デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>カイ・シデンのトライエイジレポート

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
Z弾 B弾 BG弾 鉄血弾 鉄華繚乱弾 VS弾 OA弾 DW弾

概要

Z1弾から始まった証言シリーズ。
民間のジャーナリストカイ・シデンの肩書表記)の証言をまとめたページ。
主に宇宙世紀に登場するモビルスーツやパイロットについて語る内容で、こちらのページでは別の肩書であるフリーのジャーナリスト、実名であるカイ・シデンとしての証言も含まれている。

収録カード(稼働弾順)

Z1弾排出分

サザビー
カードページへ
証言タイトル「運命は『定めた』」
内容νガンダムとサザビーか。
得体の知れないサイコフレームを互いに採用しただけじゃなく、モビルスーツとしての基本的な総合性能を高める、なーんて根本的な設計思想まで似通っちまったのは、もはや偶然だけじゃ片づけられない『何か』を感じちゃうんだよねぇ……
おたくもそう思わない?
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
あの人も『民間のジャーナリスト』の肩書で証言者として活動を開始した記念すべき一枚。
以後、宇宙世紀のカードに時折証言者として肩書・実名問わずに出演する。

Z4弾排出分

バナージ・リンクス
カードページへ
証言タイトル「追われてこそ『一人前』?」
内容ニュータイプは巻き込まれるのが常ってね。
自分にそのつもりがなくても、さまざまな因縁がまとわりついてくるのさ。
そういう相手ができちまったのなら、バナージ・リンクスも一人前になったってコトじゃないの?
……へへ、ちょっと不謹慎すぎるかい?
嫌いじゃないんだよね、こういうの
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
口調からして証言者はカイ・シデンと思われる。

B1弾排出分

νガンダム
カードページへ
証言タイトル「『信仰』は果てしなく」
内容あのモビルスーツのおかげで、連邦のお偉いさんたちが抱く『ガンダム信仰』ってのが完全に確立したと言っていいだろう。
なんせ小惑星を押し返すパワーを見せたんだ。
偶然それがガンダムだったってだけの話なんだろうが……
頭の固いあいつらは、見たものを考えずにそのままとらえちまうからな
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
証言者は口調からして、であろう。

B7弾排出分

フェネクス(デストロイモード)
カードページへ
証言タイトル「金色の『不死鳥』」
内容『UC計画』の要となるRX−0の開発は連邦ではなく、ビスト財団の主動下にあったのさ。
それが気に食わない一部の連邦軍将校たちは、財団のラインとは別の独自ルートで自分だけのRX−0を造った……
それがユニコーンガンダム3号機、通称フェネクスってワケ。
地球に降りる前の
バンシィと一度やり合ったって話だが、今はどこに居るんだろうねぇ?
インタビュー人物カイ・シデン
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
その後の行方は、漫画、小説で微妙に異なるが彷徨いながら戦い続けているようだ。

BG2弾排出分

ガーベラ・テトラ
カードページへ
証言タイトルジオンの『皮』を被った
内容最初のシナンジュ……
いや、
シナンジュ・スタインって今は呼んでいるが、元々あの機体はネオ・ジオンに渡すことを前提として造られたって噂を耳にしてね。
それが本当なら、アナハイムの体質は昔からなんら変わっちゃいない。
一年戦争が終わった直後のあたりで同じようなことがあったのさ。
ガーベラ・テトラって名前、聞いたことがあるかい?
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
ジオンに渡った中身連邦機ということでシナンジュとの関連性を持たせた証言。
???「俺も俺も」(証言タイトル繋がり)

BG3弾排出分

ガンダムトライオン3
カードページへ
証言タイトル「『ホワイトベース隊』に聞く」
内容3人チームの秘訣?
……へへ、それを俺に聞くって言う根性、きっとあんたイイ性格してるね?
こっちは少し前までモビルスーツの連携なんざまったく縁の無かった生活をしてたんだぜ、チームワークなんて……
お、そうだ!3機のメカがGメカみたいにひとつになってくれたら、全部を
アムロに任せて楽が出来そうなもんだけどな、ニヒヒ
インタビュー人物カイ・シデン
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
>Gメカ
Gファイターを構成するパーツの事。

