デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>EW(エンドレスワルツ)のガンダム

概要

OA2弾における証言シリーズで、証言者が「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に登場するガンダムのTV版との違いについて語る内容となっている。

収録カード

ウイングガンダムゼロ(EW版)

カードページへ
証言タイトル『EW(エンドレスワルツ)』とは
内容「EWって言葉はの、アニメ ガンダムWの続編として作られたタイトル(Endless Waltz)の頭文字から取られているんじゃ。
この作品に登場する5機の主役級ガンダムのデザインは前作を踏襲しつつ、ウイングガンダムゼロの翼が天使の羽のような形状に変化するなど、より作品の世界観にフォーカスを合わせたリデザインが行われたんじゃよ」
インタビュー人物博士姿のダイバー
備考EW(エンドレスワルツ)のガンダムより。

ガンダムデスサイズヘル(EW版)

カードページへ
証言タイトル『EW(エンドレスワルツ)』デスサイズヘル
内容「どうだい?
EW版のデスサイズヘルはカラーリングやプロポーションが一新されて、よりダークでエッジが効いたデザインに変わったんだ。
特にコウモリの翼を連想させるアクティブクロークの形状変更は、悪魔的なシルエットをさらに強く印象づけてるだろ?
へへ……考え無しに近づく迂闊なダイバーは、みんなあっという間に刻まれちまうんだよ」
インタビュー人物ローブ姿のダイバー
備考EW(エンドレスワルツ)のガンダムより。

ガンダムヘビーアームズ改(EW版)

カードページへ
証言タイトル『EW(エンドレスワルツ)』ヘビーアームズ改
内容「カラーリングが赤色からダークブルー系に変わった?
それだけじゃないわ。メインウェポンのダブルガトリングガンを両腕に、内蔵した銃器やミサイルも大幅に装弾数がアップ。
EW版のヘビーアームズ改は、もはやガンプラをカスタムする必要性を感じさせないほどの全身兵器へと変貌したの。
この子の真正面に立てる相手がいたら……
そうね、その勇気を称えてあげましょう」
インタビュー人物サーカス団員姿の女性ダイバー
備考EW(エンドレスワルツ)のガンダムより。

ガンダムサンドロック改(EW版)

カードページへ
証言タイトル『EW(エンドレスワルツ)』サンドロック改
内容「武装構成はシンプルになっちまったが、EW版のサンドロック改は大型化したヒートショーテルさえあれば攻撃は十分なんだ。
新装備の耐ビームコーティングが施されたマントをまとって敵陣の奥深くに入り込み、そこから一気に決める……
戦場を選ばず、こいつはどんな場所でもそれをやってのけるのさ」
インタビュー人物マグアナック隊隊員姿のダイバー
備考EW(エンドレスワルツ)のガンダムより。
>攻撃は十分
実際の所は攻撃面に関しては不十分で、シミュレーション系では飛び道具がない(あってもバルカン砲程度)ので非常に使い勝手が悪い(おまけにこの作品では同様の機体が2機被る)。
尤も、本ゲームではそういう要素がないので気にしなくて良いのが長所。

アルトロンガンダム(EW版)

カードページへ
証言タイトル『EW(エンドレスワルツ)』アルトロン
内容「無論存じ上げております、アルトロンにもEW版が存在していることは。
ドラゴンハングの性能がさらに研ぎ澄まされ、双頭龍の腕は攻防問わずその荒ぶりを増し……
神獣のごとき圧倒的な力を相手に示す。
えっ、私がそのガンプラを?
ははは、この虎武龍でなんと恐れ多い。
ですが日々の鍛錬を怠らず、いずれタイガーウルフ様と拳を交えられる資格が得られたなら、その時は……」
インタビュー人物虎武龍のダイバー
備考EW(エンドレスワルツ)のガンダムより。

ガンダムエピオン(EW版)

カードページへ
証言タイトル『EW(エンドレスワルツ)』エピオン
内容「Endless Waltzのアニメにガンダムエピオンが登場する事は無く、EW版のデザインも作られていなかったんだ。
でも、ファンの声を受けて新たに書き起こされ……
こうして今、僕達はそれをガンプラとして手にすることができた。
しかもGBNだと操縦も出来るって……
ホント、幸せだよね」
インタビュー人物パーカー姿のダイバー
備考EW(エンドレスワルツ)のガンダムより。
この機体の生み出された経緯。
EW公開当時は存在しない機体だったので基本的に「エピオンカスタム」とは呼ばれることはない。

編集にはIDが必要です