デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
形式番号AGE-2DH
頭頂高18.6m
本体重量32.1t
武装ドッズランサー、アンカーショット、ビームサーベル
専用機パイロットキャプテン・アッシュ(MoE)
アセム・アスノ
キャプテン・アッシュ
アセム・アスノ(追憶のシド)
本館

VS3弾M・VS3-031

証言タイトル『人』の手によるガンダム
内容「実のところAGEシステムを介することなく、大規模な改修が行われた初めてのガンダムなんですよ、ダークハウンドは。
このカラーリング然り……
それにドクロなんて機能性に一切関係のない装飾をAGEシステムが提示するわけがないでしょう?
いかにも人間らしいモビルスーツと言えば語弊があるかもしれませんが、当時のアセムさんが駆るに相応しいガンダムだったと思いますね」
インタビュー人物地球のモビルスーツ研究家
備考AGEシステムの提案に沿って新生されたAGEシリーズの中で、それを介することなく改修されたダークハウンドの来歴を後世の人間である証言者は語る。

OA1弾P・OA1-034

証言タイトル『ドクロ』のマーク
内容黒いガンダム……ビシディアンがAGE−2をあんな風にカスタムしたなんてね。
そりゃ驚いたけど、あのデザインはなんというか……格好良いよな。
ドクロのマークなんて、どう考えたってAGEシステムが提案するわけないだろ?
人間味が溢れてて、正直俺は嫌いじゃないぜ」
インタビュー人物ディーヴァの乗組員
備考前回に続き、AGEシステムの提案ではないと推測した証言。
一応、近接戦闘時や不意の遭遇戦に於ける威嚇効果等の優位性(要はハッタリ)を示せばおそらくAGEシステムも相手のパイロットの心理を突くような装備やGウェアを提示するかもしれない。

DW3弾R・DW3-037

証言タイトル『真裏』の選択
内容「ホワイトハウンドではなく、あえて真裏の色を選択したことに、当時のアセム君の心境が伝わってくる。
彼にとって白というカラーリングは、師匠にあたるウルフ・エニアクルと関係する特別な色だった。
今までのアセム・アスノ名を……
影に潜みつつ地球を守ることを彼は選んだんだよ」
インタビュー人物地球連邦軍の士官
備考

DW4弾CP・DW4-088

証言タイトル秘訣を『キャプテン』に聞く
内容モビルスーツ小隊の秘訣?
とにかく自分が前に出て、見える敵を全て叩きのめす。
そうすれば味方に危険が及ぶことは……ははは、冗談だよ。
とにかく日頃からの信頼だな……これに尽きる。
自分の命を投げ出してでも、互いを支え合う……
俺達ビシディアンの絆が、日々生き延びる力を生み出すんだ
インタビュー人物キャプテン・アッシュ
備考必勝のクロスストライクキャンペーンより。

編集にはIDが必要です