BG6弾排出分

ガンダムMk−II(エゥーゴ仕様)
カードページへ
証言タイトル「彼女を『思い出し』ながら」
内容昔ベルトーチカが言ってたんだよな、カミーユ・ビダンが乗っていたMk−IIをアムロに渡せないかって。
その気持ちはわからんでも無いが、結果的に叶わなくて良かったとオレは思うぜ。
男を簡単に甘やかさせる女って良し悪しだからさ。
多少キツくても……
へへ、平手の一発で活を入れてくれるくらいが、ちょうど良いってね
インタビュー人物フリーのジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
文中にも言及されていて、証言タイトルの彼女とは金髪さんのこと。
今弾のあの人は異なる時代のバージョンでパイロットカードと証言者(しかも肩書きが「民間の〜」から「フリーの〜」に改めている)のW出演となった。

鉄血の6弾排出分

フェネクス(デストロイモード)
カードページへ
証言タイトル不死鳥を『追えば』
内容よ、息災だったかい?
例のフェネクスだが、一度気になるととことん調べちまう性分でね、奴(やっこ)さんは今、宇宙のどこかにいることだけは確実だ。
だが、居場所がどうしても絞り込めない。
サイド7宙域で式典を襲ったって話もあれば、遠く離れた暗礁宙域で連邦の精鋭部隊とやり合った……
つまり、単独にしては行動範囲が広すぎるのさ。

補給も、パイロットの休息も必要ないのなら話は別だがね……
こういうの、ますます惹きつけられるだろ?
インタビュー人物カイ・シデン
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
B7弾の続き。

鉄華繚乱3弾排出分

ガンダムMk−II(ティターンズ仕様)
カードページへ
証言タイトル『4』機目の噂
内容3機しか造られていなかったって言われていたMk−IIは4機目が居たそうじゃないの。
公表されなかった理由が笑える話でな、テスト中に墜落
事故を起こしたからだそうだ。
ティターンズにしてみれば、人気取りのために利用しようとしたガンダムにそんなネガティブなレッテルを張り付けるわけにもいかない。
そうして量産計画が鈍ったところで
エゥーゴに奪われ……
その後はあんた達も知る活躍っぷりさ。
へへ、こういう皮肉めいた話、嫌いじゃないんだよね
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
21世紀になって追加されたMk−IIの4号機について。
さらにとあるガンプラビルダーによって5号機が生み出され、この機体までエゥーゴに渡ってしまうという設定が作られた。

VS1弾排出分

バウンド・ドック
カードページへ
証言タイトルこの『見た目』は
内容連邦軍が開発した可変モビルアーマー……
へへ、やっぱこの見た目は一癖ありそうだって、あんたの顔がそう言ってるぜ?
ご名答、バウンド・ドックはオーガスタのニュータイプ研究所が絡んでる。
そうさ、例の人工的に造られた『強化人間』をパイロットにして運用することを前提としているのは、ほぼ間違いないね
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
サザビー
カードページへ
証言タイトル『赤い彗星』たる機体
内容専門家じゃなくてもわかるだろうに、あれが総帥シャア・アズナブルの専用機なのは。
どこからどう見たって、あの男以外が乗ることは許されない姿と色でしょ?
新型サイコミュって触れ込みのサイコフレームがどんな代物なのかはともかく……
あんなものに乗れるほど開き直った赤い彗星は、いよいよ本気で大事を成そうとしてるって証拠さ
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
あの人もZ1弾C以来の再登場。
ヤクト・ドーガ(ギュネイ専用機)
カードページへ
証言タイトル強敵は『他』にも
内容新生ネオ・ジオン軍のニュータイプ専用機さ。
基本フレームは量産型の
ギラ・ドーガのものを流用しちゃいるが、大型ジェネレーターで出力がかなり強化されているのは間違いない。
厄介なのは、こいつにも例のサイコフレームってのが組み込まれていて、同様にファンネルを扱うそうだ。

シャアだけでも十分面倒なのに……英雄アムロ・レイはどう凌ぐんだろうねぇ?
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
>どう凌ぐんだろうねぇ?
リ・ガズィの場合はマシンスペックの差を技量で補い、νガンダムの場合は技量に加えてマシンスペックの差で圧倒した。

VS5弾排出分

ガンダムTR−6(ウーンドウォート)
カードページへ
証言タイトルTRシリーズの『完成形』とは
内容ティターンズはエリートの集まりってよく言われるが、エリートらしく常人には思いつかない発想のモビルスーツを開発しようとしていたらしいね。
そのTR−6って機体がそうだ……ん?可愛らしい華奢な姿って……
見た目だけで判断しちゃダメって、あんたも親から教えてもらったことないかい?
へへ、人はやれることを増やすために道具を使うけど、こいつの場合はそのスケールがとんでもなかったのさ
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。

