デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>イグニッションカードリスト>VS2弾CP
VS2弾のキャンペーンカード・必殺反撃キャンペーンの証言を纏めたもの。
同弾の通常排出カードはこちらから。

証言者はラルさんと近所の高校生が担当しており、B3弾BG2弾の続きとなっている。
そして、ここからさらに時が進み、完結編となるEB5弾では社会人の大人に成長した証言者がみられる。


収録カード

VS2弾CP−IGNゴッドガンダム・VS2-075

証言タイトルGミューズにて『1時間目』
内容むうっ!ゴッドガンダムの助太刀とは、これほど心強いものがあるか!?
「それに石破天驚拳って、最強の技なんだよね?」
全くもってその通りだが、実はさらにその上が存在するのだよ
「えっ、どんなスゴい技なの、オジさん!?」
石破……ラーブラブ天驚拳だ!
時が戻るのなら、ワシはリンコさんと一緒に……
「このご時世、許されざる発言だよっ!!」
インタビュー人物ラルさんと近所の高校生
備考リンコは誤りでリン子が正当。
ちなみに「ご時世」というワードもGガン序盤ではよく使われていた。
???ランバぁっ、表に出ろぉっ!!」(人間サイズのガンダムハンマーを手にしながら)

VS2弾CP−IGNウイングガンダムゼロ(EW版)・VS2-076

証言タイトルGミューズにて『2時間目』
内容「ウイングガンダムは、昔このインタビューで話をした記憶があるよね!
でも、こんな天使みたいな感じだったかな〜」
このウイングはゼロであり、カスタ……
くっ、ぬかった!EW版の姿なのだ!
バトルで援護してもらえるのなら、このゼロカスタ……

「オジさん、スゴくそう言いたそうだけど、そこはEW版なんでしょ!」
任務……了解!!
インタビュー人物ラルさんと近所の高校生
備考ついついゼロカスタム(ゼロカス)と呼ぼうとするラルさんとそれを窘める高校生。
ここでB3弾CPとBG2弾CPの証言者であることが確定する。
PGあたりから呼び方がEW版に変わっているが、以前の慣れ親しんだ呼び方(カスタム)の方がついつい出てしまうものであり、無理に押し付けようとすれば反発だって起きるものである。
EWのエピローグでトロワとカトルとテュオのやり取りが参考になるだろうか。

VS2弾CP−IGNガンダムエピオン(EW版)・VS2-077

証言タイトルGミューズにて『3時間目』
内容むぅ!エピオン、しかもEW版とは……
なかなか思い切りのいいチョイスだな、少年!

「これ、すっごく悪そうなデザインだけど、とても強そうだし、助けに来てくれるならアリかなって」
エピオンにはヒートロッドが装備されている!
このワシにその武装を語らせる覚悟はあるのかな?

「あ!……え、遠慮しておきます。
帰れなくなりそうだし」
インタビュー人物ラルさんと近所の高校生
備考何にでもグフと絡めようとするのがラルさんの悪癖。

VS2弾CP−IGNスタービルドストライクガンダム・VS2-078

証言タイトルGミューズにて『4時間目』
内容この日本のガンプラバトル史を語る上で、確実に外せない機体だ!
イオリ先輩レイジ先輩は僕たちの中でも憧れを通り越して伝説の存在になってるよ。
先輩達のガンプラが助けに来てくれたら、百人力だね!」
伝説?……1つ聞くが……
このラルはキミ達聖鳳学園の生徒達にとって、どんな存在かな?

「……え?変なオジさ」
皆まで言うなあっ!!
インタビュー人物ラルさんと近所の高校生
備考この時代になってもラルさんの立ち位置は変わってない様子。
「凄まじい技量を持ったガンプラバトル部のコーチ」・・・というのが彼の理想だったのかも知れない。
レイジも先輩呼びになっているが、彼自身は聖鳳学園の生徒ではない(ガンプラファイターとしての先輩と思われる)。

VS2弾CP−IGNベアッガイF・VS2-079

証言タイトルGミューズにて『5時間目』
内容「あっ、これって!同じ高校のミライ先輩の!
ピンチに来てくれたとしても、逆に守ってあげたくなる可愛さなんだよなあ、ガンプラもビルダーも……
オジさんもそう思うでしょ〜」
うむ
「……反応薄っ!彼女はタイプじゃないの?」
あの子は娘みたいなものだからな。やはり、大人の
「もう!すっごいイオリ模型店に行きたがってる顔になってるよっ!」
インタビュー人物ラルさんと近所の高校生
備考

VS2弾CP−IGNガンダムトライオン3・VS2-080

証言タイトルGミューズにて『6時間目』
内容メイジン・カワグチをも驚愕させたというトライオン3!
「助っ人って言うか……
こっちが脇役になっちゃいそうなくらいにゴリっ……
いや、ガオっとした主役っぽさだね」
ガンダムをリアルでなく、あくまでスーパーロボットと捉えた着眼点はよし!
確かにガンダムはスゴかった……
が!その怪物に一矢報いた
グフもスーパーな存在だと
「……いっそのこと、グフハモン3とか作っちゃいなよ」
インタビュー人物ラルさんと近所の高校生
備考あまりのグフ自慢と推しに高校生の少年もあきれているようだ。

編集にはIDが必要です