでそこだけは注意。特に速烈を放つときなどは。
原作再現で行くとなると、本編でついに2刀流を披露したクロスAGE・スラッシュ持ちノーマルがいいだろう。アタックバーストさえあればトーナメントノーマルとかでも十分。それか、今回破壊されたシャルドール改ジェノアスIIの胸を借りる気持ちでGエグゼスジェノアスカスタム、この時点では完成したばかりだったりまだOP・EDのみの登場である先行使用可能なAGE−2アデルを使って今のうちから機体レベル上げに徹するのも良いか。

17話「友情と恋とモビルスーツ」(2012年2月5日17時30分から配信)


レベル4戦場地上(コロニー内)地形アクシデントなし出撃3+2
解禁条件ミッション1〜7クリアで出現
目的すべての敵を倒せ!BGMオリジナル:戦闘2
登場MS機体パイロットHPタイプスピードスキルアビリティバーストGパワー備考
MS1ドラド
先行登場
-3500アタッカー3600染みつく怨恨:
自分を撃破した敵に、ずっとアタック-300
先制2-x4ランダム出現MS
ラウンド1に3機登場
ラウンド2に最大1機登場。
MS23300アタッカー3800侵攻開始!:
ラウンド2からずっと味方全員のスピード+200
先制2-x4
MS33600アタッカー3600回避2-x5
隊長機ドラド
先行登場
-15000アタッカー3800重すぎる報復:
後攻の時、アタック+1000【1回限り】
反撃3-x15ラウンド2登場
初期アタック3800
最終ラウンドに必殺技を使用
本ミッションでのセリフなし
取得確認パーツオートアナライザーII(撃破★ボーナス+2・AGE系専用・レア)
オートアナライザーI(撃破★ボーナス+1・AGE系専用・コモン)
AGEブースター機必殺+200・AGE系専用・Mレア)
AGEシステム耐ダゲキ+40
備考2012年2月5日17時30分から配信の2弾ラストのガンダムAGEミッション。ダズ・ローデン率いる潜入部隊が相手となる。
フリット編2話「AGEの力」をもとにした感じのミッション。レベルは一応4に上がったものの2話のガフランより隊長機の能力は低め、その上3+2の出現なのでスターを稼ぎやすい。さらに全機アタッカーであり、ディフェンダーで臨めば苦戦することなく経験値稼ぎが出来る。ただし、隊長機のHPが低い事やGパワーが若干ためにくいのもあるので、2ラウンド目の戦力配分はうまく工夫すること。
先行使用AGE−2機体の中では、AG付属AGE−2がディフェンダーなのでうまく組み込んでレベル上げを。原作通りのAGE−1ノーマルなら2弾C・1弾Rでも良い。
なお、ミッションのボーナスが6つ星と同様であるバグがあったようだがすぐに修正されたようだ。