OA4弾排出分

バナージ・リンクス&オードリー・バーン
カードページへ
証言タイトルあの『2人』は
内容ラプラス事件以降、主役とも言える姫様とその騎士は一体どこで何をしてるんだろうな?
世界はその後始末もままならず、連邦とジオンもいたる場所でくすぶりを見せてるって話だ。
近頃聞いた話じゃ、
金色のRX-0が宇宙を奔放に駆け巡ってるって聞く……
きっとあの2人にも、その姿は見えてるはずなんだが
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
誤字があり、ラプラス「事件」になっているが、正確にはラプラス「事変」もしくはラプラス「戦争」。
またの名を第三次ネオ・ジオン抗争ともいう。
「事件」だと宇宙世紀0001年元旦に起こった首相官邸爆破テロ事件(サイアムもその下手人の一人)のことになる。

OA6弾排出分

Zガンダム3号機
カードページへ
証言タイトル噂か『真』か
内容そりゃ一年戦争のアムロ・レイを知ってる人間は期待するよな?
けど、グリプス戦役で彼はガンダムタイプに乗って戦うことはなかった。
だからこそ、アムロが乗る白いZガンダム3号機なんて噂話が生まれちまうのも仕方がないね……
本当のところ?
へっ、そんなこと俺が知ってるわけないでしょ
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
証言者はこの頃のアムロは(ガンダムの名を冠した)ガンダム系に乗っていない(当時はリック・ディアスディジェに乗っていた)と確信している模様。
しかし、(二次創作含めて)本機、ZプラスA1型百式改シュツルム・ディアス・・・そして本ゲームオリジナルのアレなど、ガンダムタイプの機体に乗っているとされている話もある。
ザクIII改
カードページへ
証言タイトル誰の『意志』で
内容もしハマーン・カーンの元にシャア・アズナブルが帰ってきていたらなら……ねぇ。
アクシズで見つかったって噂の赤く塗られたザクタイプは、早まった整備チームが勝手に用意していたものなのか、それともハマーンの指示によって造られたものなのか……
もし後者だったら、へへ、なんとも切ないモビルスーツじゃないの
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
原作でのアルレットの言葉によると、後者の模様。おセンチな話である。
サイコ・ガンダム(イグニッションカード)
カードページへ
証言タイトル加勢する『サイコ・ガンダム』
内容あんた面白いね、逆取材ってわけだ。
へぇ、ホンコン・シティに現れた黒いガンダムが、もし味方になってくれたら……
こっちはもうノーマルスーツを着込んで戦うなんてこりごりだが、
ガンダムと言えばやっぱりアムロ・レイに乗ってもらいたいね。
だったら色も塗りかえればいい、あの大きさに
トリコロールはきっとよく映える
インタビュー人物カイ・シデン
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。

DW2弾排出分

サザビー
カードページへ
証言タイトルこの『戦い』は
内容サザビーはある特定のパイロットと戦うことも想定して設計が行われているはずだ。
その名を挙げるまでもないだろう。

赤い彗星にとって1番縁の深いライバルと言えば説明不要だよな?
今回の争乱は新生ネオ・ジオン軍と地球連邦軍の戦いでもあり、2人の決着をつける戦いでもあるのさ
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
彼もいよいよANに登場。これですべてのレアリティをコンプした。

DW5弾排出分

α・アジール
カードページへ
証言タイトルシャアの『選択』
内容あれをシャア・アズナブルが運用していたのなら、戦争の結末は大きく変わっていたのかもしれない。
それはシャアが
アムロという存在にこだわらず戦いを仕掛けていれば……ということでもある。
いずれにしろ、地球で心地よい日差しを浴びることのできる幸せを改めて教えてくれたのは、他ならぬ赤い彗星のお陰だと思っているのさ、俺はね
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考カイ・シデンのトライエイジレポートより。
>あれをシャア・アズナブルが〜
仮に地球寒冷化作戦が成功した場合、シャアがα・アジールの改修機に乗って地球上の連邦軍の拠点を制圧するという可能性もあり得るかもしれない。

編集にはIDが必要です